« ライジャケ、なんとメッシュだった。 | トップページ | 京急川崎 越後そば福久寿 【閉店】 »

2009年8月24日 (月)

宿河原 しまだ屋 【閉店】

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

しまだ屋

JR南武線・宿河原駅、徒歩10分

残念ながら、2012、閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。

路麺界の人間国宝的存在。80歳のおばあちゃんが一人でやっている。このところ1ヶ月くらい休業していた。「もしや」と心配していたのだが、営業再開したのでひと安心。

おばあちゃんに会いたいのか、近所の若者がふらりと入れ替わり立ち替わりやってくる。地域に愛されてるね。

揚げ物の種類が豊富なのが売り物。いろいろなてんぷらがある。オーソドックスなタマネギのかき揚げそばにメンチカツをトッピングしてもらう。

■蕎麦、茹でめん。ゴワゴワ感なくふわっと柔らかい。
■つゆ、ダシよし、かなりしょっぱい。甘味極少。
■かき揚げ、あっさりパリパリとしたコロモで軽い食感。おいしい。

メンチカツ、やや小ぶり。お肉の旨みがあってジワーとおいしい。

20090822304

「ずっと休業だったから病気でもしてたの」とたずねると、

「お店の中で転んじゃって、目の上を切っちゃった。あんまり大げさな病院嫌いだから救急車に乗りたくないからね、お客さんが救急車に電話するのを「待って待って」、ってやめてもらったの。。」

「7月13日の東京のお盆の日にやっちゃって、ああお迎えかと思ったんだけどね、えっ、お盆ってのは死んだ人が帰ってくるんだって、そーだよねー、ちょっと違うね。」

注:おばちゃんには新暦が馴染まないらしい。新暦を「東京のお盆」と強調する。旧東京市の外では、お盆は旧暦に決まっているのだ。私も強く同意。

「5針縫ってしばらくは目が開けられなかったの、やっと治ったと思ったら今度は手元が良く見えなくて切っちゃって、そんなで長いこと休んじゃった。」

という波乱万丈な1ヶ月だったようです。何はともあれ、全快されたようでなによりです。お疲れ様でした。これからも人間国宝記録を更新してください。

20090822305

350円、安い!

川崎市多摩区宿河原2-38-3 (日祝)休

評価は2点 ☆☆

地図をつくりました。見てね。


春菊天メンチそば

自宅から比較的近いのでよく食いに来ます。川崎北部ではここが一番好きなお店。おばあちゃん、今日も元気にやってますね。50歳になってからこのお店を始めたとのこと。人生後半からもう一仕事できるんだ、すごいなあ。これは元気をいただきましたよ。

■蕎麦、茹でめん。白っぽくて細い。喉ごしよくおいしい。
■つゆ、ダシよし、昆布の旨み、カエシが味わい深い。ややしょっぱめ。
■春菊天、揚げ置き、やや小ぶり。サクッと揚がっておいしい。メンチ、手作り、肉たくさん、肉汁がジワーとうんまい。満足の大きさ。

カエシが味わい深く、香ばしさの中に微妙な旨みがある。よく寝かせたのだろう。

「これおいしいから食べなさい」と言って、昆布の佃煮がサービスでした。厚くて弾力と粘力があって美味い。

201001141716_shimadaya

メンチがうまいんだなあ。

201001141717

350円(かき揚げそば)、300円(春菊天そば)、メンチ100円

神奈川県川崎市多摩区宿河原2-38-3 (日祝)休

評価は3点 ☆☆☆


パセリ天そば

■蕎麦、茹でめん。白っぽくて細い。喉ごしよくおいしい。
■つゆ、ダシよし、昆布の旨み、カエシが味わい深い。ややしょっぱめ。
■パセリ天、揚げ置き、サクッと揚がっておいしい。パセリのほのかな渋みがちょうど良いアクセント。春菊より淡い感じでおいしいです。

