« オイル de チェーンメンテ、靴下 de ホイール磨き | トップページ | 「蕎麦道なび」 アルファバージョン 0.1 »

2010年6月28日 (月)

外苑前 信越そば(茹でたて生そば)

信越そば(茹でたて生そば)

銀座線・外苑前駅、BMWとなり

エルメネジルド・ゼニア、サバティーニ、BMWといったおしゃれなブランドに挟まれて頑張る立ち食いそば屋さんです。半蔵門から渋谷の間で青山通りに面した店はここだけなんですよ。とても貴重。

券売機が独特。今では珍しいプラスチックの札を使うタイプ。札の種類は、「1品」「2品」「3品」となっていて、タネの種類と関係なく札を買う。どのタネを選ぶかは店員さんに口頭で伝えるという初心者には理解しずらいシステムだけど憎めない。なんつーか、わかりやすいだけが良いシステムとはいえないと思うんだよね。こういうちょっとした「変」さは、いわば社会のスパイスとして適度な刺激を我々の疲れた脳に与え続けてくれてるわけです。

■蕎麦、茹でめん。灰色っぽい。中太。ゴワゴワしない。
■つゆ、ダシ・カエシともに薄いが悪くない。甘くない。季節を問わず非常に熱い。
■かき揚げ、揚げ置き。コロモばかりで具が乏しい。小さめ。味は悪くない。油良し。

量少なめなので、ちょっと小腹が空いたときにいいですね。

自動ドアのセンサーがひっきりなしに「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」と叫び続けている。店員さんが目の前にいるんだからこれは不要じゃないかなー、と思うんだけどね。。ご主人は、はたしてこのシステムが気に入ってるのだろうか?それとも、自動音声案内に満ちあふれた現代社会への痛烈な批判精神のあらわれなのだろうか。いろんな意味で社会派のお店ですね、ここは。

数年前までは、このお店の並びに、トタン壁、錆びてめくれた看板、傾いた庇の不動産屋があり、青山通りに燦然と輝く昭和のオーラを放っていた。外国人観光客の格好のシャッターポイントとなってましたね。これがなくなっちゃったので、それまでは比較劣位にあった信越そばが目立つようになってしまったのだった。

360円

東京都港区北青山2-13-4 24時間営業

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示


冷やしたぬきハム天そば

青山通り沿い、有名なイタリア料理店SABATINI の隣にあることから、一部の愛好家からは「ソバティーニ」とも通称される。茹でめんと揚げ置き天ぷらを使った、普通の路麺スタイルをかたくなに守る貴重なお店です。地価の高い外苑前にありながら、変わらぬ安い値段、注文してすぐにサッと出る。このお店の存在は立ち食いそば界の良心といっても過言ではないと思います。

プラスチックの札をつかったこの店ならではの独特の券売機で「天ぷら2品」を430円で購入。ボタンを押すと「カタリ」と小さな音がして角が丸い四角の黒いプラ札が落ちてくる。

この店の流儀として、カウンターに札を置いたらまっさきに、そばかうどんのいずれかを意思表示しないといけません。お店の流れ作業を円滑に進めるには、そばを湯がく工程は最上流に位置する、いわばタイムクリティカルなタスクを最初に発動しなければいけないわけです。

冷やしにしたい場合には、この段階でお願いしましょう。

「そば、冷やしでお願いします」とさえ伝えてしまうと、店員さんの殺気走った緊張感は一気に緩和され、ものすごくフレンドリーになりますので、その態度変化を確かめてから、アタマに乗せるタネを注文すればよい。なんということはない、非常に合理的なお店なのです。

ということで、「ハム天、それから揚げ玉」を注文。

ここの冷やしは、よくある冷蔵庫でキンキンに冷やしたものではなくて、いわば常温です。湯がいて水で〆たそばに、鍋にストックした常温のつゆをたっぷりと注いだもの。なので、ヌルいそばと表現したほうが正確だと思います。

