« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の記事

2010年6月30日 (水)

笹塚 柳屋

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

柳屋

京王線・笹塚駅北口、甲州街道を渡って10号通り商店街入り口近く

■蕎麦、茹でめん、白っぽくて長く丸断面。
■つゆ、ダシよし、鯖節のガツンとした酸味とコクあり。カエシすごく濃くてやや甘い。白っぽいそばが醤油色に染まる。
■かき揚げ、揚げ置き。焦げずに白っぽい。タマネギ超厚切りだがしっかり火が通って甘い。

こういうの大好きです。

揚げ物の種類が多い。桜海老、アジ、ゲソ、ごぼう、ソーセージ、かぼちゃ、サツマイモ、ジャガイモ、春菊、茄子、きのこ、ちくわなど。「シーフード天」ってのはいったい何だろう。

揚げ油は良質の植物油、ダシは天然の鰹節・鯖節・昆布を使用と張り紙あり。

それより何より、ここんちの最大の特徴は薬味に「タマネギ」を使ってることです。これが意外と美味いんだ。私の知る限り東京・神奈川ではここだけだと思う。

もの静かなおばちゃん二人でやっている。うるさくなくて良い感じ。

380円

東京都渋谷区笹塚2-11-4 (土日祝)休、6:45-15:00頃

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示


冷やし桜海老天そば

■蕎麦、茹でめん。灰色っぽくて断面四角。わりと固め。
■つゆ、ダシよし、カエシしっかり、やや甘め。冷やしガツン系。こういうの好みです。
■桜海老天ぷら、揚げ置き。桜海老の香りと甘味が口一杯にホワーンと広がる。おいしいです。こういうの大好き。

ああ、うまいすねえ。私はしぞーか人なので桜海老天には目がないのです。桜海老天のうまい路麺といったら、ねぎどん@千束と柳屋@笹塚の2つだと思う。

Img_1398_yanagiya_sakuraebi_500

わりとカジュアルな感じのおばちゃん二人でやってる。おばちゃん手がすくとテレビ見て笑ってる。脱力的ではありますが、この普通感がいいんです。友人の家で飯食ってるみたいな雰囲気でくつろげます。

Img_1399

500円

評価は3点 ☆☆☆


冷やしげそ天+かぼちゃ天そば

渋谷区にある孤高のガツン系路麺。温もうまいが冷やしがまたいい。茹でめんを平たい皿に盛り、うまからいつゆをちょいとぶっかける。つゆのダシが効いて、カエシがきりりと素晴らしい。

Img_4410_yanagiya_550

ここは六文系と似たシステムでおそらく昔は関係があったんじゃないかと思います。おかみさんに話しかけるチャンスがあまりなくてまだ確認してないのよ。

東京のこのあたりにはなかなかない味なので、お近をお通りのかたは是非食べて納得してください。商店街の中にあるのでクルマだとちょっと難しいです。

Img_4411

女将さんと女性店員さん二人できりもり。

Img_4412

こういう立地。駅から至近。

Img_4413

550円

評価は3点 ☆☆☆


げそ天そば

ここの自慢は種類豊富なお好み天ぷら、そして東京一の濃いつゆ。六文系にも劣らない真っ黒いつゆが、なぜ下町を遠く離れた笹塚に存在するのか、いまひとつよくわからないのですが。

Img_3418_yanagiya_geso_430

下の写真でおわかりかと思いますが、蕎麦につゆが染みて染まっている部分とそうでないところがはっきり見て取れるでしょう。この染色力は野むらよりも強い、と私は思います。

Img_3419

細めのイカゲソをやや長めにぶつ切りにしたかき揚げ風ゲソ天。これがうまい。ゲソ天のうまい店はたくさんあるのですが、ここのはとくに味がいいです。焦げ具合は少ないのでカリカリというよりもちょいフワリの塩梅が実に良い。

もう一つの特徴は、薬味にタマネギを使うこと。変わってるよねえ。他所でほとんどお目にかかれない。

Img_3420

妙齢のおばちゃん二人できりもりしてる。

Img_3422

430円

評価は3点 ☆☆☆


じゃがいも天そば

メークインのような、いわゆるフレンチポテトに使うタイプのジャガイモを細長く切って天ぷらにしたもの。とてもそばと合う。名作だ。

Img_0028

上品な美人の女将さんにお話し伺うことができました。四十年前に女将さんの先代が独学で始めたそうです。全くのオリジナルとのこと。六文系かと訊ねると、「そちらでは食べたことないのでよく知らないです。父の味を守り続けてます。ダシをきちんととるのが秘訣。色は濃いけどそれほどしょっぱくもないと思うんです。」とのこと。姿勢良くにこやかに語るお顔には、朗らかなお人柄があらわれておりました。ますますもってファンになってしまった次第です。

評価は3点 ☆☆☆


桜海老天そば

渋谷区で孤高の染り系路麺。この濃いつゆ、黄色看板系にもけっして負けない。いやむしろ勝っている。

Img_3837_yanagiya_sakuraebi_430

やや細めの茹でめん。茶色っぽくてわずかに茸様香りあり。この麺すごくいいです。他であんまり食べたことないタイプ。つゆといいそばといい、強烈な個性のお店。私大好きです。

天ぷらも素晴らしい。桜海老の甘みがジワーっと出る、しぞーか人も納得の味。

Img_3838

おばちゃん二人できりもりしている。ちょっと小柄なほうが店主らしい。ちょっとお話しました。もっといろいろ聞きたいことがたくさんある。

Img_3839

甲州街道の北側、笹塚10号商店街を入ってすぐのところにある。

Img_3840

430円

評価は3点 ☆☆☆


キーマカレーそば

新メニューらしい。立ち食いそばやではあまり見かけないキーマカレーを乗せたそば。普通のカレーそばとは趣が異なる、これはうまいだろうと予感あり。

Img_4239

食べてみるとはたしてうまかった。キーマカレーはそばつゆに溶けず、そばの上にこんもりとのっかっている。挽肉の味わい、かなりのスパイシーさ。素晴らしくそばに合う。とくにこの店の濃いつゆと抜群のコンビネーションだ。

立ち食いそば屋のカレーそばというと、どろりとしたペーストがそばつゆにとけて、つゆ状カレーをそばもろとろかき込む、いわば「カレーは飲み物だ」の究極な状態で、どうも私はこの単純さにつまらなさを感じるのだが、これはいい。そばの上にカレーがある。

旧来、天はそばの上にカレーを置かずのカレーそば地動説であった。これが打ち破られたといえよう。コペルニクス的な展開なのだ。そばをすする前にキーマをひとくち食べる、つゆをすする、そばをたぐる、しこうして後キーマを食べる。こういうサイクルでいけば食の愉しみも増すというものだ。

Img_4240

カウンターには80歳はとうに過ぎているであろうご高齢のご婦人お二人。お店の前でそばを食べたそうにもじもじとたたずむ老婦人に気づいた女性店員さんは優しく声をかけ厨房から外に出て応接。丁寧な導きでカウンターに腰掛けるまで、かなり時間のかかるスローな展開であったが、とても気持ちよい動作。優しい心遣いにあふれた一瞬に同席し、心豊かな空間を共有させていただいた。立ち食いそばの価格・量・簡素なサービスこそ、実は高齢者にこそ嬉しいものであろう。商店街の立ち食いそば屋と地域のふれあいにもしみじみ感じ入る。

Img_4241

440円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

新橋 うさぎや

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

うさぎや

JR山手線・新橋駅、徒歩10分

新橋はずーっと歩いても新橋だ。どこまでいってもオヤジサラリーマンが闊歩している。良い感じの活気があります。

うさぎやさんは1951年創業とのこと(未確認)。日本最古の路麺店のひとつ。

小さいお店。水のディスペンサがお店の外(歩道側)に置いてあり、入口引き戸の外に手を出して水を汲むという、面白いアイデア。こんなの初めて見た。

おかみさんもいるらしいが、本日はお父さんがひとりでやってました。ご主人は丁寧で明瞭な言葉遣いのかたで好感持てます。

タネものが充実。かき揚げは、いかかき揚げ・えびかき揚げの2種類あり。その他、ごぼう、春菊、えび、いか、アジ天など10種類以上。鴨汁そばのような本格タネも。

■蕎麦、茹でめん、やまいもつなぎ、ふわっと柔らかい。白っぽく太目。
■つゆ、ダシそれほど濃くはないが、口に含むと本鰹の香りが鼻に抜ける。あっさりめのカエシ、甘味少な目。おいしい。
■かき揚げ、揚げ置き、イカかき揚げ、良い味。



いかかき揚げそば370円、えびかき揚げそば350円

東京都港区新橋5-9-1 (日祝)休、(土)不定休

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示



冷しいんげん天そば

うさぎやさんは、1951年創業の老舗。東京の立ち食いそばのなかでは最も古い店のひとつです。そのあたりは路麺大帝ことsobaさんがものすごく詳しいので、いつも勉強になります。

■そば、茹でめん、山芋入り、灰色っぽくてやや細め。いい感じ
■つゆ、ダシよし、カエシ濃いめの甘めのぶっかけつゆ、冷しでもシャキッとしたうまさ。
■いんげん天、揚げおき、コロモうすい。イカダ状にきちんと整列した清々しい姿は、ご主人の誠実な人柄を物語るかのよう。ジワーと甘みあり、軽快な歯ごたえあり、おいしい
カウンターにあるワサビのパックが独特。

ひやしの場合には、つゆがしっかりしてないとボヤーんとしてしまうのだけど、ここのはキリッとしっかりとしてます。まさに「何度でも食べたくなる味」、うさぎやさん大好きだなあ。

Img_1368_usagiya_hiyasi_380_2

物腰の優しいご夫婦二人でやってる。どこからともなく会話が始まり笑顔がこぼれ笑い声がこだまする。ああ、良い感じのお店だなあと思う瞬間。これからも長く頑張ってください。

Img_1369_2

390円

評価は3点 ☆☆☆



春菊天そば

うさぎやさんの春菊天そば、大ファン数知れず。名作です。

この軽い味わいがいいんだな。サクッと食えてあとをひかない。粋なもんだ。

Img_2810_usagiya_shungiku_350


Img_2812


Img_2813

350円

評価は2点 ☆☆




2012/2月に改装しました。

Img_3449_usagiya_ikakaki_390

「抜群にうまいつゆの味」健在。香りよいダシ、ややあっさり上品めのカエシ。

Img_3450

若旦那、笑顔のにあう好青年。創業から60年。世代交代でさらに半世紀、頑張ってください。

Img_3453

看板も新装

Img_3451


Img_3454

こちらはかつての姿。これもよかったけどね。

390円

評価は2点 ☆☆


なす天いんげん天そば

うさぎやさんのいいところは、生真面目なところだ。このインゲンを見ればよくわかろうというもの。

キレイにいかだのように隙間なくびっしりと縦列駐車されたインゲン。

私はどちらかというとこういうのがうれしいほうなので、うさぎやさん好きなんだ。

Img_3701_usagiya_nasuingen_480

ちょっと酸味のある良いダシと醤油の香ばしいあっさりめのカエシ。「抜群にうまいつゆの味」健在です。

白ウサギの楊枝立てが目印。

Img_3702

この日はご主人と息子さんのお二人で切り盛りしていた。

Img_3703

480円

評価は3点 ☆☆☆


いんげん+ごぼう天そば

うさぎやの魅力はたくさんあるが、なかでもとりわけ良いのは盛りつけが端正なことだ。

Img_4276_usagiya_480


Img_4277


Img_4278

480円

評価は2点 ☆☆


いかかき揚げそば

抜群のつゆの味。いつ食べてもうまいです。

Img_4656_usagiya_380

若旦那もすっかり板についた感じ。

Img_4657

380円

評価は3点 ☆☆☆


いかかき揚げそば

Img_3624_usagiya_390

抜群にうまいつゆと爆裂トークの女将さんで愛される。駅から遠いが通う価値あり。ところでつい先日のこといつものごとく昼下がりにうさぎやさんを訪れると。。女将さんが「お客様、食欲ございますか?」と真面目に問う。もちろん空腹であるから応とこたえると、堰を切ったようなトーク炸裂。「おばさんね、天気がいいから調子に乗っておにぎり作りすぎちゃったのよ、よろしければ食べてください。今日はね暖かいんでもりそば5つもでたのよ(後略」と畳み掛けられ、結論からいうとシャケむすび無料サービスとなった。「もう、このままだめにしちゃってもしょうがないからね、食べられるならここにあるの全部食べちゃってね」との迫力あるお言葉に嬉しい悲鳴を上げながらありがたくひとつだけ頂いたのだった。もう二つ食べればよかったかと少し後悔。

Img_3625

390円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

「蕎麦道なび」 アルファバージョン 0.1

遅々としている蕎麦アプリですが、少し進展しました。「蕎麦道なび」アルファバージョン0.1。それって、まだ全然できてないじゃん、とお叱り受けそうですが。はい、そのとおりです。

とりあえず現在の動作画面をスクリーンショットとってみました。お、こうやってみるとなかなかカッコいいじゃん!!

Sobanavi_20100628

Sobanavi_20100628c

これを見ればだいたい機能は想像つくと思いますが、以下のような感じです。

1、現在地をGPSで取得する。
2、現在地を中心に地図を表示する。
3、現在地周辺の立ち食いそばやの位置に赤いピンを立てる。もちろん地図は二本指で拡大縮小、移動が自由自在です。
4、ピンを指でタップすると簡単な説明文がポップアップされる。

どうだ、なかなかいいだろ。

首都圏800店くらいのデータが蓄積されてます。よく食べたもんだ。

これで、バイクに乗ってどこへ行ってもiPhoneさえあれば迷わない。すげーうれしー。ほとんど自己満足というか自分のためだけに作ってるアプリです。

しかしひどいアイコンだ。どなたか絵心のあるかたアイコンつくってくれない?お礼にアルファバージョンでよければインストールしますよ。実機持ち込みのみ受け付けます。

Sobanavi_menu

今後の機能追加。

1、地点が多すぎると動作が遅くなる。これが困りもの。キャッシュするか、遠方のデータは表示しないようにするか、何か対策が必要。
2、メモを残せるようにしたい。「■蕎麦:  」みたいなテンプレートに書き込めると便利だなあ。
3、メモはサーバに通信でアップロードできるようにしたい。
4、複数の人が書き込めるようにして、人気投票や掲示板みたいにできるかもしれない。

ああ、夢はふくらむけど。時間かかるなあ。まあ、コツコツやるのが楽しいんで、それはそれでいいけどね。

そうそう、最大の問題は、アップルのApp Storeへの登録ができてないことです。手続きが煩雑なのでやってないだけなんですけどね。なんといっても米国への課税申告手続きが必要なのよ。やだなあもう。

しかし無料で配布するにせよ登録しないことには。これが最大の課題かもしれない。


少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村


| | コメント (8) | トラックバック (0)

外苑前 信越そば(茹でたて生そば)

信越そば(茹でたて生そば)

銀座線・外苑前駅、BMWとなり

エルメネジルド・ゼニア、サバティーニ、BMWといったおしゃれなブランドに挟まれて頑張る立ち食いそば屋さんです。半蔵門から渋谷の間で青山通りに面した店はここだけなんですよ。とても貴重。

券売機が独特。今では珍しいプラスチックの札を使うタイプ。札の種類は、「1品」「2品」「3品」となっていて、タネの種類と関係なく札を買う。どのタネを選ぶかは店員さんに口頭で伝えるという初心者には理解しずらいシステムだけど憎めない。なんつーか、わかりやすいだけが良いシステムとはいえないと思うんだよね。こういうちょっとした「変」さは、いわば社会のスパイスとして適度な刺激を我々の疲れた脳に与え続けてくれてるわけです。

■蕎麦、茹でめん。灰色っぽい。中太。ゴワゴワしない。
■つゆ、ダシ・カエシともに薄いが悪くない。甘くない。季節を問わず非常に熱い。
■かき揚げ、揚げ置き。コロモばかりで具が乏しい。小さめ。味は悪くない。油良し。

