« どこかでボルトを落としてしまった | トップページ | 多摩の戦争遺跡 その1 調布飛行場 掩体壕 »

2009年7月 3日 (金)

御成門 そば作

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

そば作 御成門

三田線・御成門駅近く。愛宕警察を新橋レンガ通り沿いに進む。ゴルフダイジェスト社の並び

12時5分前に到着したのだが、すでに行列ができていた。これは期待できるかも。

一人前ずつ順番に作って現金と交換というスタイル。その横で職人さんがひたすら蕎麦を茹でている。一度に数人前しか茹でないため、ちょっと待たされるがその甲斐ありそう。

いつものとおり、かき揚げ蕎麦を注文。

■蕎麦は超細打ち。香り良し、茹で加減が絶妙。歯ごたえあって旨い。
■つゆはやや薄口、ダシが効いておいしい。
■かき揚げはコロモがホコホコ。いかゲソが入っている。うまい。
さやえんどうが添えてあるのもいいね。
ねぎ使い放題、うれしい。

200905131110

全品テイクアウト可能という他店にはないサービス。丼モノなどメニュー豊富。これは良い店にめぐり合った。御成門のサラリーマンは幸せだ。行列のできる立ち食いそば屋も珍しい。

200905131111

450円とちと高いが、蕎麦の量が多目なので場所柄からみて十分見合う。大満足

東京都港区新橋6-14-4新橋木嶋ビル (土日祝)休

評価は3点 ☆☆☆

地図をつくりました。見てね。

---------------------------

御成門という地名は残っているが実際の門はこの場所にはなく、東京プリンスホテルの駐車場脇に移設されている。この門は芝増上寺へ徳川家が墓参するための通用門のようなものらしい。未亡人となった御台所が墓参りするのでしょう「○○院様のおなりー」だから「おなり門」なんだと。

200906041199

裏側にまわると駐車場だった。わかっていたとはいえ、ちょっとガッカリな気分。

200906041202

ちなみに増上寺は徳川家菩提寺の一つなので戦災に会う前はそれはそれはきらびやかな霊廟がずらりと並んでいて日光東照宮にも劣らなかったらしい。現存すればものすごい観光名所だったのに残念。


いつも超満員、行列のできる人気店。一列に並んでひとりずつ注文をさばくという方式、かつ茹でたてそばなので必然的に行列が店の外まで連なります。

冷やしたぬきそば+ニンジン天(50円)を注文。

■蕎麦、生めん茹でたて、3人分ずつくらいを頻繁に茹でている。灰色っぽくて透明感あり。角が立つ、コシあり。やや量多め。おいしい。
■つゆ、ダシよし。ゴクリと含むと本鰹の香りが広がる。カエシ普通。やや甘め。蕎麦と相性よし。
■天ぷら。揚げ置き。タヌキさくさく、ニンジン天ちょっと固い。
卵焼き、大根おろし、水菜、紅生姜と具沢山。紅生姜は珍しいですね。ちょっと冷やし中華風の見た目。

なんとも豪勢な感じ。たまにはこういう豪華版もいいかなあ、ちょっとどきどき。

Img_1446_sobasaku_onarimon_45050

行列の待ち時間を退屈しないよう、漫画がたくさん並んでいる、読んでいるあいだに自分の番が来るという、なかなか気の利いたお店です。

Img_1447

450円+50円

評価は3点 ☆☆☆


春味かき揚げそば

たけのこと春野菜のかき揚げ天ぷら。ここんちは蕎麦もつゆもたっぷりでうれしいだよ。

Img_3622_sobasaku_450 Img_3623 Img_3624

450円(だったと思う)

評価は2点 ☆☆


いか天そば

御成門の交差点から愛宕警察の裏手に入ったところ。新橋レンガ通りの南端にある。

一列に並んで順番に一人づつ受け渡す方式。

三〜四人分を1バッチとして頻繁に茹でる生めんなので、昼時はほぼ茹でたてをいただくことができる。細めで薄茶色のそばは歯ざわりよくつゆとよく馴染む。つゆはやや酸味のある良いだしとさほど甘くないカエシの上品な味わいで、細い蕎麦を引き立てるバランスの良さがひかる。そば、つゆともに量多め。

Img_3800

イカ天とても長い、かつ厚みある、しかし柔らかいので包丁を入れずとも食べにくいことはない。かなりポッテリとしたコロモに包まれて食いごたえある。コロモをつゆに浸して食べるといい感じ。

