« 四ッ谷 きねや 【閉店】 | トップページ | 相模大塚 アミアン »

2011年6月 2日 (木)

タイヤ 気になる PR3 ミシュラン

知らぬ間に発売されていた、ミシュランの新製品「パイロットロード3」(以下PR3)

私は現在パイロットロード2(以下PR2)をはいてます。これがなかなか良いタイヤでして、かなり満足度高いです。なので後継機種にもたいへん興味を持っておりました。

PR2の良いところは、素直なリーン特性、真円度の高さと転がり抵抗の少なさ、雨天走行時の排水性の高さ、耐摩耗性と、あらゆる要素がバランスよくまとまっているところだと思います。スポーツ走行用としてはいまひとつグリップが足りない感じもないではないですが、普通に峠道を攻めて走る程度では充分だと思います。

気温が摂氏4度を下回ると、コンパウンドが硬くて温まりにくいというのが唯一の難点ではあります。厳冬期、朝一番の乗り始めには「おやっと、つるっと」くるところがあります。このあたりは前回まではいていたダンロップQualifireII のほうがよかった。乗り出しからしっとりくる感じがある。

まあ、しかし、4度を下回るときは、山道や橋などでは凍結の危険もあるし、そもそも寒いし、そんなときは無理して乗らないほうがいいね、と思えばそれほど気になることでもないです。

ミシュランてのは、さすがにラジアルタイヤを発明した会社だけあって技術力が高い。日常のあらゆる使用条件を想定したオールラウンドなバランスの高さが光るメーカーだと感じております。ちなみに私はクルマもミシュラン(Pilot Primacyてやつ)。

110121_01_2

▲PR3、▼PR2

Tireoukoku_m024600_2

二つの写真を見比べれば一目瞭然なのが、細いサイプ(溝)。PR2では太い溝だけだったのが、PR3ではそれにプラスして極細い溝がまんべんなく張り巡らされている。

ミシュランの能書きによれば、「タイヤには、グリップ性能やロングライフ性能の他にも様々な性能が求められますが、一つの突出した性能を達成する為にその他の性能を犠牲にしないのが、ミシュランの研究開発の方針です。今回採用されたエックス・サイプ・テクノロジー(X Sipe Technology: 以下XST)も、この方針を反映したミシュランの最新技術です。

XSTでデザインされたPilot Road 3のサイプは、どのような気象条件下でも安全性を確保するため、路面の水分を除去し、可能な限りドライコンディションに近付けるよう作用します。」だそうです。

-----------------------

私は常々、一般ユーザ用のバイクタイヤの今後の開発課題は雨天走行性能のさらなる向上にあり、かつスポーツ性を兼ね備えたものでなければならない。と考えてきましたので、ミシュランの開発方針は私の考えとまったく一致するものだったことに思わず意を強くしました。

私は通勤でバイクに乗りますので、突然の雨だからといってバイクを降りる訳にはいかないからね。ダンロップQ2のときは雨が降るとものすごく神経を使ってヘトヘトになったが、PR2にはきかえたとたん、あまりの楽ちんさにおもわず歌を唄いたくなったものです。「I'm singing in the rain ♪」みたいな〜

PR2を上回るレイン性能を目指して開発されたPR3には、いやがおうにも期待が高まります。ああ、次は絶対にこれだな。と決めかけている。

ところで、PR2はロングライフなので、まだまだ溝が残ってる。おそらくあと半年はいけると思うから、タイヤ交換は早くとも年末ですね。他のメーカーもレイン性能を重視した新製品を出してくると思うので楽しみになってまいりました。

そうそう、ひとつTIPS。パイロットロード2ではとくにそうですが、空気圧を高めにすると、いっそうロングライフになります。2.6kgくらいかな。

|

« 四ッ谷 きねや 【閉店】 | トップページ | 相模大塚 アミアン »

バイク」カテゴリの記事

コメント

●スクラフィーさん

スクラフィーさんは、最近ではサーキット方面のヒトですから、パワーワンですよね、もちろん。

しかしアレで雨は怖いだろうなあ。ほぼスリックみたいなもんだからね。

投稿: ケビン | 2011年6月 3日 (金) 10時21分

●HIROSさん

ラップ巻きですか!!それはすごい。

雪国で、冬はキャブレターからガソリン抜くようなヒトにはそれ、効果あるでしょうね。

投稿: ケビン | 2011年6月 3日 (金) 10時20分

●甲斐さん

GPDさんの記事で知ったんですよん。発売されたこと。

投稿: ケビン | 2011年6月 3日 (金) 10時19分

●ばかぼんさん

おおーー、まったく同感です。やっぱりあのウェット性能、いちど味わうとやめられないものがありますよね。

投稿: ケビン | 2011年6月 3日 (金) 10時18分

●たけさん

PR2はラジアルなんだけどバイアスっぽい乗り味といいますか、それほど粘らないところが面白いです。スーパタンと倒れる感じ。

投稿: ケビン | 2011年6月 3日 (金) 10時17分

一つ前に履いてたロード2以来
現在、ピュア
次はワンにしようかくらいの
ミシュラン信者です

ロード2とピュア
どちらもグリップとライフが良い感じにバランスされているんですよね(もちろん比率は異なります)

もうワタシはビブ無しでは生きて行けません(笑)

投稿: ス | 2011年6月 2日 (木) 19時02分

パイロットロードは中心とヘリではコンパウンドの硬度が違いロングライフを達成しており人気がありますね
特に新しいロード3は細い横溝をつけたのでグリップ感が高くなります
(ダンロップが最初に使用した構造です)
BSのタイヤも総合的には非常に性能高いのですが大体5千キロで駄目になります

気になるタイヤの交換時期ですが
ケビンさんのように冬季でも毎日乗っている人は良いのですが冬の間は殆ど乗らない・・・という方は春になったらタイヤは交換することをお奨めします
確実にコンパウンドが硬化して性能が落ちていますから!
冬は乗らない方はタイヤをラップでグルグル巻きにして保存すると性能が落ちにくいという裏技もありますが・・・

前後交換すると結構お金かかりますからね(笑)

投稿: HIRO’S | 2011年6月 2日 (木) 12時03分

たしかグリプチさんがインプレ書いてるよ。

投稿: 甲斐猫 | 2011年6月 2日 (木) 09時53分

私もXJはPL2ですー
リアは替え時なんですが、もう値上げしちゃいました?
軒並み値上げしてますよね。

ミシュランは、GPz400Rのときからはいてます。
たまに浮気するけど、そこそこのグリップ、長持ち、そしてやっぱ強いのはウエットの安心感。
さすがツアラー文化の国の製品だなーと思います。

投稿: ばかぼん | 2011年6月 2日 (木) 07時26分

 あれ??ポチッとしようと思ったらボタンが無い・・・down

投稿: たけ | 2011年6月 2日 (木) 05時42分

 おはようございます~

 やっぱりそれだけいいんですねぇ
 SRXにも履かせたかったんですけど、リアがPR2だと150から上になっちゃって、実際にオーバーサイズで履かせた人の印象だとあまりよくないようだったんでダンロップにしてっていう経緯があります

 ところで今朝はちょっと寒い雨ですが、気を付けて行ってらっしゃ~いpaperhappy01

投稿: たけ | 2011年6月 2日 (木) 05時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/51825037

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤ 気になる PR3 ミシュラン:

« 四ッ谷 きねや 【閉店】 | トップページ | 相模大塚 アミアン »