量少なめなので、ちょっと小腹が空いたときにいいですね。

自動ドアのセンサーがひっきりなしに「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」と叫び続けている。店員さんが目の前にいるんだからこれは不要じゃないかなー、と思うんだけどね。。ご主人は、はたしてこのシステムが気に入ってるのだろうか?それとも、自動音声案内に満ちあふれた現代社会への痛烈な批判精神のあらわれなのだろうか。いろんな意味で社会派のお店ですね、ここは。

数年前までは、このお店の並びに、トタン壁、錆びてめくれた看板、傾いた庇の不動産屋があり、青山通りに燦然と輝く昭和のオーラを放っていた。外国人観光客の格好のシャッターポイントとなってましたね。これがなくなっちゃったので、それまでは比較劣位にあった信越そばが目立つようになってしまったのだった。

360円

東京都港区北青山2-13-4 24時間営業

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示


冷やしたぬきハム天そば

青山通り沿い、有名なイタリア料理店SABATINI の隣にあることから、一部の愛好家からは「ソバティーニ」とも通称される。茹でめんと揚げ置き天ぷらを使った、普通の路麺スタイルをかたくなに守る貴重なお店です。地価の高い外苑前にありながら、変わらぬ安い値段、注文してすぐにサッと出る。このお店の存在は立ち食いそば界の良心といっても過言ではないと思います。

プラスチックの札をつかったこの店ならではの独特の券売機で「天ぷら2品」を430円で購入。ボタンを押すと「カタリ」と小さな音がして角が丸い四角の黒いプラ札が落ちてくる。

この店の流儀として、カウンターに札を置いたらまっさきに、そばかうどんのいずれかを意思表示しないといけません。お店の流れ作業を円滑に進めるには、そばを湯がく工程は最上流に位置する、いわばタイムクリティカルなタスクを最初に発動しなければいけないわけです。

冷やしにしたい場合には、この段階でお願いしましょう。

「そば、冷やしでお願いします」とさえ伝えてしまうと、店員さんの殺気走った緊張感は一気に緩和され、ものすごくフレンドリーになりますので、その態度変化を確かめてから、アタマに乗せるタネを注文すればよい。なんということはない、非常に合理的なお店なのです。

ということで、「ハム天、それから揚げ玉」を注文。

ここの冷やしは、よくある冷蔵庫でキンキンに冷やしたものではなくて、いわば常温です。湯がいて水で〆たそばに、鍋にストックした常温のつゆをたっぷりと注いだもの。なので、ヌルいそばと表現したほうが正確だと思います。

ヌルいと書くといまひとつのように見えますけど、食べてみるとこれがとてもいい感じなのです。キンキンに冷やさないので、それほど甘くする必要がなく、カエシを濃くすることもない。常温だと、人間の舌は微妙な味を感じられるんですね。キンキンだと舌が鈍感になっちゃうのでどうしても味を濃くしないとならないんですよ。

なので、ここの冷やしのおつゆはとても優しい味わい。ゴクゴクと最後まで飲み干せます。塩分糖分も控えめでヘルシー。こういったさりげない心配りが信越そばをして立ち食いそば界の良心と言わしめているわけです。

Img_1693_sinetu_hamtanuki_430

蕎麦の量は、わりと多めなのがうれしい。

Img_1695

たぬきとハム天の組み合わせはコロモばかりなので、選択ミスでした。ハム天と玉子(生卵)にすればよかったかも。

ヌルいつゆは、胃腸にも優しいです。

Img_1698_2


Img_1696

430円

評価は2点 ☆☆


ハム天そば

青山通り沿い。絶好のロケーションに位置する孤高の路麺。

■蕎麦、茹でめん、薄茶色っぽくて柔らかめ、悪くない。
■つゆ、ダシよし。濃くはないが鰹がかすかに香る。カエシやや薄め、あまり甘くない。
■ハム天、揚げおき。コロモが微妙にまとわりついたハム。コロモを剥がして食べてもいいです。ハムの塩加減が絶妙。ちょっとしょっぱめのハムがそばにとても合う。ハムの歯触りがまたよくて、弾力が弱く、噛むとホロッと崩れる加減がいいです。これはいい、こういう取り合わせアリです。

Img_1123_sinetu_360

ご主人と男性店員2人でやってる。
みなさん優しいものごしで良い印象。

プラスチック札の自動券売機も健在。

360円


冷やしゴーヤ天そば+キザミ生揚げ

券売機で買った黒いプラ札は「天ぷら二品」の印。プラ札が出るよりも早く「冷やしそばね」と最重要案件を告げると厨房に浮かぶ安堵の表情。黒札を指先で軽く挟み、プロ棋士のように華麗な手つきでカウンターにピシーッと置くや、タネの注文をつぶやく。黒札を持つものの特権である二つの天ぷら、厨房奥のホワイトボードと、おぼろげな自分の記憶をもとに迷うことなく瞬時に決める。そう、それが信越そばの醍醐味。

ホワイトボードにはいつも一風変わった楽しいタネモノが記される。本日の珍品はゴーヤ天。

いつもながらの「ぬるいつゆ」がうまい。キンキンに冷えすぎたのはカラダによくない。これくらいがちょうどいい温度。

Img_4503w

大量の「きざみ生揚げ」をよけると下から顔を出す。ちなみに、きざみ生揚げは、いわゆる厚揚げの「生揚げ」をきざんだのではなくて、味付けしてない普通の油揚げをきざんだもの。「生」の状態の「揚げ」を「きざみ」にしたものという意味だと私は理解しております。これいいのよ、天婦羅ダブルだとちょっとヘビーだけど、こいつだとちょうどいい。とろろ昆布もいいけどね。

Img_4504

ゴーヤは天婦羅にすると甘みが多少にじみ出る。基本はニガイですが。

ではそもそも、ゴーヤは蕎麦にあうのかどうなんんだ、と問われると、わたしにはあまり自信がない。ゴーヤが好きな人にはいいだろうし、嫌いな人にはダメだろう。ゴーヤの存在はあまりにも突出している。

Img_4505

これも気になる。「トマト味冷やし細うどん」。近いうちに食べてみる予定だけど、ここで紹介したからには路麺ダーのみなさんきっと我先に食べるんじゃないでしょうか。あ、私のことは気にせず、どんどんいっちゃってください。

Img_4506

青山通りは今日も暑い。陽炎が見える。ゴーヤパワーで乗り切りたいと期待するが、そもそもゴーヤにそんなパワーを求めるのも酷かもしれない。

Img_4502

評価は2点 ☆☆


冷やしトマト味細うどん+いんげん天

夏季限定メニュー

細うどんは都度茹でなので3分ほど時間がかかります。トマトペーストはデフォではなくて「天ぷら1品」と同様にカウントされますので、素うどんにトマトあるいは天ぷら1品を乗せて380円。ざるそばの食券を買ってください。天ぷら追加したいときは左下の天ぷら券(1品80円)をどうぞ。

Img_4506

さて、私はすっかり上記の絵柄が記憶にしみついていたので、3分間待った後、ご主人が丼とともにすっとタバスコの小瓶を差し出してきたときにはびっくらたまげました。

20120803_100312

「タバスコ、うまいですよ、どうぞ」とおっしゃる。そもそも辛いもの大好きなので迷うことなくドバドバとかける。一口たべるや、トマトの酸味とタバスコの酸っぱヒリヒリ。そして、ぬるいそばつゆのマイルド感。細うどんはコシではなく適度な柔らかさが命。茹で加減申し分ない。

そばもいいがうどんに抜群に合いますね、この組み合わせ。

20120803_100351

追加でいんげん天。プラ券はこのように買ってください。

20120803_100000

天ぷらはレギュラーもののほかに日替わりものが左下に書いてある。

20120803_100009

おもわずご主人に「タバスコ、うまいですね~、こんなに合うとは思わなかったですよ」と告げると、やおら満面に笑みをたたえ、ちょっと照れた笑顔で「そうでしょ!うまいでしょ!」とたたみかけるように迫力ある語り口。これがこの人の持ち味。と、すかさず「そうだ!もっと辛いのがあるよ!」と、厨房のすみをごそごそと探し始めた「ちょっと待っててね」と言って両肘を大きく横に張ってゴソゴソとさがすその後ろ姿。あ!これはどこかで見た光景。

そうそう、「千と千尋の神隠し」で、釜爺が千尋をゼニーバのいる沼の底まで電車で送る切符を探すために、何本もある手足をバタバタさせて薬箱をひっかきまわす、あの姿そのものだよ。

結局、その「もっと辛い」やつは見つからなかったけど、そのぶんタバスコをたくさんかけました。きっとハバネロみたいなものだったのかな?

20120803_100017

陽炎の立つ青山通り、激辛の一杯を食べた後は額の汗に都会の風が心地よい。

20120803_100809

380円+80円

評価は3点 ☆☆☆


いんげん天昆布冷やしそば

ここの店の醍醐味は組み合わせの妙を発見することにある。キザミ生揚げ、トロロ、ときて次は「昆布」。どっさりと盛られた細切り昆布は蕎麦といっしょに食べるとうまいのなんの。。。信越コンビネーション、奥深いなあ。

Img_4628

昆布はよくある佃煮風ではなくて、ほとんど味付けのないものです。それがまたいい。

Img_4629

430円

評価は3点 ☆☆☆


冷やしかきあげトロロそば

いろいろな組み合わせを試してみたくなる。黒プラ札をにぎりしめ。

トロロとかき揚げ、すごくいい。この組み合わせいいわあ。自分でも予想外にうまかった。トロロはそばつゆでちょっと味付けされ、よくかき混ぜられちょっと泡立った感じがフンワリして蕎麦によくからむ。

Img_4617

これをしのぐ組み合わせはあるだろうか?いろいろ試したくなる。

Img_4618

涼しげな風鈴と短冊。

Img_4619


評価は3点 ☆☆☆


いんげん天そば

このお店は24時間ということもあって、よく来ます。

やさしい味わいのつゆ、黒っぽくてわりといい感じのそば。いんげん天。コロモがフワフワとほどけるのがここの特徴。そばといっしょに食べると、そばのポッソリした歯触りとコロモの油っ気があいまってうまいです。

コロモがほどけないほうがうまいそばもあれば、ここみたいなのもある。大切なのはバランスですね。そばも人間も。なんてね。

Img_3529_sinetu_360


Img_3530

360円

評価は2点 ☆☆


ハム天トロロそば

この組み合わせもいいな、これのいいところはハム天のそっけなさをトロロがカバーしてくれるところだ。ハム天はある意味孤高のスターなので、トロロくらいくせのある脇役じゃないと相手がつとまらない。

Img_4732


Img_4733


Img_4734

評価は2点 ☆☆


あじ天ちくわ天そば

24時間開いている安心のお店。

ここの天ぷらは統一価格で、券売機も「1品」「2品」というようになっている。なのでついつい「2品」を選んでしまう。私はめったに2品乗せることないのですが、ここではなぜかいつもそうなのだ。まんまと術中にはまっている。このシステムを考案したご主人は天才ではないかと思うのだな。

本日は、あじ天&ちくわ天。ここの天ぷらはコロモが無茶苦茶大きいので、2品乗せると、コロモがドンブリ一面を覆い隠し、いったいどこからがあじで、どこがちくわなのか、まったく判別できない。とくに絞りの浅い携帯カメラだとまったくわからない。

Img_3648_sinetu_aji_tikuwa_450

薄めのつゆに、蕎麦らしい風味のある茹でめん。信越そばならではのバランス感覚。軽く食えて大好きなのよ。

Img_3649

あじ天をよけてみたところ。これが竹輪天なのか!!衝撃の映像。円筒形であるはずのちくわが丸く広がっている。よく見ると中心部にはちくわが縦に通っている。いわばこのコロモは「羽根」なんですね。この雄姿は、さながらちくわの胴体に金色の羽根を広げたモスラ!いままさに蕎麦の繭から飛び立たんとする瞬間。と表現するのがふさわしいかも。いや、虫を連想して食欲減退しちゃった人はごめんね。

Img_3650

ここんちの屋号が不明とおなげきのかたのために、証拠写真。スマホアプリなんかにも「信越そば」と登録されてるのに「外苑前そばうどん」とダブって登録する人いるよね。

Img_3651

サバティーニのメニューを食い入るようにのぞきこむランナーあり。

Img_3652

450円

評価は2点 ☆☆


ばら肉天そば

わたし、この店なんとも個人的に大好きなんです。どこがと言われるとこまっちゃうんだけどね。まず店構えがいい。おしゃれな青山通りに面して一歩も譲らない日本文化発信拠点のような暖簾。完全立ち食いの様子が外から見えるのもポイント高いな。プラスチック札の券売機もいいし、いろんな天ぷらが揃ってるのもいい。なんといっても、店員さんがみなさん初老のおじさんばかりなのが落ち着ける。

薄切りの豚バラ肉を、フライや唐揚げではなく、天ぷらのヤワヤワなコロモで揚げる信越そばならではの個性的メニュー。

Img_3352_sinetu_380

黒っぽいそばからは蕎麦粉の香りが立つ、つゆはちょと薄めのマイルド系。優しい味わい。

Img_3353

天ぷらなので、食べ進むうちにコロモがフワフワとつゆに崩れだす。それを少しづつ蕎麦とからめて食べるといい感じ。玉子と合わせるとさらにいいと思うので、贅沢したい人はどうぞ。

バラ肉は脂身のそれほどないさっぱりしたもので、蕎麦とも相性良いです。親父世代の健康にも配慮してくれてるんでしょう。病み付きになるこれぞ個性派路麺ならではの一杯。

この天ぷら、カレーそばにのせてもいけます。

Img_3354

360円

評価は2点 ☆☆


とろろ月見そば

二品のプラ券を買って注文するは、「とろろ月見そば」ネバとろの相乗効果を狙う。

Img_0725

まず、卵白だけをズルリとすする。ネギ抜きがポイント。

Img_0726

次いで、つゆを完全に飲み干す。


Img_0727

そばと撹拌し、とろろカルボナーラ(仮称)の完成だ。なんとなくこれがマイブームなんです。


Img_0728

しんえつさんのコーン


Img_0729


評価は2点 ☆☆


ちくわ天昆布冷やしそば

ここの店はタネの組み合わせが楽しい。なかでもこのコンビネーションすごくいい!抜群。

信越の2品(黒プラ札)の場合、天ぷら+シンプル脇役てのが鉄則。低加工度のシンプルな脇役は「昆布」「とろろ」「きざみ生揚げ」の3強から、天ぷらの個性とマッチしそうなものを選ぶ。

かき揚げのように具材が細かく切れたものには「とろろ」がベスト。ちくわ、ソーセージのような長ものには「昆布」。いんげん天などの歯触りよいものには「きざみ生揚げ」。生卵はオールマイティ。このあたりをご参考になさるとよろしいかも。

反対におすすめできないのは、「かき揚げ+たぬき」。コロモばっかりになっちゃうので(笑。

Img_4836

昆布とそばを絡めて食べるとうんまい。羽の生えたちくわをちょいとかじりながら、つゆをゴクリと飲む。いいサイクルができあがる。

Img_4837

24時間営業

Img_4838

430円(黒札)


なす天あじ天そば

珍しいナス天。たいていは縦に長く割いて揚げるものですが輪切りにしてかき揚げ風にしてある。なかなかうまいです。仕入れたなすが小ぶりだったときはこうするんでしょう。

この日のあじ天はあんまり身の厚くないあっさり痩せた鯵なので、他の天ぷらといっしょに食べるとちょうどよい感じ。2品盛りの名傍役といったところ。

Img_4911


Img_4912

評価は2点 ☆☆


ナス天+いんげん天そば

この組み合わせ、なかなかいける!これいいな。ちなみに本日の茄子は長い。

Img_0195

コロモの黄色は玉子のようだ。

丼ものもうまそうだ。

Img_0196

430円


ごぼう天昆布そば

ここの昆布、わたし大好きです。細切りの昆布がどっさりと乗ってくる。そばの量と遜色ないくらいたっぷり。麺のように細いから、そばといっしょにツルツルすする。大根の細切りをそばといっしょに食べるやりかたもありますが、それを彷彿とさせますね。うまいこともさることながら、昆布だけでもお腹いっぱいになるから、ダイエットに最適だと思います。路麺でダイエット、いいかもしれない。痩せたい人は外苑前の蕎麦ティーニ!!なんてね。

