« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の記事

2008年11月30日 (日)

宮ケ瀬湖 ショートツーリング

宮ケ瀬湖まで行ってきました

朝6時前に自宅を出発、東名高速を厚木で降ります。先日ETCを取り付けましたので試運転を兼ねてます。ETCは問題なく作動したのでひとあんしん。

気温は6度。軟弱な私にはものすごく寒いです(北国の人ごめんなさい)。先日買ったばかりのGOLDWINのオーバーパンツをはき、クシタニのGORETEXグローブをはめます。おおー、すごく暖かい。高速でも寒くありません。氷点下にならない限りこれでひと冬越せそうです。ちょっと高いけど買ってヨカッター。

先日ブログにも書いたサスセッティングのおかげで高速走行が安定しています。

厚木ICを下りて、246を渋谷方面にちょっと戻ります。「宮ケ瀬ダム」の交通表示がありますので、412を左折、愛川方面へ。「半原小学校入口」を左折、いくつかトンネルを抜けると右手に宮ケ瀬ダムの雄姿が現れます。ちょうど夜明けの頃です。

日本最大の重力式コンクリートダム。思わず見とれます。申し遅れましたが、私はダムとか大好きです。吸い込まれそうになるのがなんともいえない。ジェットコースターやお化け屋敷が好きな子供の気持ちと同じようなものです(気持ち悪くてすみません)

あいにくダムの正面写真を撮ることができませんでしたので、宮ケ瀬のホームページより借用した写真を載せます。次回は放流してるところをぜひ見てみたい!
Miyagase02

ダムの上まで行ける道路(下写真手前の橋)はあいにく閉鎖されていました。許可が必要なようです。しかたないので橋桁下の湖面を撮影します。釣り人がお二人居ました。

20081124254

20081124255

そのまま道路を進みます。駐車場がありましたのでZRX1200Rちゃんを停めて撮影。水位が低くなってるのがわかります。今年は台風が少なかったですからね。

20081124257

Uターンして「虹の大橋」の中ほどで、朝焼けと朝霧に映える湖面が美しかったので停車して撮影。もちろん私の他にはだれもいませんよ。橋の先の公園には毎年恒例の巨大クリスマスツリーが飾られるとのことですが、この日はまだ設置されていませんでした。

20081124260

ライダー御用達「ふれあいの館」駐車場。缶コーヒーで暖をとる。私は普段めったに缶コーヒーを飲みません。おそらく3年間で1缶飲むか飲まないかなのですが、こういう寒いときには無性に飲みたくなりますね。

湖面をバックに撮影。ゴールドのホイールが夜明けの薄明かりに映えて美しー、ひとりで満足。

こんな時間でもライダーがお二人いました。「寒いねー」と軽く挨拶して出発。

20081124262

ダムの裏側(?)を見渡せる場所で撮影。この水が神奈川県民の命を支えているんですね。感謝です。

20081124264

朝もやの湖面がきれいですねー。心が晴れ晴れとします。

気分がすっきりとしたので、ここらで帰宅。自宅までビューンと一直線で帰ります。家についたら8時15分。往復約110km、とても充実したショートツーリングでした。

 

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

緊急 ZRX1200 DAEG 発表 モデルチェンジ

緊急報告です

ZRX1200 の2009年新型、DAEG(ダエグ)が発表されたようです。

001l

インジェクション採用、110ps に出力向上、中低速重視のカムだそうです。6速ギア、燃料はハイオク指定、112万円-114万円(10万円アップ!)

010l

デザインは旧モデルを踏襲、ハンドルを10mm高くした。ETC車載機・アンテナ・インジケータを全てカウル内に設置可能(専用ステー使用)

(訂正:車載機本体はシート下に設置のようです)

003l

ついにメーターに時計とデジタルトリップ計がついたようですね!

私はこれが一番興味あり(そんな細かい)

008l

マルケジーニによく似たホイールがカッコいいです。
ブレーキディスクはペタル形

004l

こちらのサイトから情報入手しました。

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/11/28/027/index.html

にほんブログ村 バイクブログへ

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

ZRX1200R そこそこカスタム その6 フェンダーレス化

ZRX1200のリアフェンダーって、かっこ悪く長いですよね。
反射板はナンバーの上にあるので、この部分はなくてもかまわないと思います。たぶん皆さんそう思ってらっしゃるはず。

20081113167

市販のフェンダーレスキットを取り付ければいいんでしょうが、それでは面白くありませんし、おカネがかかります。ここはひとつ自作といきましょう。ヤフオクで中古のフェンダーをゲットします。1500円でした。費用はこれだけ。

私は用心して「ZRX1200用」と明記したものを落札しましたが、1100用でも全く同じ仕様らしいですね。

セロテープで切断ラインを決定し、テープに沿って大き目のカッターで少しずつ押すように切っていきます。切断面のバリをカッターで整え、手が切れないように念のためエッジを面取りします。これで下準備完了。

Img_3376
Img_3420

シート、小物入れ、グラブバー、カウル、リレー、カプラーの順で取りはずし、フェンダーユニットを取り外します。

カウルを留めているプラスねじが固いので、外すときなめないように注意。
20081114176
テールランプ、ウィンカー、反射板、ナンバープレート、各種メスねじを取り外し、用意した自作フェンダーに取り付けます。穴にはゴムのスリーブがはまってますが、周囲から少しずつ押し込んでいくと脱着できます。
20081114178
ようやく完成。どうです。カッコよくなりましたか?書類入れも当然ながら取り付けてそのまま使えます。
20081114189
車載工具だけでは難しいです(というか無理)ので、8mm,9mm,10mm,12mmのラチェットレンチ+エクステンダが必要です。しめて所要時間1時間でした。

