« はやぶさ 帰還 | トップページ | 相模大塚 あさひ »

2010年6月14日 (月)

目白 車そば

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

車そば

JR山手線・目白駅前

目白駅横の交番の脇にある階段を数段下りた半地下のような場所にある。

■蕎麦、生めん茹で置き。頻繁に茹でている。白っぽくて細い。コシあり。おいしい。
■つゆ、ダシ・カエシともにあっさりだけど上品な風味あり。
■かき揚げ、揚げ置き。コロモばかりでいまひとつ。
ねぎがものすごく大量にトッピングされている。このネギの多さは東京でもトップクラスだと思う。たいしたもんだ。


200911091075

駅の隣でこぎれいなお店なので、立ち食いとは知らずに来店するおばちゃん多し。席取り合戦するし、水汲み合戦するし、やりたい放題。我先に席を確保して座るが、そこよりも良い席が空くと野獣のように狙いをつけコップを片手に猛然と移動する。だけど怖いのでだれも逆らえない。おねがいですから巣鴨に行ってください。

200911061056

鯛焼きショップが併設されてるのがここんちの特長。やっぱり女子大の街ですなあ。

200911091076

東京都豊島区目白3-4-17 (日祝)休

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示


このお店もそうとう古いらしい。

2011/08から石臼挽きの生蕎麦に変更してうまさパワーアップ。石臼挽きの粉はただの粗挽きではなくて、わずかに不均一な粒子があり、歯ごたえが楽しくなる。いわゆるゆらぎ効果というやつでしょうか。小川のせせらぎや風のそよぎのように強弱に揺らぎがあると人間は心地よさを感ずる。

Img_3033_kuruma_350


Img_3035

完全禁煙なのがえらい。食べ物をおいしくいただくのに煙は邪魔でしかないですからね。

Img_3032

メニュー豊富。駅近くのフードコートといった趣もあり、女性お一人様も多くみられる。女子大生の姿もあり。

Img_3036

階段の脇にあるのがなんともいい感じのおしゃれな雰囲気。坂の街目白ならでは。

Img_3037

350円

評価は3点 ☆☆☆

|

« はやぶさ 帰還 | トップページ | 相模大塚 あさひ »

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

●なつきさん

全てをわすれて、おばちゃんを見るためだけに行ってください。おばちゃんがいなくても、女子大生には会えます。

投稿: ケビン | 2010年6月15日 (火) 17時38分

う~ん、もう一つ自分の舌には合ってなかったような。
でも、味が変わったのならば・・・。
でも、おばちゃんがきっついとなると・・・。

まずは、この辺に行く機会が・・・。
(そういえば、ないこともないんだよな~)

投稿: なつき | 2010年6月15日 (火) 16時22分

きよは瓢箪
夜は西口

投稿: soba | 2010年6月14日 (月) 18時40分

●sobaさん

これはきっとsobaさんのとっておきの話があるような予感。

次回のトークショーの楽しみが増えたなん

投稿: ケビン | 2010年6月14日 (月) 13時57分

車は相当旨いと思いますね

投稿: soba | 2010年6月14日 (月) 13時17分

●高野さん

なるほど、そうでしたか。

茹で置きって、適当に手を抜ける箇所ですから
その姿勢は立派ですね。

貴重な情報ありがとうございます。

投稿: ケビン | 2010年6月14日 (月) 11時39分

改装前も生麺でした。

当時の店長・板垣さんは
「茹で置きは20分まで!」と、
けっこう徹底してました。

投稿: 高野 | 2010年6月14日 (月) 11時23分

●そるていさん

お、さっそく今朝ですか!いいですねー

私は昔のは知らないんですが、改装してから
めんもつゆも味ががらっと変わったそうですね。

生めんになったのも改装後でしょうか、きっと。

投稿: ケビン | 2010年6月14日 (月) 10時27分

おはようございます。

車、今朝行って来ました(笑)

流石におばちゃん達は居ませんでしたが(^_^;A

こちらも、30年程のお付き合いになります。
改築前は駅の並びに在って、やっぱり鯛焼きも売ってました。
汁は昔の方が、染まり系だったと記憶してます(*^-^)b

投稿: そるてい | 2010年6月14日 (月) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/46689297

この記事へのトラックバック一覧です: 目白 車そば:

« はやぶさ 帰還 | トップページ | 相模大塚 あさひ »