Img_0565

ゴボウ天もうまいです。ささがきタイプのごぼう。こちらも繊維たっぷりでヘルシー。

Img_0566

評価は2点 ☆☆


カレーつけめん(夏期限定)

このところ夏になると新作に意欲的な信越そば。今年は「カレーつけめん」。もりそばにバラ肉天をのせ、カレーをもりつゆで伸ばしたもの。

Img_2394_sinetu_470

「ハネずに食べやすい」とカウンターに張り紙あり。これこれ、重要なポイント。カレーそばはシャツにはねちゃうからね。つけ汁ならばそういうこともない。マイルドめのカレーがそばつゆとよく合ってとてもうまかった。これ気に入りましたよ、また食べたい。

Img_2396

路麺ダー四人集まれば、お店の人を巻き込んでの立ち食いそば談義となるのは必然。

Img_2398

470円

評価は2点 ☆☆


年中無休、24時間営業。盆暮れ正月も休みなしのありがたいお店。

正月や盆休みのとき、やっぱり無性に路麺食べたくなる。そういうときはここにくる。

Img_7500

すっかり夏の定番となった冷やし細うどん。トマトとバラ天で黒プラ札(450円)。細うどんは都度茹でだからちょっと時間かかるがそこは余裕の笑顔で待つべし。お店のおじさんとデュエットで「いつまでも待つわ〜♪」なんて歌いながら。

Img_7501

そしてうれいいのがタバスコの復活(2015)。塩胡椒やハバネロペッパーもあるが、やはりこれでなくては。信越そばさんありがとうございます。

Img_7502

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

オイル de チェーンメンテ、靴下 de ホイール磨き

オイルでチェーンメンテしてるおかげで、いつもピカピカ、クリーニング不要、おまけに3万キロ走っても全然伸びない。

唯一の問題はホイールが汚れることで、なかなか手間でついついそのままにしていることが多かった。

ブログ仲間の「のびたさん」から良いことを教えてもらった。

Img_0914

使い古した靴下を軍手の上にはいて、パーツクリーナーを軽くスプレーしてホイールをゴシゴシと磨く。

Img_0915

水と洗剤で洗うと、汚れが拡散して全体が薄汚れてしまうのだが、この方法だと汚れがポロポロとはがれるように落ちるので周囲に広がらないし、水が不要で手軽、後始末が簡単。

細かい隙間まで指が届くのでキレイになる。

洗うではなく「磨く」がポイント。


少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

ZRX1200 謎のK-TRICとは? 進角の秘密

雨なのでバイクの整備してます。

まずは簡単なところから。ZRX1200に限らずカワサキ車はサイドスタンド弱いです。それだけサイドスタンドに負担がかかるってことだと思いますが、ここのボルトがすぐ緩む。半年に一度くらいは確認した方がよいですね。

Img_0909

ムンクの「叫び」みたいに、「キャーーーー」って叫びたくなるほど緩んでますよ。

Img_0910

さて本題なんですが。私のZRX、どうも気温が高くなるとエンジンの調子が悪くなるときがある。この「ときがある」ってのがクセモノで、バイク屋に持ってくと症状が再現しないのだ。よくあるよね、こういうことって。

真夏の35度超すような暑い日、渋滞で水温がめちゃくちゃ高いとき。エンジンをいったん切って、熱いうちに再起動したときなどに顕著です。具体的には、「フケ上がらない」「ウボー」っと、瓶の口を吹いたようなコモッた排気音、「不自然なエンジン鳴動」。

しばらく走り続けているうちに解消。もしくは停車してエンジンを冷ますと解消する。その後は何事もなかったかのように快調となる。

昨夏も同様な現象ありましたが、そのときは原因が判明せず、とりあえずプラグを交換したら症状が軽くなったのでそのままにしておりました。プラグに関連するのだから点火系だろう、ということまではわかったけどね。

Img_0913

詳しいサイトを巡ったり、いろいろと研究していたのですが、最近「これだ」という発見あり。ブログ仲間のスクラフィーさんは、整備の達人で、不動車のZZR1100を自分で整備して車検をとってしまった素晴らしい方です。スクラフィさんのブログに書かれていた「進角」の文字に目が釘付けになった。

2、(レ)点火時期
「点火時期がキチンと進角しないと、めっちゃパワー無いぞ(w」

というものです。あ、これかもしれない。すごくそんな気がする。というのも、エンジンやキャブレターの機構には問題ないんですよ。だって冬場や夏でも調子良いときはすごく良いからね。というか調子良いときが99.9%くらい。たま〜に、不調が現れる。

ZRX1200の点火装置はICイグナイタですが。イグナイタそのものが不良なのか?どうもそう思えない。理由1:イグナイタはリアカウルにあるので、それほど熱の影響を受けるとも思えない。理由2:もしイグナイタが不良なら、もっと頻繁に不調が起きてもおかしくない。

そこでさらにZRXのサービスマニュアルをながめていたところ、こんな装置を発見。

「K-TRIC : Kawasaki - Throttle Responsive Ignition Control」こいつはイグナイタの補助的な機構で、その役目は点火時期を遅らせることにある。そう「遅らせる」んですよ。つまり、イグナイタはエンジン回転に応じて進角させたいのに、こいつが「遅くしろ〜」と命令を出すと、回転が上がっても進角を抑制するようになってるのだ。

もちろん、こいつはいつも「遅らせる」邪魔者ではなくて、エンジンが低回転かつアクセル開度が大きいときのみ作動して、急激な回転上昇を押さえマイルドで行儀よい特性を実現してる訳です。そもそもの目的は「騒音規制クリア」らしい。

K-TRICは角度センサー(可変抵抗)とダイオードで構成されるシンプルなデバイスのようです。センサーはアクセルグリップではなくキャブレターの真横に付いてる歯ブラシの先端くらいの黒いデバイスで、バタフライの角度を計測して出力電圧を変化させるらしい。

おそらく私のZRX1200は、このK-TRICが熱で誤作動して「遅れろ〜」信号を出し続けているらしいと推理。

だから、いくらスロットルを開けても、「ウンボーっ」とフケ上がらないボケ茄子エンジンとなってしまうわけなんだな。

うーん、我ながら名推理。理屈的には非の打ち所がない(笑)

Img_0911

障害の原因が切り分けられたので、次は検証ですね。Web検索してみると、カプラーを引っこ抜いて単純にK-TRICをキャンセルしてる人がちらほらといます。とくに問題なさそうなので、やってみよう。これで症状が再現されなければビンゴ!なわけです。

まずはタンクを取り外す。タンクの脱着についてはこちらの過去記事を参照ください。

Img_0912

この三つ葉のクローバーみたいなカプラを引き抜くだけ。雨水が入らないようにビニールで覆っておきましょう。

さっそく試験走行。エンジン始動、問題なし。K-TRICをキャンセルしてもエンジンかかりますね。

十分に暖気させて走行。おおっ?これはなかなか。低速からのフケ上がりが鋭くなった。ワイルドな感じ。スロットルに敏感に反応する元気なエンジンに豹変した。すごく良いです。昔のエンジンって感じ。障害対策とはまったく関係のない副次効果だけど、感動です。これだけでもやった甲斐があったというものだ。常にフツーの進角を得られるようになったわけだ。

渋滞の中で不用意にスロットルを開けると「ドン」っときて一瞬あせった。ZRXこんなにヤンチャだったっけ?でもすぐに慣れて、どちらかといえばこの状態のほうが自然で楽しい。マイルドなのもいいけど、こっちのほうが好きだな、私は。

ああ、スクラフィさんのZZR1100や南行さんのZXR12はこんなんなんだろうか。昔のバイクがうらやましい。

さて、件の「フケない」対策、こちらが主題だったね。エンジンの豹変に感動して、すっかりどうでもよくなったような。。

本日は28℃と涼しいのでよくわかりませんでした。十分に暖気して、エンジン停止、すぐ始動、と何度か試してみたが、いまのところ問題が再現していない。これでうまくいけばいいのだが。もっと暑くならないとなんともいえない。

ということで梅雨があけたら再度レポートします。



少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ

人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (20) | トラックバック (0)

クイズPHOTO 正解発表 & 今週の出題 #21

正解発表

今週の正解は、JR中央線・三鷹駅北口にある「うどんそば(さとう)」さんでした。

多摩地区にしてはめずらしく、カエシのガツンときいた濃いつゆが特徴的。駅前バスロータリー横にあり、店の裏手には玉川上水が流れている。いかにも郊外といった風情のお店です。

屋号が不詳ですが、ケッタライダーさんの取材により「さとう」ではないかと判明しましたので、これからは暫定的ではありますがさとうと呼ばせていただきます。ありがとう!

正解者は、どん兵衛さん、bob289sさん、舞栗さん、はくぶんさん、ケッタライダーさん、sobaさん、なつきさん、あひる仮面さん、はまちゃん、うどん男さん、rdさん、奈良のkosanさん。おめでとーございます〜

追記:ShujiTさん、漏れてましたごめんなさい。ご本人のインパクトが強烈だったのでクイズに回答してくれたことすっかり忘れてました。

今回は看板がたくさんあって、ヒントだらけでした。掲載早々からどん兵衛さんにダメ出しくらいまして、慌ててモザイク修正しました。つつしんでお詫びいたします。

毎回参加賞の高野さんは、今回はご存知なかったようです。残念!

20091025918c

では今週の出題、第21回

今回は難しいと思う。というより、このお店に行った人、そう多くないはず。とおもってるんですが、皆さん私より経験豊富だからなあ、どうかなあ?

外観の雰囲気がたまらなく良い味ですが、内装はさらに素晴らしいです。アルミのカウンターがいいんだ。ガス釜の造作は必見もの。

Img_0711

ではふるってご回答ください。お待ちしてますよ〜

回答はメールもしくはツイッターでおねがいします。

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

新宿 江戸そば【閉店】

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

江戸そば【閉店】

残念ながら閉店してしまいました。記事は営業当時のもの。

JR山手線・新宿駅南口、徒歩5分、甲州街道沿い

■蕎麦、生めん茹で置き。細い。コシあり、かすかに香りあり。おいしい。
■つゆ、ダシよし。甘味少なめ。
■かき揚げ、揚げ置き。悪くない。

24時間営業の店なのであまり期待してなかった、というかものすごく低い予想をしていたのですが、大きく期待を裏切られてトクした感じ。たいていは勘があたるんだけど、今回はハズレてうれしい。

edosoba

370円

東京都西新宿1-19 24時間営業

そばを目指して、走れー

edosoba

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

南砂 遠野屋

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

遠野屋

東西線・南砂町駅、徒歩10分

あひる仮面さんにおしえてもらったお店。ブログ記事。こんなところに路麺があろうとは、まったく気がつきませんでした。この道何度か通ってるけど目に入らなかったんだな。バイクだからあんまりキョロキョロしてると危ないんです。

■蕎麦、茹でめん、茶色っぽく柔らかめ。
■つゆ、ダシよし、醤油香ばしい、甘め。美味い、こういうの好き。
■かき揚げ、揚げ置き、ばらつと崩れるタイプ、小海老入り。おいしい。

つゆに特長あり。つーんと香ばしい醤油の風味、ゴクリと飲んだあとの爽やかなほの甘さ。これはうまいです。えちご@押上の感動にも似た。

後味の良い甘さが印象的。例えるなら、甘さをぐんと抑えめにした「みたらし団子」のタレをダシで伸ばしたような味。醤油の香ばしさがとくにそう感じさせる。ちょっと誤解を生むかもしれないが、ほんとにそんな感じ。

かき揚げは具だくさんで立派な一品。ご飯のおかずに良さそう。これで天丼バツグンな予感。

カレー食べてる人多し。昼からのメニューだそうです。かなりスパイシーな香り。路麺の甘いカレーもいいけど、ここのはちょっと本格的みたいでそそられる。

良いお店を紹介いただきました。あひる仮面さんありがとう。

Img_0839_tonoya_minamisuna

ややお年をめしたおばちゃんと、多少若いおばちゃんの二人でやってる。仲良さそうなので親子か親戚かでしょうか。

Img_0841

この道路は駐禁取り締まり頻繁なのでクルマは要注意とのこと、お店に張り紙がありました。ありがとう、ご親切に。

Img_0840

390円

東京都江東区南砂6-3-4 (日祝、2・4土)休

評価は3点 ☆☆☆

詳細地図を表示

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

新橋 げんき【閉店】

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

げんき【閉店】

JR山手線・新橋駅、ガード下

SL広場側に出て右側。すぐにわかる。

ここんちは本来、牛めし屋さんですが、そば・うどんもやっている。メニューは肉そば、肉うどん。

■蕎麦、茹でめん。白っぽくて柔らかい。
■つゆ、ダシまあまあ、牛めしのタレとそばつゆをブレンド。牛タレの甘さとしょっぱさ。
■牛肉、タマネギ、焼き豆腐。牛めしの具そのものが乗っかってます。紅ショウガが合う。ああ、白いご飯がほしい。

個人店ならではの激甘いタレが特長。牛肉もよく煮込まれてて味がしみ込んでます。

焼き豆腐があなどれない。これがなかったらいまひとつ物足りなくて、これほどまでに新橋のオヤジに愛されなかったと思う。偉大なレシピだ。

やっぱりこれはオンザライスがいいなあ。そばも悪くないけど、完全に牛とタレがそばを打ち負かしてるので、正直なところ、そばでもうどんでもあんまり変わりない感じです。あ、おいしいですけどね。

二日酔いの朝、飯だと重いけどそばならオッケー、って具合なときに打ってつけ。

Img_0836_genki_sinbasi

ご主人は厨房で調理、カウンター内にアルバイト店員さんという牛丼屋スタイル。

ネットの情報では、2010年6月で閉店だそうです。個性あるお店だけに残念。

ところで先日久しぶりに終電に乗りましたが、泥酔して寝てる人がいないのに驚き。これはいったいどうしたんでしょう。「若者の泥酔離れ」とか「泥酔構造の二極化」とか「ママでも金、泥酔でも金」といった状況なんでしょうか。二番底の恐怖がじわじわと忍び寄って参りましたね。

Img_0837

400円

東京都港区新橋 (日祝)休

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

小岩 六之助【閉店】

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

六之助【閉店】

JR総武線・小岩駅、北口徒歩1分

残念ながら2010/06/22で閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。

小岩駅北口、イトーヨーカドーの左脇にある名店。

■蕎麦、生めん茹でたて。注文受けてから茹でる。ちょっと時間かかるがおいしい。コシあり。やや量多め。
■つゆ、ダシよし。カエシ普通、甘くない。あっさりして生めんとバランスよし。
■かき揚げ、揚げ置き、野菜の旨味あり。おいしい。

昼の混雑する時間帯だが茹で置きせずに都度茹でるのがうれしい。その分お客を待たせることになるが「うまい蕎麦を食わせたい」という気持ちのあらわれなんでしょう。不器用で一途な愛すべきお店です。だから閉店しちゃったのかなあ。

201006212035_rokunosuke_koiwa

おかみさんが親切。とても良い感じの接客。ちょっと涙ぐんでるように見えた。。。

201006212036

閉店、とても残念です。またどこかで再開してもらいたいものです。

201006212037

350円

東京都江戸川区西小岩1-23-12 (日祝)休

評価は3点 ☆☆☆

詳細地図を表示

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

小伝馬町 立花【閉店】

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

立花【閉店】

日比谷線・小伝馬町駅、徒歩6分

残念ながら閉店してしまったそうです。記事は営業当時のものです。

看板がなく屋号が不明ですが、Googleマップには「立花」と記されているのでそう呼ぶことにする。

■蕎麦、茹でめん。太め、断面丸い。かなり柔らかい。食酢をかすかに感じる。
■つゆ、ダシよし。コクと酸味あり、カエシ濃い。やや甘め。
■かき揚げ、揚げ置きタマネギ、コロモ厚いのだが食べごたえがあって悪くない。海老入り。