ヌルいと書くといまひとつのように見えますけど、食べてみるとこれがとてもいい感じなのです。キンキンに冷やさないので、それほど甘くする必要がなく、カエシを濃くすることもない。常温だと、人間の舌は微妙な味を感じられるんですね。キンキンだと舌が鈍感になっちゃうのでどうしても味を濃くしないとならないんですよ。

なので、ここの冷やしのおつゆはとても優しい味わい。ゴクゴクと最後まで飲み干せます。塩分糖分も控えめでヘルシー。こういったさりげない心配りが信越そばをして立ち食いそば界の良心と言わしめているわけです。

Img_1693_sinetu_hamtanuki_430

蕎麦の量は、わりと多めなのがうれしい。

Img_1695

たぬきとハム天の組み合わせはコロモばかりなので、選択ミスでした。ハム天と玉子(生卵)にすればよかったかも。

ヌルいつゆは、胃腸にも優しいです。

Img_1698_2


Img_1696

430円

評価は2点 ☆☆


ハム天そば

青山通り沿い。絶好のロケーションに位置する孤高の路麺。

■蕎麦、茹でめん、薄茶色っぽくて柔らかめ、悪くない。
■つゆ、ダシよし。濃くはないが鰹がかすかに香る。カエシやや薄め、あまり甘くない。
■ハム天、揚げおき。コロモが微妙にまとわりついたハム。コロモを剥がして食べてもいいです。ハムの塩加減が絶妙。ちょっとしょっぱめのハムがそばにとても合う。ハムの歯触りがまたよくて、弾力が弱く、噛むとホロッと崩れる加減がいいです。これはいい、こういう取り合わせアリです。

Img_1123_sinetu_360

ご主人と男性店員2人でやってる。
みなさん優しいものごしで良い印象。

プラスチック札の自動券売機も健在。

360円


冷やしゴーヤ天そば+キザミ生揚げ

券売機で買った黒いプラ札は「天ぷら二品」の印。プラ札が出るよりも早く「冷やしそばね」と最重要案件を告げると厨房に浮かぶ安堵の表情。黒札を指先で軽く挟み、プロ棋士のように華麗な手つきでカウンターにピシーッと置くや、タネの注文をつぶやく。黒札を持つものの特権である二つの天ぷら、厨房奥のホワイトボードと、おぼろげな自分の記憶をもとに迷うことなく瞬時に決める。そう、それが信越そばの醍醐味。

ホワイトボードにはいつも一風変わった楽しいタネモノが記される。本日の珍品はゴーヤ天。

いつもながらの「ぬるいつゆ」がうまい。キンキンに冷えすぎたのはカラダによくない。これくらいがちょうどいい温度。

Img_4503w

大量の「きざみ生揚げ」をよけると下から顔を出す。ちなみに、きざみ生揚げは、いわゆる厚揚げの「生揚げ」をきざんだのではなくて、味付けしてない普通の油揚げをきざんだもの。「生」の状態の「揚げ」を「きざみ」にしたものという意味だと私は理解しております。これいいのよ、天婦羅ダブルだとちょっとヘビーだけど、こいつだとちょうどいい。とろろ昆布もいいけどね。

Img_4504

ゴーヤは天婦羅にすると甘みが多少にじみ出る。基本はニガイですが。

ではそもそも、ゴーヤは蕎麦にあうのかどうなんんだ、と問われると、わたしにはあまり自信がない。ゴーヤが好きな人にはいいだろうし、嫌いな人にはダメだろう。ゴーヤの存在はあまりにも突出している。

Img_4505

これも気になる。「トマト味冷やし細うどん」。近いうちに食べてみる予定だけど、ここで紹介したからには路麺ダーのみなさんきっと我先に食べるんじゃないでしょうか。あ、私のことは気にせず、どんどんいっちゃってください。