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

BMW F650GS 試乗インプレ

おやじの試乗シリーズ、今回は BMW F650GS です。
20081117204

BMWのなかではとっつきやすいエントリーバイクなんでしょうか。女性のライダーも多いようですね。

大きく勘違いが2つありました。650という名前なのに実際は800ccだった!単気筒のように見えるが2気筒だった!ああ勘違い。

デザインはゴチャゴチャしてビミョーなところ。あまり私の好みではありません。

ライディングポジションは悪くない。ちょっとお尻をずらせば片足かかとまでつきます。エンジンの幅がせまいので、ニーグリップがグッと入って安定感あります。この安心感がとても気に入りました。車体が軽くて取り回しが楽なのも良い。

シフトの際に左足くるぶしがクランクケースに当たって痛いのがやや難点。慣れの問題でしょうが。

エンジンはマイルド。トルク感は弱いですが低回転からスムーズでねばりがあってとても良い印象。(単気筒と勘違いしていたので最初は驚きました)。わずかにインジェクションのドンツキがあります。

小さい透明な風防が前方にチョコンとついているのですが、これが思ったよりも効果高いです。80キロくらいまでなら風圧をほとんど感じません。

風防とスムーズなエンジンのおかげでスルスルとスピードが出てしまいます。スピード感がないのが特徴ですね

見た目よりも低重心なので、コーナリングは安定しており、安心感あります。

低速バランスは、ややふらつく感じがあるのですがコントロール性が良いので運転は楽です。ちょっと試乗しただけでUターンできました。

ブレーキはよく効きますが、とくにこれといった印象なし。

欲張りな注文としては、もう少しパワーが欲しいところですが、これくらいがちょうど扱い易くてよいバランスかもしれません。

とてもよくできたバイクです。誰でも安心して乗れると思います。

私はちょっとモノ足りませんでした。。

にほんブログ村 バイクブログへ

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへにほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

ハーレー試乗会 FXDF, FLSTN, XL1200N, XR1200 インプレ

おやじの試乗シリーズ

ハーレーダビッドソンのディーラさんによる試乗会に行ってきました。
教習所のコースを使ってのイベントです。中型免許でもOKですので女性や初心者の方も参加しています。

4車種、いっきに試乗しました。といっても外周コースを周回しただけですが。

写真はHDJのホームページから借用。

まずは FXDF ファットボブ

Fxdf_mainphoto

ハーレーにしては珍しく前後ホイールが16インチと同じサイズなので普通のバイクに近い感覚で乗れます。私はこれが一番気に入りました。スポーツスターのエンジンに比べビッグツインはマイルドで扱いやすいので長距離や街乗りなどの日常用途に問題なく使えそうです。

ハンドルやステップの位置もしっくり。「かかとでコーナリングする」感じが飲み込めると俄然楽しくなりました。ゆったりと空いた道を走ったら気持ちいいだろうなーと思います。排気音は乾いた良い音、とても好きです。

FLSTN ソフテイルデラックス
Flstn_mainphoto
今回試乗した4車中もっとも高額で豪華なバイク。スポークホイールとホワイトウォールのタイヤがエレガントですね。残念ながら私の好みではありませんが。。

FXDFと同様に乗りやすいです。シートがサドル型なので腰を後ろに押し付けて安定させるタイプですね。ビッグスクーターの乗り味と似ています(おいおい、こちらが本家だよ)。ステップが棒ではなく板なのがちょっと違和感あり。慣れの問題でしょうが。排気音は落ち着いた良い音がします。

XL1200N ナイトスター
Xl1200n_mainphoto

ものすごくワイルドでカッコいいですね。とても好みのデザインです。しかし、、、乗ってみるとなかなかジャジャ馬。1速と2速のギア比がどうも日本の道路事情にあっていない感じがします。1速が低すぎ。2速はちょっと高め。トルクが強大なのもあって、2速ではすぐにスピードが出すぎてしまう。かといって1速に落とすと強烈なエンブレと急激な加速。混雑している道ではストレス高まりそう。

いったいどうしたらいいの?ノッキングを気にせず2速のまま走り、シフトダウンせずリアブレーキで減速して、加速が必要になったらいかなる場合であっても迷わずドカッとアクセル開ける。。でいいんでしょうか。スポスタ乗りの人おしえてちょうだい

ビッグツインに比べて振動が大きく、排気音はちょっと落ち着かない感じ。長時間乗れそうにない。ナイトスターというだけあって、夜中の第三京浜をちょっと飛ばしてスカッとするのが最適な乗り方でしょうか?

XR1200
Xr1200_mainphoto

新モデルですね。どうしても試乗したかったバイクです。ちょっとしか乗れなくて残念。ナイトスターと基本的には同じような感覚。スポーツスターの味なんでしょうね。ドカッと走れる空いた道がないとイライラしそうです。

ハーレーにしてはシートが高い。私は片足かかとまでつきますので問題ありません。タンクが細いので、ロードスポーツのようなカッコをしている割にはニーグリップができなくて心細い。ドドドと加速する感じがダートラっぽくていいですね。ハンドルに振動がすごく伝わるので、この振動でまじめにスポーツ走行できるのか?と気になります。カッコや雰囲気を楽しむバイクとしてなら良いかなーと思います。排気音はハーレーにしては甲高い。

にほんブログ村 バイクブログへ

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへにほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

