« 人形町 福そば | トップページ | 新橋 丹波屋 »

2009年9月20日 (日)

パルスジェット自転車 ぎょえーーー

こんなのこしらえちゃうやつがいるんだねー。あんまりびっくりしたから紹介します。

F0047981_0111031

最高速は約120kmだそうですよ。見た目ほど速くないのが笑える。

F0047981_013121

走行時は「耳栓」が必須らしい(笑)

F0047981_01322100

米国オレゴン州在住のアーティスト、ボブ・マドックスさんが制作。The Oregonian紙のインタビュー記事にによると、「これはロケットではなくパルスジェットだ」とのこと。彼は背負うタイプの「ウェアラブルパルスジェット」の開発者で、この自転車はその応用。

バイクではなく自転車だと主張してクレイマス郡の保安官から公道走行の許可を得たっていうんだから、アメリカっておおらか。保安官はかなりイヤイヤ許可したらしいが。「郊外の空いた道しか走らないよ」とボブは言ってます。あたりまえだよね。

パルスジェットはターボジェットのような圧縮機を持たないシンプルな構造。旧ドイツのV1ミサイルに使われたわりと古い技術。膨張室に燃料を気化させて断続的に噴射し爆発させ発生させた衝撃波(パルス)により推力を得るもの。ちなみにこいつは1秒に70回噴射するそうです。

注記:2ストエンジンの排気チャンバーみたいな構造。排気チャンバーの場合は衝撃波がエンジンに押し戻されて掃気ポートにたまった混合器をシリンダに充填させるために利用されるが、パルスジェットは吸気側をバルブで閉じ、衝撃派を後方に排気して推力に利用する。
ボブのエンジンはU字型をした「バルブレスパルスジェット」。走行によるラムエア圧をバルブ代わりに利用して吸気側への逆流を止めているものだと思う。(筆者推測)

燃料は何でもよく、食用のピーナッツ油や廃油でOK。おお、けっこうエコじゃん。

「(無茶苦茶パワーのある)ジェットエンジンと(まったくシンプルな)自転車を組み合わせるたらどうなるか、とても興味があったんだ」と開発動機を述べていますが、なんのことやらよくわからんです。ちなみにオレゴンでは未だ1台も売れてないとのこと。そりゃそうだ。

オレゴン州陸運局(Department of Moter Vehicle)の見解は厳しく、クレイマス郡の外で走れる可能性は低いらしい。しかし、郡内ならOKって、アメリカってほんとに地方分権の国なんだなー。

陸運局担当官の弁、「バイクとして登録すればいいのに何故自転車にこだわるの?電動アシスト自転車くらいの速度(20mph)なら自転車として認めるんだけどなー」。まったく同感です。

Large_jetbike

The Oregonian紙より要約

動画もあるでよ。

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

|

« 人形町 福そば | トップページ | 新橋 丹波屋 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

●南行さん

決まったときはうれしいと思いますねー。私も北海道の田舎にでも住んでたらこういう趣味に生きてるかもしれません。

投稿: ケビン | 2009年9月21日 (月) 05時17分

皆さん暇つぶしにいろんなコトをするもんですねぇ!
日本でも田舎ならこんなので遊べますから、どこかのオヤジがやってるかも・・・・

吸入側にリードバルブを付けて燃焼排気時の負圧で吸入してるんでしょうから、製作コストを考えるとお手軽そう。 インジェクションと点火システムをイジリ工夫して、決まった時は嬉しい・満足したんでしょうね。。。

東京じゃ、チョイと空ぶかししてるだけでお巡りさんが来ちゃいますから、バイク趣味人には暮らしにくいです。down

投稿: 南行 | 2009年9月21日 (月) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/46241887

この記事へのトラックバック一覧です: パルスジェット自転車 ぎょえーーー:

« 人形町 福そば | トップページ | 新橋 丹波屋 »