« 府中 多摩川 ZRX1200R写真 | トップページ | ヤビツ峠、宮が瀬、道志 山中湖 ツーリング »

2008年12月23日 (火)

ZRX1200R インプレ 3000km 走行

愛車 ZRX1200R 、2ヶ月で3000km走行。改めてインプレッションをまとめます。長文ゴメン、読んでちょんまげ。

追記:6ヶ月走行後のインプレはこちらです

まず最初に、このスタイルがサイコー。オートバイらしくてゴツゴツしたところがノスタルジックで私は大好きです。カッコだけ空冷フィンがエンジンに刻まれているのが無駄な努力で可愛い。

猛々しそうな外見ですが、実際にはエンジン・車体が全体的にマイルドな特性なのでおやじの体力・気力レベルにぴったり。満足度最高。いろいろと比較検討したけどZRX1200Rに決めて本当によかったと思ってます。ずっと乗っていきたいね。

ひとことでいえば、気負わず気軽につきあえる日常の相棒。街乗り・峠道・高速、場所を選ばずどこでも行ける。車体がコンパクトなので取り扱いやすいのも美点です。

おやじリターンライダーは外車に乗るのが定番ですが、私は日常のアシにしたかったので故障の少ないであろう国産にしました。自分でメンテできるだけの技術力ないですから、乗る機会が減るとバイクから遠ざかってしまいそうな気がしたので。。やっぱりバイクは乗ってナンボですからね。(ちなみにクルマはずっと外車なのですが、やはり国産車より故障多いです)

本音のところでは、ハーレー・BMW・ドカティなどに比べて物欲を満たす度合いがちょっと劣るのは認めます。しかし総合的には大正解な選択です。

20081219312

1、車体・装備

400cc並みホイールベース(1465mm)の小柄な車体なので取り回しが楽。ただし重量は普通の大型バイク同様224kg(乾燥)あるので、それなりに重いです(あたりまえか)。大型車全般にいえることですが、車重があるのでどっしりと安定している。とくに高速で安定感があるので長距離でも楽です。

私(173cm)は厚底のブーツを履いてシート最前部に座れば両足のかかとがギリギリつきます。スニーカーでは片足ですね。

ハンドルの高さと形状はちょうどよい具合。自然なアップライトポジションをとれる。高速走行ではもう少し下にあったほうが風圧を防げてよいかも。

左右に出っ張りが小さく、かつ車体バランスが良いので渋滞路ですり抜けしやすい。ビッグバイクらしからぬ隠れた長所。

ステップは街乗りではベストな位置。スポーツ走行ではもう少し後ろにあってもいいですが、とりあえず私は峠ではつま先で乗ってるので問題なし。

段つきシートの窪みに尻を合わせると後輪に荷重がかかってコーナリングや高速でベストなポジション。この体勢ではハンドルがやや遠くなるが、上から押さえ込まないのでセルフステアを妨げずちょうど良い。

シート下の広い収納スペースが非常に便利。ちょっとしたみやげ物まで入る。ここにETCの車載機本体をとりつけてますが、それでもまだ十分広く使えます。

メーターは設計が古すぎ。20年前から進化してない。Z1のメータに燃料系がついただけです。時計・水温計くらいは欲しい(水冷なんだから)。スピードメーターは260kmまできざまれているのがちょっとうれしい。実際には180kmリミッターですが。

タンク容量は18リットル。燃料系の針がレッドゾーンに入った時点で8リッター残。レッドゾーンを左に振り切った時点で4リッター残、といったところ。

イモビライザー装備は非常にポイント高い。この安心感は何者にも代えられません。

ブレーキ、クラッチはそれほど重くない。レバーの位置を自分の手の大きさに合わせて遠めに調節したところ、テコの原理で軽くなりました。油圧クラッチなのでワイヤー切れの心配ないのが安心。