立ち食いそばらしい味。バランスがとれておいしいです。私はこういうの好み。

200912011273_tachibana

ご夫婦とパート女性?の3人でやってる。お店の中はけっこう広いです。20人くらい入れる。立ち飲み兼業。昼間から飲めるようだ。お弁当販売もあって、近所のOLさんが買いに来ている。

揚げ物メニュー豊富。珍しい「いも天」がある。

200912011275

900円で缶チューハイ2本とつまみ2品のお得セットあり

200912011274


320円


50円追加でシコシコめん(冷凍)が選べる。

東京都中央区日本橋本町4-15-2 (日)休

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

要町 伊那 【閉店】

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

伊那

有楽町線・要町駅、6番出口

残念ながら、2012閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。情報提供:Nanki-Pooさん。

池袋西口をずっと西に、坂を下りたところ。私は電車でここへ行ったことありません。

■蕎麦、生めん茹でたて、注文受けてから茹でる。白っぽくて細い。コシあり、香りいまひとつのあっさりめ。
■つゆ、ダシ・カエシともにあっさり。甘くない。
■かき揚げ、揚げ置き。タマネギが甘い、コロモ薄くよく揚がっておいしい。

とてもおいしいのだけど、全体的にあっさりしすぎているというか、もう少しガツンとしたものが欲しい。あっさり路線で行くのなら、蕎麦の香を強くしてみたらどうだろうかと思う。ちょっと欲張りな注文ですが。

200911121092_ina

清潔な感じのお店。丁寧な接客態度で好感もてる。

200911061055

440円

(日祝)休、7:00-19:00

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

横浜・子安のあたり バイク散歩

横浜・子安のあたりをぶらぶら散策してみました。あ、まったくネタらしきものありません。ただの絵日記だと思って読んでいただければ幸甚です。

第一京浜(R15)、浦島町のあたり。

Img_0679

国道からはよく見えないのですが、この道路のひとつ左側は運河になってる。首都高速1号横羽線の下側といえばイメージできるかと思います。

Img_0681

このあたりの運河には漁船や釣り船が係留されてますが、なかなか良い雰囲気でぐちゃぐちゃしてまして、見ていて飽きることがない。あてもなく第一京浜を彷徨ってると、ついフラフラとこの橋にやってきて、舟と運河を見ては、しばしボケーとすることがある。

Img_0682

東南アジアチックな風情ですね。運河で生活する人がここにいる。それだけのことなんだけですが、とてもエキゾチックなものを感じます。

Img_0684

運河の上に限りなく張り出した家。ひと部屋増えてます。

Img_0685

これは、家なのか、船なのか??

Img_0686

ドック。船の修理工場。レールに乗せて船を揚げる。スルスルと滑って進水するんだろうな。

Img_0688

ここが陸と海の境目。

Img_0690

しっかり現役で稼働してそうな舟だな、これは。

Img_0691


Img_0693

沈没したのか、沈めたのか、よくわからない舟。

Img_0694

これはスゴい。仮設の足場で作った桟橋。これは丈夫そうだなあ。台風くらいじゃびくともしないかもしれない。

Img_0695


Img_0696


Img_0697

家の表玄関は普通の道路からの入り口なんだけど、裏は運河なんですね。マイカーならぬマイボートが自宅に横付けされてるって、いいなあー。気が向いたらふいっと、クルマに乗るように舟に乗れるなんて贅沢な。能登のほうに舟家とかあるけど、こちらもまたいい感じです。

Img_0699

こうやって記事を書きながら写真を眺めていて感じたんだけど、日本の都市の景色って、圧倒的に青い色の人工物が多い。ザ・ブルーシーツだな。都市部でバイクを撮影するときは青いバイクだと埋もれちゃうね。それはそれで面白いけど。目立たせたいのなら、赤か黄色のイタリアーンなやつかな、それかオレンジのオーストリアンなやつ。


少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

イッツ ア スモールワールド

最近どうもツイッターを使う機会が増えた。ブログも面白いけどツイッターも面白い。一番の要因は携帯電話(Nokia N95)のツイッターアプリが使いやすいことと、iPodTouchを使い始めたことです。やはり道具が変われば中身もかわるんだな。オフロードバイクを買うと伊豆スカに行かなくなるのと同じです。

ツイッターがブログと一番違うのは、「フォロー」機能というやつで、友達の友達をたどっていくと思いがけない人とつながりができることですね。相手が拒否さえしなければ一方的にお友達になれます。

これは、スモールワールド・ネットワークの社会学としてダンカン・ワッツが本に書いてますが、要するに、友達の友達を7人たどれば合衆国大統領にたどりつける。というものです。

たとえば、菅直人総理大臣に合いたければ、まず手始めに地元の民主党の支援団体にいる人を知ってそうな友達を見つけ、地区の支部長、県連とたどれば数人目でおそらく秘書にはたどりつけるでしょう。もちろん総理が会ってくれる理由がないので断られることは確かですが。

日本むかし話にある「わらしべ長者」だと思っていただければ間違いないです。

ツイッターは、「フォロー」がユーザごとに一覧できるので、フォローのリストを数段階たどれば、まず確実にその分野の専門家のつぶやきに到達できる。というわけです。ちなみに私は、当ブログの読者様でもある z1rqqq さんのブログページのツイートから出発すること数週間。いろんな面白い人たちと交流できるようになりました。

SNSにはいくつかありますが、私なりに比較してみると下の表のようになりますでしょうか。皆さん異論・反論ありましたら是非お聞かせください。

Comparingsns

おそらくブログは情報を書き貯める場所として今後も生き続けると思います。たくさんの人に読んでほしければツイッターを入り口にすればよいし、そんな必要なければ普通にブログとして運用すればよいわけですね。

そういえば最近、まったくといっていいほど2ちゃんねるを見なくなった。2ちゃんねらーの中にはまともな情報を書き込む人もいたんですが、そういう人は雪崩をうってツイッターに移っちゃったみたいですね。


少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

クイズPHOTO 正解発表 & 今週の出題 #20

正解発表

今週の正解は、有楽町線・要町駅出口にある「伊那」さんでした。

そば・つゆともにあっさりと上品な味わい。お店もあっさりと清潔な良い感じです。もうちょっとガツンとしたのが私は好きですが、これはこれでおいしいです。きしめんもあり。

正解者は、あひる仮面さん、sobaさん、ケッタライダーさん、奈良のkosanさん、はまちゃん、はくぶんさん。おめでとーございます〜

はくぶんさんの推理は見事で、地下鉄の駅名が「■町駅」と読めることから、漢字一文字の地下駅として、東横線・反町駅もしくは有楽町線・要町駅としぼり、反町の蕎麦源は出口から距離がある、、よって要町・伊那とした、決めては東京メトロのマークとのこと(一部省略)、さすが、路麺と鉄道両方に詳しいです。

sobaさんの寒いヒントはですね、つまりこういうことで、、、、「マイナーな駅」 -> 「マいなナ」-> 「ま伊那な」という駄洒落だそうです。。。そういう意図はまったくございません、とほほ。

毎回参加賞の高野さんは、今回はご存知なかったようです。残念!

200911061055

では今週の出題、第20回

みなさんすぐに当てちゃうので、今回は徹底的にヒントとなりそうな箇所をモザイクにしてみました。ノーヒントでどうぞ!

20091025918c

追記:さっそくモザイクの甘さをどん兵衛さんに突っ込まれてしまったので、暗号強度を高めて再掲載します!

ではふるってご回答ください。お待ちしてますよ〜

回答はメールもしくはツイッターでおねがいします。

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村


| | コメント (20) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

東銀座 歌舞伎そば ざるかき揚げそば

歌舞伎そば

日比谷線・東銀座駅、徒歩1分

歌舞伎座閉場のときも足を運んだのだが、話題の時期だったため超満員行列。写真だけ撮ってすごすごと帰りました。並ぶくらいなら食べないほうを選んじゃうタイプなんですね私は。ほんと行列だめなんだ。まあ、ダイエットになっていいです。

さて歌舞伎そばさんは、建て替え工事を避難して、裏の路地で5月24日から営業再開となった。うれしいです。再会当初は混雑してるだろうから、ちょっと様子をみて、そろそろかなとおっとり刀で行ってきた次第。

これは小料理屋の居抜きですね。8人くらい座れるカウンターのみのこじんまりしたお店で営業してる。普通の蕎麦屋と間違えて入ってくるお客のために、入り口には「食券制、セルフサービス」などのことわり書きが貼ってある。なるほど、これはこれでご苦労です。

本日は暑いので、名物「ざるかき揚げそば」をいただく。

■蕎麦、生めん茹でたて。注文受けてから茹でる。青みがかった中太。それほど長くないので食べやすい。モチモチ感あり、香りあり。おいしい。
■つゆ、ダシよし、キリッとした味わい。おいしい。
■かき揚げ、揚げ置きだが頻繁に揚げている。手でちぎって乗せてくれるので食べやすい。サクサクとしたコロモがおいしい。

ご主人の踊るような腰つかいは健在でした。腰を振りながらかき揚げを手でちぎって、丸いせいろに内接する五角形の頂点に配置してくれる。

この五角形は、きっと何かの紋章をかたどったのに違いない。桔梗紋だろうか。桔梗紋は源頼光流で、かなり一般的な武家の紋です。ちなみに坂本龍馬もこれの変形版を使ってますね。

150pxkikyo

蕎麦を茹でながら、天ぷらを揚げ、盛りつけ、そば湯を汲んで、八面六臂とはこのことだろうか。動きに寸分の無駄もない。無駄がないから美しい所作と感ずるんですね。

茹でた蕎麦を冷水でしめる。水道臭さを嫌ってか、濾過だろう水を使い分けている。普通の蕎麦屋のような心配り。立派だ。

Img_0704_kabuki_new

おばちゃんも健在でした。あいかわらずお二人でやってるのがわかってうれしい。

Img_0706

こんなかんじのお店です。

もともと小料理屋のため、お客が入れ替わり立ち替わりをしずらい狭いつくり。譲り合いの心でいきたいものだ。

Img_0705

期間限定でコンビニで「歌舞伎そば」を売ってるらしい。なくならないうちに試してみたい。

Img_0707

490円(ざるかき揚げ)

東京都中央区銀座4-12-2 (土日祝)休

評価は3点 ☆☆☆


山かけそば

かつては歌舞伎座の敷地内にあったが、建て替えに伴ってひとつ裏路地に移転。

Img_5855_kabuki_530

かき揚げが有名。あえてちょっと変わったところを食べる。つゆの上品さと山芋の甘み、青海苔の香り。いずれも儚い風味ながらに凸凹のないすっとしたバランスで成り立つ。

Img_5856

これだけのメニューだが、どれにするか悩む。ご飯ものなし、厳選したメニュー。こういう店にはずれはない。

Img_5857

ここの店にはピンとした背筋みたいなものがあるように感じる。

Img_5847

佇まいと内装は完璧な小料理屋だが、これも立ち食いそばの範疇に入るから素敵(ケビン基準)。

Img_5858

530円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

原木中山 原木そば

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

原木そば

東西線・原木中山駅構内、改札外

東西線もここまで東にくることはないです。はるばる来たぜ、原木中山。津田沼の帰りなので寄ってみました。はたして次に来る機会あるだろうか。

駅ガード下「メトロセンター」商店街の入り口にあるお店。

■蕎麦、茹でめん。黒っぽくやや太い田舎蕎麦。コシあり。
■つゆ、ダシよし、醤油強い。甘くない。
■かき揚げ、揚げおき、小さめ。

量少なめだがちょうどよい。

お店の中は本鰹の良い香りで満ちている。

ご夫婦でしょうか、お二人でやってる。

370円

千葉県船橋市本中山7丁目 無休らしい

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

宮ヶ瀬 愛川の田園 BMW ビュエル

先日の日曜日、ラッキーにも雨が降らないようなので宮ヶ瀬まで行ってきました。

R246からR412、荻野運動公園の横を通って清川村 - 土山峠、といういつものコース。

ここはR412、愛川・荻野のあたり。良い感じの田舎風景なのでちょっと寄り道。

Img_0820

私は根が田舎者なので、こういった田んぼや畑のある風景をみると落ち着きます。山や川の大自然もいいんだけど、こういう適度に人の手がはいった耕地を見ると、なんというか自分の生活に近くて垣根が低いところがいいんでしょう。人間と自然の共存が感じられるといいますか。

Img_0821

用水路も好きなんですね。水門が好きなのも、人間の手が加わった自然との接点だからなんだろうな。

Img_0822

田植えが終わったばかりの田んぼ。お疲れさまでした。

といってるまに、宮ヶ瀬・ふれあい館に到着。

今日のバイクの集まり具合は、70%といったところかな。

Img_0829

お隣に停まってるのはBMW、モノサスなのでR80でしょうか。このシングルシート、珍しいなあ。こういうの初めて見ました。四角いデザインが面白い。小ぶりのパニアケースとお揃いのデザインですね。なかなかカッコいい。パニアって、あんまりデカイのはいまひとつな感じがしてましたが、これくらいならいいなあ。実用性もそこそこありそうだし。

Img_0830

BMWの持ち主が戻ってこないかな、話を聞きたいものだ。とながめていたら、うん? このサイドスタンド、なんだか変わってる。足の先に伊勢エビのヒゲのようなものがニョロロと伸びている。これはいったい??

Img_0831

下から覗き込んでみると、たしかに足の先にヒゲが溶接されてる。しかも!足の根元には緑色のハリガネがニョロリと巻き付けてある。これはなんだろう??

うーん、これはどうやら、サイドスタンドを引き上げるための仕掛けではないだろうか。BMWのサイドスタンドって、すごく前寄りに付いてるので、うんとかがむか、足をバレリーナのように爪先伸ばさないと届かない。きっと持ち主のかたは、それが面倒で、もしくは何かの不具合のために、こうやって補助器具を自作した。というわけだな。うーん名推理。

こうやって長く乗り込まれたバイクって、いいよねえ。乗り手の気持ちがこもってるというか、履き古した靴のように、もはやこの一人のオーナーさんにしか乗りこなせない物に進化してしまってるんだな。

Img_0828

オレンジ色の花が湖の斜面いっぱいに咲いてました。なんという花だろう。きれいだなあ。可憐でかわいいです。

Img_0826

本日は、ビュエルのディーラさん主催のツーリング会だったようで、10台以上いただろうか、新旧さまざまなビュエルがわんさかとおりました。上の写真、真ん中のやつがカッコいいですね。フレームが独特のパイプワーク。

201006132031

ビュエルってのは、ベテランからビギナー、女性まで、幅広いユーザ層を持ってるんですね。オシャレであり、モンスターぶりもあり、懐の深いマシンだな。ビュエルなくなっちゃったのがほんとに信じられないです。復活するんだろうか?