Img_4506

青山通りは今日も暑い。陽炎が見える。ゴーヤパワーで乗り切りたいと期待するが、そもそもゴーヤにそんなパワーを求めるのも酷かもしれない。

Img_4502

評価は2点 ☆☆


冷やしトマト味細うどん+いんげん天

夏季限定メニュー

細うどんは都度茹でなので3分ほど時間がかかります。トマトペーストはデフォではなくて「天ぷら1品」と同様にカウントされますので、素うどんにトマトあるいは天ぷら1品を乗せて380円。ざるそばの食券を買ってください。天ぷら追加したいときは左下の天ぷら券(1品80円)をどうぞ。

Img_4506

さて、私はすっかり上記の絵柄が記憶にしみついていたので、3分間待った後、ご主人が丼とともにすっとタバスコの小瓶を差し出してきたときにはびっくらたまげました。

20120803_100312

「タバスコ、うまいですよ、どうぞ」とおっしゃる。そもそも辛いもの大好きなので迷うことなくドバドバとかける。一口たべるや、トマトの酸味とタバスコの酸っぱヒリヒリ。そして、ぬるいそばつゆのマイルド感。細うどんはコシではなく適度な柔らかさが命。茹で加減申し分ない。

そばもいいがうどんに抜群に合いますね、この組み合わせ。

20120803_100351

追加でいんげん天。プラ券はこのように買ってください。

20120803_100000

天ぷらはレギュラーもののほかに日替わりものが左下に書いてある。

20120803_100009

おもわずご主人に「タバスコ、うまいですね~、こんなに合うとは思わなかったですよ」と告げると、やおら満面に笑みをたたえ、ちょっと照れた笑顔で「そうでしょ!うまいでしょ!」とたたみかけるように迫力ある語り口。これがこの人の持ち味。と、すかさず「そうだ!もっと辛いのがあるよ!」と、厨房のすみをごそごそと探し始めた「ちょっと待っててね」と言って両肘を大きく横に張ってゴソゴソとさがすその後ろ姿。あ!これはどこかで見た光景。

そうそう、「千と千尋の神隠し」で、釜爺が千尋をゼニーバのいる沼の底まで電車で送る切符を探すために、何本もある手足をバタバタさせて薬箱をひっかきまわす、あの姿そのものだよ。

結局、その「もっと辛い」やつは見つからなかったけど、そのぶんタバスコをたくさんかけました。きっとハバネロみたいなものだったのかな?

20120803_100017

陽炎の立つ青山通り、激辛の一杯を食べた後は額の汗に都会の風が心地よい。

20120803_100809

380円+80円

評価は3点 ☆☆☆


いんげん天昆布冷やしそば

ここの店の醍醐味は組み合わせの妙を発見することにある。キザミ生揚げ、トロロ、ときて次は「昆布」。どっさりと盛られた細切り昆布は蕎麦といっしょに食べるとうまいのなんの。。。信越コンビネーション、奥深いなあ。

Img_4628

昆布はよくある佃煮風ではなくて、ほとんど味付けのないものです。それがまたいい。

Img_4629

430円

評価は3点 ☆☆☆


冷やしかきあげトロロそば

いろいろな組み合わせを試してみたくなる。黒プラ札をにぎりしめ。

トロロとかき揚げ、すごくいい。この組み合わせいいわあ。自分でも予想外にうまかった。トロロはそばつゆでちょっと味付けされ、よくかき混ぜられちょっと泡立った感じがフンワリして蕎麦によくからむ。

Img_4617

これをしのぐ組み合わせはあるだろうか?いろいろ試したくなる。

Img_4618

涼しげな風鈴と短冊。

Img_4619


評価は3点 ☆☆☆


いんげん天そば

このお店は24時間ということもあって、よく来ます。

やさしい味わいのつゆ、黒っぽくてわりといい感じのそば。いんげん天。コロモがフワフワとほどけるのがここの特徴。そばといっしょに食べると、そばのポッソリした歯触りとコロモの油っ気があいまってうまいです。

コロモがほどけないほうがうまいそばもあれば、ここみたいなのもある。大切なのはバランスですね。そばも人間も。なんてね。

Img_3529_sinetu_360


Img_3530

360円

評価は2点 ☆☆


ハム天トロロそば

この組み合わせもいいな、これのいいところはハム天のそっけなさをトロロがカバーしてくれるところだ。ハム天はある意味孤高のスターなので、トロロくらいくせのある脇役じゃないと相手がつとまらない。