細かいところでは、ハザードがなにかと便利。

ビキニカウルは「ないよりはまし」という程度。高速では100kmくらいまでが快適さの限界。もっとも私は高速でぶっとばすのが目的ではないのでこれでも全然問題ないですが、長距離高速ツーリングが主目的のかたにはZRX1200Rは向いてないと断言できます。フルカウルのツアラーを選んでください。

センタースタンドないですが、私は自分で整備できるほど技術力ありませんので実用上問題なし。

20081126267

----------------------
2、エンジン

水冷DOHC4バルブ1164ccのエンジンは街乗りではパーフェクト。3500回転が最大トルクなので非常に扱いやすい。
4000回転まではウルトラスムーズでトルクフル。とくに2000回転以下でも十分に粘るので狭い道や渋滞路での細かいスピードコントロールが自由自在。日常的に使用していますが、渋滞路を乗った後でも疲労感が少ないです。

リッターバイク唯一のキャブレター車。キャブの自然なパワー感と吸気音が気持ち良い。あー燃料無駄に使ってるなー、とは感じますが。。いずれはキャブのセッティングもトライしてみたいですね。こういった余地があるのがキャブの楽しみだと思います。

峠道の低速コーナーでも3500-4000回転あたりを使うとレスポンスが良いのでテンポよく走れます。太いトルクでトラクションをかけることができて二次旋回が楽しいですよ。

ただし欠点もあり。4000-5000回転域で、それまでのスムーズさがなくなり突然振動が発生。なんでこんなにシビレるのってぐらいビリビリくる感じ。ちょうと5速で120キロくらいになるとバックミラーが共振するため全く後ろが見えない。この回転域ではトルクも落ち込む「魔の領域」。5000回転を超えると振動は解消されます。キャブレターを逆車仕様に改造すれば解消できるんでしょうか?詳しい人おしえてちょんまげ。

私のZRX1200Rはまったくのノーマル車なので、5000回転より上はあまり感動するほどのものではありません。たしかに回せばそれだけパワーも出ますが盛り上がりがいまひとつな感じです。マフラーを交換すればいいんでしょうが、いまのところ予定無し。

誤解されないように付け加えておくと「ものすごく速い」ですよ。中低速重視のセッティングなので、とくに日常的な速度域では必要十分かつ興奮するくらい楽しめる。どちらかといえば「スピード感」に乗ったダイナミックな加速

高速道路の空いた直線でだけ本領発揮できるバイクってのもあんまり現実的でないような気がするし免停も困るので、私はZRX1200Rの中低速重視のパワー特性がとても気に入ってます。

納車直後はあまりのパワーに怖いくらいでしたがすぐに慣れました。不用意に発進するとフロントが浮きますのでご注意。

--------------------------------

ZRX1200Rの数少ない欠点もうひとつ。ノーマルマフラーの音は情けないくらいしょぼい。軽自動車の音に似ている(涙)。おやじとしては近隣住環境に配慮できるのでこれも長所かと思って我慢してます。排気音に腰を抜かして怪我する人もいるようだし、そもそもバイクが嫌われては元も子もないからね。

まだ新車ですので始動性は良好。寒い朝でもチョークさえ引けば一発で始動します。私は駐車場では暖気せず、すぐに走り出して信号待ちの時間などをつかって暖気してます。

ラジエータの冷却ファンは頻繁に動作しまくる。冬でも信号待ちで回るのには驚きました。真夏はクソ暑いだろうなー、と思います。

シフトはカワサキ車らしく盛大な音と衝撃。これはしかたないね。ガッコーンと1速にはいります。

Img_3448

---------------------------

3、サスペンション

当初はまったくの初期設定のまま走ってたけれど、徐々にサスセッティングするようになりました。初期設定では安定性を重視したセッティングですが私には多少違和感あったのであれこれと試行錯誤して調整。まずまず満足できるところがみつかりました。詳しくは過去のブログを読んでください。

