« 蒲田 ニューデリカ | トップページ | ドイツから到着したのは、いったいどこのどいつだい? »

2012年3月30日 (金)

末広町 きぬそば かつそば

きぬそば

銀座線・末広町、徒歩2分

かつそば

きぬそばといえば陽気なご主人。「どっも〜」「こんっちわ〜」と素頓狂なかけ声がいいんだ。ここはカレーも売り物で、とくにカツカレーには並々ならぬ自信があるらしい。

「かつそば」を売り物にするのは赤坂長寿庵系が有名なのだが、あちらのはカツ丼のあたまを温そばに乗せたもの、もしくは野菜をふんだんにサラダみたいに冷やしそばに乗せたもので、まあ、どちらかといえば豪華な食い物です。

それにひきかえ、きぬそばさんのかつそばは、そういうのとはまったく趣の異なるもので、まあ、かき揚げの代わりに薄いトンカツがそばに乗っているだけのもの。しかし、だからといって甘く見てはいけない。なぜかといえば、きぬそばの陽気なご主人は並々ならぬサービス精神の持ち主だからだ。

Img_2717_kinusoba_katu_420

サービス精神の発露が丼の中に見える。わかりますか?

カツそばなのに何故か油揚げが二切れあるではないですか。これこそがご主人の心意気なわけです。

かき揚げを頼めばなぜかイカのゲソが、冷やし蕎麦を頼めばなぜか氷ったつゆが、、なにかひとつおやじさんの気分に応じたおまけを乗っけてくれるんですよ。いい店だなあ。

Img_2718

肝心のカツはというと、脂身の少ない薄切りの豚肉をカツに揚げたもの。どちらかといえばパサパサ系なんだけど、これが好きなんですよ私は。噛み締めるほどにジュワーとした旨味が出て、そばのさっぱりしたうまさを殺す事がない。

「そばにトンカツ」と聞いて胃のあたりがムカムカした人にもぜんぜん大丈夫。どちらかというとかき揚げよりもさっぱりとしてるくらい。そばに合います。ほんと。

Img_2719

看板にも「カツカレー」の文字。ご主人のカツへの意気込みがわかろうというもの。

Img_2720

420円

評価は2点 ☆☆

|

« 蒲田 ニューデリカ | トップページ | ドイツから到着したのは、いったいどこのどいつだい? »

【路麺】名作、これを食わずに帰れない」カテゴリの記事

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

●nopogoroさん

カレーそば/うどんが好きな人には絶対にそれあり!だと思う。

投稿: ケビン | 2012年3月30日 (金) 16時56分

●HIROSさん

カツそばにしてうまいカツは、決してカツ丼でうまいカツではない。という絶好の事例だと思いました。

投稿: ケビン | 2012年3月30日 (金) 16時56分

以前、中野坂上の『坂上』に行った際に、カレーうどんを頼んだお客さんが出て来たカレーうどんに「カツを乗せて」ってカツカレーうどんにしていたのを思い出しました。
カツと蕎麦ツユの相性はカツ丼で分かりますから、これはありでしょうね。
昔、八丈島のうどん屋に何度か行きましたが、そこのカツうどんも美味しかったな〜。

投稿: nopogoro | 2012年3月30日 (金) 11時40分

かつそばはコチラも有名ですね

http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13040894/dtlphotolst/P3981938/

コロッケそばがあるんだから
かつそばもありでしょうね

唐揚げそばも有名だし・・・

投稿: HIRO’S | 2012年3月30日 (金) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/52972588

この記事へのトラックバック一覧です: 末広町 きぬそば かつそば:

« 蒲田 ニューデリカ | トップページ | ドイツから到着したのは、いったいどこのどいつだい? »