« 大型自動二輪免許取得日記 その4 | トップページ | 大型自動二輪免許取得日記 その6 »

2008年10月10日 (金)

大型自動二輪免許取得日記 その5

第一段階 2時間目

本日は2時間連続の教習。
1時間目が楽勝でしたので、もうすっかり免許を取った気分。
天気も良いし、なんだかウキウキとした感じ。

2時間目は、スラロームと一本橋、ということで意気揚々と乗車します。

私が中型を取得したとき、スラロームも一本橋も、いちおうやったような記憶はあるのですが、とくに難しくもなく、どちらかといえばいい加減に乗ったという思い出だけ。今回もどうせ簡単なものだろう、と多寡をくくっておりました。

ところが
一本橋・・・落ちまくり
スラローム・・・パイロン倒しまくり

何度やってもできません。2時間目おわるころにスラロームはハンドルを大きく切ってぶざまに通過することはできるようになりましたが、一本橋については教官の指導の言葉の意味すら理解できません。

中型のときは、「勢いつけてわたり切る」。。ほんとうにこれだけでOKだったんです。ニーグリップして前方注視していればそれでよかった。でもその乗り方ではどうやっても橋の上に10秒乗っていることはできません。

どうやら大型の一本橋は私が今まで一度も経験したことのない技能が必要となる。。ということだけはわかってきました。

こんなに難しかったとは、、大ショックで初日を終えました。
慣れないニーグリップのために股関節のあたりが筋肉痛になるし、重い油圧クラッチを半クラ連続したために握力はなくなるし。

自分には大型取得は無理なんじゃないか。。
くじけそうになる気持ちをなんとか抑えて帰路につきました。
くくーっと泣けてくる感じです。

|

« 大型自動二輪免許取得日記 その4 | トップページ | 大型自動二輪免許取得日記 その6 »

大型自動二輪免許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/42743939

この記事へのトラックバック一覧です: 大型自動二輪免許取得日記 その5:

« 大型自動二輪免許取得日記 その4 | トップページ | 大型自動二輪免許取得日記 その6 »