« やっぱりカカトだな | トップページ | 武蔵中原 なるほど »

2010年5月 3日 (月)

横浜駅 鈴一

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

鈴一

JR東海道線・横浜駅、相鉄ジョイナス入口交番前

相鉄線ジョイナス出口から抜ける細道。とても繁盛してます。立ち食いの場所が狭いので、お店の前の路地で立って食べることも、これが本当の立ち食いですね。おばちゃんもわかっていて、丼に割り箸を乗っけて手渡してくれる。「はいどうぞ」ってな感じ。

■蕎麦、茹でめん。やや酸味ある路麺独特の風味。古くからの立ち食いファンにはたまらない。やわらかめ。
■つゆ、ダシよし。香り・コク・少々の酸味。カエシやや濃いめ、甘味少なめ。
■かき揚げ、よく揚がっている。コロモ厚いほうだがオキアミの香りが良いのでおいしく食べられる。

大好きなタイプの味。つゆがとくに印象に残る。また食べたくなる味。さすがの年輪を感じさせる。

私もヘルメットを小脇にかかえて道路で立ち食いです。丼がちょうどよく小ぶりなので片手で持って食べられる。計算されてますね。

suzuichi

この路地を歩く人とても多いが、3人に一人は「わー、おそばおいしそー」と反応する。いわば私はお店の生きた広告状態ですな。

suzuichi

330円

神奈川県横浜市西区南幸1-11-1 無休

評価は3点 ☆☆☆

詳細地図を表示



冷やしそば

横浜駅といえば鈴一ですね。

極細の茹でめんが甘辛く濃い冷しつゆにからむので、ひとくちめから味わいがガツンとストレートにきます。そばに合わせて極小粒でカリカリの揚げ玉の歯触り楽し。口直しに柔らかいわかめ、ちょっと飽きたらアクセントにきつね。これすごく完成度の高い一杯だと思います。文句なしにうまいです。

Img_2049_suzuiti_hiyasi_400

こんな感じで、片手にもって食べるわけです。お店の中が空いていても、やっぱり私はどうしても外で食べたいわけです。そうじゃないと鈴一に来た気持ちがしないので自分のなかで決着がつかないのです。

Img_2048

ちょっとカメラを引いてみましょうかね。おお、やっぱり立って食べてるひとが二人いますね。ちなみにこの時点でも、カウンターには数名分の空きがあるんですよ。

とても興味深い現象なのですが、この二人に共通するのは、お店が空いてても立って食べる。そしてもう一つ重要なのは、いくらお店から遠ざかろうとも、かならずカウンター向こうのおばちゃんに相対して食べている、というところです。この現象はたまたまこの二人にかぎったことではありません。鈴一で食べる人はほぼ間違いなくこのカタチになります。もちろんたぬきさんもそうで、写真撮影のたびに丼を地面に置くもんだから、最寄り駅前交番の婦警さんから失笑を買う事態となるのも事実です。

「たとえ別れて暮らしても、お嫁なんかにゃ行かないわ〜♪」と都はるみが歌ったとおり、お客のココロはドンブリを通じておばちゃんと共にあるという、そういうことだと思います。

Img_2050

もうちょっと引いてみましょう。おお、ほんとに通路ですね。ここ、いつもはすごく人通り多いんですよ。歩くに苦労するくらい混雑します。そういうときは、さながら歩行者の流れに打たれた杭のように、ドンブリ片手の路麺ダーが流れに抗ってふんばってそばを食ってるわけです。

Img_2052

400円

評価は3点 ☆☆☆


コロッケそば

シマダヤの袋麺はまんまスーパー既製品の味だが、じんわりだしの効いた醤油しょっぱいつゆで食うとうまい。

Img_2612_suzuiti_340

カウンターが空いていても高校生と並んで外で食う。

Img_2610

雨でも外で食べる客が必ずいる。

Img_2618

横浜らしい風景。

Img_2614

340円(だったと思う)

評価は2点 ☆☆

|

« やっぱりカカトだな | トップページ | 武蔵中原 なるほど »

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

●ひいこさん

うー、道路での立ち食いは、うら若き女性にはちょっとお勧めしません。。。

ひいこさんくらい度胸のすわった人なら大丈夫かも?
(o^-^o)

投稿: ケビン | 2010年5月 4日 (火) 07時21分

美味しそうheart04
昨日横浜駅に寄ったんですよ。
知っていれば、お店に行ったのになぁo( ̄^ ̄)o

投稿: ひいこ | 2010年5月 3日 (月) 23時04分

●カツ丼さん

やっぱり、お店の良心はつゆに表れますよね。いくらでも手抜きできる箇所だからこそ、誠実さが如実にわかりますもんね。
ああ、夜なのにお腹が空いて困る(笑

投稿: ケビン | 2010年5月 3日 (月) 22時02分

●sobaさん

この天ぷら、なかなかないですよね、こういうの。
とても印象的な個性がありますね。
こういうの好きだなあ。
sobaさんの気持がよくわかります。

投稿: ケビン | 2010年5月 3日 (月) 21時57分

あえて、やわらかい茹で麺
しかし、つゆは手抜きなくうまいですね。

横浜の一等地の一角にありながら、変わらない事の良さを感じさせてくれるお店ですね。

私も敢えて外に出て、声を出してすする事も(笑)
五番街も好きで、焼鳥店や中華料理店で呑み食いする事もあります。

投稿: カツ丼 | 2010年5月 3日 (月) 19時44分

こちらのてんぷらは
かつての大船軒の味を彷彿とさせる味です

なつかしいです

なつかしいいなあああああ

投稿: soba | 2010年5月 3日 (月) 19時17分

●ShujiTさん

おお、コメントありがとう!

そうですか、私も86年卒業ですのでほぼ同い年ですね。
どうりで波長が合うはずだ。

投稿: ケビン | 2010年5月 3日 (月) 10時32分

社会人になった最初の年は横浜支店配属でした。ボウリング場やらラブホテルやらの裏に勤務先があったので相鉄線口が最寄りで、このお蕎麦屋さんにはずいぶん世話になりました。1986年のことです。なつかしー。

投稿: ShujiT | 2010年5月 3日 (月) 07時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/46279606

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜駅 鈴一:

« やっぱりカカトだな | トップページ | 武蔵中原 なるほど »