Img_4732


Img_4733


Img_4734

評価は2点 ☆☆


あじ天ちくわ天そば

24時間開いている安心のお店。

ここの天ぷらは統一価格で、券売機も「1品」「2品」というようになっている。なのでついつい「2品」を選んでしまう。私はめったに2品乗せることないのですが、ここではなぜかいつもそうなのだ。まんまと術中にはまっている。このシステムを考案したご主人は天才ではないかと思うのだな。

本日は、あじ天&ちくわ天。ここの天ぷらはコロモが無茶苦茶大きいので、2品乗せると、コロモがドンブリ一面を覆い隠し、いったいどこからがあじで、どこがちくわなのか、まったく判別できない。とくに絞りの浅い携帯カメラだとまったくわからない。

Img_3648_sinetu_aji_tikuwa_450

薄めのつゆに、蕎麦らしい風味のある茹でめん。信越そばならではのバランス感覚。軽く食えて大好きなのよ。

Img_3649

あじ天をよけてみたところ。これが竹輪天なのか!!衝撃の映像。円筒形であるはずのちくわが丸く広がっている。よく見ると中心部にはちくわが縦に通っている。いわばこのコロモは「羽根」なんですね。この雄姿は、さながらちくわの胴体に金色の羽根を広げたモスラ!いままさに蕎麦の繭から飛び立たんとする瞬間。と表現するのがふさわしいかも。いや、虫を連想して食欲減退しちゃった人はごめんね。

Img_3650

ここんちの屋号が不明とおなげきのかたのために、証拠写真。スマホアプリなんかにも「信越そば」と登録されてるのに「外苑前そばうどん」とダブって登録する人いるよね。

Img_3651

サバティーニのメニューを食い入るようにのぞきこむランナーあり。

Img_3652

450円

評価は2点 ☆☆


ばら肉天そば

わたし、この店なんとも個人的に大好きなんです。どこがと言われるとこまっちゃうんだけどね。まず店構えがいい。おしゃれな青山通りに面して一歩も譲らない日本文化発信拠点のような暖簾。完全立ち食いの様子が外から見えるのもポイント高いな。プラスチック札の券売機もいいし、いろんな天ぷらが揃ってるのもいい。なんといっても、店員さんがみなさん初老のおじさんばかりなのが落ち着ける。

薄切りの豚バラ肉を、フライや唐揚げではなく、天ぷらのヤワヤワなコロモで揚げる信越そばならではの個性的メニュー。

Img_3352_sinetu_380

黒っぽいそばからは蕎麦粉の香りが立つ、つゆはちょと薄めのマイルド系。優しい味わい。

Img_3353

天ぷらなので、食べ進むうちにコロモがフワフワとつゆに崩れだす。それを少しづつ蕎麦とからめて食べるといい感じ。玉子と合わせるとさらにいいと思うので、贅沢したい人はどうぞ。

バラ肉は脂身のそれほどないさっぱりしたもので、蕎麦とも相性良いです。親父世代の健康にも配慮してくれてるんでしょう。病み付きになるこれぞ個性派路麺ならではの一杯。

この天ぷら、カレーそばにのせてもいけます。

Img_3354

360円

評価は2点 ☆☆


とろろ月見そば

二品のプラ券を買って注文するは、「とろろ月見そば」ネバとろの相乗効果を狙う。

Img_0725

まず、卵白だけをズルリとすする。ネギ抜きがポイント。

Img_0726

次いで、つゆを完全に飲み干す。


Img_0727

そばと撹拌し、とろろカルボナーラ(仮称)の完成だ。なんとなくこれがマイブームなんです。


Img_0728

しんえつさんのコーン


Img_0729


評価は2点 ☆☆


ちくわ天昆布冷やしそば

ここの店はタネの組み合わせが楽しい。なかでもこのコンビネーションすごくいい!抜群。

信越の2品(黒プラ札)の場合、天ぷら+シンプル脇役てのが鉄則。低加工度のシンプルな脇役は「昆布」「とろろ」「きざみ生揚げ」の3強から、天ぷらの個性とマッチしそうなものを選ぶ。