Img_3801

昼時かなり混雑する店なのだがご主人のしっかりした客さばきと紳士的な客層のおかげで破綻なく混雑が消化されていく様子にはいつもながら感心する。

日替わりの丼ものセットメニューが人気。常連さんはほぼこれを注文する。

ご主人と店員さん二人で切り盛りする。

Img_3802

450円

評価は2点 ☆☆

|

« どこかでボルトを落としてしまった | トップページ | 多摩の戦争遺跡 その1 調布飛行場 掩体壕 »

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

●ShujiTさん

おっ、茄子天、いいっすね〜。

そば作は季節感のあるとこが良いですね、きっとP社員もよろこんでいることでしょう。

投稿: ケビン | 2010年9月 7日 (火) 07時04分

今日P社にて用を済ませた帰り、ふと思い出して裏手に回り「そば作」の暖簾をくぐりました。「秋なのでかき揚に茄子を入れました」との張り紙に刺激され、冷やし山菜蕎麦に茄子天追加で500円。相変わらずボリュームのお蕎麦に葱たくさん入れて美味しかった。

投稿: ShujiT | 2010年9月 7日 (火) 00時42分

●ShujiTさん

私もVistaには良い思い出が全然ありません。
Windows7にしたらだいぶ良くなりましたけどね。

それでもいまひとつなので Mac にしてしまいました。

仕事用にWindowsは必要なので、"VM Ware Fusion 3"
を使ってMac上でWindowsを動かしてます。これがなかなか
いけます。最近の仮想マシンは良くできてますね。

飲み会のおさそい、ありがとうございます。
通勤手段についてはご心配いりませんよ。とくにバイクでなければ
だめなわけでもないですし。夜置いて帰ることもできますので。

連絡はお互いに便利そうなのでTwitterにしましょうか。

投稿: ケビン | 2010年5月 7日 (金) 13時06分

蕎麦は冷たく、コメントは温かく...ケビンさんのコメント身に沁みます。PCは一旦は完全に良くなったと思ったのですが、再びファン回りっぱなしになりました。良く見るとCPUクーラーの足がちょっと割れたりしているので、それで正確にアタッチしていない可能性もあります。もう素人では難しいと判断しメーカーに修理に出すことに...。でも、修理見積もりが数万円かかるようならW7に乗り換えるかもです。Vistaには良い思い出無いです。今だってガジェットも全部はずして殆どXP状態ですよ(苦笑)。あ、一心たすけ行きました!美味しいですねぇ。いつも、ありがとうございます。吞み会の件、近々ご連絡させてください。ただ、その日通勤手段を変えさせてしまうのでちょっと心苦しいです。待ち合わせは新しいtwitterのお写真の御顔を探せ!ということでしょうか(笑)
ここってこんなに長いコメント書いて良かったのでしょうか?失礼しました!

投稿: ShujiT | 2010年5月 7日 (金) 12時30分

●ShujiTさん

昨日は暑かったですから冷たいそばがおいしかったでしょうね。
思わず腹の鳴るレポートありがとうございます。

PCの具合、また悪くなっちゃったんですね。
あれだけ暑ければしかたないかも。

でもいったんは改善したってことはCPUの熱対策でなんとか
なるかもしれませんね。ヒートシンクがホコリで詰まってるとか
あるかも。

投稿: ケビン | 2010年5月 7日 (金) 07時06分

行ってきました「そば作」11:15位に行ったのに既に店内にサラリーマンの列が。当初「かき揚蕎麦」の積りが今日は暑かったので、列に並んでから「かきざる」に変更。何と熱いおつゆと冷たいおつゆ両方配膳!お蕎麦もボリュームたっぷりでケビンさん仰るように超細めん。先ずは熱いつゆにネギの山盛りドンブリからたっぷり入れて七味とすする。旨い!次に卓上のワサビを蕎麦にまぶして冷たいおつゆで堪能。これで500円は安か!
あくまでもお客さん目線の店内の装備(?)にうれしくなっちゃいました!因みに営業時間は「8時から7時」と壁に貼ってありました。良い店を教えて頂きありがとうございました。

投稿: ShujiT | 2010年5月 7日 (金) 01時04分

●けんけんさん

お久しぶりです。お仕事忙しそうですが、一息つきましたか?

ほんとうは朝昼晩と一日三蕎麦でもOKなんですが、さすがに家族の同意が得られません。

毎日食べても飽きないんだよねー。不思議です。

投稿: ケビン | 2009年7月 4日 (土) 06時31分

お久しぶりです。
最近忙しくてcoldsweats02
それにしてもケビンさんはすごい頻度でお蕎麦をたべていますね。お蕎麦のためにそこまでの行動力は尊敬にあたいします。

投稿: けんけん | 2009年7月 3日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/44998118

この記事へのトラックバック一覧です: 御成門 そば作:

« どこかでボルトを落としてしまった | トップページ | 多摩の戦争遺跡 その1 調布飛行場 掩体壕 »