« 雨の日は箸置きを眺める | トップページ | ピンク色の霞のようだ »

2010年3月 7日 (日)

菊名 しぶそば 【閉店】

しぶそば

東急東横線・菊名駅、構内改札内

残念ながら、2015/11/15、閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。情報提供:Tango6さん

■蕎麦、生めん茹で置き、白っぽくて細い。コシあり、香りよし。茸様風味。
■つゆ、ダシよし、カエシあっさりめ。甘さ控えめ。蕎麦とバランスよし。
■コロッケ、ホクッとしてるのにつゆに崩れない。これはなかなかです。油切れよい。
ねぎたくさん、ワカメ

この日はコロッケそば復活記念として菜の花天ぷらサービスだった。うれしー。っていうかこれをめあてに菊名までバイクで行ったんですけどね。

バイクで行ったのに、改札内だった。うそーショック。Webページには改札内と明記してなかったのに・・・しかたないので入場料金払いましたよ。ここまで来たのに帰るわけにはいかないもんね。

コロッケそば、おいしいです。最近のしぶそば、品質向上が著しい。東急もついにやる気になったようですね。動作が鈍い東急さんですが、やっとその気になってくれてうれしいですよ。

201002211875_shibusoba_kikuna

若い男女5人ほどでやっている。女性店員さんの笑顔がとても良い。路麺店のスマイルナンバーワンだと思う。路麺ファンはぜひ菊名駅で萌えてください。

201002211876

改札外の入り口は閉鎖されていた。

390円

神奈川県横浜市港北区菊名7-1 無休

評価は3点 ☆☆☆

|

« 雨の日は箸置きを眺める | トップページ | ピンク色の霞のようだ »

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

●sobaさん

なるほど、「四季」「田園」は経営が同じなんですか。知らなかったー。

だからどちらでも「関西風のつゆ」が選べるんですね。

そばを注文すると「関東?関西?」とかきかれておもわず「静岡!」なんて出身地を答えそうになちゃいます。

投稿: ケビン | 2010年3月 8日 (月) 14時13分

●餃子さん

東急線の駅はこのごろヤケにきれいになっちゃって、自由が丘のホームはそば屋ではなくて「スープストックトーキョー」とかいうすさまじくオッサレなお店になっちゃいました。

ああ、昭和は遠くなりにけり、ですね。

投稿: ケビン | 2010年3月 8日 (月) 14時12分

学芸大学はたしか
檜そば
みたいな名前だったんじゃないかと

自由が丘は
麺亭四季ですね
反対側が
田園
これは今小杉あるのと同じ
誠和食品グループですね

投稿: soba | 2010年3月 8日 (月) 13時55分

>>sobaさん

そうです。改札入って正面でしたね。

無くなっちゃったんですかぁ~ 

>>ケビンさん

自由が丘は大井町方面の田園都市線を

降りた所にありましたね。あの店も

もう無いんだ......( = =) トオイメ

投稿: 餃子 | 2010年3月 8日 (月) 12時54分

●sobaさん

学芸大の店、私は行ったことないです。その頃は東急沿線に住んでなかったので。

昨日グルグル巡りしましたが、大井町線の駅もきれいになっててびっくりしましました。

投稿: ケビン | 2010年3月 8日 (月) 07時38分

●餃子さん

昨日は雨だったので、田園都市線・大井町線・目黒線・多摩川線・東横線とグルグルと一筆書きで駅ナカそば屋をめぐりました。

自由が丘駅そば屋がなくっていたり、日吉にはもともあったのかどうか不明だったり、それなりに面白かったですよ。

武蔵小杉の田園そばが老舗ですね。

投稿: ケビン | 2010年3月 8日 (月) 07時34分

学芸大学の駅は昔は階段の下にありましたね
あそこの細い麺はうまかったです

いまはないです


投稿: soba | 2010年3月 7日 (日) 22時51分

東急沿線の駅は全部同じチェーン店が

展開しているのかと思いましたが、

色々な会社が入っているんですね。

私が高校生の頃使ってた学芸大学駅は

別のチェーン店が営業している様ですが

いつも腹を減らしていたあの頃、夏の下校時に

夢中で食べた冷やしコロッケそばは今食べても

旨く感じるかなぁ~

投稿: 餃子 | 2010年3月 7日 (日) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/47625507

この記事へのトラックバック一覧です: 菊名 しぶそば 【閉店】:

« 雨の日は箸置きを眺める | トップページ | ピンク色の霞のようだ »