« コールマンのストーブ 眠っていたのを起こす | トップページ | 本郷 そば処はるな »

2009年6月 7日 (日)

コールマンのストーブ お手入れ

週末だというのに、あいにくの雨なのでバイクに乗れない(乗らない)。

こういうときは道具のお手入れに限る。ベランダで作業するとしよう。

10年の眠りから目覚めたコールマンのシングルバーナーストーブ"スポーツスター"を手入れしてみよう。実は買ってから一度も分解掃除したことがない。手荒く使ってごめんね。

スポーツスターっていう名前だということはずっと知らなかった。ピエールさんがおしえてくれた。バイクの名前みたいでいいね。コールマンのストーブは緑色のボディが特徴なんだけど、この時期だけは銀色だった。不評だったのか?すぐに緑に戻ったようだ。

分解の手順が取説に書いてあるので、やってみよう。まずはジェネレータの取り外し。このネジ2本をはずして座金を取り外す。

200906061205

次に反対側のジャムナットを緩め、バルブからジェネレータを取り外す。アメリカ製なのでインチサイズ。インチのスパナ持ってないのでモンキーレンチを使う。モンキーはボルトナットをなめやすいので、なるべく大きいサイズのものを使うようにしている。

200906061206

ジェネレータとバルブの接合部にはクリーニングロッドという名前のL字型の小さい部品(伸縮する)があるので、これを壊さないように慎重に取り外す。ジェネレータのパイプ先端はフレア加工されている。

200906061207

ジェネレータと五徳をとりはずすと、バーナーリングにアクセスできる。上部のネジを緩めて取り外す。

200906061208

バーナーリングの隙間にカスが溜まっていた。それほど錆びてないので、一枚ずつ丁寧に歯ブラシで清掃。錆がひどいようなら556を吹いて真鍮ブラシで掻き落とせばよいだろう。

200906061209

次にポンプ。ノブを左へ10回以上まわすとポンプ内のチェックバルブからエアーステムが外れる。ノブの根元の黒い部分をプライヤなどで左へまわすとポンプノブが外れる。写真で本体から突き出ている角棒がエアーステム、これは本体に残ったままでよいらしい。

200906061210

ポンププランジャー先端のカップ(黒い皿状の部品)。ここが劣化すると気密が保てなくなりポンプの効果がなくなるので、硬かったりヒビ割れていたら要交換。

しかし奇跡的にも私のはきれいな状態。弾力も残っている。まだ使えそうなので交換せず、バイク用に使っているWAKO'sのシリコンオイルをスプレーし指で馴染ませる。

コールマン専用のリュブリカント(潤滑油)を推奨と取説に書いてるが、まあ問題ないだろう。シリコンオイルのほうが高級品のはずだし、樹脂を侵食しないと書いてあるし。

200906061211

ポンプを元通りに組み、ジェネレータと五徳を組み付け、これでいちおう完成。注意点はジェネレータのジャムナットを締めすぎないことだろうか。真鍮パイプのフレア部分は柔らかいのであまりキツク締めると切れてしまう(ハズ)

追記:ジェネレータはとくに不具合なさそうなので何もしなかった。

200906061212

ホワイトガソリンを入れて動作試験。ポンピング・着火。始めのうちは赤い炎がボーと出るが、温度が高まると、しだいに炎が安定して青く燃焼する。バーナーリングを清掃したので青い炎のツブがそろってる。ジェネレータが圧力に耐えられず暴発したらどうしようかと内心ビクビクしていたが大丈夫のようだ。試験OK。いい感じ。

200906061214

コーヒーを入れて一服。娘とふたりでベランダで飲むコーヒーも悪くないね。あー満足。

200906061216

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへにほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

|

« コールマンのストーブ 眠っていたのを起こす | トップページ | 本郷 そば処はるな »

バイク」カテゴリの記事

コメント

こちらこそ、コメントありがとうございます。
こちらにお邪魔するきっかけはインプレの検索ででして、教習車のCB750が欲しくなったとか、わたしも同感なんて思ってました。
キャンプ&ツーリングも楽しいと思いますので、そういう機会でお会いできると良いですね。

リンクの件も勿論O.K.です。こちらからもリンクさせていただきたいと思います。

投稿: なま | 2009年6月17日 (水) 21時57分

●なまさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

なまさんのブログ、バイクの部分だけ(笑)読ませていただきました。

XR1200いいですねー、「突進したがるエンジン」って表現がまさにそのとおりで面白かったです。

私はXR1200にかなりグラグラきたのでうらやましいです。なんといってもあのカタチがサイコーですね。

私がブログを始めた動機は、同じような感覚を持っている方々と交流したいというものでして、なまさんからのコメントはとてもうれしい限りです。

同世代ですし、これからもよろしくお願いします。どこかで合えたら楽しいですね。

リンク張らせてもらっていいですか?

投稿: ケビン | 2009年6月17日 (水) 19時17分

おじゃまします。はじめまして。
そのストーブは年代からみて533-454Jかと思いますが、ずっと変わってないのでまあ同じようなものですね。
ケビンさまとは年代が同じ&大型免許取得の経緯など、共感できる点が多く、ついコメントしてしまいました。

投稿: なま | 2009年6月17日 (水) 18時47分

●ゆうゆう丸船長さん

すみません。私は交換してないので購入もしてないんです。

ただ、とても有名な部品(交換頻度が高い)ので、コールマンの製品を正規に扱っているショップならばどこでも買えると思います。

最近は大手もお店はネットで通販もしているらしいので、検索すればたくさんみつかると思いますよ。

役立たずですみません。

投稿: ケビン | 2009年6月11日 (木) 11時11分

ポンププランジャー先端のカップの購入先を教えて下さい

投稿: ゆうゆう丸船長 | 2009年6月11日 (木) 09時37分

●ピエール餃子さん

そうですか、レギュラーガソリンもつかえるんですね。緑色のほうがいいなーと思ってたんですが、こいつもなかなかいいですね。

詳しいですねー。ありがとうございます。

ところでピエールさんのブログ面白いですね。登場人物のキャラクター設定が確立しているところが上手なのでいつも感心しています。適度にユルイ文体も上手。

勉強になりました。

投稿: ケビン | 2009年6月 8日 (月) 19時20分

分解掃除してあげたんですね。WW

ケビンさんのスポーツスターは多分、
533A700Gです。これはデュアルフューエル
でホワイトガソリンの他、緊急時には
無鉛ガソリンを燃料に出来るタイプですよ。

私のは普通のグリーンですが、真似して
分解掃除でもしてみようかな。

投稿: ピエール餃子 | 2009年6月 8日 (月) 16時08分

●Yuichiさん

登録ありがとうございます!

荷物は問題ですね。GIVIなんかのケースがいいんでしょうけど、いまひとつあの形が好きになれなくて、、、

そうするとシートにくくりつけるしかないので大して積載できないですね。

投稿: ケビン | 2009年6月 8日 (月) 05時44分

こんばんは!
リンク貼っていただき、ありがとうございます(≧∇≦)
私もケビンさんのブログをお気に入りに登録させてもらいますね~
これからの季節、キャンプツーは楽しそうですね。でもZRXだと大きな荷物を積むのはたいへんかな?

投稿: Yuichi | 2009年6月 7日 (日) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/45250833

この記事へのトラックバック一覧です: コールマンのストーブ お手入れ:

« コールマンのストーブ 眠っていたのを起こす | トップページ | 本郷 そば処はるな »