パセリの天ぷらを食べられるのは首都圏ではここだけだと思う。あひる仮面さんのブログも参照ください。

パセリ特有の苦みが天ぷらにすることで弱まって、淡い春菊のような感じになるんですね。これがそばに合うんだ。大発見の味。

これはおばさんが考えたの?「そうだよ、わたしが考えたんだ。他の店にはこういうのないんだってねえ。パセリは天ぷらにするとクセがなくていいよね。ほら、もっととりなさい、もっともっと。全部たべちゃっていいよ。どうせまた揚げるんだから。」と言って、バットに並んだ天ぷらを全部乗せてくれた。

みごとなテンコ盛り。普通のお店の3人前くらいある。もちろんすごくうまいです。

Img_0448_simadaya_shukugawara

「これも食べなさい」と言って、さらに春菊天も乗せてくれた。ああ、おばあちゃんありがとう。。

Img_0449_simadaya_shukugawara

パセリの天ぷらって知らなかった。「意外と美味しいんだよね」。だけどやっぱりこれは天ぷら揚げる人が上手だからだね。こういうのをサクッと揚げるのオレにはできないなあ。

なんて、おばあちゃんと笑い合って食べたのさ。ごちそうさまでした。お元気でやってください。

Img_0450

350円

(日祝)休

評価は3点 ☆☆☆



なすピーマンにんじん天そば

ここは天ぷらが美味いんです。おばあちゃんの手作りなのよ。カウンター上にバットが並んで、常時10種類くらいの手作り天ぷらを並べてます。

茄子天、ピーマン天、ニンジン天、なんと3種も注文してしまった。だってどれもうまそうなんだもの。

茄子のジューシーさ、ピーマンの香りと甘さ、ニンジンの甘味とほっくり感。こういうった野菜本来の持ち味をいかに引き出せるか、ですね。

Img_1513_simadaya_nasupmanninjin_45

もちろん、しまだ屋のおばあちゃんは天ぷら上手なので、どれもうまい。 「ああ、これも食べなさい。はいよー」なんて言っておまけしてくれるのがうれしいです。

背が小さいもんだから、奥の方のバットに手が届かなくて、「あんた、それ取って」なんていって共同作業になるときもある。

Img_1514

しまだ屋が、ああいいお店だな、としみじみ感じられるのは、地域への溶け込み具合ですね。

お店の前の道路は幼稚園児の通園路で、お父さんお母さんに手を引かれた幼稚園児がたくさん通る。すると小さい園児が暖簾の下から店の中をうかがって「おばあちゃーん、おはようー」って、そりゃあ可愛い声で挨拶するんですよ。

そうすると、おばあちゃんが「はいよおー、おはようー」って外に向かって返事する。

きちんと挨拶するおちびさんもえらいし、子供にしたわれているおばあちゃんもえらい。都会ではこういうのあんまりないもんね。ああ、良い光景を見たなあ、としみじみ思います。

Img_1515

コシが曲がっちゃってるもんだから、下半身だけ写真に写っている(笑)

お元気で長生きして一日でも長くお店を続けてください。


茄子天メンチそば

このお店好きなんです。ついついきちゃうね。

細めの茹でめんはちょい固めのよいコシぐあい。つゆはダシよく甘辛目のインパクト。 なんとも好きなのがこのメンチ。手作りのメンチはタネがギッシリつまってジューシー。 茄子天もいいね。この紫色がなんだかアケビのようだ。芸術的色彩。

Img_1700_simadaya_masu_menti_450

いつもながら「ハイヨー」っておばあちゃんの声が聞こえてうれしいです。

Img_1702

450円

評価は3点 ☆☆☆

|

« ライジャケ、なんとメッシュだった。 | トップページ | 京急川崎 越後そば福久寿 【閉店】 »