DUCATI GT1000 試乗インプレ

おやじの試乗シリーズ

ドカティの2台目は DUCATI GT1000

W00004 写真で見ると、とてもアンバランスで不恰好に見えますよね。私もそう思ってました。

ところが実物はエラクかっこいいんです。このバイクは斜め上から見ないとデザインの良さがわかりません

真横(歩行者・クルマ)からの視点ではなく、斜め上(乗り手)の視点で見るようにデザインされているんだ!!と直感しました。

つまり、所有者でなければこのデザインの良さがわからない。っていうのがポイントです。毎朝ガレージでGT1000を見下ろして「タンクのセクシーなふくらみが可愛いいー」ってひとり悦に入るオーナーのためにあるんですね。

---------------------------

私が試乗したのはオプションのローダウンキット組込ですので、足つきはまったく問題なし。サスはノーマルに比べるとソフトとのこと。

ハンドル、ステップともにオーソドックスな位置にあり、毎日乗ってもOKなポジション。クラッチがとても重いのが難点ですね。

エンジンはさすがにドカティ、ドドドッとくるトルクがたまりません。タイヤが地面を蹴っているのが実感できて気持ちいい。コーナリング中のリアタイヤの接地感が楽しい!

音はハイパーモタードほどではありませんが、はじける感じの良い音質。

他のドカティと同様、とても倒しやすいバイク。直進での安定感は高いのですが、倒しこむとヒラっと倒れます。試乗しただけなのでどこまで倒しこめるのかわかりませんし私はヘタクソですのでそんなに倒しませんが、どこかで安定してくれないと、このまま最後まで倒れたら怖い、という感じがちょっとあります。

車体が限りなく倒れようとするところをエンジンのトルクで立て直す、もしくはスロットルを開けないとそのままサヨナラ、、っていうのがドカティの本質なんでしょうか。詳しい人おしえてちょんまげ。

トライアンフボンネビルとは対極にある大人のツインですが、どちらも良いです。グッときます。

私はとても気に入りました。評価は非常に高いです。

にほんブログ村 バイクブログへ

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへにほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

久地 円筒分水 二ケ領用水  その3 水源へ

道に迷ったまま水源に到達できなかった二ヶ領用水の探索。だいぶ日数がたってしまいましたがようやく完結となりました。

迷い込んだ川は「三沢川」で、京王多摩線に沿って流れ多摩川に注ぐ支流であることがわかりました。多摩川のすぐ近くで二ヶ領用水と交差しているので間違えてしまったのでした。

今回は、間違えないよう。水源(取水口)から下流に向かって探索することにします。多摩川の堤防に沿った道路をてくてくと二子橋から遡上します(鮭になった気分)。

しばらく進んでいくと、ありました、ありました。ひときわ大きい堤が見えます。
20081120219_2
これが上河原堰ですね。ここで水を堰き止め、二ヶ領用水に分流します。堤の脇には鮭などの遡上のための階段状の誘魚道?(名称うろ覚えですまん)があります。堤の上流ではおじさんたちがのんびりと釣りをしてます。
20081120218
20081120217
ここでZRXちゃんを停めて写真。かっこえー(そればっかやね)
20081120221
下の写真は、取水口から多摩川を覗いたもの。
20081120216
途中でJR南武線の下をくぐりぬけます。ちょうど電車が来ましたのでタイミングよくパチリとします。
20081120215_2
二ヶ領用水沿いは、親水公園+遊歩道として整備されています。樹木が生い茂り、気持ちのいい散歩コースですね。春は桜の名所とのこと。バイクよりも徒歩のほうが楽しめると思いました。
20081120209

二ヶ領用水の旅、やっと完結いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

DUCATI ハイパーモタード 試乗インプレ

おやじの試乗シリーズ

なんだか試乗ブログになってきちゃいましたが、勝手に続けたいと思います。

今回はドカティ、ハイパーモタード。すんばらしくカッコいいです。

Ducati_hypermotard インプレを一言でいうと、とても楽しい「アドレナリンがドバーと出るバイク」。

モタードらしく足つきは最悪というか、両足ともつま先つんつん状態ですが、走り出してしまえば幅広のハンドルとステップ位置が踏ん張りが利くので全く気になりません。

Lツインのエンジンをかけたとたん、思わず「やったー」と言葉がでるような豪快で気持ちよいサウンドがはじけます。ホントに最高の音。この音だけでもう十分(おいおい、早く走らせろ)

1速のギア比が高いのでちょっと長めに引っ張ったほうがよいとのこと。たしかにこのトルクでギア比が低いと、その気もないのに勝手にウィリーしそうでアブナイです。

ドドドッと後輪を蹴る感触が気持ちいい。

しばらく乗っているうちにツインのトルク特性がわかってきました。ドカン、ドカンのトルクの「山」の間に、無トルク状態の「谷」があるのがミソですね。

路面の荒れたコーナーでアクセルをあけると、いきなり後輪が「ズリッ」ときますが、ここであわてずにカウンタ気味に立て直すと、「谷」の時に車体がすっと立ち直るんですね。(すごく低レベルのインプレですので悪しからず)

おお、これがモタードか!!アドレナリンが、、ドバーと出ます。

-----------------------------------------------

いっぽう、街乗りバイクとしては難しいです。

乾式クラッチとドカンドカンエンジンなので半クラがたいへん。ハンドルバーエンドにミラーがあるのですり抜けができない。足つきも悪い。

上体が立つので風の抵抗が大きくてツーリングはつらそう。高速では振動が大きそうだし。。。

てなことは一切忘れられる人が乗ればいいんですね。。きっと

にほんブログ村 バイクブログへ

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへにほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

