« 四谷 こうや | トップページ | 三田 a la 麓屋 »

2009年3月11日 (水)

ZRX1200 低予算フルパワーへの道 #2 インテーク

低予算フルパワーへの道 シリーズ2回目

偶然にも推定逆車仕様サイレンサをヤフオクで1000円で落札したところから、なりゆきで始まってしまった「低予算フルパワーへの道」です。けんけんさんが師匠です。

前回の様子はこちらからご覧ください。

なお、その後「こけるんです」さんからの詳細なコメントで、これは2001-2003年の国内向け(100ps仕様)であることが判明しました。情報ありがとう!

国内向けではあっても最新のものより抜けが良いので、交換の効果は絶大。そういえば2004年あたりからカタログ値で5馬力ダウンしてたのはこいつのせいだったんだな、きっと。

翌日さっそく宮が瀬・道志まで試運転ツーリングしたが、全域パワフルでレスポンスが良いので乗ってて本当に楽しいバイクになった。高速道路でも試してみたが追い越し加速がみちがえるほど力強くなった。

低速トルクが太くなったので「2速オートマ」状態で走れるから、半クラを頻繁に使う必要がなくなった、細い路地や渋滞走行が楽になったのでうれしい。クラッチの寿命も延びるかも。

見た目がノーマルのままなので地味だが本人は大満足。

-----------------------------

さて、私のフルパワー化の師匠である「けんけん」さんによれば、次にやるのは吸気側らしい。排気だけでなく吸気も絞られまくってるんですな。かわいそうなZRXちゃん。正式には「サイレントアッシ(インテーク)」という部品だそうです。

右側のサイドカバーを外すとありました。たしかに吸気ダクトの入り口が窮屈、これでは吸気量も少ないはず。

20090309865

ダクトからサイレントアッシを取り外してみると、スポンジでくるまれた構造になっている。

20090309868

20090309869

----------------------------

とりあえず、吸気ダクトも全部とっぱずしたエアクリーナまるみえ状態で試運転してみたが、あまり調子よくない。スムーズにスロットルを開けていくときにはものすごく調子よく、確実にパワー向上が実感できるけど、急なスロットル操作だと回転が追いつかずドンツキ状態になる。デキの悪いインジェクションみたいな感じ。

20090309867

ということで、ダクトだけをとりつけた状態で再度試運転。おおーーー、今度はすごくいい。ドンツキもなく、高回転までグングン回る。あっというまに8000回転くらいまで回ってしまう。驚きました。

空気の流路が必要なんだな。

20090309870

けんけんさんがおっしゃるには、ここにパカッとはめこむマレーシア仕様の部品があるとのこと。きっと吸気を整流するのと、ある程度の吸気抵抗をとるバランスのために必要なんでしょう。しかし、私の場合は「低予算」があくまでも大前提ですので、この状態でよしとします。

しかし、スゲー変身にはびっくらこいた。サイレンサだけでも脅威だったが吸気をいじったらさらにトルクフルかつスムーズになった。あっというまに回転が上昇する。吸気音が昔のバイクのように迫力ある。まるで違う乗り物になってしまったようだ。もうちょっと低回転で粘ったほうがいいのだが。

今後の予定は、キャブのジェットとニードルを交換すると一応の完成となるようだが、すぐにはやりません。ひとまずこの状態でしばらく乗ってみて細かい変化を実感してみよう。

この状態でも今の私には十分すぎるほどパワフルなので、慣れてしまってもっとパワーが欲しくなるまではこのままとする。一歩ずつやるのが楽しいのだ。

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへにほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

|

« 四谷 こうや | トップページ | 三田 a la 麓屋 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

そんなことありません。
お恥ずかしいばかりです。
僕もケビンさんのサスセッティングは参考にさせていただいてます。
こちらこそ師匠と御呼びいたします。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: けんけん | 2009年3月12日 (木) 16時51分

ケビンさん、判りやすい補足説明までしていただき有難うございます。
結果は報告させていただきます。

投稿: james | 2009年3月12日 (木) 00時50分

●jamesさん

サイドカバーはずすのにちょっとコツがあります。

1)シートをはずす(あたりまえですね)
2)留めてあるネジがかたいので、なめないように慎重にやってください。車載工具のドライバーの柄に14ミリのレンチをかまして回すとうまくいきます。
3)サイドカバーの前側上下2箇所がプニッとはまってます。下からはずしたほうがやりやすいです。

うまくいくといいですね

投稿: ケビン | 2009年3月11日 (水) 16時57分

●けんけんさん

いやいや尊敬すべき師匠!今後も宜しくお願いします。

キャブいじらない人も結構いるんですね。私の方針もまんざらでもないかも。またひとつ教えていただきました。ありがとう。

投稿: ケビン | 2009年3月11日 (水) 16時52分

すごいですね。何より行動が速いのに驚いてます。
ちなみにケビンさんは私の師匠です。
勝手にけんけんさんの孫弟子ということで・・・。
私も今週末に吸気系をいじってみます。

投稿: james | 2009年3月11日 (水) 12時51分

師匠はお恥ずかしい。

マレーシア仕様はこの部品のスポンジが薄く開口が大きくなっています。この部品の主な役割は消音ですので音が気にならないなら外しておいて車検のときだけつけるとかでも十分でしょう。(付いてないと車検が通らないかはわかりません。)
サイレンサーと吸気口この二つで別物になった感じがするなんてまさに手枷、足枷を外した様なものですよね。
あとは流れの良くなった吸排気にその分ガソリンの噴射量を増やすわけです。
いろいろなHP、ブログなどを見る限りキャブはいじらずこのままで乗ってる方も多いようですね。

投稿: けんけん | 2009年3月11日 (水) 12時16分

上記コメントはわたくし(ケビン)でした。

投稿: ケビン | 2009年3月11日 (水) 11時36分

●THE ITO さん

吸気音が大きくなるので雰囲気いいです。ただし微妙にドンツキ気味になるのが気になるかもしれません。

投稿: | 2009年3月11日 (水) 11時35分

はぁ〜、こんな方法があったのですね!
私のZRXは2001年式なので変化が期待できそうなので週末にチャレンジししてみます。

投稿: THE ITO | 2009年3月11日 (水) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/44291308

この記事へのトラックバック一覧です: ZRX1200 低予算フルパワーへの道 #2 インテーク:

« 四谷 こうや | トップページ | 三田 a la 麓屋 »