以下は調整後のサスについてインプレ。

街乗りでは、フロントダンパーが効いているため姿勢変化が小さく細かいコントロールが容易。ハンドルを積極的に切って低速バランスをとると乗りやすい。

高速での直進安定性良好。調整前はギャップでポンポン跳ねて怖かったが、調整後はギャップをうまく吸収して安定するようになった。

フロントダンパー(圧・伸)を強めたところブレーキリリース後の倒しこみがスパッと決まるようになった。目で向いた方向にバイクがクッと向いてくれる。ただしスーパースポーツのような洗練されたものではなく一呼吸手前でドリャーと体重かけたほうがより上手く進入できます。このあたりはカワサキらしさでしょうか。私は結構気に入ってます。

二次旋回はフレキシブルなエンジンのおかげで、グッとアクセルをひねって駆動力をかけるとリアが踏ん張って旋回が安定。後輪に体重をかけてさらに倒しこめます。ものすごく楽しい一瞬ですね。もっと厳しく攻めると車体がよじれるということも聞きますが私のウデではまだそこまで感じてません。

リアサスはプリロードを最弱・ダンパー伸び側を最強にしたところコーナリング中での踏ん張りがよくなりました。欲をいえばもっとダイナミックに動いて仕事をして欲しいがノーマルではそこまでは難しそう。路面の細かいギャップを吸収し切れていない感じもあり。やはりここはオーリンズなんでしょうか。悩みますが、今のところノーマルでもまったく不便ないので、壊れるまではこれで行こうと思ってます。

サスセッティングは手軽なチューニングだけど奥が深くてハマります。現在は「峠道セッティング1」で走ってますが、街乗りではフロントのプリロードを1mmくらい伸ばすと直進性が良さそう。道路状況に応じてプリロードを変えられるように手で回せるノブをつけるのがいいかもね。

Img_3358

----------------------------------------

4、ブレーキ

フロントブレーキは必要十分に良く効く。タッチも良い。リアはほんとに効かない。なんのためにあるのかわからないくらい。パッドを交換すればいいんでしょうか。

ZRXのよく指摘される問題点としてフロントブレーキの鳴きがありますが、私のは改良されているのかほとんど鳴かない。寒い朝の一発めのブレーキがキーと鳴くくらい。

Img_3450

Img_3451
---------------------------------
5、メンテナンス

これといって不具合や故障なし。さすがに熟成が進んだ枯れた機種ですね。新モデルではこうはいかないでしょう。ZRX1200Rを選んでよかったと思います。

1000km点検時にオイルをWAKO'SのトリプルR(100%化学合成)にしたところシフトチェンジのショックが軽減。

燃費は、街乗り15km/l、長距離20km/l。とくに良いわけではないが、キャブなのでこんなものだろうと思います。

以上

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへにほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

|

« 府中 多摩川 ZRX1200R写真 | トップページ | ヤビツ峠、宮が瀬、道志 山中湖 ツーリング »

バイク」カテゴリの記事

コメント

●10Rさん

2008年モデルのZRX1200Rですと、キャブレターがノーマルのままでしたら燃料が薄い状態です。キャブレターごと交換するのもよいでしょうし、もしくはキャブレターはノーマルのままで内部のジェットのみをガスの濃いものに変更することでかなり良い結果が得られます。

私がいろいろと試行錯誤してみた結果はこちらのページに書きましたので参考にしてください。

http://kevin99.cocolog-nifty.com/mydiet/2009/06/zrx1200r-309b.html

くれぐれも自己責任でお願いしますね。申し訳ないですが私は結果に責任もてませんので。

投稿: ケビン | 2014年11月28日 (金) 07時26分

はじめまして!私も今月の7日に2008年式のZRX1200Rに乗り換えることが出来ました。94年式のTZR-SPから2011年式ZX10Rに乗り換え後3年乗っていましたが、歯を食いしばり乗る事に疲れている時、このブログを見ているうちに興味が湧き、行きつけの単車にちょうど入荷したばかりのZRXがあり試乗したところ、これが私の目指すものと確認する事が出来、走行距離も少なく、ワンオーナーの事から即決し現在オーナーとなりましたが、一つ教えてください。エンブレ時のバックファヤーがやはり気になります。二次エアーは効果がなさそうなので、思い切ってキャブ交換を検討しておりますがよきアドバイスがあればお願いします。
マフラーはトリックスターのチタンフルエキ(車検対応品・・・バッフルは外しておりますが)です。 10Rのアクラト比べ音量が低いことから後日サイレサーをショットガンに変更予定です。