トライアンフ ボンネビルT100 試乗インプレ

おやじの試乗シリーズ

本日はトライアンフです。先に試乗したスピードトリプルがあまり気に入らなかったのでがっかりしていたところ。お店の人が、それならばボンネビル乗ってみますか?と誘ってくれました。

正直なところ、ボンネビルのことはまったく眼中になかったのですが、実物を見てみるとなんとなく親しみやすくもある。悪くいえばピンとこない。モノは試しと試乗します。

T100_overview_main_2008 ボンネビルT100は、その昔マーロンブランドが映画で乗っていたこともあり、ワイルドな雰囲気とクラシカルなデザインが個性的ですね。

またがってみると想像以上に小柄です。

ハンドルはやや幅広で自転車のようなポジション。ステップはちょっと前過ぎるかなーと思います。

グリップのラバーが極太でフワフワしていて握り心地良いです。私は手が大きいのでこれくらいが安心感あります。

ブレーキ、シフトペダルはステップからの距離が遠いのですが、これまた足の大きい私にはベストフィット。

両足べったり足つきます。タンクやサイドカバーが邪魔にならず、意外とスリムですね。

この段階で何か心にスッと感じるものがありました

---------------------
エンジンをかけてみると、すんごく良い音がします。太く押し殺した歯切れの良い重低音で、トトッ、トトッとくるのがたまらない。バンドやってた人には「ツインバスドラム」の音といえばわかっていただけるでしょうか。同じビッグツインエンジンでもハーレーやドカティの音とは全く違う、威圧感のない穏やかな音質です。

低速トルクが太いので簡単にスルスルと発進します。クラッチが軽いのもオヤジポイント高い。

低速の取り回しはクセがなく軽快。半クラッチも使えます。

ハンドリングはニュートラルで安心感あります。

サスペンションは柔らかめかなー(よくわからない)。

まさに自転車に乗っているような感覚があります。

3000回転以下ですと、とてもスムーズで2気筒とは思えないほどです。ですが、しっかりと鼓動が感じられ、ゆったりとすがすがしい気分にさせてくれる「癒し系」の振動を感じます。高回転では振動が大きくなるのでちょっと疲れるかも。

もっとクセのある操作感を想像していたのですが、素直な取り回しに驚きました。

総合評価、すごく高得点です。まったり系のバイクとしてはパーフェクトではないでしょうか。

リターンライダーは一度実物に乗ってみることをお勧めします。目からウロコです。

にほんブログ村 バイクブログへ

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへにほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

ZRX1200R ちょこっとカスタム その5 フロントサスセッティング インプレ

リアサスの設定がうまくいきましたので、次はフロント。

リアだけでも満足度高かったのですが、バランスをとるためにもフロントもやらなくては、と思い立ちました。

結果は大成功!

それでは順を追って説明します。

フロントのノーマル設定の印象は
1、ブレーキで沈み込みがやや大きい
2、ブレーキリリースでボヨンとリバウンドする

とくに2のリバウンドが問題。低速運転のブレーキング時に姿勢変化が大き過ぎて危険な感じすらあります。

バネの強さはとくに問題が感じられなかったので、まずはダンパーの減衰力だけを調節します。

サスペンション上端のネジが伸び側(リバウンド)。これを強くします。
ねじ右回し一杯が最強の「1」です。1クリック左に回して「2」とする。
20081115192
次に、サスペンション下側にある圧側のネジを、右回し一杯最強の「1」から2つ左に戻して「3」とします。
20081115193

リバウンドのほうが問題大きいので圧側よりも強めとします。

ネジは車載のマイナスドライバーで軽く回ります。取扱説明書にもありますが、無理な力を入れないように注意してください。あまりきつくねじ込むとネジ山をなめてしまいます。

-----------------------------------

さっそく試乗してみましょう。

オドロキです。ものすごく乗りやすくなりました。全然別のバイクといってもいいくらい違います。

低速時のブレーキによる極端な姿勢変化が感じられなくなりました。これまで低即時にはリアブレーキのみを使っていましたが、これならフロントも使えそう。リアが使えないとき、右足を地面についてのターンの時とかに便利ですね。

低速バランスそのものが安定しました。直進性が良くなり、小回りが効く。とくに期待していなかったのでうれしいオマケです。

--------------------

それから、これはまったく期待していなかったというか、自分の腕が下手なだけだろうと思っていたコーナリングなのですが、見違えるほど車体が倒れるようになりました。

ブレーキリリースをきっかけとしたセルフステアが、「スパッ」ときまるようになったんです。恐らくノーマルは安全のために敢えてダルい設定になってるんでしょうね。セルフステアを発生させるための力をサスのリバウンドが吸収してしまっていたのだと思います。

これまで試乗したバイクと比べると、ドカティ GT1000 に近い乗り味です。

-------------------------

最後にもうひとつ、高速での安定性が格段に向上しました。ノーマル状態と比べて高速走行時に感じていた不安感が感じられなくなりました。平均速度30キロくらい向上という感じです。これも期待していなかったので嬉しいです。

---------------------

今回のサスセッティングで、ZRX1200のポテンシャルの高さを知ることができました。ちょっとしたセッティングだけでこんなに生き生きとするなんて、オドロキです。

ますます好きになってしまいました。

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

久地 円筒分水 二ケ領用水  その2  迷った!

二ケ領用水の探索 つづきです

登戸を過ぎたあたりから、用水は急に小さく細くなります。河原ははおじいさんと孫・犬のよい遊び場になっています。ほのぼのしますねー。

20081102142 バイクをとめて撮影。ふと思い出して、ちょっと定常旋回の練習。道が空いているとついやってしまいます。(なんでこんなとこで始めるの!)

