« 代田橋 ときそば | トップページ | 上野 長門 【閉店】 »

2010年2月11日 (木)

すばらしい動画に感動

本日はお休みなのに関東地方はお天気よくないですねえ。せっかくバイクに乗ろうと思ってたんですが。

しかたないのでWebサーフィン(もしかして死語?)してたら、こんな素晴らしい動画を発見しましたよ。

朝一番から感動してしまった。バイク好き・クルマ好きならば説明不要、何も言わずともわかってくれると思います。

とくにエンディングが秀逸、想像を裏切る爽快な終わり方です。しばしご堪能あれ。

ホンダって、だから好きなんだよなあ。いまだに大企業っぽくないもんね(営業部門は別ですが)。

宗一郎さんのスピリッツ。大切にしたい、素晴らしいニッポンの宝物ですね。

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

|

« 代田橋 ときそば | トップページ | 上野 長門 【閉店】 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

●雲水・ISAさん

私は間接的にですが仕事したことあります。
R&Dの連中はほんとうにクレイジーなほど仕事好きらしいですね。喧々諤々と議論を戦わせ開発に没頭して夜が明けるみたいなことをいつもやってるらしいです。外部の人間はおつきあいするのがたいへん…みたいですね。

そうかー、ゴールドウィングの水平対抗4気筒を半分にするんですね。あれ、水平対抗2気筒なのそれとも並列2気筒?

半分は縦か横か?

投稿: ケビン | 2010年2月18日 (木) 08時45分

上の文章の「技術料」は「技術的」の間違いでした。気になったので修正しようとしましたが、できないようなので、補足致します。

ついでに、私の父は初めてのHonda水冷4サイクル軽乗用車のライフに乗っていましたが、あれはバイクのGLを半分にしたものだそうでした。
仕事でご一緒した担当者がそのエンジンに携わっていた方でしたので感動した記憶があります。

投稿: 雲水・ISA | 2010年2月17日 (水) 23時55分

動画に気付きませんでした。申し訳ない。
日本の企業らしからぬセンスのあるCMですね。ディレクターも日本人なら拍手喝采を送りたいところです。
私は何度か仕事で現場にもお邪魔しておりますが、とても好きな企業の一つです。
作業着は、普通は汚れが目立たない色にするものですが、本田さんは敢えて真っ白です。
その理由は、汚れを気にするような繊細な感性が必要であり、そのまま放っておくと感性が鈍るし、ミスが生まれるということでした。
なので、工場のトイレも幹部社員が率先して掃除してあるので、ピカピカです。
もちろん技術料も一流ですが、そういう精神的な部分がとても素敵だと思いました。

投稿: 雲水・ISA | 2010年2月17日 (水) 23時50分

●餃子さん

この動画の主人公はちょうど我々と同じ世代ですから、これはきっとホンダからおやじ世代に向かっての、静かな熱いメッセージだと思うんですよね。

若者が元気ないかわりに我々だけでもがんばっていきましょうかね。ぼちぼちと。

投稿: ケビン | 2010年2月12日 (金) 07時43分

うん、いいですね。

オートバイや乗り物を作ってるメーカーに

夢や遊び心が無い会社なんて無いと信じたいな。

投稿: 餃子 | 2010年2月12日 (金) 00時26分

●にくさん

「あるぽー」のおはなし、好きなんですよ。いつも読んでます。

ちょっと乗っただけなんですが、R1200Rは憎めないいいやつだと思ってます。従順な犬や馬のような愛らしさがありますよね。

RZ250乗ってましたのでちょっとわかるような気がしますが、YAMAHAのニュートラルなハンドリングってBMWに通ずるものがあるかもしれませんが、どうなんでしょうね?

投稿: ケビン | 2010年2月11日 (木) 22時05分

ケビンさん、こんばんは^^
拙ブログへ訪問&コメントありがとうございます♪
スカっとする動画で見入っちゃいましたよ。

自分は国産はYAMAHA党なんですが、初めてのバイクはNSR250Rでした。
良いバイクでしたが、自分には過ぎる性能でしたね^^;

また覗かせていただきますね。

投稿: にく | 2010年2月11日 (木) 21時47分

●のびたさん

毎日朝駆けお疲れさんです!

多少は心が暖まっていただけたようで
うれしいですよヽ(´▽`)/

投稿: ケビン | 2010年2月11日 (木) 11時46分

休日の朝、とても気持ちよいものを見せていただきました(´。`)

投稿: のびた | 2010年2月11日 (木) 10時59分

●甲斐猫さん

前の話の続きになりますが、カワサキ・スズキは「顔」となる人間がいないのでそのかわり、POP吉村さんとか森脇さんや清原さんのほうが有名ですよね。だから旧車が盛り上がるんでしょうけど。

ヤマハはライダーに依存ですかね。昔はキングケニーロバーツや平忠彦さんに頼りすぎて、最近はロッシに頼りすぎてますね。

それに引き換えホンダは、宗一郎さんのアイコンが偉大すぎるのでそれ以外の「顔」は邪魔なんだろうと思うんです。

それがホンダの悩みでもあって、現役陣は常に新しいチャレンジに挑むんでしょうね。

はたしてホンダは21世紀にも世界のリーダーとなれるか?これからの10年はまさに正念場なんだと思います。

そうそう私の中学・高校の同級生がホンダR&Dにいて鈴鹿8耐CBR1000RRWの開発やってましたよ。卒業以来一度しか会ってませんが。

投稿: ケビン | 2010年2月11日 (木) 10時17分

●けんけんさん

お久しぶりー。お怪我の具合だいぶ良くなられたようでなによりです。

私はバイクでは80ccのMB8しか乗ったことないんですが、車はシビック、レジェンドと3台乗りましたよ。

車体がヤワイんだよねー。ギシギシいいますし、床からゴーっとロードノイズが響いて、「これは故障か?」と思っちゃうような仕様でした。

でもパワーあるんだなあ。3.5リッターV6のモリモリパワーはいまでも忘れられません。

中古車安いのがいいんだよね。HONDA。

投稿: ケビン | 2010年2月11日 (木) 10時05分

2回観ちゃいました。イイですねコレ。
新旧織り交ぜているところがイイ。少し前のホンダは旧いものはあまり取り上げなかったのだけど、そろそろ伝統の重みに気づき始めたのかも知れませんね。昔は旧車や辞めた開発者に取材しようとホンダの広報に連絡すると「過去のクルマでしょう、辞めちゃった人でしょ」と言われたものです。そのわりに辞めちゃった人の始めたお店に現役のホンダの技術者がたむろしてたりして面白かったけど。
60年代のF1の走行シーンが良かったなあ。それとやはり60年代のGPマシンがホッケンハイムの黒い森(シュヴァルツヴァルト)を駆け抜けていくシーン…僕もホンダは好きですね。あ…カワサキもね。

投稿: 甲斐猫 | 2010年2月11日 (木) 09時36分

HONDAいいですね。HONDAのバイクも車も好きですが、一度もオーナーにはなったことないですね。縁がないのでしょうか。
妻はHONDA車のかるーいパワステが嫌いだと言って、HONDA車を買おうとした時に反対されました。

投稿: けんけん | 2010年2月11日 (木) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/47535075

この記事へのトラックバック一覧です: すばらしい動画に感動:

« 代田橋 ときそば | トップページ | 上野 長門 【閉店】 »