« 散策 川崎河港水門 | トップページ | 油壺  ツーリング でなくドライブ »

2008年12月30日 (火)

首都高速 都心環状線 C1

ショートツーリングレポ

やっと仕事も納めてほっとひと息していたら、無性にバイクに乗りたくなってしまったよ。週末は忘年会の二日酔いでバイクに乗れなかったのでなおさら。

どこか手軽なツーリングコースはないかと思案しながらWebを眺めていたら、首都高で暴走行為を繰り返すチームのリーダーがとっ捕まったというニュースを読む。はたと膝を打って思いつきました。「首都高速都心環状線」通称C1をのんびりグルグル走ったら面白そう。もちろん安全運転ですよ。

----------------

その前にちょっと用事をすませてから、最寄の入り口「代官町」から出発。まずは内回りを軽く走ることに。代官町から霞ヶ関トンネルへの入り口はブラインドなので注意が必要。2号目黒線との合流は右からバンバン合流してくるのでこれも要注意。浜崎橋を左折するコーナーは見通しよくて楽しい。クルマと違ってながめがいいので新鮮。

クルマではそれこそ毎日のように乗っていた首都高だけど、バイクでは初めて。中型免許のときも首都高には乗らなかった。だってそのころはお金なかったので。。

-----------------------------

内回りを3周ほどしてから、江戸橋 - 箱崎 - 辰巳JCT - 湾岸線西行き - 有明 - レインボーブリッジ - 浜崎橋 と大きく迂回。辰巳JCTの右コーナーはスピード感があって楽しい。レインボーブリッジから下を見ると台場がはっきりと見えて良い眺め。

浜崎橋で、こんどは外回りに路線変更、こうすればエンドレスに首都高C1を内回り・外回りをチェンジしながら走っていられる。しかも何キロ走っても料金は同じ。これは良いかも。

外回りを走る。江戸橋から銀座方面への右折コーナーが良い感じ。京橋あたりのS字コーナーもグッド。3周しました。

------------------------------

浜松町のあたりでバイクをとめて写真撮影。ほんとはここは停車禁止かもしれませんが、ヘルメットのあご紐がゆるんだのでしかたなく停車。

20081229397

後ろからもパチリ。ほんとにクルマが少ない。平日の首都高には珍しく、電光掲示板には一箇所も渋滞がありません。気持ちいー。

20081229398

これくらい空いてれば楽しいねー。路面凍結の心配もあまりないし。冬は首都高にかぎるかも。。

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ 人気ブログランキングへ

|

« 散策 川崎河港水門 | トップページ | 油壺  ツーリング でなくドライブ »

バイク」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございますfuji
返信コメント気が付きませんでした すんません。

しかしよく私のブログわかりましたねcoldsweats01
ビックリですsign01

こちらこそリンクを張らせていただきます。
人様のブログにはバイクの事でコメントするのに、自分のブログはあまりバイクの事を書いていないような気がしますcoldsweats02

今年もどうぞよろしくです (* ̄ー ̄*)


投稿: ロクエフ | 2009年1月 1日 (木) 12時40分

ロクエフさん

いつもコメントありがとうございます。励みになる言葉をいただけてうれしいです。

おっしゃるとおり、私のタイヤは、街乗り9割なので真ん中の減りが激しい。残りの1割で峠を走って皮むき、あとちょっとアマリング、の3段階に分かれてます。さすがご明察。

ところでロクエフさんは、「ロクエフの部屋 ~by ZRX1100(00)~」の主さんですか?失礼ながらやっとわかりました。写真が上手ですね!私は携帯のカメラなのでヒドイものです。

もしよければ相互リンク張らせていただけるとうれしいです。

投稿: ケビン | 2008年12月31日 (水) 17時48分

こんにちわロクエフです。
私は家の大掃除がいま終わりました( ̄○ ̄;)!

ケビンさん 相変わらず走ってますねsign01
ライダーの鏡です

タイヤの減り方を見ると走りこみ具合が何となくですがわかりますよconfident

お恥ずかしながら私は全然走ってません。
首都高環状線良いですね。 俺も走ろうかな

来年もZRX1200Rを充分満喫して下さい。
既にリターンライダーではなく、現役バリバリのライダーですよsign01

来年もちょくちょくよらせてもらいます。

それでは良いお年を( ̄▽ ̄)

投稿: ロクエフ | 2008年12月30日 (火) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/43564665

この記事へのトラックバック一覧です: 首都高速 都心環状線 C1:

« 散策 川崎河港水門 | トップページ | 油壺  ツーリング でなくドライブ »