« 「蕎麦道なび」 アルファバージョン 0.1 | トップページ | 笹塚 柳屋 »

2010年6月29日 (火)

新橋 うさぎや

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

うさぎや

JR山手線・新橋駅、徒歩10分

新橋はずーっと歩いても新橋だ。どこまでいってもオヤジサラリーマンが闊歩している。良い感じの活気があります。

うさぎやさんは1951年創業とのこと(未確認)。日本最古の路麺店のひとつ。

小さいお店。水のディスペンサがお店の外(歩道側)に置いてあり、入口引き戸の外に手を出して水を汲むという、面白いアイデア。こんなの初めて見た。

おかみさんもいるらしいが、本日はお父さんがひとりでやってました。ご主人は丁寧で明瞭な言葉遣いのかたで好感持てます。

タネものが充実。かき揚げは、いかかき揚げ・えびかき揚げの2種類あり。その他、ごぼう、春菊、えび、いか、アジ天など10種類以上。鴨汁そばのような本格タネも。

■蕎麦、茹でめん、やまいもつなぎ、ふわっと柔らかい。白っぽく太目。
■つゆ、ダシそれほど濃くはないが、口に含むと本鰹の香りが鼻に抜ける。あっさりめのカエシ、甘味少な目。おいしい。
■かき揚げ、揚げ置き、イカかき揚げ、良い味。



いかかき揚げそば370円、えびかき揚げそば350円

東京都港区新橋5-9-1 (日祝)休、(土)不定休

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示



冷しいんげん天そば

うさぎやさんは、1951年創業の老舗。東京の立ち食いそばのなかでは最も古い店のひとつです。そのあたりは路麺大帝ことsobaさんがものすごく詳しいので、いつも勉強になります。

■そば、茹でめん、山芋入り、灰色っぽくてやや細め。いい感じ
■つゆ、ダシよし、カエシ濃いめの甘めのぶっかけつゆ、冷しでもシャキッとしたうまさ。
■いんげん天、揚げおき、コロモうすい。イカダ状にきちんと整列した清々しい姿は、ご主人の誠実な人柄を物語るかのよう。ジワーと甘みあり、軽快な歯ごたえあり、おいしい
カウンターにあるワサビのパックが独特。

ひやしの場合には、つゆがしっかりしてないとボヤーんとしてしまうのだけど、ここのはキリッとしっかりとしてます。まさに「何度でも食べたくなる味」、うさぎやさん大好きだなあ。

Img_1368_usagiya_hiyasi_380_2

物腰の優しいご夫婦二人でやってる。どこからともなく会話が始まり笑顔がこぼれ笑い声がこだまする。ああ、良い感じのお店だなあと思う瞬間。これからも長く頑張ってください。

Img_1369_2

390円

評価は3点 ☆☆☆



春菊天そば

うさぎやさんの春菊天そば、大ファン数知れず。名作です。

この軽い味わいがいいんだな。サクッと食えてあとをひかない。粋なもんだ。

Img_2810_usagiya_shungiku_350


Img_2812


Img_2813

350円

評価は2点 ☆☆




2012/2月に改装しました。

Img_3449_usagiya_ikakaki_390

「抜群にうまいつゆの味」健在。香りよいダシ、ややあっさり上品めのカエシ。

Img_3450

若旦那、笑顔のにあう好青年。創業から60年。世代交代でさらに半世紀、頑張ってください。

Img_3453

看板も新装

Img_3451


Img_3454

こちらはかつての姿。これもよかったけどね。

390円

評価は2点 ☆☆


なす天いんげん天そば

うさぎやさんのいいところは、生真面目なところだ。このインゲンを見ればよくわかろうというもの。

キレイにいかだのように隙間なくびっしりと縦列駐車されたインゲン。

私はどちらかというとこういうのがうれしいほうなので、うさぎやさん好きなんだ。

Img_3701_usagiya_nasuingen_480

ちょっと酸味のある良いダシと醤油の香ばしいあっさりめのカエシ。「抜群にうまいつゆの味」健在です。

白ウサギの楊枝立てが目印。

Img_3702

この日はご主人と息子さんのお二人で切り盛りしていた。

Img_3703

480円

評価は3点 ☆☆☆


いんげん+ごぼう天そば

うさぎやの魅力はたくさんあるが、なかでもとりわけ良いのは盛りつけが端正なことだ。

Img_4276_usagiya_480


Img_4277


Img_4278

480円

評価は2点 ☆☆


いかかき揚げそば

抜群のつゆの味。いつ食べてもうまいです。

Img_4656_usagiya_380

若旦那もすっかり板についた感じ。

Img_4657

380円

評価は3点 ☆☆☆


いかかき揚げそば

Img_3624_usagiya_390

抜群にうまいつゆと爆裂トークの女将さんで愛される。駅から遠いが通う価値あり。ところでつい先日のこといつものごとく昼下がりにうさぎやさんを訪れると。。女将さんが「お客様、食欲ございますか?」と真面目に問う。もちろん空腹であるから応とこたえると、堰を切ったようなトーク炸裂。「おばさんね、天気がいいから調子に乗っておにぎり作りすぎちゃったのよ、よろしければ食べてください。今日はね暖かいんでもりそば5つもでたのよ(後略」と畳み掛けられ、結論からいうとシャケむすび無料サービスとなった。「もう、このままだめにしちゃってもしょうがないからね、食べられるならここにあるの全部食べちゃってね」との迫力あるお言葉に嬉しい悲鳴を上げながらありがたくひとつだけ頂いたのだった。もう二つ食べればよかったかと少し後悔。

Img_3625

390円

評価は3点 ☆☆☆

|

« 「蕎麦道なび」 アルファバージョン 0.1 | トップページ | 笹塚 柳屋 »

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

●sobaさん

途中で業態変更したとはいえ、それでも十分に歴史ありますね。
たいしたもんです。

投稿: ケビン | 2010年6月30日 (水) 08時40分

もとはそばやではなくめしやだったそうです
そばにしたねは昭和47年頃とうかがっています

投稿: soba | 2010年6月29日 (火) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/46209265

この記事へのトラックバック一覧です: 新橋 うさぎや:

« 「蕎麦道なび」 アルファバージョン 0.1 | トップページ | 笹塚 柳屋 »