« クイズPHOTO 正解発表 & 今週の出題 #20 | トップページ | 横浜・子安のあたり バイク散歩 »

2010年6月19日 (土)

イッツ ア スモールワールド

最近どうもツイッターを使う機会が増えた。ブログも面白いけどツイッターも面白い。一番の要因は携帯電話(Nokia N95)のツイッターアプリが使いやすいことと、iPodTouchを使い始めたことです。やはり道具が変われば中身もかわるんだな。オフロードバイクを買うと伊豆スカに行かなくなるのと同じです。

ツイッターがブログと一番違うのは、「フォロー」機能というやつで、友達の友達をたどっていくと思いがけない人とつながりができることですね。相手が拒否さえしなければ一方的にお友達になれます。

これは、スモールワールド・ネットワークの社会学としてダンカン・ワッツが本に書いてますが、要するに、友達の友達を7人たどれば合衆国大統領にたどりつける。というものです。

たとえば、菅直人総理大臣に合いたければ、まず手始めに地元の民主党の支援団体にいる人を知ってそうな友達を見つけ、地区の支部長、県連とたどれば数人目でおそらく秘書にはたどりつけるでしょう。もちろん総理が会ってくれる理由がないので断られることは確かですが。

日本むかし話にある「わらしべ長者」だと思っていただければ間違いないです。

ツイッターは、「フォロー」がユーザごとに一覧できるので、フォローのリストを数段階たどれば、まず確実にその分野の専門家のつぶやきに到達できる。というわけです。ちなみに私は、当ブログの読者様でもある z1rqqq さんのブログページのツイートから出発すること数週間。いろんな面白い人たちと交流できるようになりました。

SNSにはいくつかありますが、私なりに比較してみると下の表のようになりますでしょうか。皆さん異論・反論ありましたら是非お聞かせください。

Comparingsns

おそらくブログは情報を書き貯める場所として今後も生き続けると思います。たくさんの人に読んでほしければツイッターを入り口にすればよいし、そんな必要なければ普通にブログとして運用すればよいわけですね。

そういえば最近、まったくといっていいほど2ちゃんねるを見なくなった。2ちゃんねらーの中にはまともな情報を書き込む人もいたんですが、そういう人は雪崩をうってツイッターに移っちゃったみたいですね。


少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

|

« クイズPHOTO 正解発表 & 今週の出題 #20 | トップページ | 横浜・子安のあたり バイク散歩 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

●南行さん

ツイッターは、どうやら読む快感よりも書く快感を重視すると良さそうです。

ツイッター上では「リツイート」略称「RT」というのがあって、面白いつぶやきには、観客からの拍手あるいは相の手みたいなものがペタとつくんです。もしくは「お気に入り」略称「FV」というのはもっとハイグレードです。

なかなかこれらをもらうのは難しいんですが、面白いことに、自分でも「会心のつぶやきだ!」と思ったヤツには、まったく知らない人からでもRTやFVがつくんですね。客観的な評価ってのは正直です。

また、ツイッターの強みは即時性だと思います。昼間の仕事をしてる時間帯でも、ちょっと休憩とか移動とか、そんなときでも携帯やiPhoneでサクッと書けますからね。

『それならmixiでもできるだろう』と反論あると思いますが、昼間の時間帯にmixiや2ちゃんやってる社会人男性って少ないというか、おおっぴらにできないし、まともな世間体のある人間はそういうのあまりやりません。

オタクっぽい議論や近所のウワサ話は家に帰ってからmixiでチャット風にやればいいわけだし。

『仕事してる社会人男性からの昼間の書き込みが多い』ってのが一番面白いところではないかと私は思ってます。なので、いかにもハードな議論が巻き起こるわけです。

政治・経済・社会問題・軍事・外交といった、これまでネットで本音がなかなか言えなかった分野が熱いです。だからマスコミが非常に警戒してるんですね。選挙にもツイッターだけは使えないように圧力がかかってるのもそのためです。

これまでこういうのなかったんですよ。実は皆さん待ち望んでたわけで、だから爆発的にヒットしてるんだと思います。けっしてミニブログや暇つぶしではなくて、かなり熱い本音のぶつかり合いがあります。

システム的な面白さではなく、実のところは、「内容で勝負」がツイッターです。

投稿: ケビン | 2010年6月21日 (月) 11時13分

”携帯デバイスと親和性”ってことは、ツイッターは携帯での使用を重点に置いているわけですな。 かなり納得!! 