写真手前のハーレー、パンヘッドですね。ほんとうに鍋(パン)だ!これはいいね。チョッパーだからエンジンがよく見えて楽しい。フロントドラムだし、こりゃ長時間連続はつらいだろうなあ。のんびり休み休み走るって感じですか。それもいいもんですね。

中央のCB750FourK、オリジナル状態がキレイに保たれてる。後ろに回って見たらマフラー後端を一度開いて溶接してますね。サイレンサーが抜けちゃったのかな? 大事に走り込んでるのがよくわかります。これもいいなあ。私はこんなに長く乗れるだろうか。


少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

新津田沼 つだ沼そば

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

津田沼そば

京成線・新津田沼駅前

新津田沼はJR津田沼と近接。JR津田沼の北口を出て右へしばらく歩くと道路沿い左側にある。

■蕎麦、生めん茹で置き、コシあり、香りよし、白っぽくて細くて長い。おいしい。
■つゆ、ダシよし、カエシ普通、甘くない。そばとバランスよし。
■かき揚げ、揚げおき、ゴボウ・タマネギ・ニンジン、コロモ薄くパリッと揚がっておいしい。
ワカメたっぷり。

これは美味しいです。丁寧なつくりで良い感じ。

エコ箸使用

JR津田沼駅構内の総州屋と似た系統の味わい。おそらくこちらが本家でしょう。津田沼の人は幸せだ。美味しい店が2店もあって。

360円

千葉県習志野市津田沼1-10-40 無休

評価は3点 ☆☆☆

詳細地図を表示

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

ZRX1200 カムチェーンテンショナーの秘密

どうもこのところエンジンの調子がいまひとつなような気がする。気がするというのは、新車のときの快調な状態をすっかり忘れてしまっているから比較できないという意味だけど、やはり気になる。

まずひとつは「ビビリ音」。2500回転前後のエンジン回転のときにビリビリと音がする。3万キロをちょっと超えたあたりから少しずつ出はじめて、34,000kmあたりから常にビリビリと微振動を起こすようになってきた。エンブレで急にスロットルを戻したときが顕著。

それと時期を同じくして、なんというかエンジンのレスポンスが悪い。低速からいきなりスロットルを開けたときに、一瞬「ウン」と間があいて「ガララ」ときて回転がついてくる。一定の開度で回ってるときはそういうことはない。

街中でややゆっくりめに発信したときが顕著で、クラッチがつながってから一瞬ノッキングして回転が落ちる感じ。そのままスロットルを開ければいいだけなので、「うん?」と思うくらいなんだけどね。新車のときはこんなことなかったなあ。キャブレターかな?なんて疑ってみたがよくわからない。

こういうときは、経験豊富な近所の親切なバイク屋さんにおしえてもらおう。何かヒントがあるかもしれないし。彼はGPZ900R-A1から始まる歴代ニンジャ系水冷エンジンのエキスパートなのだ(空冷もね)

20091011762

(写真は昨年ヘッドを開けたときのものです)

結論から書くと、原因はカムチェーンの伸び。対策は「カムチェーンテンショナー」でした。対策といっても何もしてない。費用ゼロ円。

カムチェーンが伸びるので、遊びが大きくなって、カムの回転が遅れて、バルブの開閉タイミングが崩れ、その結果エンジンのレスポンスが悪くなる。

また、伸びたチェーンがガイドなどに当たってビビり音が発生する。

以上が不調の原因。なんだ、そんな簡単な理屈だったのか。

なので、対策としては「カムチェーンを張ればOK」ということになる。

で、ここまで読んだ皆さんからは「ちょっと待った、それはおかしいぞ」とオブジェクションが出る頃だとおもう。

最近のエンジンには「自動カムチェーンテンショナー」が装着されてるのだから、カムチェーンは常に最適な張りになってるはずでしょ。何をトウシロウなことを言ってるのだ。

いや、私もそうだとばかり思ってたんです。だが真相はちょっと違うのだ。

Img_0834

自動テンショナーは、自動とはいっても常に押したり引いたりしてるわけではなくて、段階的なノッチの駒の分だけカチカチと進んでいく仕組みなのだ。逆戻りはできない。タイラップの駒みたいなもんですね。

トラブルはたいてい、これがうまく動かずノッチがなかなか進まないのでテンショナーが出っ張らないことにある。

だから、チェーンが緩んだままの状態でビリビリと振動させながら走ってるバイクが多いんだ。とくにカワサキのエンジンはうるさいよね、犯人はこいつだったんだな。

「もうちょっとチェーンが緩んだらテンショナーが押し出されると思うから、しばらく乗ってるうちに自然と直っちゃうことがよくありますよ。」

なるほど、私のZRX1200テンショナー君は、「あ、出そうかな、やめよかな、出そうかやめよかどしよかな?」とウジウジ優柔不断の状態を3千キロも続けてたのか。

半信半疑でしたが、彼はニンジャ系水冷エンジンの専門家ですので、騙されたような気になって乗り続けることしばし。

「解決しました」あっけない。35,000kmを超えたところで俄にチェーンのビビリが小さくなり、レスポンスがよくなった。エンブレ時のビビリが残ってるくらい。

カチンとヒト駒進んだんだね。あー、便秘が開通したときのような快感。

------------------------------------

(テンショナーが故障して進まない場合もあるようなので、その場合は残念ながら交換です)

しかし、この機構だと、将来、6万キロ、9万キロといった節目ごとにこういうウジウジが再現されることが想像できるよね。そのたびに手をこまねいてじーっとしてるのは嫌だなあ。

と思っていたら。達人は既にやってるんですね。いつもお世話になってるくささんは、マニュアルテンショナーに交換してしまっている。これなら自分で調節すればいいので精神的にすっきりする。手動であれば張り具合も自分で好みにできるので、例えばやや強めに張ったほうが音が静かになることもあるらしいです。

こちらにあるくささんの記事にはマニュアルテンショナーのことがすっごく詳しく書いてありますので参考になさってください。

あるいはもっと簡単に、テンショナーを外して手で押し出して組み付け直せばそれでいいんじゃなかろか?とも考えている。まあ、とりあえずこれで乗ります。梅雨でもあるし。

追記:その後、実際にやってみました。こちらの記事もご覧ください。

Img_0835

遊びで思い出したのだが、スロットルの遊びが大きかったので、こちらは自分で簡単に調整。大きい方のナットを緩めて、小さいスクリューを回して遊びをとる。大きいナットを締めて固定。という超簡単な手順でしたが、これもまめにやったほうがいいですね。操縦性への影響大きいです。



少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ

人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (19) | トラックバック (0)

相模大塚 あさひ

あさひ

相鉄線・相模大塚駅、徒歩15分。R246沿い上草柳陸橋下

R246を東京方面から厚木方面へ向かう途中。右手にセメント工場の塔が見える陸橋がある。その左側道脇にある。早朝5時半からやってるのと広大な駐車場を有するためトラック・ダンプがひっきりなしに来客。いつも大繁盛。創業25年。

FMやまとさんの取材記事によると、枕崎産の鰹節と日高産の昆布を使用したつゆなど素材にこだわりあり、一日600人の来客とのこと。これはすごい。

ここの本業は土建屋なのだが、副業のほうが評判でいつのまにか圧倒的に繁盛したとのこと。パート5人もすごいです。

■蕎麦、茹でめんにしてはコシあり。ちょうどよい固さぐあい。ツルツルしておいしい。
■つゆ、ダシ濃厚。本鰹のよい香りがたつ。口に含むと宗田鰹の酸味とコク。カエシ普通、甘くない。良い味です。
■かき揚げ、揚げ置き。オキアミ入りで香ばしい。コロモがサクサクとしている、重曹入りか?

オキアミ+重曹とくれば東神田の黄色(いとう)ですが、それに似た味わいがある。癖になりそうな味。研究熱心なお店なんだと思う。

サイドメニューのおにぎりが充実。


雰囲気良いお店。大好きな味。246を走るといつでも食べたくなる。日曜休みが残念。

Img_0717_asahi_yamato

写真は春菊天

Img_4096

360円

神奈川県大和市上草柳541 (日祝)休、5:30-16:30

評価は3点 ☆☆☆

20090919549

もんのすごく広い駐車場

20090919551

駐車場の脇、看板の裏にすっごく小さいバイク屋さんあり。

20090919550

レース活動頑張ってください。


春菊天そば

ここはR246を走るときの定番。

■蕎麦、茹でめんにしてはコシあり。ちょうどよい固さぐあい。ツルツルしておいしい。
■つゆ、ダシ濃厚。本鰹のよい香りがたつ。口に含むと宗田鰹の酸味とコク。カエシ普通、甘くない。良い味です。
■春菊天、揚げ置き。春菊がの風味がジワーとおいしい。コロモがサクサク。

今朝も早くから繁盛してる。

Img_0717_asahi_yamato

サイドメニューに「スパむすび」あり。

Img_0722

お店の裏手はうっそうとした林。

Img_0720

このお店の本業は土建屋で「太陽開発」という会社。副業が繁盛してうらやましい。太陽=あさひ、なんですね。

Img_0723

広大な駐車場を擁するので、大型トラッカーさんたちの御用達。

Img_0718

Img_0721

小田急食品のめんを使用。

360円

神奈川県大和市上草柳541 (日祝)休、5:30-16:30

評価は3点 ☆☆☆


肉そば

そばうどんのめん類もうまいけど、丼やおにぎりなどのサイドメニューがまたおいしい。私の大好きなスパむすび、ミニソースカツ丼、ああ、どれもみんな手当たり次第おぼんに乗せてしまいたくなる。

Img_1244

おすすめは、キノコ天そば、かき揚げ天そば、春菊天そば。私は今回は肉そばを食べてみます。丼の端にチョンと盛られた赤い薬味は秘伝「辛味噌」。これを豚肉にからませながら食うとたまんらんす。

Img_1246

サイドメニューには「ミニしらす丼」をいただきます。これがまた目がとびでるほどうまい。新鮮なしらす。釜茹でしらすってのは、新しいうちはしらすの一匹一匹がパラリと独立してるのよ。ああ、幸せ。

Img_1245

しらすに光沢があるのだよ。




山菜そば

ここはいつ食ってもうまいです。本日は山菜そばをいただく。

山菜そばにも辛味噌が合うのだなあ。


Img_2617_asahi_360

あさひさんはいつ食べてもダシの香りが濃厚ですばらしいのだが、ようやく秘訣がわかった。北海道の昆布、枕崎の鰹節でダシをとるだけでなく、適宜「追いガツオ」してるんですね。なんのことはない、レジの上に書いてあった。

Img_2616


こうやって家族連れが仲良くそばを食べる光景が見られるのがあさひの良いところ。

Img_2618

そば以外のメニューにも力を入れている。一番人気は「しらす丼」。

Img_2619

2011年の夏頃から看板が新しくなりました。

Img_2621_2


ごぼう天そば+小とろろ丼

2013年末の路麺食べ納め。路麺ライダーしてはここをはずすわけにはいかない。R246沿い、神奈川県央の名店。トラッカーに愛される街道の立ち食いそば屋。

ごぼう天そば、相変わらずの濃厚な鰹ダシ。京鰹と呼ばれる京都産の鰹節を使用するとのこと。追い鰹でさらに香りを引き立てる。完飲の誘惑にどうしても勝てない。

柚子サービスあり。さらにこの日は年末特別えびせんべいの無料ふるまいをいただくことができた。

Img_3476_asahi_360

そばは秦野にある川口製麺の茹で麺を使用する。秦野の名水を使用して製造するとのこと。水がよければ当然のこと蕎麦はうまい。噛み締めたときの甘みが引き立つ。以前は小田急フーズのものであったが、2013年夏頃に切り替えた。これについては蘊蓄あり。あさひのご主人が若い頃、今から40年くらい昔、お父上と秦野のあたりをドライブしていたときに偶然に食べたのがここの蕎麦であった。そのうまさを長年忘れることができず、あさひを開業後もほうぼう手を尽くして調べたのだが探し当てることができなかった。それでも諦めきれずに暇を見つけては秦野の近辺を数年かけて探しあるき、ようやくのこと念願の川口製麺を発見したのだという。そのときのうれしさといったらなかった、とご主人は笑顔で語ってくれた。

うまいものを提供してくれるお店には必ずこういった地道な努力と創意工夫がある。接することができ嬉しい気持ちがこみ上げてきた。

Img_3477

期間限定品のミニとろろ丼。山芋の香り立つ。そばつゆで伸ばしたのだろう、ダシきいてうまい。これ絶品。ぜひ食ってみて欲しい。

Img_3480

Img_3479

Img_3481

Img_3482

あさひのご主人とご挨拶、しばし立ち話。実はご主人かなりのバイク好きであることがわかった。かつてはローカル戦ではあるが全日本ロードレースに参戦していたとのこと。かなりの腕前と拝見。駐車場の脇にあるバイクショップは当時からのレース仲間が営んでいるとのことだ。

ご主人はお店には出ないが、食材選定と仕入れの裏方として大活躍されているそうだ。いろいろと創業当時の面白い話を聞かせていただいた。これからも頑張ってうまいそばを出してください。

「バイク好きなんで、駐車場にバイクがあるとつい嬉しくなっちゃうんですよ」と私とZRXを満面の笑みで見送ってくださった。ああ嬉しき哉バイク乗りの絆。

Img_3484

360円+280円(-50円)

評価は3点 ☆☆☆


夏の早朝、まだ暗いうちに起き出してバイクで遠路駆けつけ一杯すするのがわたしの流儀。小旅行感あるのだ。

この店はうまいものへの探求に余念がない。訪れれば必ず新発見がある。今回は新メニュー、とろろオクラそば、とろろつけそば、そして海老天そば。つゆにダシの香り、冷やしでもツルツルとした茹でめん、天ぷら揚げ具合いちだんとよくなった。

Img_7386

立ち食いそばらしからぬ海老天そば。コロモだけ大きくて食べるとスッポリ脱げるようなものに遭遇するとがっかりするものだが、ここのは違う。立派な海老をサクッとあげて別皿で供する。海老の風味よく尻尾まできっちり身が詰まっている。

Img_7387

Img_7388

とろろつけそば、キリッとした辛つゆととろろでするっといくらでも食べられる。ナスと舞茸の天ぷらじわりと味わいあり、地味だがうまい。

Img_7384


Img_7385

とろろオクラそば。つゆのきりり感とそばのツルツル感は立派。

Img_7383

定番人気メニューのしらす丼も健在、愛媛宇和海の「しらすの鬼」が小船で何度も海を往復しては鮮度のよいしらすを少量ずつ獲るからうまいのだと社長さんからうかがった。専用タレでパワーアップ。

Img_7382


Img_7389

重機もオッケーな広々駐車場、ロードサイドの強い味方。夏休みドライブがてらそばたぐるもまたよし。

Img_7390

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

目白 車そば

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

車そば

JR山手線・目白駅前

目白駅横の交番の脇にある階段を数段下りた半地下のような場所にある。

■蕎麦、生めん茹で置き。頻繁に茹でている。白っぽくて細い。コシあり。おいしい。
■つゆ、ダシ・カエシともにあっさりだけど上品な風味あり。
■かき揚げ、揚げ置き。コロモばかりでいまひとつ。
ねぎがものすごく大量にトッピングされている。このネギの多さは東京でもトップクラスだと思う。たいしたもんだ。


200911091075

駅の隣でこぎれいなお店なので、立ち食いとは知らずに来店するおばちゃん多し。席取り合戦するし、水汲み合戦するし、やりたい放題。我先に席を確保して座るが、そこよりも良い席が空くと野獣のように狙いをつけコップを片手に猛然と移動する。だけど怖いのでだれも逆らえない。おねがいですから巣鴨に行ってください。

200911061056

鯛焼きショップが併設されてるのがここんちの特長。やっぱり女子大の街ですなあ。

200911091076

東京都豊島区目白3-4-17 (日祝)休

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示


このお店もそうとう古いらしい。

2011/08から石臼挽きの生蕎麦に変更してうまさパワーアップ。石臼挽きの粉はただの粗挽きではなくて、わずかに不均一な粒子があり、歯ごたえが楽しくなる。いわゆるゆらぎ効果というやつでしょうか。小川のせせらぎや風のそよぎのように強弱に揺らぎがあると人間は心地よさを感ずる。

Img_3033_kuruma_350


Img_3035

完全禁煙なのがえらい。食べ物をおいしくいただくのに煙は邪魔でしかないですからね。

Img_3032

メニュー豊富。駅近くのフードコートといった趣もあり、女性お一人様も多くみられる。女子大生の姿もあり。

Img_3036

階段の脇にあるのがなんともいい感じのおしゃれな雰囲気。坂の街目白ならでは。

Img_3037

350円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (9) | トラックバック (0)

はやぶさ 帰還

燃え尽きて消滅することが成功の証だなんて、、、胸に詰まる感動と空虚感。

しばし呆然、やがて虚脱。。はやぶさ、ありがとう。



NASAの映像



NHKの映像

こちらの動画(BBC)も素晴らしいです。


少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

奥多摩はチャリダーの楽園と化していた

そろそろ梅雨入りですね。どうやら日曜日から天気が崩れそうなので、なんとか土曜のうちにバイク乗りたい!と思っていたのだけど、朝から近所の野暮用と仕事の残りがあって、どうしようか悩む。

