« 道志で出会ったカッコイイバイク Z1-R改 | トップページ | ZRX1200 低予算フルパワーへの道 #4 試験走行 »

2009年3月14日 (土)

ZRX1200 低予算フルパワーへの道 #3 輸出仕様サイレンサ こんどこそ!

低予算フルパワーへの道 その3

その1その2もあります。

けんけんさん、こけるんですさんのアドバイスをもとに、カワサキZRX1200R用純正サイレンサーについて研究しました。

KHI K472 : 国内95ps仕様(2004-2008年)
KHI K427 :  国内100ps仕様(2001-2003年)

そこであれこれとヤフオクをさがしていたところ(低予算なので、、)、KHI K425というやつを発見。かなり排気口径が太い。これはまさに輸出仕様にちがいない。なんだかわからないがとりあえず落札してしまった。

前回のブログでは、当面このままで様子をみると書いたのだが、舌の根も乾かぬうちに前言撤回ですみません。

しかし、うまくポン付けできるかな?さらには、必要ないエキパイまで付属している。このエキパイは触媒無しだろうから、とりあえず保管して修理用に将来使うかもしれない。

左がK427, 右がK425

K425の排気管は、ほとんど出口全部を使っている。おどろきというか、ほんとうはこれが普通なんじゃないのか、と突っ込みたくなる。
20090310872

下の写真、左がK472 右がK427

3つ並べた写真がなくてわかりずらくてごめん。2008年型のオリジナルであるK472の排気管はジャイアント馬場の人差し指くらいの太さしかない(かえってわかりずらいな)

20090307841

刻印
20090310874

さっそく試運転。

うーーーん。これはすごい。かなり音が大きい。まるで昭和のバイクに乗っているようで懐かしい。教習所のバイクもこんな音だったな。

音は大きくなったけど、市販のチタンやカーボンのやつよりはずっと静かです(だと思う)。

けっこういい音質。私のような古い人間には鉄やステンレスの音が好きな人多いと思う。ズシューンという低音の響きがいいんだなあ。チタンのキンキンした「ギャオーン」ってのはどうも好きでないんです。

ステンなので軽量化にはまったく貢献できていない。これは自分(の体重)を軽量化するしかないですね。いつもバイクに乗っているのがよかったのか?念願の70kgを切ることができました。この話題はまた別のときに。

動画・音声(ビデオ&サウンド)。壁を背にしたので少しは低音がわかるようになったかもしれない。

-------------------

加速がさらによくなった。回転の上昇がむちゃくちゃ速い。なんというかまったく別物になった感じ。国内100ps仕様よりもさらに全域にわたってパワー感が向上。低速が犠牲になるわけではなく高速も伸びているという状態。

フルバンクの状態からグワッとスロットルを開ければ簡単に車体が起こせるので、躊躇せずにバンクできる。さっそく椿ラインを一往復したが、もうサイコーっす。こいつと一生つきあいたいっ、、と思えてくる。

----------------

このままレッドゾーンぎりぎりまでトルクが維持されれば最高出力は確実にアップしているはずだけど測定してないのでわかりません。

私が確実に体感できたのは回転上昇の速さ。これがつまりトルク感とレスポンスの良さになるんだ!と納得。2000回転から5000回転に上昇するまでの時間が短い、つまりレスポンスが良い、となる。

上昇の上限も実感できる。KH425だと9000回転くらいまで鋭く上昇する。KH472のときは7000で「もうダメー」てなかんじでした。

-------

気になる点はアイドリングが低くなったこと。何度かエンストしてから気がついた。抵抗が減ったのだから高くなってもいいはずなんだけど??そこが疑問。このあたりが、けんけんさんのいうインテークアッシによるバランスなのかもしれない。きっと最適な吸気抵抗ってのがあるんだろう。

-----------------------------------------------

とりあえず、純正サイレンサのことならなんでもこい!というくらいわかった気になってきた(そんなことない)

ケチケチしないでチタンの社外品を買えよ!と突っ込まれるかもしれないけど、回り道してあれこれと悩むのが面白いんだな。年をとると、お金で解決しちゃうのは実はつまらないことだってのがわかってくるんですよ。。

-----

残す大物はキャブですが、他の人のブログを読むと、キャブをいじると高回転型になりすぎるような気配もあるし、私にとっては排気&インテークで十分に効果を感じているので、しばらくこの状態で乗り続けてみようと思う。パワーも欲しいが乗りやすさのほうが大事ですから。

