« 首都高速 都心環状線 C1 | トップページ | ちょっと横浜まで おでかけツーリング »

2008年12月31日 (水)

油壺  ツーリング でなくドライブ

バイクのツーリングではなくクルマでドライブ。

油壺まで日帰りドライブ。最近ガソリンが安くなってきたのでクルマも復活。愛車に家族を乗せて、もう11時ですがこれから出発。

第三京浜 - 横浜新道 - 横浜横須賀道路 衣笠IC - 三崎口 - 油壺 のルート。道が空いていて気持ち良い。のんびりとクルージングします。三浦半島の尾根を南下。

途中で YZF-R1を発見。このごろ峠道をよく走るようになって、なんだか R1がとても気になってる。カワサキZX-10Rよりも気になる。どうしてだろう。あの白と赤のカラーリングが昔乗っていたRZ250を思い出させるのかもしれない。

Yzfr1

衣笠ICではライムグリーンのZRX1200Rを発見。思わずうれしくなるね。さらにその先の一般道でもZRXを発見。三浦半島ZRX密度高いぞー、と勝ってに一人だけ盛り上がるが、家族の反応がそれほどでもないのでがっかり、ってあたりまえですね。

--------------------

我が家の家族は水族館が大好き。前回は鴨川シーワールドでしたが今回は京急油壺マリンパークに行ってきました。神奈川県内にあるのでここには何回か来てます。

来年は志摩水族館に行きたいなー。沖縄ちゅら海もいいよねー。夢はふくらみます。

マリンパークはやや小ぶりな水族館ですが、三浦半島の自然と相模湾の荒々しい波が打ち寄せる磯の景色が見えて、ちょっとした日帰りドライブに良いロケーション。アットホームな感じも気に入ってます。

イルカとアシカのショーがメイン。ここの特長はアシカの芸がレベル高いこと。アシカがイルカと同じプールでジャンプするのはなかなか見れない出し物だと思います(写真はイルカのみ)

Img_3624

アシカの遠吠え。すごい音量。
Img_3622

--------------------------

ヒトデ、ナマコ、貝、ネコザメなどを子供が自由に触れるスペースがあるのが珍しい。我が家の娘も大喜び。鮫肌を実感して満足。本日はナマコがお休みのため娘はちょっとご機嫌斜めでした。生きたナマコが好きな女の子も珍しいよね。

-------

今年相模湾で捕獲された「メガマウスシャーク」の剥製と臓器が展示されてます。とても希少なサメだとのこと。「サメの脳みそ」とはよく言いますがホントに小さい。たったの20グラム!写真の真ん中空洞内に蜘蛛の巣のようにはりついているのが脳です。
Img_3637

巨大水槽ではサメの一種「白ワニ」がじっと停止しておりました。こわい歯だね。因幡の白兎を赤裸にひん剥いたのはきっとこのサメの先祖でしょう。
Img_3636

-------------------------

ちなみに、ここの売り物が「海洋深層水」。相模湾の深海から取水した海水を脱塩して料理や飲み物の材料につかってます。ビールもあります。ホップがさわやかでコクがあり後味も良い、ハイネケンやチンタオに近い味でとても美味しい。

ナンバーワン人気メニュー「海洋深層水ラーメン」は素直な味で美味しい。行く度に必ず食べます。レストランのスタッフが子供に親切なのもうれしい。

Img_3604

すっかり堪能したので帰りましょう。

三崎口には、「スルメ50枚 千円」の軽トラが出てました。冬の風物詩ですね。

少しでも暇つぶしになったらぽちっと押してくだされにほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

|

« 首都高速 都心環状線 C1 | トップページ | ちょっと横浜まで おでかけツーリング »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/43572165

この記事へのトラックバック一覧です: 油壺  ツーリング でなくドライブ:

« 首都高速 都心環状線 C1 | トップページ | ちょっと横浜まで おでかけツーリング »