すかさずTOYZさんから「やりたいことは先ずやれ、今日乗らないでどうするのだ」とのありがたい啓示を受けた。そうだ頑張るぞ!ようやくやっつけたのが午後1時。よ〜し、出発するぞ〜。

Img_0798

朝食は卵かけご飯、通称"TKG"だ。表参道で中田ヒデの始めたお店はTKGが1200円らしいですね。ものすごく希少な卵らしいけど、ちょっと食えねーなあ。中田は日本人でただ一人バブルをいまだに続けてる男だな。エライぞ。

Img_0799

府中街道にて、稲城長沼の道路沿い団地の1階に路麺ありとの、あるスジからの情報をたよりに探してみたけどありませんでした。閉店しちゃったようですね。どうりで気がつかなかったはずだ。

ここでそば食うつもりだったんだけど、まあどこかで食えるでしょう。

Img_0801

あっというまに時間が過ぎて、檜原街道。この林間は空気がヒンヤリと清浄で、なんともすがすがしい気分になれる大好きな場所です。森林浴効果もあると思う。春は花粉効果もあるけどね。

Img_0802

上の写真は、檜原街道での官営サイン会場です。砕石工場を過ぎてちょっと行ったところ。週末の朝が多いですね。私はここでサインしたことない。欲しいと言われてもしてあげない。

Img_0803

檜原に来たら、何はなくとも「ばんばの刺身蒟蒻」を仕入れねば。おばちゃん、こんにゃくある?「ごめんねー、芋がなくなっちゃったの。9月になったらつくるからね」。あー、この台詞、ものすごくデジャブ感あり。とっても残念だった記憶が走馬灯のように頭をよぎる。そうだったね。。。

すると、隣にいたもう一人のおばちゃんが「あんた、帰りに家に寄んなさい、わけてあげるから」と、なんともうれしいことを。しかし奥多摩周遊道路は一方通行なのだ。帰り道は遥か遠い青梅街道なのよ。すんごくうれしいけど丁寧にお断りいたしました。あー、ヒトの情けが身に沁みる。うれしいけど残念。

Img_0805

ここは奥多摩。月夜見駐車場(第一だったっけ)。このコーナーはその昔はバリバリと膝をする小僧とギャラリーが鈴なりの、週末ごとのお祭りだったらしい。本日はものすごく空いてます。ほぼ貸し切り状態。たまーにスクーターが通るくらい。

路面良いよね。まるでサーキットみたいだ。センターのポールさえなければ。。。

気持ちヨカです。白馬の騎士もいないし、路面温度はちょうど良いし、タイヤも暖まって、むちゃくちゃ峠日和ですなあ。高速コーナーの脱出について疑問があったので練習。おお、いい感じ。これで7月のレースは雨さえ降らなければ転倒しないだろう(かな?)

バイクは左から右へ一方通行。いつになったら解除されるのだろか。

次はどうやら伊豆スカだというもっぱらの噂。伊豆スカ、スピード出し過ぎ、あれは危ないよ。ハイパーSSの皆さん。

Img_0807

川野駐車場。こんなに天気のよい土曜日なのに、わずか4〜5台しかバイクがいない。規制の前は、真冬の寒い日でもこれより多かったですよ。ああ、ほんとに少なくなっちゃったね。

とてもカッコいいSR400カフェがいました。白いロングタンク(アルミ?)に赤のセンターストライプ、シングルシートにセパハンで、大昔のヤマハレーサーテイスト。センス抜群だった。

そうそう。本日の大発見。奥多摩周遊道路はバイシクルライダーだらけ。オートバイよりはるかに多い。どうやらいつのまにか峠の主人はオートバイからチャリダーに政権交代したようです。バイクいないので走りやすいってことでチャリダーが増えたんだろう。

奥多摩にやってくるベテランチャリダーさんたちはオートバイの挙動をよくわかってらっしゃるので、無茶なことさえしなければうまく共存できそうです。

Img_0810

JR青梅線・奥多摩駅に路麺ありとの情報が、さるスジからあり。ちょっと寄り道。駅員さんに訊いてみよう。あの、ちょっとおたずねします。改札内には立ち食いそば屋さんありますか?「改札内にはございません。その代わり、立ち食いではございませんが、駅舎の2階が蕎麦屋になっておりますので、よろしければご利用ください。」

Img_0808

なるほど、良い感じのお店ですね。木造駅舎の2階ってのもいいね。でも立ち食いではないので、写真を撮るだけにします。駅員さん、ありがとう。

あー、また食えなかった。だんだんお腹が空いてきた。バイクで峠道走るのって、けっこう体力使うのでお腹すくなあ。

Img_0813

帰りの青梅街道にて、いつも気になる書店。がけから落ちそうにしがみついている。このあたりは平地が少ないから建物はみなハングオンなんだな。バイクと同じだ。

Img_0816

青梅といえばマラソンだ。俺もついに人生のスタート地点に立てたよ、やったっす。もう思い残すことないっす。

Img_0818

空腹のまま最後の望みをJR立川駅付近にたくす。おー、開いてた。南口駅前の「なかや」さんだ。味のほうはまあまあ普通ですが。食えただけで感動っす。評価は2点。☆☆。

しかし、立川ってのは面白い街だな。駅の周囲に若者やちょいシニアの若者がわんさかと集まっている。みなさん元ヤンですかね。

町内の神社のお祭りとかなると、どこからともなく元ヤンの人たちが「パパラパラパラ」とか鳴らして集合してくるよね。立川駅はまさにそういった、多摩地区近郷近在の集会所というか。元ヤンの原宿というか。地元ならではの凄まじいパワーが集中して臨界点に達する核分裂スポットのようだ。

昔からこうだったかなー?

Img_0819

立川のびっくりもの、その2。国道20号の交差点。幹線道路の角地に堂々とそびえるのは、ホストクラブの看板だ!男も女も立川は熱いぞ。


少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

クイズPHOTO 正解発表 & 今週の出題 #19

正解発表

今週の正解は、JR山手線・目白駅西口にある「車」さんでした。駅を左に出てすぐ、交番の向こうを左に下る階段の途中にあります。

生めんがおいしいです。それともうひとつこのお店の特徴は鯛焼を売ってることで、店の入り口左側に専用の販売窓口まであります。

正解者は、あひる仮面さん、ケッタライダーさん、sobaさん、舞栗さん、はまちゃん、奈良のkosanさん、名無しのはくぶんさん。おめでとーございます〜

奈良のkosanさんのノウハウを逆手にとったのだけど、やっぱり正解されてしまった。千里眼だな。すごいです。あ、決してイジワルぢゃないですからね。

高野さんはご存知のようなので参加賞としますね〜。

200911061056

では今週の出題、第19回

私はこの駅で下りたことが一度もない。どちらかといえばマイナーな駅ではないかなと思います。なのでヒントを一つ。山手線の外です。

200911061055

ではふるってご回答ください。お待ちしてますよ〜

回答はメールもしくはツイッターでおねがいします。

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村


| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

浅野 御幸(旧:どん八・2号店)

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

どん八・2号店

JR鶴見線・浅野駅、徒歩30分

2014/5、暖簾分けして「御幸」と改称。情報提供:LM2さん

どん八チェーンの2号店、住宅地の真ん中にポツンとたたずむ。ちなみに1号店は生麦から大黒埠頭へ向かう道路沿いにあります。

■蕎麦、茹でめん、白っぽくて柔らかい。小麦粉配合多し。
■つゆ、ダシよし、カエシかなり薄くて甘め。カエシを丼に入れダシで伸ばす方式(ラーメン方式)。
■かき揚げ、揚げ置き、自家製。タマネギ主体。悪くない。

やや量少なめということもあり、まあこんなところでしょうか。

Img_0676_donoatui_2go

外国語訛のお姉さんがひとりでやってる。たいへんですね。

このチェーンは、店舗によって、茹でめんと押し出し生めん方式と2つある。ここ2号店は茹でめん。1人で接客調理すべて対応するので押し出し式では難しいみたいだ。

Img_0677

300円

神奈川県横浜市鶴見区向井町3-77-3 (日祝)休

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

神田 そば好【移転・再開】-> 【閉店】

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

そば好【閉店】

JR山手線・神田駅、西口徒歩6分

再開まもなく2010年11月に閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。

人形町で営業していたが、惜しまれながら2009年10月閉店。大好きなお店でしたので非常に寂しい思いをいたしました。

ところが今年6月になって、神田で再会したとの情報を高野さんの掲示板で知った。時を同じくして出挙さんツイッターにも情報あり。

住所うろ覚えで、二度目にしてやっとたどりつけた。神田駅西口商店街をずっと直進して外堀通りを渡ってさらに2ブロックほど進んだところにある。ちょっと駅から遠いのが難点。

■蕎麦、生めん茹でたて、注文受けてから茹でる。やや黒っぽくて極細。コシあり、香りあり。おいしい。
■つゆ、ダシ濃厚。カエシ普通、甘さ抑えめ。濃厚なダシ。以前はもっと本枯節の香りが強かったが、宗田鰹のコクと酸味が強くなったような気がする。神田の土地柄に合わせたんでしょうか。これはこれでおいしいです。
■かき揚げ、揚げ置き、ボロボロと崩れるタイプ。サクサクしたコロモ、小エビ入り。おいしい。

あいかわらずの美味しさ。もう文句ありません。

Img_0786_sobako_kanda

人形町のときよりも、やや文字が多い看板。神田バージョンですね。この街ではこうでないと埋もれちゃいますから。

Img_0787

ご主人と女性店員さん2人でやってる。

人形町のときから大好きでしたので営業再開してうれしいですよ。と告げると。ご主人とてもよろこんでくれた。ところで、どうして閉店したんですか?そのいきさつは?

「実はね、あの店の建物が老朽化しちゃって、とても危なくて、万が一のことがあったら困るから閉店したんですよ。」

「築60年の木造4階建てで(笑)、もう建物全体がグラグラで、2階にあがるとそれだけで人の重さで建物が揺れるんですよ。いやほんとに(笑)」

それはたいへんだ。でもあのお店、それほど古くは見えなかったですけどね。。。

「いや、それは、家主が修理してくれないんで、雨漏りからなにから、すべて私が修繕してたんですよ。いくらお願いしてもやってくれない大家なんで、契約更新が良い機会だからと閉店しちゃったんです。人形町は立地が良いので気に入ってたんですけどね。」

「人形町に行く機会があったら、あの建物を横から見ると上の階が斜めに道路側に倒れてるのわかりますから。ご覧になってください(笑)。」

なるほどー、そんなことがあったんですか。私はてっきり、ご主人がご病気でもされて店をたたんじゃったのかと心配してたんです。

「いやいや私は大丈夫(笑)。これからしばらくはこの場所で営業しますので、よろしくお願いしま す。」

こちらこそよろしく。ごちそうさまでした。

しかし、人形町のあたりは古い建物多いんですね。そういわれてみればどのお店も皆古そうだ。同じようなことが他にもあるかもしれないなあ。

Img_0788


380円

千代田区内神田1-16-2 (土日祝)休

評価は3点 ☆☆☆

詳細地図を表示

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

早稲田鶴巻町 はせ川

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

はせ川

東西線・早稲田駅、徒歩5分、早稲田大学正門前

早稲田大学の正門の前をまっすぐ東へ50メートルほど進んだ左側、大隈講堂の裏手。昭和44年創業というからもう40年やってる。在学中はこのお店に入ったことありません。そのころは食べ盛りだったので、そばに興味なかったんですね。

■蕎麦、生めん茹で置き、太めで長め灰色っぽい。モチモチとした食感。こういうの好きです。
■つゆ、ダシよし、濃厚というほどではないが宗田鰹と鯖節の酸味とコクあり。カエシ濃いめ。やや甘め。
■かき揚げ、揚げおき。春菊がたくさん入っている。ころも厚い。
ネギがおいしい。国産ネギだそうです。ネギ増量は有料。正真正銘の国産ネギをうたう店は私の知る限りここだけ。昨今はネギ価格高騰なのでたいへんだと思いますが、頑張ってください。

学生街なので量多め。かなりお腹一杯になる。


ご夫婦と息子さんの3人でやっている。ご主人はとても言葉遣いの丁寧な優しい雰囲気のかたで好感もてる。


路麺店にはめずらしくWebページを持っている。なんと! www.sobaya.jp すごいアドレス。日本にオンリーワンのザ・そばや。ですね。高田馬場に姉妹店「季節のそば ますや」あり。こちらは立ち食いではなく普通の蕎麦屋です。

20091016816

地域通貨のアトム通貨(単位は「万馬力」)が使えるそうです。いつのまにか高田馬場ー早稲田はアトムの街になってた。ラッキー池田が常連さん。

370円

東京都新宿区早稲田鶴巻町538-12 (日祝、1,3土)休

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示



冷やしたぬきそば

早大正門を背にして大隈講堂の右脇を進むこと数十歩。この地で創業42年の老舗「はせ川」。親子お二人できりもりしているようだ。

冷やしたぬきそばを注文。湯がいた茹でめんを手にじっとすること十数秒、ご主人の優しいまなざしがじっとそばを見つめている。手元は客席からは見えないが、ああこれはきっと水で冷やしているのだと気がつくまでにちょっと時間がかかりました。

店内に静かでゆったりした時間が流れるような気がするのは、ご主人のもの静かでやさしげな所作と息子さんとの息のあった連携の故だと感じます。

待つことしばし。できあがった冷やしたぬきそばをみて、あまりの大きさに驚いた。
すごい大盛りだけど、これで標準のサイズなんですか?
「ええ、そうです。でも、ほんとの大盛りはこの倍ありますからね。ぜひ次回お召し上がりになってください。」と、メガネの底に少年のようにいたずらっぽい光をひそませたご主人が笑いかけてくる。

つゆがとてもよい。コクのあるダシと甘辛いカエシの濃厚なたっぷりの冷やしかけつゆが、大量の茹でめんを飽きず一気に食べさせてくれる。

揚げ玉とワカメをミックスさせうずたかく盛りつけたビジュアルも、食い手に挑戦するかのような迫力がある。ワカメは柔らかく、タヌキにはわずかにカレー味。おもしろいなあ、こういうの初めて食べました。これもまた量をものともしないうまさがある。

ネギとワサビの薬味が別盛りなのが上品でいいですね。

Img_1981_hasegawa_hiyasitanuki_390


Img_1983

じつは私、ここの大学の卒業生なんですが、在学中はこちらのお店のこと知りませんでした。ごめんなさい。

「いえいえ、学生さんはこちら側にあんまり出て来ないんですよ。」

ああ、たしかに高田馬場とは反対方向だからね。学校終わったら反対側に帰っちゃうよね。でも、卒業25年を過ぎて知り合った母校の味には、とても懐かしいものを感じました。また寄らせてもらいます。

Img_1985

鰹節のダシがらをザルに入れて干している。そば屋さんならではの風景。

390円

評価は3点 ☆☆☆


きのこ天そば

もっちりした太めの蕎麦がうまいです。量がやや多めなので食いごたえあり。しっかりとダシをとられたつゆ。そばとバランス良いです。

Img_3098

季節限定のきのこ天、マイタケとシメジがいい味。厚めのコロモがいい味で飽きない。がっつり食いたいときにはこの店に限る。

何度でも食べたくなる味。こういうの大好きです。

Img_3099

大盛りといえば普通のお店では1.5倍だが、なんと豪勢に2倍ですよ。これまたがっつり期待を裏切らない。

Img_3100

禁煙がうれしい。立ち食いそば屋で喫煙はいただけません。肩を寄せて食べるのに煙がたなびいてきては迷惑だものね。

Img_3101

お元気で頑張ってください。

Img_3102

430円

評価は3点 ☆☆☆




冷やし賑わいそば

家族経営で優しい雰囲気のお店。

570円、ちと値は張るがヒジョーに気になるメニューを食べてみる。

山菜、たぬき、生わかめ、海苔と、冷やしそばに相性のよい具材がドサリとトッピングされる。たっぷりの海苔が香りよく、多めの蕎麦を飽きることなく一気にたべさせてくれる。これはいい!