かき揚げのように具材が細かく切れたものには「とろろ」がベスト。ちくわ、ソーセージのような長ものには「昆布」。いんげん天などの歯触りよいものには「きざみ生揚げ」。生卵はオールマイティ。このあたりをご参考になさるとよろしいかも。

反対におすすめできないのは、「かき揚げ+たぬき」。コロモばっかりになっちゃうので(笑。

Img_4836

昆布とそばを絡めて食べるとうんまい。羽の生えたちくわをちょいとかじりながら、つゆをゴクリと飲む。いいサイクルができあがる。

Img_4837

24時間営業

Img_4838

430円(黒札)


なす天あじ天そば

珍しいナス天。たいていは縦に長く割いて揚げるものですが輪切りにしてかき揚げ風にしてある。なかなかうまいです。仕入れたなすが小ぶりだったときはこうするんでしょう。

この日のあじ天はあんまり身の厚くないあっさり痩せた鯵なので、他の天ぷらといっしょに食べるとちょうどよい感じ。2品盛りの名傍役といったところ。

Img_4911


Img_4912

評価は2点 ☆☆


ナス天+いんげん天そば

この組み合わせ、なかなかいける!これいいな。ちなみに本日の茄子は長い。

Img_0195

コロモの黄色は玉子のようだ。

丼ものもうまそうだ。

Img_0196

430円


ごぼう天昆布そば

ここの昆布、わたし大好きです。細切りの昆布がどっさりと乗ってくる。そばの量と遜色ないくらいたっぷり。麺のように細いから、そばといっしょにツルツルすする。大根の細切りをそばといっしょに食べるやりかたもありますが、それを彷彿とさせますね。うまいこともさることながら、昆布だけでもお腹いっぱいになるから、ダイエットに最適だと思います。路麺でダイエット、いいかもしれない。痩せたい人は外苑前の蕎麦ティーニ!!なんてね。

Img_0565

ゴボウ天もうまいです。ささがきタイプのごぼう。こちらも繊維たっぷりでヘルシー。

Img_0566

評価は2点 ☆☆


カレーつけめん(夏期限定)

このところ夏になると新作に意欲的な信越そば。今年は「カレーつけめん」。もりそばにバラ肉天をのせ、カレーをもりつゆで伸ばしたもの。

Img_2394_sinetu_470

「ハネずに食べやすい」とカウンターに張り紙あり。これこれ、重要なポイント。カレーそばはシャツにはねちゃうからね。つけ汁ならばそういうこともない。マイルドめのカレーがそばつゆとよく合ってとてもうまかった。これ気に入りましたよ、また食べたい。

Img_2396

路麺ダー四人集まれば、お店の人を巻き込んでの立ち食いそば談義となるのは必然。

Img_2398

470円

評価は2点 ☆☆


年中無休、24時間営業。盆暮れ正月も休みなしのありがたいお店。

正月や盆休みのとき、やっぱり無性に路麺食べたくなる。そういうときはここにくる。

Img_7500

すっかり夏の定番となった冷やし細うどん。トマトとバラ天で黒プラ札(450円)。細うどんは都度茹でだからちょっと時間かかるがそこは余裕の笑顔で待つべし。お店のおじさんとデュエットで「いつまでも待つわ〜♪」なんて歌いながら。

Img_7501

そしてうれいいのがタバスコの復活(2015)。塩胡椒やハバネロペッパーもあるが、やはりこれでなくては。信越そばさんありがとうございます。

Img_7502

評価は3点 ☆☆☆

|

« オイル de チェーンメンテ、靴下 de ホイール磨き | トップページ | 「蕎麦道なび」 アルファバージョン 0.1 »