投稿: 10R | 2014年11月26日 (水) 22時50分

●562さん

はじめまして、コメントありがとうございます。
私のブログがお役に立ててこんなにうれしいことはありません。

まさにおっしゃるとおりだと思います。わたしも同じような選択で悩んだ上の結論がZRX1200Rでした。ドカやハーレーでは日本の渋滞路でノロノロ運転は扱いにくいですし、なにしろストレスが溜まります。また旧車は故障が心配で遠出ができません。お金をかけてレストアしてもやはり故障とは無縁ではないですしね。

そういう意味ではZRX1200はおっしゃるとおり、旧車の雰囲気を残しつつ現代的に洗練されたよいバランスだと思います。

私は試乗と机上で悩んだだけですが、562さんのすごいところは実際に所有して時間と台数をかけたうえでの結論だということです。私もドカを買おうかと検討したことはあったんですが。

またコメントください。お待ちしてます。

投稿: ケビン | 2013年5月 9日 (木) 06時50分

私もこのブログを見て1200Rの02年の中古を買いました
今までDUCATIを5台 daeg Z1-Rと乗り継いで前々から気になってた1200Rにしました

外車だとやはり不安ですし、DOUCATIではゆっくり走る気になれないので やっぱりカワサキしかないと思いダエグを買ったのですが、重いのと、インジェクションのフィーリングが面白くなくZ1-Rという旧車のキャブ車にしたのですが、故障の連続でツーリングに行っても落ち着きません

それで残ったのが旧車の雰囲気を残しつつ、味のあるバイクという結論でXJRかZRXだったのですが

最後はこのブログで決めてとなりました
ありがとうございました。今後も面白い記事を楽しみにしております。 

投稿: 562 | 2013年5月 8日 (水) 01時13分

●ミントさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

おお!ZRX仲間ですね!!よろしくお願いいたします。
たいせつなバイクの選定に私の駄文がご参考になったのなら、こんなにうれしいことはありません。

おっしゃるとおり、ZRXはベストセラーですしロングセラーなので、1100の頃からもいれれば相当なノウハウがライダーに蓄積されておりますし、交換や保守のパーツも豊富ですから、なにかと頼もしい相棒となってくれるに違いないと思います。

もちろん、操る楽しみが大きいのもZRXの素晴らしいところです。私はことしで5年めになりますが、まだまだぜんぜん飽きる気がしません。毎日のように乗っておりますが、乗るたびに喜びを感じます。

ミントさんのバイクライフがより充実したものとなりますよう、お祈り申し上げます。

投稿: ケビン | 2013年1月 7日 (月) 11時38分

このブログにて、私はZRX1200Rに決めました。
現在、W650を所有していますが、街乗りは楽ですが、長距離の高速道路で疲れるため、2台目として、少しビックなバイクを求めていました。
CB1100と比較しながら、3カ月。中古車を探しながら、迷っている最中の丁寧なブログ!ありがとう!!
中古車であることから、豊富な交換部品が出回っていることに加え、所有者が多く、いろいろな意見が聞けるバイクとして選定しました。整備完了後、来月納車予定です。

投稿: ミント | 2013年1月 6日 (日) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/43413928

この記事へのトラックバック一覧です: ZRX1200R インプレ 3000km 走行:

« 府中 多摩川 ZRX1200R写真 | トップページ | ヤビツ峠、宮が瀬、道志 山中湖 ツーリング »