その先は道路工事。

しかたなく迂回することに。

20081102143

川を見失ってしまいました。うろうろしているうちに川を再発見。なんだか川幅が急に広くなってますが。。これでいいのか???

川幅は広くなりましたが、道幅は極端に細い、、っていうか、これはもう宅地の私道です。「犬走り」とでも呼んだほうが正しそうな。低速バランスが得意になりましたので、お宅に迷惑をかけないよう静かに進みます。ZRXのショボい排気音の唯一の美点。

20081102146

ううーなんだかおかしい。弁天様の祠まである。完全に道に迷ってしまった。。。引き返します。

20081102151


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

ZRX1200R ちょこっとカスタム その4 リアサスセッティング インプレ

ZRX1200のサスペンションは好みに設定変更できるので、いずれはセッティングしてみたいと思っていました。
まずはその前に、じっくり乗り込んで車体の特性を良く知るのが前提だろうと考え、これまでずっとノーマル状態で走ること数週間。

3点ほど調整したい点が見つかってきました。
主に中低速での安定感を求めています。

1、フロント・リアがギャップでポンポン跳ねる
2、リアサスが動いている感じが乏しい。情報が少ない。
3、ブレーキ時のフロントの沈み込みが大きく、リバウンドがボヨンと跳ね返ってくるので市街地でヒヤッとする。

まずはセオリーどおり、リアから攻めて行くことにします。

20081114182私はいつも1人でしか乗りませんし荷物を積むこともないので、リアサスのイニシャル(プリロード)設定はもっと柔らかめでよいはずです。こうすることでギャップの突き上げ吸収が良くなるのではと期待。

車載工具を使って、イニシャルを最弱の「1」にしました。(ノーマル状態では「2」)。またがってみると、車高が低くなったのがわかります。シートの後端が水平に近くなったような気がします。(あくまでイメージ)

まずはこの状態で試走します。

ねばり感が強くなりました。路面のギャップでポンポン跳ねません。これは正解だったようです。後ろが下がったので、そのぶん体重が後輪に架かりやすくなったのか、コーナリング中の安定感が増したように感じます。

ライディングポジションが後ろ寄りになったので違和感ありますが、そのうちに慣れると思います。イニシャルはこれでOKでしょう

次に、ダンパー設定に移ります。ノーマル状態ですと、リアサスが戻るときの挙動に違和感あります。ちょっと引っかかったようなグニャっとした感じ(抽象的でこめんね)。

そこで、圧縮側(上部のツマミ)はノーマルの「2」のままで、下部のリバウンド側調節ダイヤルを「IIII」にします(ノーマルは「II」)

20081114183 試乗してみると、リアサスの戻りの「グニャッ」とした違和感がなくなりました。

総合的に見て、コーナリング時、とくに脱出時の踏ん張り感が増し、リアサスが何をしているのかが感じ取れるようになりました

リアサスセッティングは大成功だったようです。皆さんもいろいろと試行錯誤されてはいかがでしょうか。ネジを回すだけなので部品代も工賃もタダですからね

20081114186

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

ZRX1200R ちょこっとカスタム その3

私は手足が大きいほうです。とくに手の指が長い。日常生活には不便はなく、ギターを弾くときにはたいへん重宝しています。

ところがバイクではそうではないようです。ZRX1200のクラッチレバー、ウィンカースイッチなどが近すぎてうまく操作できません。とくにウィンカースイッチの位置が高いので親指をグリグリと大きく動かさなくてはならず、指の付け根が痛くなってしまいました。

そういえば教習所で「レバーを指先で操作しているので、手のひら全体で包み込むように握ってください」と指導されたのですが、どうしても最後までできませんでした。今考えれば、教習車のレバーの位置がハンドルバーに近すぎたんですね。手の小さい人のことも考えて最短距離にしてたんでしょう。

(あ、思い出した。ドッチボールが苦手です。すぐにツキ指してしまう。)

----------------------------------

足が大きいので、リアブレーキペダルの位置がじゃまで、いつもブレーキを軽く踏んだような状態になってしまいます。

そこでちょっと下向けに調整することにします。いつもの親切なバイク屋さんに出かけます。

まずリアブレーキペダル。これは調節ねじを動かすことで簡単に下げることができました。出荷時の設定はペダルのアームが水平に近い状態ですので15度くらい下げた感じでしょうか。
20081110162 ペダルを引きづることもなくなりました。結果良好です。

20081110161_2 次に、ウィンカーのある左スイッチボックスの角度を調整します。

単純にねじをゆるめてずらせばいいだけと思っていたのですが違うようです。

バイク屋の社長がいうには、スイッチボックスの内側に突起があり、ハンドルに開いた穴と組み合わさるようになっているので、その突起を削らなければならない、とのこと。

スイッチボックスを取りはずし、内側の突起を小型サンダーのようなもので削って再度取り付けていただきました。こちらも15度くらい下向きにした感じです。

社長ありがとう。いつも助かります。

クラッチ・ブレーキレバーの角度は自分で調整できることがわかりました。レバー根元のダイヤルを一番遠い「1」に合わせます。

これでOK

私の手足に馴染むようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

久地 円筒分水 二ケ領用水  その1

私がバイクを再開した目的のひとつは「気ままな散策」のアシとして、です。大型の建造物や古い建物などに興味がありまして。

クルマだと入っていけないような所もバイクなら自由自在ですからね。

そんな用途にリッターネイキッドは不要だろう。と突っ込まれるのは覚悟のうえです。

本来であれば、近距離ならば125ccクラスのトレッキングバイクや 250ccの250TRもしくはエストレア、中長距離であれば W650 などが散策のアシに向いていると思います(なんでカワサキばかりなの)。