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

●ShujiTさん

冷たすぎる店ってありますよね、歯にしみるんだ(笑

黄色は、私の勘ではクチナシ色素のようなモノではないかと
思うんだけどね。卵だと、もっとふわっとパンケーキのような
食感になっちゃうので。

あんまり自信ないけど

投稿: ケビン | 2010年7月 3日 (土) 14時22分

この前小腹が空いてフラッと入って「インゲンてんぷら冷たい蕎麦」頼みました。
ここは冷たい汁も同じ値段だし、汁のボトルを氷水で冷やしてるから温度が冷たすぎず適度で美味しかった。衣が黄色くてまた、美味しいんだよなぁ。あの黄色は卵かな?

投稿: ShujiT | 2010年7月 3日 (土) 14時18分

●ケッタライダーさん

ああ、なるほど納得。私の勘違いでスマソ

投稿: ケビン | 2010年6月29日 (火) 06時31分

●ShujiTさん

信越の大将は人望のあるかたで、あそこで修行して開店したお店もいくつかあるとのこと。路麺大帝ことsobaさんのうけうりですが。

「明日のために、その1、天ぷらの個数を数えるべし!数えるべし!」なんて厳しい修行をしてるのかもしれないですね。

投稿: ケビン | 2010年6月29日 (火) 06時30分

ファミリーの店主、夫婦そろってギャンブル好きなのが微笑ましいですね。

投稿: ケビン | 2010年6月29日 (火) 06時20分

ファミリー相当いいですよね
となりが自転車やさんだし

投稿: soba | 2010年6月29日 (火) 05時48分

霞ヶ関「藪伊豆」の件、私の書き方が悪かったのかしら。入口でオバチャンに金を払ってプラスチック券を貰い、厨房のオジサンに渡すと蕎麦が出てくるのです。
書き忘れましたが、「信越」では刻み揚げがあるのが嬉しいですね。甘辛いきつねは関東汁には合いませんよね。
関係ないのですが、昨日千歳烏山の「ファミリー」から出てきた人が、なにわナンバーの黒いカワサキに乗って走り去りました。尚、「ファミリー」は水曜日迄臨時休業です。

投稿: ケッタライダー | 2010年6月28日 (月) 23時00分

此処は働いているのが皆小父さんなのが面白い。たまに天ぷらを揚げているのだが、粉の量と出来上がり個数のルールがあるらしく一生懸命個数をチェックしている。たまぁに経営者と思しき人(これも小父さん)が来るとそれなりに従業員の小父さん達の間に緊張が走って「いらっしゃいませぇ」「ありがとうございましたぁ」と機械に負けじと声を張り上げるのが微笑ましい。

投稿: ShujiT | 2010年6月28日 (月) 22時50分

●ケッタライダーさん

ラガーメンには3杯くらい食わないとおやつにならなそうですね。

霞ヶ関、プラ券をさらに紙券に換えるんですか?無駄だなー。
事業仕分けしたほうがよいかもね。

投稿: ケビン | 2010年6月28日 (月) 21時08分

ラグビー関係者が、よく利用しているそうです。彼等にとってはお八つにもならないのでは?
プラスチックの食券は、霞ヶ関の藪伊豆でも使われています。入口で勘定をすると食券を渡され、厨房に差し出す仕組みです。

投稿: ケッタライダー | 2010年6月28日 (月) 17時35分

●HIROSさん

「矢萩」昨年閉店しましたね。
あの場所では貴重だったんで残念です。

目黒、菊名、新横浜に支店があります。
ちょっとスカしてるので私には今ひとつですけど。

投稿: ケビン | 2010年6月28日 (月) 13時58分

青山通りの路麺は
骨董通り近くに以前ありました
日本一地価の高い場所では貴重な存在だったのですが
既に閉店しています

投稿: HIRO'S | 2010年6月28日 (月) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/45895096

この記事へのトラックバック一覧です: 外苑前 信越そば(茹でたて生そば):

« オイル de チェーンメンテ、靴下 de ホイール磨き | トップページ | 「蕎麦道なび」 アルファバージョン 0.1 »