しかし酔狂や超暇つぶし以外では携帯メールや携帯インターネットが超々まどろっこしく思う老眼短気ジジイにも、有意義にツイッターは遊べるんでしょうか。eyeglass
ロッシが「今日のレースはハードだった」とか、鈴木京香さんが「今から入浴します」と展開無く只つぶやいても興味が湧きません。 そんな枯れ木の老人からすると、ツイッターはディスコのお立ち台ギャルやナタデココに思えまスル。

するどいパンチで返してネrock

投稿: 南行 | 2010年6月20日 (日) 14時51分

●たけさん

140文字で自分の考えをまとめるのって、なかなか面白くて、アタマの体操になりますよ。俳句をひねるようなもんです。

たったひとことつぶやくのにも、うーんと推敲するのって新鮮です。

入魂のつぶやきができたときは脱糞の快感以上のものがあります。

投稿: ケビン | 2010年6月20日 (日) 07時48分

●なつきさん

いやいや、なつきさんのつぶやき、面白いですよ。ああいうセンス私にないので大いに参考にさせていただいてます。

状況説明や挨拶がいっさいなくて、気の利いたクスグリだけで構成されているつぶやきは将来楽しみだ( by クレヨンしんちゃん)

あのノリはTwitterのライトユーザとして王道ではないかと思ってます。

投稿: ケビン | 2010年6月20日 (日) 07時46分

●南行さん

私もまだ始めたばかりで模索中なのですが、なかなか可能性のあるメディアだとおもってます。

重要なのは、Twitterは過去のネットサービスを否定してない、ってことではないかと思うんですよ。

Webページ、ブログ、メール、検索エンジン、といった旧来のネット資産を活用して、さらにそれらにない「即時性」を追加してうまくまとめあげたのがTwitterであろうと思います。

また、過去のネットサービスはデータがリッチすぎて携帯デバイスと親和性悪かったのですが、140文字のミニマムさが「携帯&スマートフォン」にピタッと収まったのが強みでしょうか。

小型ネットPC売れ行き悪いらしいですものね。私も持ってません。普段は携帯で十分って感じです。

なので、すべてのネット情報の入り口になると思ってるんですよ。かつてヤフーやグーグルがそうであったように。

投稿: ケビン | 2010年6月20日 (日) 07時43分

●z1rqqqさん

おかげさまでツイッター楽しんでおります。記事に書きましたとおり、最初はz1rqqqさんのブログのTwitterリンクだけをたよりに始めたんですよ。その時点では誰一人フォローもしてませんし、何もわかりませんでした。

フォローリストをたどりながら数週間、初めは全然面白さがわからなくて、もうやめようかと思っていたのですが、「最近Twitterの面白さがわかってきた」というz1rqqqさんのつぶやきを見て、どうしたら面白くなるのかあれこれを試行錯誤したんです。

おっしゃるとおり「ミニブログ」は誤解を生むと思います。ブログのように記録として残すことを前提としてないので、いくら渾身のつぶやきをしても時間とともに流れてしまいますからね。そういう意味ではTwilogは邪道だな(笑

私としてはTwitterは、「世の中や身の回りの事件や動きを題材として、その瞬間の状況を自分なりのセンスでさらっとコメントしたもの」と捉えております。

なので、「ラーメン二郎食った」「おはよう」「新幹線なう」「やった石川2アンダー」のような単なる状況説明や、「おつかれー」「よろしくー」のような単なる挨拶はTwitterでは非常につまらなく見えます。

これはMixiでやると意味あるコミュニケーションですけどね。

投稿: ケビン | 2010年6月20日 (日) 07時32分

 なんだか完全に時代に置いていかれてますdown

 ツイッター自体がまだ存在しなかった頃の携帯をいまだに使ってるっていうせいもあるかも知れないですけど、どういう風に使っていいのか、というかどういう風に始めたらいいのかすら解ってないですshock

 mixiのつぶやきがツイッターとつながったのは知ってるから、似たようなものなんでしょうね

 はぁ・・・俺、一時期は人より早くpalm使ってたりして先をいってたはずなのに、気づけばアナログ人間と呼ばれるような人になっちゃいましたweep

投稿: たけ | 2010年6月19日 (土) 23時44分

ふ~~ん、面白比較表です。

ツイッターをあちこち覗いてみるんですが、、、食い足りないし、暇がないと遊べないツールに思えるんです。 これが生き残るんでしょうか。pig

投稿: 南行 | 2010年6月19日 (土) 20時30分

単純に情報の整理が下手だから、というのが根本の理由かとも思いますが、
使いこなせもしてないので、Twitterがまだまだ楽しめてません。
いや、楽しめてないってことはないか。

ブログだと古いネタにコメントを入れるのを許されても、
Twitterだとそれも許されないような気もして、
有名人、専門家の言葉を読みたいと思ってもいないのが大きいのかな?
読むならばまとまった文章として読みたいというか。

自分の中の捉え方として、ミニブログの域を出せてないのかな?

投稿: なつき | 2010年6月19日 (土) 18時25分

twitter面白いですよね。
ライトに使おうがヘビーに使おうがそれぞれの楽しさがありますね。
twitterのいいところは、有益な情報は残り、無益な情報は誰の目にも止まらず流れ消えていくことなのかなと。なので、能動的に動かない限り炎上ってまずしない。
これをあまり意識せずに、使用しているだけで出来ちゃうのが、twitterのすごいところだと。
なので、マスコミが「ミニブログ」と称するのは本質をまったく理解できてない上に、twitterを知らない人に、誤った印象を与えているのではないかと危惧してしまいます。

投稿: z1rqqq | 2010年6月19日 (土) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/48667058

この記事へのトラックバック一覧です: イッツ ア スモールワールド:

« クイズPHOTO 正解発表 & 今週の出題 #20 | トップページ | 横浜・子安のあたり バイク散歩 »