« 森下 芭蕉そば | トップページ | 生麦 マリンコープ海員生協・大黒3号店 »

2009年8月18日 (火)

奥多摩周遊道路 梅雨明けツーリング 

梅雨明け後初めて奥多摩へツーリング。

梅雨明けしても奥多摩地方だけは豪雨なんて天気が続いてたのでなかなか行く機会がなかった。日曜日、朝5時起きして各種天気予報サイトをチェック。明け方は弱く降っていたが、どうやら止みそうな雰囲気。よし、晴れにかけるとするか。

先日買ったクシタニの革ツナギを一人で着込む。どうにか一人で着れるようになった。脱ぐのはまだ難しくて嫁さんの手助けが必要。

往路川崎 - 府中街道 - 甲州街道(R20) - 新奥多摩街道 - 青梅街道 - 奥多摩
復路奥多摩 - 檜原街道 - 武蔵五日市 - 秋川街道 - 八王子 - R16 - 橋本 - 相模原 - R246 - 川崎

復路はいつもとちょっと違うコース。JR橋本駅で立ち食いそばを食うためなのだ。:-)

天気予報をチェックしていたので7時に出発となった。この時刻だとまだ涼しいので革ツナギでもまったく問題ない。

途中の一般道はすごく空いていた。お盆休みだからね。土曜日は青梅の花火大会だったらしいが無事終わったようだし。

青梅から奥多摩まで、懐かしいカワサキ・マッハと遭遇。空冷フィンにアルミの洗濯バサミを20個くらいだろうか、ハリネズミのように付けていた。一瞬のタイムスリップだねこれは。写真に残せず残念。

-----------------

出発から1時間30分で奥多摩湖畔・大麦代駐車場に到着。ここでヤラネバならぬイベントがある。そう「おしっこ」。ツナギのジッパーは股より少し上までしか開かないのでたいへんなのだ。

うーんとカラダを丸めてヘソをのぞきこむようにしてやっとできた。ヤッター。

駐車場にて。いい感じに改造したスズキカタナが横に停まってる。FCRキャブいいねえ。マフラーもいい音してました。この人はバーハンドルに交換してますね。そうだカタナってクリップオンハンドルなんだよね。これはこれで当時のスーパースポーツだったのだな。SSの定義も時とともに変わるってことだね。

この手の昭和のバイクに17インチのホイールをはかせるレトロフィットが流行らしい。スイングアームを換え、さらにチェーンラインをオフセットさせるのだが簡単にはいかなそう。フレームを削ってチェーンを逃がすこともあるらしい。写真には写っていないがもう一台カタナがいた。こちらは完全にチェーンがスイングアームをレールとして摺っている。硬質プラスチックをレールに敷いているようだ。こういうのもアリなのだろう。奥深い道だ。楽しそうです。

20090816254

この日の四輪は、エスハチ、ベレG、スカG、フェアレディ2000、といった旧スポーツ車のミーティングらしい。

20090816255

JPSカラーのロータスヨーロッパSP。40台後半の人間にはたまらない一台。

20090816257

さて、小用もすませたし周遊道路へ出発。まだこの時間は警察いないようだ。ラッキー。

-----------------------

グリグリとマイペースで走りまくる。ツナギのおかげで体の動きが楽だなー。と積極的に運動していたら、ここで一つ課題を発見。ハングした体を戻すときに上体がフッと起き上がることがあり、その瞬間にフロントの荷重が抜けてしまうようだ。手首がまだ少し痛むので、ついついそうなっちゃうんだ(なんて言い訳です)。このあたりを意識して走りこむ。

フロント荷重、SSだったらもっと自在にできるのだろうか?。対向車線のGSXRとか、皆さんキレイなフォームしてるなあ。まあ、道具のせいにしているうちはまだまだ修行が足りないってことだ。

周遊道路の最高高度付近。月夜見山。道端の気温計によると摂氏20度。涼しくてきもちいいーです。下におりたくなくなっちゃう。

-----------------------

奥多摩周遊道路は、北側の「川野駐車場」から「山のふるさと村」交差点までの通称「大人区間」と、南側の「数馬駐車場」から「浅間尾根駐車場」までの通称「小僧区間」が走りのスポットとして有名。

小僧区間はタイトなヘアピンとコークスクリューが連続するテクニカルな区間。かつての250レーサーレプリカが主役。ただしこちらは死亡事故があいついだため減速ゼブラ塗装とポールだらけ。

大人区間は直線と高速コーナー主体でリッターSSが主役。最近では事故はこちらのほうが多いような気がする。スピードが出るからだろう。昨年冬の工事でセンターポールが大量に設置された。「ふるさと村」交差点の川野寄りは光電管設置ポイントとして有名。この交差点近くに緊急用ヘリポートがある。週末の稼動多し。絶対にこいつのお世話にならないようにしたい。

どちらかの区間だけを何度も往復でアタックする人がいれば、料金所から料金所まで流して全部走る人もいる。私は後者ですかね。どちらかといえば。

20090816258

ZRXで前傾姿勢を保つのは腹筋背筋が疲れる。いつもは3往復くらいするのだけど、オヤジには1往復半でヘトヘト。都民の森で休憩。キレイな沢が流れている。近くの水道水をがぶがぶと飲む。こんなに美味い水があるのに何故みなさん自販機の缶コーヒーなんか飲むんだろうね?