キャブをいじらない人も結構いるとけんけんさんも言ってたしね。

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへにほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

|

« 道志で出会ったカッコイイバイク Z1-R改 | トップページ | ZRX1200 低予算フルパワーへの道 #4 試験走行 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

●こけるんです さん

いつも詳細な情報ありがとうございます。ヤフオクを一緒にウォッチしてたとは(笑)。

ところで、何故か調子良いです。エンストしませんし、エンジン回転がついてこないということもありません。どちらかといえば絶好調です。偶然なんでしょうか。

発進時にラフなクラッチワークでエンストしたことはありましたが。

謎ですね。次はキャブについて研究したいと思います。

投稿: ケビン | 2009年3月15日 (日) 06時40分

Yahooオークションのそれ(笑)私も見てました。
ただ、2001-2003の輸出仕様はKHI433の筈なので、一体どの年式のサイレンサーかそれとも別バイクのサイレンサーかわからなかったので入札しませんでした。

しかし問題なく付いているようですね。
音の件は満足されているようで。
ただ、その状態(インテークサイレンサー除去&マフラー)だとキャブレターのセッティングも変更しないと薄すぎのセッティングの為、エンジンにはあまりよろしくない状態だと思います。

ZRXの後期型のセッティングだと完全ノーマルでもサーキットで全開走行しているとアフターファイヤー連発の極薄セッティングなので、給排気ともに拡大している今の状態だと、ガスが薄いのでエンジン回転にも影響してくる筈です。(前期型は後期より濃い目のセッティングになっています)

ひょっとして、エンストしやすくなったり、走行中にアクセルをいきなりワイドオープンするとエンジン回転が付いてこなくなったりしませんか?

投稿: こけるんです | 2009年3月14日 (土) 23時22分

●jamesさん

サイレンサー交換したら6速が欲しくなって困ってます。トルク感が太いので、もう1速あっても十分走るなー。と感じております。

金銭的な理由は私も同じで、単なる願望ですが。。

投稿: ケビン | 2009年3月14日 (土) 22時28分

中間加速重視 私もそれです。
回しても7000回転位だと思ってますし、
レッドゾーンを使うことも多分無いと思いますから、
ピークパワーも現状で十分という感じです。
それでもちょっと怖いもの見たさでフルパワーを
体験したいといったところです。
本当は6速化したいと思ってます。
金銭的な余裕が無いので無理ですけど・・・。
明日は晴れそうなのでサスと吸気いじります。

投稿: james | 2009年3月14日 (土) 16時43分

●けんけんさん

小難しいことを言ってちゃいけませんね。何のためにバイクに乗ってるのかわからなくなるところでした。

気持ちいー、に引き戻してくれてありがとう!

投稿: ケビン | 2009年3月14日 (土) 13時23分

行動が早いですねー
難しい公式が出てきたcrying
乗って気持ちがいーが一番いいですよね。

投稿: けんけん | 2009年3月14日 (土) 12時19分

●jamesさん

作業しているのは自宅マンションの地下駐車場の一角であったり、実家の軒先であったり、会社駐車場の隅であったりと、あちこち放浪しながらやってます。Napsの駐車場って説きもありますね(笑)

回転数と速度の関係については私は専門外なのですが、単純な物理の公式だと以下のようなもののはずなので、サイレンサーを交換しても、エンジンのトルクが増えるわけではないということをいいたかったのです。

 仕事量(ps) = トルク(kg) x 回転数(rpm)

ただし、サチュレーションがおきる回転数が高くなれば最高出力は増加しますので、一般にはこちらを「パワーアップ」と呼んでますが、私にはあまり興味がないというか、中間加速を重視しているほうです。

投稿: ケビン | 2009年3月14日 (土) 11時43分

アグレッシブに進んでますね。
作業されているのはガレージですか?
環境が羨ましいです。
私は雨だと作業できません(悲しい)。

昔は自分で色々いじっていたのですが、
歳とって20年のギャップを言い訳に何もしませんでした。ケビンさんの影響を受けて、バイクをもっと楽しもうとサービスマニュアルも買いました。

※単純に回転数と速度の関係はギヤレーションであって
パワーとは関係無いと思いますけど、どうですか?

投稿: james | 2009年3月14日 (土) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/44304644

この記事へのトラックバック一覧です: ZRX1200 低予算フルパワーへの道 #3 輸出仕様サイレンサ こんどこそ!:

« 道志で出会ったカッコイイバイク Z1-R改 | トップページ | ZRX1200 低予算フルパワーへの道 #4 試験走行 »