« オイル交換しました | トップページ | 新東京タワー(東京スカイツリー) だったのね。。 »

2009年9月12日 (土)

ホンダやるじゃんか バイク用オートマ DCT発表

かねてからの私の要望を聞き入れてくれたようで(笑)。ホンダさんが世界初の二輪用DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を開発・発表してくださいました。


ホンダのサイトからリンク

リターンライダーはオヤジですので体力に限界があります。しかもわりと早めにその限界が露呈するのが問題。朝は楽しいツーリングですが、一日すっかり堪能したあとの帰途。思いがけない渋滞にあったりするといけませんね。左手がだんだんと疲れてきて握力がなくなり、クラッチ操作がつらくなるんです。

思い返せば今年の1月12日・成人の日、三浦半島突貫ツーリングの旅。よりによって午後スタート。好天に恵まれ、海岸線の渋滞を延々と数時間。鶴岡八幡は成人式の晴れ着の渋滞。左手も心もすっかり疲弊したところで追い討ちをかけるような朝比奈の峠道。暗い夜道を、上りも下りも半クラッチで延々20分、左手の感覚が遠ーくなる。よく無事だったと思い出すだけで暗い気持ちになります。

渋滞+夜+寒さ+ヘアピン+急勾配+半クラ+疲労+年齢 で「倍満」ってところでしょうか。

「あーこんなとき、たけちゃんマン、、、じゃなかった、オートマチックだったらなー、CVTでもかめへんでー」とため息をついて、アプリリアMANA850にぐらっときている”かめへんライダー”オヤジ(古)、けっこういるのではないかと思うね、ワタシは。

Mana_img127

二輪用オートマチック、ホンダさんは遥か昔にCB750エアラとして市販したことがありますが、これはいわゆるホンダ特許のスターマチックを二輪に応用したものなので、楽チン運転は可能だがスポーツ感に乏しいのが弱点だったらしい。その点、今回のDCTはぐっと進化しているようだ、最適化されたシフトスケジュールを組み込んだ電子制御フルオートマチック走行と、ダイレクト感覚のマニュアル走行(クラッチ操作なし)を両立する。

とてもコンパクトなのが評価できる。アプリリアMANAのATユニット(CVT)けっこう大きい。ハーレーのエアクリーナみたいだと思えば悪くもないが。。

Mana850_18
コネクティングロッドさんのサイトから転載

DCTはクルマではだいぶ普及しつつありますね。私は乗ったことありませんが、各種記事を読んでいると。フルオートモードでも下手くそドライバーのマニュアルシフトなんかよりぜんぜん上手にシフトしてくれるようです。


ホンダのサイトからリンク

バイクでも同様、かなりスポーティな走りを期待できる。きっとこいつならば下手くそなワタクシよりもずっと華麗なシフトをしてくれるかもしれない。燃費も悪くないようです。

クリープがあるのかどうか、発表資料だけではよくわからない。バイクにクリープがあると正直なところ危険だと私は思う。信号待ちでずっとブレーキをかけているとなると、こんどは右手の握力、右足のコムラ返りが心配。これではまったく楽チンでない。信号でNに入れる癖のある人はいいですが。

マニュアルモードでの変速は電気的なスイッチだけで可能なので、シフトペダルでなくともハンドルにレバーをつけてもOK。このあたりは車体設計の自由度が格段に広がる。

こいつは素晴らしい。必ずや世のオヤジライダーのハートをわしづかみできると思う。せっかく開発したからには息長く売れる商品に育ててください。ビグスクに流れた軟弱オヤジをとりもどしましょう。

私の願いをきいてくださってV4スポーツも復活らしいですね。来年発売の新型VFRに搭載とのこと。

しかーし、いくらDCTが良くてもそれだけで売れるものではない。バイクは趣味性の高い乗り物なのだ。オヤジが心からシビレて欲しくなるような車体でなければいけない。まだ間に合いますよホンダさん。私のこの記事、よく読んでくださいね。



少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

|

« オイル交換しました | トップページ | 新東京タワー(東京スカイツリー) だったのね。。 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

●通りすがりのMANA850乗りさん

ご指摘ありがとうございます!

そうですか、これはてっきりエアクリーナのようなCVTユニットだとばかり勘違いしておりました。なぜかといいますと、培倶人という雑誌の綴じ込み広告にそう読めるような文章があったものですからすっかり信じ込んでいたのです。

たしかにこの位置にCVTはおかしいですよね。鵜呑みにしていた私の失敗でした。情報感謝いたします。

とはいえ、ATスポーツバイクってのは今後の大きな主題の一つだと思ってます。やっぱりクラッチ操作疲れますからね。

ホンダのDCTを皮切りにぐんと普及するかもしれません。

投稿: ケビン | 2009年10月27日 (火) 20時48分

偶然blogを拝見しました。
MANA850のエアクリーナーをCVTと思われているようですので参考画像をよろしければ、
http://202.214.174.123/article/special/20081028/1020427/?SS=expand-life&FD=859032412

DCTとても魅力ですね。CVTだとベルトの寿命がどうしても気になりますし。
といっても、10000km以上走っても交換アラームはまだでていないですけど。

投稿: 通りすがりのMANA850乗り | 2009年10月27日 (火) 20時07分

●南行さん

ハイ、私はDCT肯定です。自分でシフトするのも悪くないですが、機械が人間より上手にやってくれるのであれば、頑迷にマニュアルにこだわる気がありません。軟弱といわれればそのとおりですが。。へへ。

白糸サーキットに行って思ったのですが、シフトよりもリーンやブレーキをどうするかってほうが面白いので、私のレベルではそれで十分って感じです。

奥多摩でもほとんど3速で走ってますしね。

マニュアルへのこだわりが一つあるとすれば、白バイ系テクニックで極低速での車体操作ですね。半クラ多用しますので、これは捨てがたいものがあります。

いずれはこれも忘れられた職人芸みたいになってしまうのでしょうけれども。

投稿: ケビン | 2009年9月12日 (土) 19時15分

ニックネームが飛びました。 ここのブログ、たまにこうなってしまいます。 酔っている私がイケナイのでしょうね。。。

投稿: 南行 | 2009年9月12日 (土) 14時55分

>下手くそなワタクシよりもずっと華麗なシフトを・・

デュアルクラッチやツインクラッチはそんなレベルじゃ無いデスよ。 超プロと勝負してもゼロヨンで0.5から0.8秒もタイムが縮むとポルシェ辺りが公表してるはずですし、日産GT-Rもレースの為にこの機構ですよね。 シフト毎に0.15秒ずつ短縮できるのは実感としてよく解ることです!! 

自動化を操作感性において危ぶむ方も居ますが、どんな機構であろうが絶速の加速感はバイクの面白さの大きな部分ですから、トラクションコントロールと併せてデュアルクラッチでの超加速感を早く味わってみたいモノです。。。

この先、250ps+トラクションコントロール+デュアルクラッチが各メーカーのフラッグシップマシンと成るはずです。 だって、バイクを作っている人達にとってそれが一番面白そうなんだモン。。。 

投稿: | 2009年9月12日 (土) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/46178652

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダやるじゃんか バイク用オートマ DCT発表:

« オイル交換しました | トップページ | 新東京タワー(東京スカイツリー) だったのね。。 »