でも私はZRX1200Rが好きなんです。風景に似つかわしくないのはわかってますが、許してちょんまげ。

第一弾は、川崎市高津区の久地円筒分水です。
この手の建造物としてはかなり有名なもの。多摩川から引いてきた用水を近在の地域に正確に分配するための仕組みです。

昔は水田のための「水争い」が絶えなかったんですね。

20081102130 この巨大な円筒の中心部から水を噴出され、円周部に水を流出させます。円周に設置された仕切り版の位置によって、正確な比率で水を外側に流すという組みです。

仕切り版の位置を動かすだけで簡単かつ正確に分配比率を決定・変更できるのが特長です。

撮影時には水が噴出してませんでした。残念。

2枚目の写真は、円筒の上流側。ここで水をせきとめ、地下に誘導し、サイフォンの原理で円筒の中心に水を噴出させます。

20081102136

この上流はどうなっているか。気になりますよね。さっそく探索してみましょう。

3枚目の写真は円筒分水から500メートルほど上流。用水は府中街道に沿って北上します。ZRX1200ちゃんを停めて記念写真。カッコエー。

20081102138

4枚目の写真は向ヶ丘遊園駅近く。大きな水門が目に付きます。

次回につづく

20081102140

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

コメダ珈琲 行ってきました

名古屋地方で有名な喫茶店「コメダ珈琲店」の支店が近所にあることを発見。さっそく行ってみます。

ZRXにまたがり早朝出発。朝7時の開店直後に到着。

明るくて暖かい雰囲気のログハウス風の店です。
評判のモーニングセットを注文。好みのコーヒーに、厚切りトースト(半分)とゆでたまごがついて、たった400円です。パンがおいしい。コーヒーは普通かな。

早朝なのに、近所の人がちらほらと来店してます。この値段だったら、休日の朝は家で朝食つくらずにコメダですまそう、と考えそうです。歩いていける距離ならば私もそうしますよ、きっと!

10時過ぎると超満員らしいです。

私は喫茶店に長居するのが苦手なイラチ(関西弁)おやじですので、わずか10分足らず、食べたらそそくさと退散、帰宅します。

エンジン暖気するだけで行って帰ってきてしまった感じ。なんだかもったいない(ケチやなー)

20081103156

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

CB1300 SB (Super BOL D'OR ) 試乗してきました インプレ

バイク選定に悩んでいた頃、matsさんから CB1300 を勧められたのがずっと気になっておりました。

ハタシテZRX1200Rで良かったのだろうか??

いつまで考えていてもしかたないので、とにかく一度は試乗してみよう、と思い立ちました。

20081107157 会社近くの正規販売店を訪ねます。快く試乗させてくれました。ありがとうございます。

CB1300SB ブルー。ホンダ本社で見たときには、その大きさに圧倒されたのですが、毎日ZRXに乗るようになって多少は大型二輪に慣れてきたのか、それほど威圧感はありません。
足つきは、ZRXよりも悪いですが、まず問題ないレベル。ハンドル・ステップなどのポジションは私の体格(173cm)にぴったりです。

早速試乗コースに。

走り出してすぐに、「おおっ」ときます。ギアの入り方がとてもスムーズ、小さくカチッとはまります。Nから1速に入れても「ガコーン」ときませんし、
変速ショックがとても小さい。これがホンダの技術力か、、いきなり圧倒されます。

ZRXも低回転でのスムーズさやトルクの太さはすばらしいのですが、CB1300はさらにスムーズでトルクフル、排気量100ccの差によるものだけではないですね。

排気音は腹に響く、それでいてウルサクない、絶妙な良い音。

インジェクション車特有のドンツキがあるのでは?と想像していましたが、それもありません。

なんだかちょっと凹みます。

----------------------

特筆すべきは、車体のバランスの良さ。信号停止のときに、暫くの間すっとまっすぐに直立しています。ふらつきがありません。

発進後すぐに左折する場合にも、きれいに、路肩のラインと等距離に沿って曲がります。

なんだかバイクが勝手に進んでいます。ものすごく不思議な感覚。CB1300が教習車だったら、もっと簡単に課題をクリアできたに違いないと思います。

---------------------------------------

40キロくらいのコーナリングでは、ZRXですと

、減速しながら下半身をホールドして車体に内向きの力を入れる

、ハンドルをかるく支えながら、ブレーキを放してセルフステアの状態を作る。

、必要あればさらに体重移動する。

といった手順で曲がってます。おそらく基本的な動作ですよね?

これがCB1300ですとちょっと違います。

、ハンドルをちょっと曲げる

、車体・後輪がリーンする

、セルフステアが始まる。

という、なんというか自動走行のようなイメージです。とにかく運転が楽です。これならば長距離の疲労が少ないと思います。

恐るべしホンダ

-------------------------------

ZRXの最大の長所であるシート下の収納スペース(そんな卑屈になるなよ)なんですが、CB1300はライダーの真下方向だけでなくシート後方にも広がっていて、収納能力高そうです。こいつはまいった。メータにはデジタル時計などの便利機能が満載。

すべてにおいてパーフェクトを感じます。これで111万円は安すぎる。

-----------------------------------------

ということで、インプレとしてはCB1300の圧勝なのでした。

ですが!