ちなみに、この沢の周辺の気持ちいいベンチは、バイシクルライダー達のエリア。バイク乗りはこちらには足を踏み入れない暗黙の了解。

20090816260

バイク乗りのエリアはこちらのバス亭の後ろ側、ジリジリと暑いアスファルトの上(笑)。なぜか知らないがバイク乗りは自分のバイクが見える範囲の外には移動しないという習性があるので(大笑)、こんな劣悪な環境にもかかわらずウジャウジャと溜まっている。

照明に集まったところを一網打尽にされるイカ漁とか、なわばり意識を利用されて捕獲される鮎の友釣りとか、そういった人間に利用される動物の生態と近いものを感じておかしくなる。

てなことを言っているワタシも、自然と自分のバイクのところに戻ってきちゃうんだ。

20090816261

都民の森駐車場は混雑度90%といったところ。SRとか、エストレアとか、あまり走りこむタイプでないツーリンガーもたくさん見かけた。夏休みの長距離ツーリングの途中で立ち寄ってみた、って感じでしょうか。

予想どおり晴れたのはいいが、だいぶ暑くなってきた。けっこう疲れたので帰ることにします。五日市側の旧料金所では制服姿の人たちが光電管式測定器を並べて仕事してました。みなさん気をつけてくださいね。

橋本駅の立ち食い蕎麦、それはそれは美味しかった。空腹だったし、おばちゃんも親切だったので。これはまた別の機会に書きます。

帰宅したら12時ちょうど。あー充実。

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村


|

« 森下 芭蕉そば | トップページ | 生麦 マリンコープ海員生協・大黒3号店 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

●南行さん

せっかく買ったのでもったいないですから、峠でも使い倒そうと思っております。

もう少し慣れてくれば簡単にスルッと脱げるようになるのではと期待しております。

休憩所でさっと上半身を脱ぎたいんですができないのが恥ずかしい。。しかたないので冷房の効いた場所に逃げ込んで涼しい(?)顔してます。ほんとうは脱げないだけなのがバレバレかもしれない。

もっとユルいツーリング向けには、いまのところ革パンツ+テキスタイルですが。いずれはセパレートツナギが欲しいところです。

投稿: ケビン | 2009年8月19日 (水) 06時55分

ツナギのシェイクダウン記事を待っていました。
ギリギリで問題はなさそうですね。 サーキット走行用として購入したわけですから、それはそれでよいのですが、もう少し幅を広げてツーリング+峠走りという使い方を前提とすれば、どんなツナギが良いと思いますか?
ユル・ツナギだとか、セパレートツナギだとか、あるいは革パン+テキスタイルジャケットのが良いだとか・・・

投稿: 南行 | 2009年8月19日 (水) 00時16分

●餃子さん

乗れてる乗れてないってのはどうも、「邪念があるかどうか」ではないでしょうかねー。私が思うところ。

一瞬の迷いがあるとうまくいかないんですよね。シフトダウンをすべきかどうか、とかもっと前にのめろうかどうかとか。

悩まずにスパッとできると気持ちいいです。タイム云々ではなくてね。

なのでバイクに乗る前はなるべく後顧の憂いを絶つように心がけます。ウンチをきちんとするとか、爪を切るとか、仕事はきれいに片付けてとか、って最後のやつが問題ですね。

投稿: ケビン | 2009年8月18日 (火) 15時10分

おしっこは大変そうですが、やはり万一
の時は皮ツナギですかねぇ~

こちらにもそれなりに走れる所がありますが、
奥多摩みたいにしょっちゅう人死にが出たり
はしませんから、おまわりさんもあまり見掛け
ません。

私は高速コーナーよりヘアピンで車体をグッと
倒し、ステップを擦る感じで回る方が好きですね。
まぁ、屁垂れなりに楽しんでいます。

でも、その日の体調や気分で乗れてる乗れて
ないにスゴく差が出るのですが、これも修行
が足りないせいでしょうか?

お互い怪我が無いよう楽しみましょうね。WW

投稿: 餃子 | 2009年8月18日 (火) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/45942388

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩周遊道路 梅雨明けツーリング :

« 森下 芭蕉そば | トップページ | 生麦 マリンコープ海員生協・大黒3号店 »