« 元日 道志ツーリング | トップページ | 赤坂 氷川神社 »

2009年1月 4日 (日)

HONDA 本社ショールーム 懐かしの名作バイクたち

会社の近くにホンダの本社ショールームがあるので、よく昼休みにぶらっと立ち寄っては珍しいバイクを写真に撮ったり、新型バイクにまたがったりしてます。

古いバイクはどれもピカピカの最高コンディションに保たれて、じっと見ているだけでもぜんぜん飽きない。時間を忘れてしまう。

皆さんにもお見せしたいと思います。これまで撮りためた写真を見てください。

まずは CB750 K0 、もう何も言うことのない名車。一度でいいから乗ってみたい!ツンと上がったシート後ろ端や、Kゼロ独特のボテッとしたサイドカバーがいい雰囲気。キャンディルビーレッドの塗装がツヤツヤしてます。これはきっとオリジナル状態をそのまま保ってるんでしょう。
20070502031_2

つぎは CB400 Four、通称ヨンフォア。私が中型免許をとったときには既に生産中止されて HawkII になってました。ほんとはヨンフォアが欲しかった、、ってヒト、たくさんいますよね、きっと。おそらく皆さんZ400FXに流れたのでは。私はRZ250でした。

これはサイドカバーがタンクと同色の初期型(408cc)。

20070502032

CB750F デイトナレーサー 1982。このゼッケン19番はフレディスペンサーがAMAスーパーバイク・デイトナ100で乗って優勝したマシンそのもの、実物です。思わず鳥肌が立ちます。これに跨って片足を上げたウィニングポーズのスペンサーの姿が強く記憶されてます。

シルバーのタンクにブルーのラインってのはその後もずっと続くデザインの定番になりました。これが元祖本家です。クランクカバーにAHMとあるのは America Honda Motors の略なんでしょうか。

カワサキ乗りとしてはローソンレプリカの本物も見てみたい気持ち。

20070502030

ちょっと時代がさかのぼってRC166、1966年の世界選手権ロード250クラス10戦全勝、1967年マン島TT優勝(マイクヘイルウッド)の輝かしい戦歴をもつ歴史的名車。ニッポン高度成長の象徴のようなバイクです。

Img_0875

RC166のエンジン。こんな小さなスペースに6気筒!

Img_0882

こいつの車名がわかりません。ベベルギアのDOHCが強烈。シリンダヘッド、ベベルギアシャフト、エキパイ、クランクケース、すべてが空冷フィンのカタマリ。空冷技術極まれりです。まことに美しい。時間がたつのを忘れてじーーーっと見続けてしまいました。

ロンドンの科学技術博物館でゼロ戦の「誉」エンジンを見たときの感動を思い起こさせてくれます。

20070502033

20070502034

最後は現代のもの、2005年優勝マシンCBR1000RRW。カッコエー。

Dsc00874

番外編、アシモ。可愛い動作に感心しきり、目が釘付けになります。

Dsc00876

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされにほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

|

« 元日 道志ツーリング | トップページ | 赤坂 氷川神社 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/43619270

この記事へのトラックバック一覧です: HONDA 本社ショールーム 懐かしの名作バイクたち:

« 元日 道志ツーリング | トップページ | 赤坂 氷川神社 »