« 上井草 竹國【うどん屋に】 | トップページ | 池尻大橋 ホーチャン »

2010年8月23日 (月)

厳しい耐久だった 猛暑とiPhone肩

8月22日、千葉県の茂原ツインサーキット(西コース)で行われたレースに出場してきました。通称「レン耐」というやつです。レン耐について私はまったく詳しくないのですが例によってブログ仲間のひいこさんのお誘いを受けまして。

今回は、とても不安なことが2つありました。

ひとつは前回の筑波サーキットでしこたま転倒したこと。私は最多転倒記録保持者(個人の部)だそうです。とほほ。。。なので、今回も転倒しないよう。レン耐では転倒に金銭ペナルティがあるらしいし、しっかりとイメトレをして臨むことにします。あ、だいたい私のトレーニングはイメトレ主体です。練習きらいなわけじゃないんですけどね。

もうひとつは、これまで黙ってたんですが、いわゆる「五十肩」をやっちゃいまして、腕の上げ下ろしが難しいのです。具体的にはラジオ体操の「腕を横に上げて背伸びの体操〜」ができない。ズキズキと痛みます。

五十肩といっても、よくあるような「ある日突然ギックリ」みたいなものではありません。原因ははっきりしてます。毎日々、ソファやベッドに仰向けに寝転がってiPhone(iPod Touch)を使っているうちに、肩の三角筋に負担がかかりすぎて軽い肉離れのような炎症状態になっちゃったみたいです。だから五十肩ではなく「iPhone肩」が正しい。

とくに治療法ってないそうですね。ある程度痛みがひいたらストレッチ運動でリハビリするしかないようだ。なのでレースの数日前からストレッチをして、なんとか革ツナギだけは一人で着れるようになりました。ってそんな低レベルかよ、おいおい。ってな状態です。

えーい、なんとかなるさと、いつものいい加減さでレースを迎えた。

Img_6780a

ものすごい暑さで、7分ほど練習走行しただけでクタクタ。だいじょうぶかいな。そしてスタート。今回もルマン式です。スタートライダーの栄誉をいただいた。監督のかずさんありがとう。

Img_6808

ということで走り出したのだけど、「あれあれ」何かおかしい、左ヘアピンがぜんぜん曲がれない。ヘアピンの入り口で膝を出して傾けるのだけど、なぜかコースの外側いっぱいに大きくふくらんでしまう。コースアウトしそうになるのでスロットルを閉じて失速。

ある程度Rの大きいコーナーでは左でも問題ないんだけど。バックストレート入り口の5Rくらいのヘアピンが問題。ここを曲がるたびにメタメタに抜かれっぱなしで順位を大きく下げてしまった。

こういう小さいヘアピン、大好きなんだけどなあ。BKでもさんざん練習して得意なほうなんですよ。うー、なぜだあ。わからないーー。頭に血がのぼり、猛暑とあいまってヘルメットの中はヒートアップだす。サインボードを見間違えて一回ピットインしてしまったし。。

なんとか25分走ってライダー交代。とりあえず転倒だけはしないで済んだから課題はクリア。だけど、こんな消極的な走りではダメだなあ。それよりもヘアピンどうしちゃったんだろう。まったくわからない自信喪失状態。

Img_6815

レン耐のローカルルールで、ピットロードはバイクをおりて自走する。安全でいいかもね。草レースなんだから。

やっとの思いでひいこさんにライダー交代。とにかく、ものすごい暑さで意識モウロウ状態に近いです。バテバテです。体力ないな−。

体と頭から湯気がたったような状態だ。20分休憩なのでなんとかこの間に回復せねば。水をガブガブと1.5リットル飲んだ。頭に水をかけ、かずさんが用意してくれた大型扇風機の前に座り、生ヌルい風で体をクールダウン。ツナギを脱いでる時間もないので、暑いけど着たまま目をつぶって休んでいたら、なんとかライダー交代に間に合った。

Img_6798

よたよたと走り出したら「お、なんだか調子良い」。ちょっと休憩してリラックスしたのがよかったのか、はたまた暑さのために何かのスイッチが入ったのか?自信喪失状態から少し冷静をとりもどせたような気がする。なんとなく集中力が増している。これはいいかも。

走りながらあれこれと考える余裕ができた。ちょっと試行錯誤してみようと思い立ったわけです。

そもそも、ヘアピンで外側にふくらむのはハンドルが切れてないからだ。ハングオンで体重をいくら内側に移動させようと、ステアリングを切らなければバイクは曲がらない。。。そのときとつぜんヒラめいた「あっ、これはiPhone肩のせいだ」

腕が上がらないだけではなくて、ヒジをたたむこともできなくなってたんですね。自分ではたたんだつもりでいたのだけど。痛む方向を避けてるため、自然にヒジを下ろせてなくて、左腕がじゃまをしてハンドルが切れてないのだ。

そこで一計。痛みのない方向にヒジを逃がせば腕がたためるのではないだろうか?左ヒジをおヘソに近づけて小指を立てて「ウッフン」みたいな、ちょっとオカマっぽい妙竹林なポーズをとってみたら、「おおー、結果オーライ、大成功」グイグイとハンドルが切れて、ヘアピンをクルリと曲がれるではないですか。これですよ!大発見。

いやーレース中とはいえ、いろいろと工夫してみるもんです。やったー、うれしー。

Img_6793

本日のバイクはホンダ・エイプ100。これまで触ったこともない初バイク。

こいつがなかなかトロいエンジンで、いったん回転が落ちるとなかなか上昇してくれない。前回のスズキGS50はもっと元気のいいエンジンだったので乗りやすかった。

このダルいエンジンに慣れるのに時間がかかってしまったけど、これはこれで工夫の余地があっておもしろいです。

とにかく回転を落とさないよう、コーナリング中、とくにリーンの段階でブリブリとスロットルをあおるような感じでいかないとダメなんだな。

このスロットルワークが会得できたのでコーナリングスピードがそこそこ速くなった。

そうそう、休憩中にかずさんにいただいた「ケビンさん、もしかして4速使ってないんじゃないの?」のアドバイスがよーく効きました。はい、3段変速だとばかり思ってました。オレのバカバカ。

「ウッフン」「ブリブリ」「バカバカ」の3点に気がついたおかげで、2回目のライディングは少しだけ持ち直せた。数台抜くこともできたしね。気持ちよく走ることができた。ああ、よかった〜。やっぱりね、気持ちよくやりたいよね。結果はどうであれ。。あ、結果も大切ですよもちろん。

マシンの個性もいろいろだねえ。エイプは最初は「こんちくしょうのボロバイク」と思って乗ってたんだけど、周回を重ねるにつれ面白くなってきて、最後のほうになるとなんだかとても愛しく思えて大好きになってしまった。エイプいいねえ、名車だな。

Img_1218
Img_1224

レン耐はちょっと変わったレースで、妙なローカルルールがある。ピットでゲームをしなきゃならない、って、それなんすか??

うまい棒やかき氷を完食する、とか、縄跳びとか腕立て、腹筋、いろんなことをさせられる。華麗な二重跳びを披露しているのは、我がチームメンバーの「おねぼうぱぱ」さんです。体力あるねえ。45分ライディングの直後にツナギ着たまま縄跳びしちゃうんだから超人です。お世話になりました。腕立てまでしてもらって、私は楽してごめんなさい。次回もよろしくお願いしたいところです。

ひいこさん、積極的にレースに出てるだけあって、上手です。前回とはぜんぜんちがう、とてもシャープな走りを見せてくれました。

おねぼうぱぱさん、GSX-R1000に乗ってるだけあって上手です。ライディングフォームがきれい。体力あるし。頼れるなあ。

チーム監督のかずさん、速い!レン耐では「残り45分の男」と呼ばれる。アンカーの出番になるとチャチャとツナギを着てササと走って着実に順位を上げてチームを入賞に導く。仕事人ですね。

Img_1222

レースも終わって、夕涼みしながら表彰式。なんと我らチームは100ccクラス4位だった。アンカーのかずさんがひとりで抜きまくってくれたおかげです。ありがとうエースライダー!!

Img_1233

ひいこさん、おねぼうぱぱさん、かずさん、お世話になりました。さんざん足を引っ張ってごめんね。

来年は、真夏は出場しないほうがいいかなあ。。。




首都圏1000店の立ち食いそばやの地図情報を網羅。路麺ファン必携の無料iPhoneaアプリ「蕎麦道なび」、ダウンロードはこちら。使ってみてね。

少しでも暇つぶしになったらポチッと押してくだされ
人気ブログランキングへB級グルメ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへブログ村

|

« 上井草 竹國【うどん屋に】 | トップページ | 池尻大橋 ホーチャン »

バイク」カテゴリの記事

コメント

●ひいこさん

お疲れさまでした。
ひいこさんもたいへんでしたね。

肩はぼちぼち時間をかけて調整していこうと思ってます。

また誘ってください。

投稿: ケビン | 2010年8月25日 (水) 06時49分

ホントに暑かったですねぇ
お疲れ様でしたhappy01
肩の具合はどうですか?
早く治るといいですねsweat01

投稿: ひいこ | 2010年8月24日 (火) 23時35分

●スクラフィーさん

おおー、そうでした。そうでした。ちょうど同じような状況を走ったことになりますね。仲間!

私も3リットルくらい水飲みました。これが全部汗になっちゃうんだよねー。なんというか、ツナギの内側が汗でタプタプした感じですよね。たまらんです。

お、腹に着目ですね。

うー、最近暑くてあんまり体を動かさないんで肥えてしまいました。

お互いに、ツナギがスルッと着られるような体型を維持しなきゃね。よい目標値があっていいよね。


投稿: ケビン | 2010年8月24日 (火) 11時38分

●Yuichiさん

いやほんと、転倒しなかったのでホッとしました。
転倒する悪夢をみちゃったりして、普段は鈍感な私ですが、今回はけっこう気になってたんですね。

このゲームは、ただのゲームではなくて、ゲームの経過時間もレースに加算されるんですよ。だから真剣にやらなくてはいけないんです。

それと、どこかのチームがゲームをやってたら、後続のピットインしたチームは前のゲームが終わるまで待ってなきゃ行けないんですよ。もちろんタイムは加算され続けてます。

へんてこりんなローカルルールですが、そのおかげで「勝ち負け」にあまりこだわってしょーがないんで、皆さん気軽にレースできるんですね。こういうのもありだよね。

投稿: ケビン | 2010年8月24日 (火) 11時35分

●南行さん

ホントほんと。
こういったサンデーレース。盛り上がってるんですね。レン耐は今年は既に10回目の開催だとかで、年々開催回数が増えて大盛況だそうですよ。

小さいお子さんづれ若いお父さんがたくさんいました。もちろん我々同年代で初参加のひともいましたし。マスコミに知られないところで静かに盛り上がってるんですね。

ブログ仲間に大感謝です。ブログやmixiがなければこんな楽しい催しがあるとは一生知らなかったし、もちろん参加もしなかったと思います。

原付レースって、ほんと、面白いです。貧弱なマシンなので工夫のしがいがあるし、怪我の心配もそれほどないし。何より手軽だし。

それと、レースで競うのが面白いんだと思います。ラップタイムでも順位でもコーナーでの抜き差しでも、何か競う要素があるとないとでは楽しさが何倍も違うと感じました。

投稿: ケビン | 2010年8月24日 (火) 11時29分

●かずさん

お疲れさまです。
今回もたいへんお世話になりました。
ありがとうございます。

下りストレートと上りの頂上付近では4速使いました。
ナイスな(笑)アドバイスのおかげです。

次回もよろしく。

投稿: ケビン | 2010年8月24日 (火) 11時19分

●おねぼうぱぱさん

お疲れさまでした〜。
縄跳び、腕立て、ありがとうございます
おかげでなんとか死なないですみました。

やっぱり10歳近い年の差はデカイね。
アラフォーとアラフィフでは体力半減だあ。
これからもよろしくお願いします。

ところでおねぼうぱぱさんのカーナビ、良いね。
私のパナソニックのHDDナビは房総半島の内陸に弱いみたいです。
帰路も、ものすごく変な道をとおらされて渋滞で難儀しました。

投稿: ケビン | 2010年8月24日 (火) 11時17分

●甲斐猫さん

前日の奥多摩お誘いを断っちゃってごめんなさい。
iPhone肩のため、念入りにストレッチして調整してたんです。
甲斐猫さんにレースのこと黙ってたのは、もしかしたらドタキャンありの懸念だったからなんですよ。すまんすまん。

左手親指といいiPhone肩といい、故障を抱えながら走る姿が感動を呼んで、いつかNHKのお達者倶楽部に「よれよれライダー、今日も走る」みたいな企画で出演できることを夢見ております。

それまでは工夫を続けながらレースに出れたら出たい。
いや、出れなくても峠道でもいいかもしれない。
いや、家のなかでツナギ着てるだけでも。。。。

投稿: ケビン | 2010年8月24日 (火) 11時13分

●HIRO'Sさん

BOTTですか!それはすごい。
若い頃あこがれたものです。
どちらかというと私はGP500や鈴鹿耐よりもBOTTや
いまのテイストオブ筑波のような草レースっぽいのが
好きです。

スポスタ改ってのはまた渋いセレクトですね。
オーバルトラックなら無敵かもしれませんね。

本当は私、ダートラに興味があるんですが、あれは絶対に
転倒しそうな気がするんです(私の場合はとくにそうなりそう)
怪我したら家族が路頭に迷うので近づかないようにしてるんです。

投稿: ケビン | 2010年8月24日 (火) 11時06分

お疲れ様でした、楽しまれたようでなによりです。

この暑さで革ツナギ

ツナギの中の状況が想像できます(W

私も前日の土曜日に、同じような格好で走ってまして、一回の走行は20分くらいで、その度に500ccのスポーツドリンクを飲み干してました・・・それが、汗になって、革ツナギの中でしたたり落ちてるんですよね(W

写真で見る限り、オイラのほうが腹出てます・・かなり(笑)

投稿: スクラフィー | 2010年8月24日 (火) 09時15分

暑い中、お疲れ様でした~
転倒なく完走できたようで、何よりでしたね♪

それにしてもピットでのローカルルール、なかなか過酷なメニューのようですね。でも、なんか笑っちゃいます(o^-^o)。

投稿: Yuichi | 2010年8月23日 (月) 22時33分

家族ギャラリーの応援で大いに盛り上がったんでしょう。 こうしたイベントってラッパや声援での盛り上げが上手い人達ってのが居ますよね。 ヤンヤの応援につい走ってる方もモトGP気分になります。。。
 
いろんなレベル&パターンのバイクイベントが増えると良いですネ。 増えて欲しいです。 増やさなくっちゃネ。。。

投稿: 南行 | 2010年8月23日 (月) 22時28分

一番暑い時間帯の走行ご苦労様でした。

4速は上手く使わないと逆に失速するので、使い方が難しい所です。

投稿: かず | 2010年8月23日 (月) 22時18分

3速のバイクって(^_^;)
カブですかね。
ホームストレートで4速に入れても失速する感じでしたけどね~。

投稿: おねぼうぱぱ | 2010年8月23日 (月) 15時47分

昨日は、また暑さがぶり返したような1日でしたのに、完全武装で、しかもiPhone肩での参戦お疲れさまでした。
ワタシが朝の涼しい時間帯にサラリと、ひと駆けして、あとはエアコンの効いた部屋でブログ更新なんぞしていた頃に、ああでもない、こうでもない、とライディング道を探求してらしたとは…頭が下がる思いでございます(笑)

しかし、なにがケビンさんをそこまで駆り立てるのか…修行僧のような心持ちなのか? いや、きっとそうに違いない!

間違っても誘われて、あれよ、あれよ、という間に出てしまったなんてことは決してないでしょう(笑)

投稿: 甲斐猫 | 2010年8月23日 (月) 15時45分

サンデーレース楽しそうです
当方も若いときバトルオブツインに参加していた時期があります
どちらかと言うとメカニックかな
ハーレーのスポスタ改でした

楽しかったなぁ・・・

しかし
今年は暑すぎます

投稿: HIROS | 2010年8月23日 (月) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/49226743

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい耐久だった 猛暑とiPhone肩:

« 上井草 竹國【うどん屋に】 | トップページ | 池尻大橋 ホーチャン »