Img_4307_hasegawa_570

ここの冷やしものは、もりつけが素晴らしく立体的。ちょっと視線を低くしてみるとこんな感じ。

Img_4308

やや太もっちりの蕎麦、かなりしょっぱめのからつゆが良くマッチしてうまい。具材がちょうどよい大きさで食べやすいのもいい。

Img_4309

昼のピークを過ぎたころなので、ご主人不在で息子さんがきりもりしていた。蕎麦屋の風格が出てきましたね。

すっかり早稲田も夏景色だ。

Img_4311

570円

評価は3点 ☆☆☆


あじ天そば

早稲田のあたりをバイクで通ると立ち寄りたくなるお店。心優しいご主人のいる暖かい雰囲気が好きです。

モチモチとした太めの蕎麦と濃いつゆがクセになる味。アジ天もプリプリしてうまい。

Img_3928_hasegawa_390

アジ天そばに、なぜか小皿あり(右上)。なぜだろうと思いながらも箸置きにして使ってみる。あじ、うまいすね。かぶりつきながら食らい、シッポのあたりまでばくばくと、、、おお、ふとここで飢気がついた。アジ天のシッポ。まあたいていは食わずに残す。立ち食いそばであれば、丼の中に戻すわけです。床に捨てる人もいるかもしれないけど。

そうなんですよ。あの小皿は、残った尻尾を置く為のものだった。ああ、なんという心優しきお店だろう。

丼の中にしっぽを残しておくと、まだ食べてる途中のそばに混ざってしまうものね。外に取り出しておけるのであればぜひともそうしたい。アジ天そばを食べるときにいつも気になっていたところなわけです。でも立ち食いそばだからね、まあいいか、と諦めていたら、はせ川さんはそうではなかった。お客のちょっとした心の葛藤を、あの優しいまなざしで読み取っていたんですね。

そばを食べて、カラダtとともに心もほんのり暖まる。そんな幸せな一杯だった。

Img_3929


Img_3930

2時から3時まで中休み。

390円

評価は3点 ☆☆☆


きのこ天そば。いつもうまいのだが、本日はとくにつゆの具合がよかった。ダシの香りと深みあるカエシのバランス。なみなみと注いでくれるのがうれしい。

味も良いが、丁寧な接客がまた良い。そばを湯がき、タネをそっとそっと乗せ、ゆっくりとつゆを張る。若旦那のにこやかな表情と一体となった丁寧な手つきを眺めていると「ああ、もてなされているなあ」と感ずるのだ。まるでお茶のお手前のような一期一会を感じさせてくれるのである。

Img_3152_hasegawa_430

静逸な空間。こんなに静かな心休まる路麺は他にない。貴重なお店。

Img_3153

秋の味覚。

Img_3154

紅と黄色の街路樹、早大通りも晩秋。

Img_3155

430円

評価は3点 ☆☆☆


いなかそば

早稲田といえばはせ川。静かな店内は癒しの空間。優しい親子がきりもりする。

Img_4090_hasegawa_500

はせ川のそばはどれも量が多いのであるが、いなかそばはとくに多い。なんといっても圧巻はどさりと乗った納豆。中ぶりのパックひとつ分はゆうにある。大粒でまろやかな納豆はわたしの好きなタイプだ。さらに揚げ玉とわかめ、大盛りのネギが脇を固める。

Img_4091

納豆とそばと聞くと、いまひとつピンと来ないかたも多いだろう。わたしもそうだった、そばと馴染まないんじゃないかといぶかっていたのであるが、実際に食べてみるとこれがうまいのだ。そばをつるつるすすりながら、納豆を食べる。ここでポイント高いのはレンゲの存在。すくって食べるからパクパクいける。そばすすりとのリズムが崩れない。これならばオッケーだ。

Img_4092

早大通りは初夏である。

Img_4093

500円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

三浦半島 気持ち良く一周してみた

先日の日曜日。お天気がよかったので、ブラブラとバイクに乗って出発。

なんとなくR246から保土ヶ谷バイパスへ、環状2号に乗ったところで、「おっ、今日の気分は三浦半島一周だ!」と決心がついたのだった。決心するまで走ること約40分。産みの苦しみ長かったなあ〜。

環状2号を南下して、まずは腹ごしらえ。笹下釜利谷道路(ササゲ・カマリヤ道路と読むのだよ)を金沢方面、環状3号に入って目指したのは根岸線・洋光台駅ちかくの「洋光台団地」。団地内のショッピング広場に立ち食いそば屋があるのだ!関東広しといえども、路麺のある団地はここだけではないだろうか。とても貴重だ。

Img_0742

その名もシンプルに「駅そば」。団地が駅に隣接してるので駅そばなんですね。「団地そば」のほうが正しい名称だし、なによりもインパクトあると思うのだけどね。。。まあいいです。

揚げたて天ぷらがおいしゅうございました。なかなかのものです。

Img_0743

笹下釜利谷道路をさらに南下。能見台のあたりでしょうか。頭上遥かに横浜横須賀道路が見える。ヤンバダムもいいけどこれも悪くないなあ。

Img_0745

ブログ仲間のISAさんに教えてもらったのは、金沢自然公園。ここにバイクをとめて歩いていけるらしいのだが、、、看板を見たところ、かなり歩くらしい。暑くてバテそうなのであっさりあきらめました。

釜利谷の住人は、この地名がたいそう気に入っているようで、道路脇に「カマリヤ電気」とか「カマリヤなんたら」「カマリヤかんたら」がたくさんある。たしかに不思議な地名だ。いったい語源は何なんでしょう。アイヌ語かな?聖書に「良きカマリヤびと」とか出てきそうな。。

金沢文庫あたりでR16に出た。これが横浜から横須賀へのメインの道路です。

田浦とか、なんたら浦とか、たくさんあって、「谷」と「入り江」がセットになって三浦の漁村なんですね。村の境はトンネル。

Img_0748

そうこうしているうちに横須賀についた。軍港が一望できる。あれはなんという潜水艦なのだろう。ドライドックと文字が読める、乾いた犬か、なわけないよね。

Img_0749

ここはISAさんのお店だったところ。惜しくも5月末で閉店してしまいました。ハーレーが停まってるのを見かけたことがあるが、あれがISAさんの鉄馬だったのかな。

Img_0752

観音崎には先日行きましたので、今日は寄らずに久里浜へ。これは京急久里浜駅だ。

Img_0755

Img_0756

三崎には寄らずに、ちょっと戻って衣笠から武(たけ)へ、トンネルが三浦半島の背骨を貫通する。本日は適度に空いてるので楽しいツーリングロードだ。

Img_0758

海へおりる途中に、NTTの研究所がある。通称「通研」。仕事で間接的にお世話になったことがある。

通研は山の上にあって、そこまで登る道がけっこう面白いんだよね。

Img_0759

ご苦労様です。

Img_0760

武の山を下りたところは半島の西側。ここには陸自の武山駐屯地がある。陸自少年工科学校が併設される。少年とはいっても高校ですね。

Img_0761

Img_0762

武山から少し北上するとマリーナで有名な佐島(さじま)。ここはマリーナ近くの大楠漁港。

Img_0766

Img_0767

佐島マリーナ近くの佐島公園。小さいけどきれいな公園で、磯遊びにうってつけですね。

Img_0768

公園の管理棟。とても可愛らしい。

Img_0769

公園に隣接したきれいなお屋敷は、おもちゃのコレクターで有名な北原さんの別荘。戦前の皇族のお屋敷だったらしい。

Img_0770

この屋敷のスゴいのは、家の中にボートの船着き場があって、そのまま海に出られるということだそうです。なんとも優雅だ。

Img_0771

R134を海岸沿いに北上。立石公園。こういった小さいけどきれいな磯がたくさんあって、いいところだ。三浦の西海岸っていいなあ。ツイッター仲間の初瀬野アルファさんはこのあたりに住んでるのだろうか。

Img_0773

葉山御用邸を脇道にそれた森戸海岸。6月なのに、もう海水浴というか水着着て磯遊びしてる家族がいた。小学生が楽しそうなんだ。

Img_0774

逗子のあたりは混雑してたので、いきなり鎌倉・由比ケ浜。爆音とどろかす旧車会には参った。顔を見るとけっこういいトシしてるんだよね。若者のバイクばなれでリクルートが進まないのか、ロートルが老骨むちうって爆音まいてるんだ。たいへんです。ご苦労さまです。少子高齢化と地球温暖化(?)と民主党の高速道路政策の影響がこんな三浦の海辺にもきてるんだねえ。

Img_0775

鎌倉の街中は混雑してるので写真なし。先日倒れた大銀杏を見ることできなかった。

おお、大船! 子供の頃、東海道線の車窓からこの観音様を見るたびに、胴体がどうなってるか知りたかったのを思い出した。ミサイルみたいにサイロに格納されてるのかしら、なんて想像したものです。

95018029

朝の混雑時にはバスとバイクだけが走行できる車線。国道1号線、横浜保土ヶ谷あたり。いつもバイクは厄介者あつかいだけど、ここでは大手を振って走れるんだなあ。



少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ

人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (24) | トラックバック (0)

目黒 木助そば 【閉店】

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

木助そば

残念ながら、2013/09、閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。情報提供:LM2さん

JR山手線・目黒駅、徒歩3分

目黒駅西口を出て権の助坂(下りの一方通行側)を下った右手。とても間口の狭いお店なのでバイクで見失ってしまい、ユーターンして反対側の一方通行を上り。。とウロウロしてしまった。

2009年暮れ頃に開店した新しめのお店。古くからの店が相次いで閉店するなか、いまや個人経営の立ち食いそばがJR駅近くに新規開店するのはとても珍しいことになってしまいました。

■蕎麦、生めん茹で置き。細め。やや固めの茹で加減。コシというよりも固い感じ。香りほのかな良い感じなのでもうすこし柔らかいほうが私は好みです。
■つゆ、ダシよし。濃厚というほどではないが口に含むとしっかりと本鰹の風味があっておいしい。カエシ普通。ほのかに甘い。
■かき揚げ、揚げ置き。自家製。コロモ薄くしんなりと揚がって野菜の旨みあり。手作りらしいやさしい味わい。こういうの好きです。
ワカメたくさん。こんなになくてもいいかもしれない。

全体的にあっさりめで上品な味わい。丁寧な仕事で良い感じです。

かき揚げ丼、から揚げ丼などの飯モノ豊富。ガッツリ食いたい人もOK。若者好みに固茹でにしてるんでしょうね、きっと。

Img_0611_kisuke_meguro

若いご夫婦でしょうか。男女お二人でやってる。初々しくて良いですねえ。ご主人なかなかのイケメン、サムライ・ヒゲワイルドな感じ(へんな表現だなあ、笑)。おかみさん丁寧な応対で好感度高し。

若い世代が経営する貴重な個人店。この不景気の時代、いろいろとたいへんなことだらけでしょうが、是非とも若い力で頑張って欲しいです。

Img_0612

380円

東京都目黒区目黒1-4-9 (日)休が基本らしい

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

大塚 みとう庵

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

みとう庵

JR山手線・大塚駅、徒歩3分

最近開店したばかりのお店。ツイッターで評判の店です。

大塚駅南口を出て、都電荒川線の線路に沿って坂を上り2つめの路地を左折。魚屋や八百屋さんが並ぶ細ーい路地。向いの魚屋の大将がタオルの鉢巻きですんごく良い雰囲気。

■蕎麦、生めん茹で置き。細打ちと太打が選べるので太打ちを注文。コシあり。モチモチ感あり。おいしい。国内産蕎麦粉使用とのこと。
■つゆ、これはすごい。立派で濃厚なダシ、キリッとした上等なカエシ、座って食べる蕎麦屋さんと何ら変わりません。立ち食いでこんな上等はつゆはめったにお目にかかれない。
■鶏天、名物だそうです。脂が多すぎず、適度にサッパリして食べやすい。おいしいです。かなりボリュームあって満腹度高い。

これは驚いた、しかも400円、すごいです。評判に偽りありませんでした。bobさんありがとう。

「包丁切りのそば」が売り物。

つゆは1人前ずつ手鍋で暖めてつくる丁寧な仕事。薬味は黒七味。

ケッタライダーさん、rengeさんの情報によると、「みとう庵」の経営母体は野川麺業株式会社、流通センターに「根津そば・みとう庵」あり。他に「日豊庵」として農林水産省等に出店しているそうです。

Img_0660_mitouan_otuka

このお店に入るときは入り口の引き戸を開けたらすぐに閉めなければいけない。さもないと店長さんに「ハエが入るから閉めて、、」と注意されてしまう。お向かいが魚屋さんなので、ハエとの格闘の毎日のようだ。ごくろうさまです。おっと、店内はとても清潔ですよ。ハエどころかピカピカに磨き上げられた鮨屋のような清々しさに思わず深呼吸したくなる。店長の生真面目な性格が垣間見られる。

店長と女性店員さんの2人でやってる。

屋号は奥多摩の三頭山(みとうさん)に因んだものだろうか。追記:違うみたいです。

Img_0661

400円

東京都豊島区南大塚3-49-8 (日祝)(4,5土)休

評価は3点 ☆☆☆

詳細地図を表示



あなご天そば

包丁切りそばで有名なみとう庵。意欲的な新作ありと聞いてやってきました。店頭に「新そば」の張り紙が蕎麦食いを迎えてくれる。

オープンキッチンなので仕事の始終がよく見えて楽しい。天ぷらと蕎麦は注文受けてから作り始める。つゆは小鍋で一人前ずつ温める、とても手間のかかる仕事をチャチャとこなしてくれる。天ぷら鍋が、よくあるビルトインの流し台タイプではなくて普通の大鍋というのもいいですね。白木の内装とあいまって、ちょっと高級なお店で食べるような気分が味わえる。値段は立ち食い価格だけどね。

しばし待ってできあがり。穴子天ぷらそば。これはすごい。

まず驚いたのは蕎麦。以前に訪問したときと比べてさらにうまくなっている。やや平打ちの乱切りぎみで小さな殻粒が散らばり美しい。箸で持ち上げた時にスッと軽い。うまい蕎麦屋はたいてい軽いですね。細いからでしょうし、比重も小さいのかな。

ひとくち噛むとスーッと口の中でほどける感じの手打ち風。のどごし良く香りが残る。なんだこれは!立ち食いそばのレベルを遥かに超えている。恐るべき蕎麦です。

製麺会社直営だけあって、材料と製法に並々ならぬ研究を重ねているのでありましょう。脱帽。

Img_2769_mitoan_anago_500

本日はあなご小さめでしたけど、季節によるんでしょうかね。サクリと揚がってうまいです。

Img_2770

ダシが素晴らしい、カエシも深い。ちょっと残念だったのは以前と比べてカエシが薄味になったことですが、これはきっと蕎麦の進化にバランスをあわせて上品な仕上がりとしたのでしょうか。穴子に醤油気がもうちょっと欲しいところかな、私の好みからすると。

Img_2771

訪問するたびに進化がみられるのがうれしいです。これからも頑張ってください。

Img_2772

500円

評価は3点 ☆☆☆


肉そば

大塚の名店といえばここ。

追記:2012/10改装され、メニュー内容に変更があったそうです。記事は改装以前のものです。

Img_3847_mitoan_niku_520

しっかりしたダシとカエシのつゆ。素晴らしい。立ち食いのレベルではない。

香りよい蕎麦。細いほうが私は好みです。大好きな柔らかさ加減。

肉を乗せたそばは数あれど、ここほど肉と蕎麦の取り合わせが良い店もない。私は普段、肉とそばを別々に食べる。その理由はそばと肉の食感に差がありすぎて、いっしょに口中に入れてもお互いが邪魔しあうばかりだから。

しかしここのは、よく煮込まれパサめの細切れ具合が絶妙にそばとバランスする。口中にハーモニーが広がる。いっしょに食べるとお互いを引き立てあってよりうまくなる。

Img_3848

注文受けてからつくる丁寧な仕事も健在。

520円(だったと思う)

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

箱根は霧でした 大観山・ダムトラックスカフェ&ゴディエ・ジュヌー

先週は、行こうか行くまいか悩んで週末が過ぎてしまった箱根ですが、本日行かないともうすぐ梅雨入りしてしまいそうなんで、曇天をついて行って参りました。

東名-小田厚-ターンパイクってのが正統なツーリングコースではありますが、私は国道ライダーなのでR246を西へ進む。

まずは腹ごしらえだな。こちらは大和・上草柳にある「あさひ」さん。広大な駐車場を擁するため街道を通るトラッカーさんたちの定番食堂だ。なにより美味いんです。ダシがよい。天ぷらもさくさく。女性店員さんたちが明るく家庭的で和やかなのが素晴らしい。(日祝)休、評価は3点☆☆☆。タヌキ25さんも御用達。なんと「スパムすび」あり!

