« クイズPHOTO 正解発表 & 今週の出題 | トップページ | KTM RC8 と Duke 試乗記 »

2010年3月14日 (日)

秋葉原 川一

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

川一

JR山手線・秋葉原、三井記念病院の先を左に入る

東京の路麺店の草分け。

■蕎麦、茹でめん。ものすごく柔らかいのだが、ニチャニチャではなく、フワーと口の中で溶けるような不思議な味わい。
■つゆ、ダシよし、カエシ普通、やや甘め。
■かき揚げ、揚げ置き、コロモ厚めで時間をおくと少しずつ溶け出す。微妙なユルさ。飽きる感じがない。

不思議な一杯。この微妙な味のバランスは狙ったものなのか、それとも長年の経験から生まれた偶然なのか、まったく判然としない。しかし病みつきになるかも、、という味。

kawaichi

三井記念病院の患者さんがパジャマのまま病院を抜け出して食べてたりしてる。やっぱり入院中でも立ち食いそば食いたくなるよねー。その気持ちものすごくわかります。あー、私は明日から入院だったら三井記念病院か川崎の鋼管病院にしたいです。浅草橋や日本橋の病院、いいところないでしょうか。

凸版印刷の裏手になるので印刷関係者多し、仕事の打ち合わせとかしてます。おっと、それは、えっそうなの。うーん。。。あ、まずいまずい、聞かないふりしなきゃね。

kawaichi

400円

東京都台東区台東1-2-7 (土日祝)休

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示



なす天・いんげん天そば

川一の良さは、抜群のつゆ、限界的柔らかさの茹でめん、サクサクの天ぷら。どれもが個性的、かつ、川一ならではの優しいバランス感覚がギリギリ微妙に調和されたところにあると思う。川一にしかない世界だ。

とくに素晴らしいのはつゆですね。香り控えめだが口に含むと感じるダシ、そしてピンと際立ちながらも味わい深いカエシ。ごくごくと完飲したあとの充実感。さすがの貫録。

Img_3567

柔らかいけれど、箸でちぎれることはない茹でめん。

いんげん、ナスの揚げ具合ほどよく、野菜の旨味を生かしてジワーと滋味あふれる。

Img_3568

ちょっとわかりにくいところにあるが、路麺ファンならば足をのばしてみる価値のあるお店。

夜は居酒屋になる。こざっぱりしたお店で好きだ。居酒屋の部では美人の女将さんが待ってます。

Img_3569

500円


いか天そば

川一はちょっと奥まったところにあるので行きにくいのだが、路麺ファンにとってはなくてはならないお店だ。

だしのきいた甘辛いカエシのつゆと、ヤワヤワの茹でめん。そしてクリスピーな天ぷら。この店のそばは、最初に食べたときにはなかなか良さがわからないのだが、二度三度と食べるうちに病み付きになる魔力がある。

なかでも極めつけが、このいか天そば。

人気のメニューだけあってすぐに売り切れてしまう。12時にはもう品切れなんてのも珍しくない。

壁の品書きには「いか」としか書いてないので、始めての人は迷うと思う。きっとイカの白くて厚い身が細長く、ちょっと隠し包丁いれて天婦羅になったやつにちがいない。と思うだろう。

だがそうではなくて、どちらかといえば「いかかき揚げ」と呼んだほうが正しい。細切れに細く切られたイカの身をコロモでゆるくつつみサクッと揚げたもの。小ぶりで身が薄めのいかをつかっているので食べ易いのだ。もちろん味が悪いはずはない。サクサクしたほどけるタイプのコロモに包まれて旨味あるイカ(近海ものでしょうか?)がゴロゴロとたくさん入っている。

Img_4256_kawaiti_ika_450

ぜひ売り切れる前にたべていただきたい。かくいう私もなかなかありつけない逸品だ。

Img_4257

川一で イカ天食えずに ホゾをかむ

Img_4258

450円

評価は3点 ☆☆☆


いか天そば

従来は麺のヤマタケのそばを使っていたのだが、ヤマタケは廃業したとこのことで、新しい製麺所(玉川製麺)のそばを使うようになった。これまでの中太くて柔らかめのそばから、やや細めで角の立ちほどほどにコシのあるものとなった。かなり大きな変化ではあるが、食べてみると不思議なほどに違和感がない。川一の深味あるカエシのなせる技であろうか、とてもよく合っている。

Img_3986_kawaichi_480

いか天はいつもながらのうまさ健在、ゲソと細切りの身をかき揚げにしたもの、コロモがうまい、いかの味わいあり、堪能させていただいた。

Img_3987

看板が撤去されていた、それでなくともひっそりした路地なので、これではお店があるのかどうかもわからないくらいだが、そこは常連さんでもっているから大丈夫なのだろう。

Img_3988

480円

評価は3点 ☆☆☆


名物のいか天そば、イカ胴体のぶつぎりをかき揚げたもの、コロモの味わいそもそも素晴らしいので、イカなくても十分にうまい、コロモだけでいいです、と言いたくなるくらいのてんぷら上手だ。さらにそこにイカの身があるのだからもう十分にご馳走である。

川一のつゆのうまさは筆舌につくしがたい。つゆのうまい店は数あれど、ここまで立ち食いそばのつゆを極めた店があっただろうか。川一に匹敵できるつゆを出せる店は都内でも片手に余るほどしかない。

Img_6546

しかも丼の具合からしてつゆはなみなみたっぷりと張られるのだからもう。。最後まで飲み干さずにいられrない魔力がある。

Img_6547

川一の、粋な暖簾の辛子色

Img_6548

480円

評価は3点 ☆☆☆

|

« クイズPHOTO 正解発表 & 今週の出題 | トップページ | KTM RC8 と Duke 試乗記 »

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

●sobaさん

はくぶんさん対策として丼情報の精度向上が求められますね(笑

投稿: ケビン | 2010年3月14日 (日) 09時38分

川一もどんぶり2つありますね
困りました (笑)

投稿: soba | 2010年3月14日 (日) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/45897112

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原 川一:

« クイズPHOTO 正解発表 & 今週の出題 | トップページ | KTM RC8 と Duke 試乗記 »