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

●Rikiさん

そうなんです。突如閉店してしまいました。残念です。
ご高齢でしたからね。。。

投稿: ケビン | 2012年9月10日 (月) 12時44分

本日初めてお伺いしましたが、閉店していました。
本当に残念です。。

投稿: Riki | 2012年9月10日 (月) 12時02分

●うどん男@広島さん

なるほど、うどん男さんのお名前の由来はそういうことでしたか。

ところで「阿さま」の情報ありがとうございます。これは知りませんでした。なかなか良さそうなお店ですね。近いうちに行ってみます。

投稿: ケビン | 2009年9月21日 (月) 04時59分

> ところで神奈川に住んでおられたときから「うどん男」なんですか?昔は「そば男」だったりして。

「うどん男」はラジオに投稿する時に使うラジオネーム
なんですが、これを使い始めたのはこちらに戻ってから
です。なんでうどん男かというとうどん屋をやっていた
からですが、今はやってません。
ちなみに昔は「HAMAN」でした。これは単純に名前から
とりました。

それにしても、スゴい情報量ですね。と言うより東京近
辺には、立ち食いそば屋があるんですね。
私は「小諸そば東京駅前店」によく行ってました。

あと立ち食いじゃないんですが、立ち食いと同じくらい
安い店が「鉄鋼ビル地下1階」にあります。「阿さま」
と言うんですが、外から見たのでは地下にそば屋がある
と言う事が全く分からない穴場的なそば屋です。ビルに
入っている人しか知らない感じですが、昼はいつもごっ
たがえしています。

平日(月~金)の11:00~17:00の営業なのでちょっと行
きにくいと思いますが、オススメです。

投稿: うどん男@広島 | 2009年9月20日 (日) 22時51分

●うどん男@広島さん

コメントありがとうございます。

しまだ屋さんの情報はネット上に非常に少なく、あっても断片的なもののようですね。

うどん男さんのようにデータベース的に使っていただくのが立ち食い蕎麦ブログの本望ですので、筆者としては本当にうれしいかぎりです。

今後も情報を充実させていきますのでよろしければ覗いてみてやってください。

ところで神奈川に住んでおられたときから「うどん男」なんですか?昔は「そば男」だったりして。

投稿: ケビン | 2009年9月20日 (日) 15時22分

始めまして、広島のうどん男といいます。

7,8年前この店からもう少し南(スーパー大野屋あたり)
に住んでいたので、時々この店を利用させていただいて
いました。

2ヶ月くらい前に、今までに行った飲食店のまとめを
しようとこの店の情報を集めたのですが、店の名前も
憶えておらず、憶えているのはだいたいの場所だけで
店の特定は出来なかったのです。

今日、偶然「宿河原 立ち食い蕎麦」で検索したところ
このブログがヒットし場所とおばあさんがやっている
と言う話が載っていたのでココだと分かりました。

本当にありがとうございました。

投稿: うどん男@広島 | 2009年9月20日 (日) 14時56分

あ、津田山の瓦葺駅舎、いつのまにか立て替えられていました。ナンタルチア。

投稿: ケビン | 2009年8月25日 (火) 07時05分

●餃子さん

冷やしコロッケそば、いいですね。私大好きですよ。

そういえば餃子さんは高津に住んでたことがあるとおっしゃってましたね。

高津は再開発が遅れて平成になってもしばらくは昔の風景のままだったんですが、ここ数年急速に再開発されてしまいました。

津田山駅は奇跡的に昔のまま。瓦葺き(!)の駅舎が残っててイイ雰囲気です。

投稿: ケビン | 2009年8月25日 (火) 07時00分

高校生の頃、夏のお気に入りは東横線の

駅で食べる冷やしコロッケそばでした。

かなり味が濃かった気がしますが、あの頃は

いつも腹を減らしていたので旨かったなぁ~

でも、コロッケやメンチなんてトッピングは、この

手のそば屋以外では食べられないシロモノですね。WW

しかし宿河原とは懐かしい...

投稿: 餃子 | 2009年8月25日 (火) 06時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/45868600

この記事へのトラックバック一覧です: 宿河原 しまだ屋 【閉店】:

« ライジャケ、なんとメッシュだった。 | トップページ | 京急川崎 越後そば福久寿 【閉店】 »