CB1300はどうも優等生過ぎて面白みに欠けます。

やはり私はZRX1200Rが好きです。昭和のバイクのニオイを残した最後の大型自動二輪、アバタもエクボ。バイクの足りない分はライダーの努力でカバーです。ライテク向上に励む気にさせてくれるZRX1200をこれからも乗り続けたいと、決意を新たにしました。

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへにほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1000km点検 WAKO'S TRIPLE R

納車後10日ですが、早いもので1000km点検です。

1日平均100km!走ってしまいました。早朝・夜間・土日走りっぱなし状態。
クラッチ操作のために手指が腱鞘炎気味です(おやじなんだからもっと自制しろ)

購入して数日後に、カワサキモータースから無料点検のチケットが保証書とともに送られてきましたので、さっそくバイク屋さんに予約して持ち込みます。1時間くらいかかるとのことなので、バイクとヘルメットを預けてぶらぶらと家に歩いて戻ります。

やっぱり近所のお店で買ってヨカッター」と実感するひとときですね。

P1

オイルとフィルターの交換(有償)しました。オイルは奮発してWAKO'S のトリプルRという化学合成のものを選択。

クルマのオイルを100%化学合成(TOTAL Quartz 9000)にしたところ、エンジン回転がとても滑らかになったという経験があったので、バイクにも同様の効果があるだろうと期待。

3リッター入りました。ZRX1200はオイルクーラー未装着なので少なくてすむとのことです。ゼファーならもう1リットル必要とのこと。ZRXにして良かった(ケチやねー)

チェーン・その他を調整してもらって点検完了です。

オイルの具合はどうか?気になるので早速乗って見ます。乗り出してすぐに驚き。エンジン回転の滑らかさ、ギアの入りやすさが格段に違います。4000回転までの低回転ではまさにモーターのようにウルトラスムーズに回ります。

オイル選定は正解だったようですね(値段が高いんだからあたりまえか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

お台場 みらい館

お台場方面に行ってきました。
レインボーブリッジ初体験。ゆりかもめと併走できました!

みらい館の前で撮影
20081029114

やはりこの角度がいちばんカッコいいですね。

お台場は二輪車の歩道駐車にとてもうるさいとのこと。あちこちに警告の看板が立っています。

公園の入り口付近で、ちょっとだけ定常旋回の練習しました。ハンドルフルロック旋回が目標なのですが、なかなかそこまでいきません。今日のところは、コツンと当たる手ごたえを数回感じただけですが、一歩前進とします。(私以外の人間はだれもいないのを確認のうえ十分に安全確保して実行しましたよ)

ドカティのアパレルショップがあったのでちょっと拝見。なかなかカッコいいウェアがたくさんあって欲しくなりますが、カワサキなのにDUCATIも変ですよね。。購入は思いとどまりました。

この後、東京港トンネルを通ってみたのですが、大型ダンプが多すぎ砂埃もすごいので全然楽しくなく、大井で降り旧海岸道路を通って都心まで戻りました。

ちょっとしたトリップでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

二俣川に行ってきました その2

神奈川県二輪車安全運転講習会 その2

まず最初は開所式。主催者の挨拶、車両の点検、ストレッチ体操と続きます。このストレッチなかなか良いです。ふくらはぎやアキレス腱を重点的に伸ばします。良いことを教えてもらいました。

本日は日本テレビのクルーが撮影にはいっているとのこと、私もついにテレビデビューか?といちおう期待します。

20081101123

上の写真は車両点検の前。下の写真は1班の参加車両。

皆さんいいバイクに乗ってますねー。KTMの実物を初めて見ました、Buelも数台、ドカティやBMWもいます。これだけでワクワクします。

ハーレーとビッグスクーターは見ませんでした。やはりあの車体で低速バランスは難しいんでしょうか。

20081101128

1班の講習内容はこのようなもの

<前半> S字、等間隔スラローム、一本橋、坂道発進、千鳥、急制動
<後半> S字、不等間隔スラローム

「千鳥」は難度高いです。いわば「ハンドルを切る一本橋」といった感じ。車体をバンクさせずに低速バランスのままカクカクとパイロンを通過します。

一つ目のパイロンはクリアできるのですが、クリアした後にハンドルの切り角が足りないと二つ目のパイロンに進入できなくなりますので、ぐっとガマンしてバランスを保ったままハンドルを切らなければいけません。白バイさんから「そこでもっとガマンして!」と励まされますが、つい足をついてしまいます。

4回ほどチャレンジして最後の最後でなんとか全部クリアできました。

進入に大回りのラインをとればいいんですね。白バイさんの素晴らしすぎる模範演技を真似しようとして、最短ラインを意識しすぎました。もっとおおげさにやらないと素人には難しいことを理解。

-------
あれほど苦手だった一本橋は、すんなりとうまくいきました。「アクセル開度が一定でよろしい」と白バイさんからお褒めの言葉をいただき有頂天に。

わずか1週間ほどではありますが、公道の渋滞で鍛えられたのだと思います。いつのまにか半クラがスムーズにできるようになっていました。教習所ではもっと「ブオンブオン」とふかしていましたからね。

-------

ここで休憩。コースレイアウトの変更です。白バイさんや指導員さんたちがコースを慣熟走行します。白バイ編隊走行のスラロームの美しさにみとれてしまいます。まるで白鳥のダンスのようです。

-------

参加車両は各種いろいろありますが、やはりネイキッドが多いですね。大型車は全体の3割強くらいでしょうか。

私の近くでは、XJR1300、CB1300のライダーのかたが上手でした。なぜかホンダのライダーは皆さん上手です。

ZRXは少なかったです。ちょっとがっかり。

Buell やドカティは低速バランス苦手のようですね。苦労されていました。

オフロード車が健闘しています。バランスがいいんですね。これは盲点でした。

-------
後半のスラロームは初体験の不等間隔パイロンですので、最初は戸惑いましたが、リアブレーキをつかってパイロン手前で減速するコツが理解できたら上手くクリアできるようになりました。

ややリーンアウトぎみに走っていたのがわかったのか、最終ラップでは白バイが前走して見本を見せてくれました。感激!