Img_0719

春菊天そば、ごちそうさまでした。

ちょっと時間が押してきたので、厚木から小田厚道路に乗り、箱根新道で山頂を目指す。ターンパイクより料金が安いのとETCが使えるのでもっぱら私はこちらです。

箱根新道の「芦ノ湖大観 I.C.」で下りて湯河原方面にしばらくはしると、大観山レストハウスがある。昔は普通の観光地のドライブインで、大食堂とお土産屋があるつまらない展望ハウスだったのだけど寄る不景気で閉鎖。どうなるのかと案じていたところ、なんとライダーズカフェ「ダムトラックスカフェ」がオープンした。考えてみればここに来るのはライダーばかりなんだからこれでいいのだ。

201006052022

レストハウスの駐車場。今日もバイクがたくさんいますよ。国産リッターネイキッド4気筒、もしくはアグスタ/ドカティなどのイタリアンSSが多く見える。

Img_0727

おお、あれは!これは初めて本物を見た。ゴディエ・ジュヌー。有名な1135Rの後継機でZRX1000。オーナーさんにお話を伺った。

あのー、これはホンモノのゴディエですか?本物見たことないのでよくわからないんです。

「ええ、いちおう(笑)ホンモノですよ。タンク・フレーム・サス・エンジンはZZR1000らしいです。フロントとリアのカウルがゴディエのオリジナルです」

かっちょいいですねえ、ちなみにこのカウルって純正部品出るんですか(馬鹿な質問)

「ないです(きっぱり)。すべてワンオフ。だから怖くて転倒なんかできません。同じのがもう一台あるんだけど、カウルを壊して修理したら3ケタ万円の見積もりで青くなりました」

ひえ〜!。お宝の維持もたいへんなんですねー。写真撮らせていただきますね。ありがとう。

Img_0724

と話に盛り上がっているうちに、霧が濃くなってきた。最初はこれくらい視界があったが。

Img_0725

こうなって、

201006052023

こうなって、視界20メートルくらい。参ったなあ。

201006052024

これは建物に避難しよう。ビューラウンジにある「ダムトラックスカフェ」は、ロンドンテイストですね。その昔ロンドン郊外にあった幻のライダーズカフェ「エースカフェ」をモチーフにしてるようだ。80年代ロンドンパンクムーブメントというか、スカ・レゲエ風の、スペシャルズ的なノリが全体のトーンで、私こういうの大好きです。

Img_0731

スペシャルなコーヒーをいただいてまったりしてたら、甲斐猫さんが爽やかにスタスタと登場した。いつになく爽やかだなあ。きっと何か良いことがあったのだろう。うれしいね。

甲斐猫さんが何か注文してますね。カウンターの中にいるのは「まるこ店長」です。ブログもやってます。ロック好きの素敵なおねえさんだ。

Img_0729
201006052026

フィッシュ&チップスでした。さすがロンドンテイスト。

201006052025

まるこ店長からブロガーサンクスカードをいただいた。ブロガーであれば、このお店の記事を書けばカードがもらえて、次回からは料理を注文するとドリンクが無料となる。うれしいです。また来ます。19番ゲットだぜ。34番ならシュワンツだったなあ。甲斐猫さんは21番のローソンだったらよかったのにね。

ということで、下山も箱根新道なのだが、あいにく雨がパラつき、七曲がりあたりで本降りとなってしまった。なんだか最近、雨のコーナリングが多いなあ。こないだのレースといい、今日といい。

こうなれば雨のコーナリングを徹底的に楽しむしかないね。肩の力を抜いて急激な操作を避けてスムーズに曲がるようにこころがけましょう。

Img_0732

なんと、下山したらよい天気。ドピーカンだよおっかさん。気持ちが良いのでちょっと遠回りして、西湘バイパス経由。海を右目に気持ちよくのんびり走る。ああ、湘南の風と陽光が気持ち良いっす。箱根は雨と霧だったけど、最後に天気良くって、帳尻とれたなあ。

Img_0735

西湘SAで軽めに昼ご飯。ここの立ち食いそばがけっこう美味いのだ。鰹と昆布のまろやかつゆ。湘南までくると関東風のつゆとはちょっとちがう。新発見。甘口の梅干しが昆布ダシと良く合うのだ。これも大発見。


少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

クイズPHOTO 正解発表 & 今週の出題 #18

正解発表

今週の正解は、JR山手線・大塚駅南口にある「みとう庵」さんでした。都電荒川線に沿って坂道を上って天祖神社の脇を左に入ったところです。

かけつゆのクオリティの高さは路麺としては並ぶ者がないかもしれない。「そばよし」や「だし家」の本枯節インパクト路線とは違って、いたって正統な座麺のつくりかたを指向してます。今年前半戦の台風の目的存在ですね。

正解者は、あひる仮面さん、ケッタライダーさん、奈良のkosanさん、rengeさん、はくぶんさん、はまちゃん、nipeさん
なつきさん、ShujiTさん、カツ丼さん、舞栗さん、おめでとーございます〜

rengeさんには、「同名の立ち食いが、流通センターB棟1階にあり」との情報をいただきました。ありがとうございます。

ケッタライダーさんからは、「某製麺屋経営らしい」との情報をいただきました。ありがとうございます。たしかに麺にコストかけてます。

高野さんはご存知のようなので参加賞としますね〜。元書記長てごわいな〜。

Img_0661a

では今週の出題、第18回

200911061056

似たような問題を以前一度出してますが、そのときはまだクイズ黎明期だったから回答者は自主的参加者のsobaさん一人だけなのでたぶん大丈夫だろう。と思うけど。

sobaさんから「次のクイズはまだか」って催促されて連載シリーズになったのだけど、ほんとは私はクイズのつもりじゃなかったんだよね。「えっ、これってクイズだったの」って書いた本人がおどおどしちゃって。sobaさんがひとりで勝手に盛り上がってたのだ、すごいひとだ。さすが路麺大帝。

ではふるってご回答ください。お待ちしてますよ〜

回答はメールもしくはツイッターでおねがいします。

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

Mac SE/30 再起動なるか #Mac

iPadで世の中浮かれてるようですが、私は今回は絶対に買わないことに決めてます。これまでたくさんのアップル製品を買いましたが、初モノに手を出して何度も懲りてますので。

初モノは故障しやすい。最近のアップルはとくに薄型・小型化のために熱設計がギチギチですね。また、初モノはあえてプアな部品を使ったり機能を削ったりしてコスト削減しますので、マイナーチェンジの後のほうがだいたいまともなモノになりますね。まあ一般的な話ではありますが。

そういえば、大昔(たしか1989年)に買った Macintosh SE/30。これは良いパソコンでした。まさに革命的。並行輸入モノを当時100万円ものローンまで組んで買った。若いって素晴らしい(笑)、今ならそんな馬鹿なことしないと思う。おかげでグラフィックなユーザインタフェースの勉強になったし、図解入り文書作成もできたから。まあモトはとれたかもしれないけどね。

ちょっと専門的な話ですが、この時期のプログラミング言語はまだオブジェクト指向じゃなくって、マウスやキーボードのイベントハンドラをC言語で全て自分で実装してたんですよ。

ということで、我が家の納戸のような場所を探してみると、ああ、こんな奥に埋もれていた。

ちなみにSE/30の上に乗ってる黒いのは、Thinkpad701cというノートパソコンで、キーボードが2分割して格納されるという画期的なものでした。この機構はこれ1代で終わってしまいました。なかなか面白くてよかったんだけどね。ヒンジが故障しやすかったみたいです。

Img_0671

これまで買ったマックは10台を超える。Thinkpadも8台くらい買った。PC98、パーム、iPodもあるよ。なんとSUN3まで自費で買ってしまった。もちろんリースバック品だけどね。

SUN3は小型冷蔵庫くらいの大きさで(笑)置く場所なくて、SUN3本体の上に板をわたして机にした。

いったいいくら使ったのか。すごい情熱だ。若いって素晴らしい。いまなら絶対にやらないと思う。まあ、あの頃はPC(とくにCPU)の性能向上と陳腐化が速すぎたんだな。

1980年〜2000年頃までの20年間、この業界には核分裂のようなものすごいパワーが充満し渦巻いてましたね。今ではちょっと沈静化というか、頭打ちが見えてきた状態だけど、ハードからソフトへ、ソフトから通信へ、通信からサービスへ、サービスからコミュニティへと、主役は移り変わるわけです。

ほとんどのパソコンは捨てたり売ったりしてしまいましたが、こいつだけは手放すにしのびず、ずと保管してあります。嫁さんに言わせればとっとと捨ててほしいそうだけど、これだけは勘弁してね。

これまでも、思い出したように3年に一度は再起動実験して、とりあえず動くのは確認してたんだけど。今回はダメだった。電源を入れるとハードディスクが、「コツリン。。ットットッ」みたいな音で起動せず。

Img_0672

いちおう動作してくれてれば、それだけでもなんとか捨てない理由になったんだけど。うーん困った。立場弱いマックと俺。

大改造してMacMiniをぶちこんだ強者もいるらしいですね。

改造してくれる業者さんもいる。Nextro。これすごすぎ。

しかし高いね。新品のMacBookProがもう一台買えてしまう。


少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (17) | トラックバック (0)

木更津駅そば店 木更津駅前

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

木更津駅そば店

JR木更津駅構内

■蕎麦、生めん茹で置き、香りよし、コシ無し。細くて長い。
■つゆ、ダシカエシともに薄め。少し甘い。
■かき揚げ、揚げおき、厚みあって立派だがコロモばかり。

お客のいない暇な時間に訪問。注文するとそばを茹で始めた。他にお客無いので、てっきり自分の分かと思うよね、普通のお店はそうです。。。しかし、なんと、既に茹で置いた他の蕎麦を湯がいて速攻ででき上がった。当然ながらコシが弱いです。いったいこいつは何分放置されたんだろう。せっかくの生そばなのに。

では今茹でてるのはあれは何なの?きっとこの蕎麦もすっかり伸びたところで次の客の分になるんだろうなあ。あいにく私がお店にいる間、次のお客は来ませんでした。かわいそうな蕎麦ちゃん。

良い材料使ってるのに残念。伸びた蕎麦を常備するシステムには困った。もっと愛情が欲しー。

従業員さん2名いて、けっこう暇そうでした。古き良き伝統か。この従業員さんだけのことだと信じたい。


420円

千葉県木更津市大和1-1 無休

評価は0点

詳細地図を表示

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

三軒茶屋 こう楽【閉店】

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

こう楽【閉店】

東急田園都市線・三軒茶屋駅、徒歩3分

20090328926

おいしいお店でしたが、残念ながら閉店してしまいました。田園都市線、ますます路麺が減ってくなあ。毎日通っている道なのですが、陸橋の下にあるので気がつきませんでした。

やきとん屋さんになってました。

Img_0708


少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ

人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

川崎新町 山一

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

山一

JR南武線・川崎新町駅、徒歩10分

いちおう最寄駅は川崎新町ですが、この駅使う人少ないだろうなあ。どちらかといえば陸の孤島に近い。サラリーマン・学生の気配すらない。クルマかバイクもしくはバスを使うことになる。

■蕎麦、茹でめん、黒っぽいくて柔らかい。
■つゆ、ダシよし、カエシ薄め、柔らかい蕎麦とよく合う。
■かき揚げ、揚げ置き、タマネギなど具材ぎっしり。ジワーっと野菜の味がしておいしい。

揚げもの豊富、竹串の旗にかき揚げなどと買いて、天ぷら本体に直接刺して立ててある。カウンター上に旗が乱立しているのが面白い。黒澤映画の合戦のシーンのような。

丼もの食べている人多し。

かなり繁盛してます。

ご主人がキレイめのズボンとポロシャツを着ているのが奇妙な雰囲気。

川崎区藤崎のほうにある山一は山一製麺の直営店だけど、こちらとはだいぶメニューがちがう。あちらはラーメンもあるしね。屋号が同じだけどこれだけ内容が違うということは、経営は別なんだろうか。

350円

神奈川県川崎市川崎区渡田新町1-13-11 (日祝)休

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示

---------------------

お隣の八丁畷駅は、京急の跨線橋がJR南武線支線(尻手-浜川崎間)のホームになっているというとても珍しい構造の駅。

私が立っている線路際の道は旧東海道。目の前の線路は京浜急行線、鶴見方面をのぞむ。

20090929639

八丁畷駅の近く旧東海道沿いに、松尾芭蕉が郷里伊賀上野への帰途にあたり川崎宿のはずれまで見送りにきた門人との別れを惜しんだ句の碑がある。「麦の穂をたよりにつかむ別れかな」。5月、麦の穂が実る季節。これが関東での芭蕉の最後の句となった。

この年の秋、芭蕉は大阪で客死。「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」の有名な辞世を残しました。

20090929632

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

早稲田 此処路(こころ) 【閉店】

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

此処路(こころ)

東西線・早稲田駅、西早稲田交差点近く

残念ながら、2014年暮れに閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。情報提供:玉泉堂さん

この場所その昔、「チョコとん」といってチョコレートを豚肉にはさんだトンカツで有名な「フクちゃん」があった所だ。私はチョコとんは食べたことがないが、チーズバージョンの「チーとん」ならいただきましたよ。学生の頃ですが。

フクちゃんの跡地にいつのまにかできたこのお店の売り物はデカ盛り「鬼殺し天丼」だそうです。完食した人の名前が壁じゅうに貼り付けてある。カウンターに寿司屋のように生の穴子が陳列。

■蕎麦、乾麺らしい。ヘンテコなそば、平打ち。生や冷凍と違って茹で時間が短い、1分くらい。うどん男さんの情報を参考に乾麺だと判断。カップめんのような柔らかさ。小麦粉の味が強い。他で食べたことがない独特のそば。
■つゆ、とても薄い。濃縮つゆを茹で湯で割っている。茹で釜に直接オタマを入れて湯をすくう。
■かき揚げ、注文受けてから揚げる。アツアツなのにタマネギが半生。油切れ悪し。

食後感、まるでカップめんを食べた後のようなゲップが出る(笑)。

かなり残念な味でした。

興味をデカ盛りに集中した方がよさそうなお店です。

500円

東京都新宿区西早稲田1-4-17 (日)休

評価は1点 ☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

神楽坂 青山 【閉店】

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

青山

残念ながら、2015、閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。

都営大江戸線・牛込神楽坂駅、神楽坂上交差点近く

神楽坂商店街に古くからあるお店。照明がほどほどに暗く図書館のように静まりかえった店内。疲れたおやじの心を優しくつつんでくれるような寂れた雰囲気がなんとも好きだ。

■蕎麦は、茹で麺。柔らかさが絶妙。ゴワゴワした感じがなくて悪くない。量少なめ。
■つゆ、ひとことで言って薄い。ダシもカエシも薄いのだが、小腹を満たすにはこれくらい薄い加減もよいかも。
■かき揚げ、揚げ置き。タマネギ、ニンジン、青モノ。程よく揚がっていて丁寧な仕事を感じる。

Img_4116

ご主人はキッチリとした言葉を明瞭に話す人で好感が持てる。

古いお店はたいていそうなのだが、カウンターが極端に低いので食べにくい。店の奥にある小さなテーブルに座っていた女性(常連さんのような関係者のような?)がそれを察したのか「そこに椅子があるから使うといい」と勧めてくれた。よくみるとカウンターにポツンと一つだけ丸イスがある。これは見落としていた。お礼を言って座って食べた。こいういう何気ない親切がうれしい。

Img_4117

310円

新宿区神楽坂5-8 (土日祝)休、08:00-20:00

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »