« 昭和な風景 都電荒川線三ノ輪橋 | トップページ | 三ノ輪 まつのや 【閉店】 »

2010年8月 2日 (月)

池袋 君塚

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

君塚

JR山手線・池袋駅西口、徒歩4分

池袋西口五差路の角にあるのでわかりやすい立地。24時間営業。

昼時はものすごい混雑、食べる場所がない。丼を手で持ってカウンターのないところで食べてる人多し。

■蕎麦、茹でめん。やや細く、茹でめんにしてはコシあり。悪くない。
■つゆ、ダシいまひとつ、ややしょっぱい、甘くない。醤油がめだつ。
■かき揚げ、揚げ置き、コロモがぶ厚く具材少ない、いわゆる粉モノ系。

24時間営業のお店はあたりはずれが大きいのだけど、ここは中間でしょうか。蕎麦がそこそこなのでなんとか。

お盆に乗せてカウンターまで持っていくシステム。こうしないと店内混雑でこぼしちゃうかもしれないですね。必要に応じて生まれた自衛策でしょうか。

Img_0192_kimizuka

揚げ物がとても豊富。山芋天は珍しい。ここ以外では見たことがない。心ひかれます。

Img_0193

Img_0194

Img_0196

370円

東京都豊島区池袋2-1-1 24時間営業

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示


ここは24時間営業で便利です。特筆すべきは、終日営業の店にもかかわらず手作り感にあふれた味わいにある。

各種天ぷらが揃い、どれもうまい。なかでも珠玉の逸品がこの「なす天」。

ボコボコとした風合いのコロモに包まれたマッシブな外観。揚げ置きながら、コロモは油切れよく、サクッとしった歯触り。そうですね、例えればケンタッキーフライドチキンのコロモのような食感。茄子天の場合はなすとコロモがはがれちゃって悲しい思いをすることがよくあるのですが、ここのコロモはなすをギューッと抱きしめてはなさない。あくまでも一体感にこだわるコロモ。

Img_2968_kimiduka_380

茄子天を一口食べてさらに驚きは深まる。よく揚がっているのに関わらず「フカフカ」なのです。茄子の実全体が適度に空気を含んでふっかりしてるのよ。かといってスカスカじゃない。茄子の旨味がぎゅーと濃縮された充実感がある。

これは素晴らしい、凄みのある茄子天。きっと茄子の品種が特別なのではないでしょうか。スーパーで買ってくる茄子ではこういった風合いに揚げるのは難しいと思う。もちろん料理人の技量も高いことには間違いないが。

他所のどの店にも似ていない。ここだけのオンリーワン。孤高の存在。なす天そば部門では間違いなく優勝候補。

Img_2969

平日午後1時〜3時は卵の無料サービスあり。うれしいです。

Img_2970

桜海老天そば、麻婆そばにもそそられる。

Img_2971

380円

評価は3点 ☆☆☆


桜海老天そば

ちょっと値下げでうれしい桜海老天そば。桜海老とタマネギを合わせたものだが、桜海老風味もそこそこあって悪くない。


Img_4252

平日午後1〜3時は玉子サービス(茹で/生)

Img_4253


Img_4254

390円

評価は2点 ☆☆

|

« 昭和な風景 都電荒川線三ノ輪橋 | トップページ | 三ノ輪 まつのや 【閉店】 »

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/46689269

この記事へのトラックバック一覧です: 池袋 君塚:

« 昭和な風景 都電荒川線三ノ輪橋 | トップページ | 三ノ輪 まつのや 【閉店】 »