---------
あっというまの3時間でした。一度もコケずにすみました。

むちゃくちゃ楽しいです。こんなに楽しいものが130円で参加できるなんて。テーマパークや遊園地の比ではありません。人気が高いのもうなずけます。

主催および指導くださった、神奈川県警および指導員の皆様、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

白バイ隊員の見本演技もすばらしいものでした。感動しました。

さっそく次回も応募しなくては!!

もちろん安全運転励行しますねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

二俣川に行ってきました

神奈川県警主催の二輪車安全運転講習会に参加してきました。会場は二俣川の運転免許試験場です。

8:30から受付開始なので、7:40に自宅を出発、8:20に到着しました。早朝はちょっと冷えるようになりましたね。

試験場は広いです。

20081101124

講習は、腕前のレベル別に、初心者、1班、2班と別れます。自己申告制です。2班が上級ですので、これは最初からパス。

初心者か1班のどちらかにするか、昨日まで悩みました。他の参加者に迷惑をかけてもいけないしね。

考えた作戦は、「デフォルトは初心者班、当日の顔ぶれを見て初心者が多そうだったら1班にランクアップする」。というものです。たいしたことない問題なんですが、本人にとっては真剣です。いやほんとに悩みました。

参加者は100名ほど。参加者の皆さん身長が大きいかたばかりなので最初は圧倒されました。私は平均身長なのですが、ここでは小さいほうな気がします。

落ち着いて周りを見渡すと、女性の姿がちらほらと見られます。驚いたのはスクーターや原付の参加者もいること。125ccクラスもけっこういます。

ここは作戦どおり、1班に参加することにしましょう。

20081101125

これが1班のコースレイアウトです。初体験の「千鳥」があります。うまくできるだろうかドキドキ。コケませんように。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母校にて

バイク再開したら、昔走っていた道をまた走ってみたくなりますね。皆さんそうかもしれません。

近くまで来たついでに母校に立ち寄ってみました。たいして遠い距離でもないのに卒業するとパッタリと疎遠になってしまいますね。

正門の横で記念写真。RZ250で毎日通ったものです。

心なしか講堂がキレイになったような?水圧洗浄でもしたんでしょうか。

そういえば、この講堂の地下で野宿したことあったなー。ちょうど学園祭の時期でした。

今年もそろそろ学園祭ですね。人が多くて賑やかです。

昔と違うのは警備が厳重なこと。ちょっと駐車したらすぐに警備員がすっ飛んできました。しかも前後から1人ずつ走ってきて挟み撃ちにされた!

大隈公に挨拶する間もなく、そそくさと退散。また来るよー。

20081031120

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

立ちゴケしてしまいました

立ちゴケしてしまいました。
初心者によくあるUターンの失敗です。

モリワキ スキッドパッド付けといてよかった。これがなければクランクケースに傷がついてしまうところでした。

マフラーに少し傷がついてしまってガッカリ。さすがのスキッドパッドもマフラーまでは守りきれませんでした。(涙)

もっと練習しないと!

20081028105
20081028104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

グローブ新調しました

20081031117 教習所からずっと使っていた軍手がくたびれてきました。

教習は「軍手可」ということだったので、迷わず家にあった軍手を使っていました。(安いので)

ところが、軍手というやつはなかなか侮れないスグレものです。素手のような皮膚感覚でレバー操作ができますので初心者にはうってつけのグローブだと思っています。(カッコ悪いのが唯一の難点)

免許取得後もそのまま使っていたのですが、最近どうも左手親指の付け根部分が痛いな、と思ってよくよく見ると、痛いあたりの軍手の布目が薄くなってます。写真ではわかりずらいですが。

そろそろ替え時と思い、新しいグローブを買い求めました。
20081031118
近所にNapsというバイク用品店があることがわかりましたので、仕事の帰りに立ち寄って、あれこれと試着しまくり、最終的に、「REV IT」というメーカーのメッシュタイプに決めました。

真剣に検討しただけあって、とても良いグローブです。

軍手の「皮膚感」に最も近いと思います。操作性ばつぐん。ナックルプロテクタも安心装備です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

早速ですが ちょっとカスタム その2

些細なカスタム、その2

モリワキ スキッドパッドです。

クランクケースから少しはみ出しているので、転倒してもエンジンが直接路面に激突しないようになってます。これはもう標準装備してもいいくらいのスグレものですね。

これも購入したバイク屋さんが無料でとりつけてくれました。いつもありがとうございます。

カワサキ純正のエンジンガードよりだいぶカッコいいです。
これでコケても安心(なわけない)

Zrx1200r_004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

早速ですが、ちょっとカスタム

納車されたばかりのZRX1200Rです。さっそくですが、ちょこっとだけカスタムしてみました。
Zrx1200r_diabloblack カスタム前Zrx1200r_diabloblack_m1








カスタム後








違いがおわかりでしょうか。

ものすごく些細なカスタムですみません。ビキニカウルのデカール(黄色いライン)を剥がしただけです。

この黄色がアクセントなのでしょうが、かなりクドく感じますので剥がしてしまいました。

購入したバイク屋の社長がとてもいい人で、お願いしたところ無料で作業してくれました。ヒートガンで暖めると接着が剥離されるようで、手ではがすことができました。仕上げにワックスまで塗ってくれてありがとうございます。

私はすごく気に入ってます。皆さんのご意見は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »