« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の記事

2012年5月31日 (木)

神田 神田そば にんじん天ごぼう天そば

神田そば

神田

にんじん天ごぼう天そば

神田そばのいいところは、明るいご主人と元気なお母さん。

自分で盛りつけといて「くぅ〜〜っ、うまそうだねぇ〜〜。お兄さん、お待たせしました〜」とか盛り上がっちゃう陽気なご主人。

このお店に入ったらぜひともこのコミュニケーションに加わってください。そうでないともったいない。

Img_3666_kandasoba_ninjin_gobo_340

ごぼうとニンジンは、薄く縦に割いて揚げたもの。どちらもそれほどインパクトない(笑)ので、これだけをメインにするんじゃなくて、アジ天の追加トッピングなんかにするといいと思う。名脇役ってやつ。

Img_3667

神田駅のガード、工事中であった。昼なお暗いガード下で頑張る神田そば。ありがとう。お母さんもお元気で続けてください。

Img_3668

340円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

【備忘録】 phpMyAdmin3.5.1 が Safariで表示されないときの対処法

【備忘録】

phpMyAdmin3.5.1がMacOS-Safariで表示できない時は、config.inc.php に次の一行追加すると動きます。

$cfg['AllowThirdPartyFraming'] = 1;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外苑前 信越そば ハム天そば

信越そば

銀座線・外苑前駅

ハム天そば

青山通り沿い。絶好のロケーションに位置する孤高の路麺。

■蕎麦、茹でめん、薄茶色っぽくて柔らかめ、悪くない。
■つゆ、ダシよし。濃くはないが鰹がかすかに香る。カエシやや薄め、あまり甘くない。
■ハム天、揚げおき。コロモが微妙にまとわりついたハム。コロモを剥がして食べてもいいです。ハムの塩加減が絶妙。ちょっとしょっぱめのハムがそばにとても合う。ハムの歯触りがまたよくて、弾力が弱く、噛むとホロッと崩れる加減がいいです。これはいい、こういう取り合わせアリです。

Img_1123_sinetu_360

ご主人と男性店員2人でやってる。
みなさん優しいものごしで良い印象。

プラスチック札の自動券売機も健在。

360円

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

新橋 かめや 冷やしたぬきそば

かめや

新橋

冷やしたぬきそば

私はこれがあればひと夏ずっと食い続けていけるかもしれない。そんな気がする名品。

Img_3866_kameya_sinbasi_tanuki_390

冷やたぬの傑作といえばこれ。もっちりした茹でたて生蕎麦、きりりとしたつゆ、サクサクたっぷりの揚げ玉。半熟玉子を崩してタヌキと和えて食うと悶絶する。

かめやの半熟玉子は、白身が温泉風にやや流動していて、黄身は流動せずにギリギリで固まっていない。なので、トロトロ感を楽しみながらも、流れ去ってしまうことなく、箸でつまんで薬味のようにそばとともに少しずついただくことができるというもの。ものすごく微妙な温度管理を完璧にこなさなければこうはいかない。

おかげで、黄身がつゆに薄まることなく、固形でありながらトロっとした状態を味わえる。なんといってもうれしいのは、「ああ、流れちゃうから早く食べなきゃ、、、」とハラハラ気を揉んで気が散ることなく、あるいは「どうせ流れちゃうならその前にズルリと一息で飲んじゃおう」と焦るが故においしさが一瞬で喉元を通過してしまうという残念さを経験せずにすむこと。

すべての店のギョクがかめや流であったらこんなにうれしいことはないのだけど、そこはそれ、かめやでしか味わえないから、かめやに行く楽しみがあるわけ。

Img_3867

意外なほどに厳選された少メニュー。少数精鋭ともいえましょう。

Img_3865

気持ちの良い接客。また食べたくなるのは味のせいだけじゃないのだ。

Img_3868

390円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

青山一丁目 ゆで太郎 海老天そば

ゆで太郎・青山一丁目店

海老天そば

昨年の春頃はうまさに感動したのだが、どうも低迷期にはいってしまったみたいです。

20746615_1465957435_15large

量が多めなのがうれしい。

380円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

鶴見川の源流を訪ねて

鶴見川といえば、富士川、天竜川とならぶ日本の名川のひとつで、その流域は川崎横浜におよび、河口一帯に広がったデルタは川崎の工業地帯となり、工場周辺の地域の暮らしに欠かせない立ち食いそば店が多数開業された。路麺のワンダーランドを育んだ川。鶴見川なくして川崎路麺なし!マザーリバーof路麺。そう言い切っても過言ではないだろう。

河口近く、潮田のあたり

20091003654

中流域の横浜市港北区あたりでは、豊富な伏流水が「二つ池」「三つ池」の景勝を産み、さらにはうどんつゆに柔らか茹でめんで有名な鶴見系路麺が生まれる土壌をつくりだした。ここでも鶴見川は路麺に深くかかわっている。

Img_1715

ところで、鶴見川の水源はといえば、横浜でも川崎でもなく、じつは東京都町田市にあることは意外と知られていない。

駅でいえばJR横浜線・淵野辺からバイクで15分くらい。もしくは小田急線唐木田駅からも近い町田市小山田にある。日大三校の近くといえばわかりやすいだろうか。県道57号というより「津久井道」のほうが知られた道を登戸から下り鶴川を過ぎ「図師大橋」の交差点を遡る。

あの堂々とした大河の面影はまったくない。

Img_4042

さらに遡る。

Img_4044

どじょうやザリガニのとれそうな川。

Img_4045

ふと上流を見ると暗渠が。ここがどんづまりであろうか。あの向こうはどうなっているのか、はやる心は歩みを急かす。

Img_4046

なんと、そこに開けていたのは里山の小さな湿地であった。これが水源か。

Img_4047

ソウルボンバーさんなら迷わず網をもってジャブジャブ入っていきそうな池。

Img_4048

陽だまりに草むしたのどかな湿原。

Img_4049

▼ここが最も奥の部分。残念ながら源流の一しずくを拝むことはできなかったが、広々とぽっかり開いた空間に心が癒される。ものごとにはなんにでも始まりと終わりがある。そんなあたりまえのことを再認識すると人間はなぜかもろもろの人生の苦悩に納得するのである。

Img_4050

ちなみに、河川としての上流端は湿地より少し下流にあった。ここから鶴見川が始まるのだ。

Img_4051

ありがとう、マザーリバーオブ路麺。

これからも路麺とバイクを見守っておくれ。

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

秋葉原 みのがさ 和泉町店

立ち食い蕎麦探訪 - バイクの蕎麦道

みのがさ 和泉町店

日比谷線・秋葉原駅、徒歩5分

日比谷線の駅を出て御徒町寄り、昭和通り沿い。

■蕎麦、生めん茹で置き。白っぽくて細くて長い。茹で加減が足りなくて固い。残念。
■つゆ、ダシまあまあ、カエシ薄い、甘くない。ちょっともの足りない。
■かき揚げ、揚げ置き。よく揚がっていて味も良い。崩れすぎるので食べにくかった。
ワカメ

ちょっと出来が悪いときにあたってしまったようだ。残念。

みのがさは秋葉原近辺に4店ほどある。お店・時間帯・調理人によって出来不出来の差が大きい感じです。

Img_0345

おばちゃんと、男性店員の2人でやってる。おばちゃん愛想よくて良い感じです。

Img_0346

400円

東京都千代田区神田和泉町1-3-2 (土日祝)休

評価は2点 ☆☆

詳細地図を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

早稲田鶴巻町 山吹 山菜そば

山吹・鶴巻町店

東西線・早稲田駅、徒歩7分

山菜そば

山菜そばてのは、なかなか食べないもののひとつですね。メニューにある店も多いのだけど、めったに食べたことがない。おそらく皆さんもそうだと思う。

山菜が好き嫌いというよりも、基本的に難しい食材なのだよね。とくに保存食品の山菜はアク抜きの匂いがきつくて、そばやダシの香りをだいなしにしてしまうことすらあるので、私にとっては山菜そばを頼むのはものすごくバクチに近いものがある。はたしてこの店はアタリだろうかハズレだろうか。。。なんて考えるのも面倒なので、結局は注文しないです。だれか事前に調査してくれないかな、なんてね。ところでここんち、山吹さんは安心。なぜかというとあひる仮面さんのOKが出てるからなのだ。やはり頼りになるのは達人情報であります。

Img_3103

山菜の前処理もさることながら、つゆがしっかりしていないとまたうまくならないもので、へにゃへにゃしたチカラの弱いつゆでは山菜に負けてしまう。山吹は深みのあるカエシと鰹の香る力強いつゆが見事に山菜とマッチする。

Img_3104

山吹か瓢箪だな山菜そばは。その他では食いたくないと思えるうまさである。

Img_3105

大田道灌の有名なエピソード「七重八重花は咲けども山吹の、実の一つだに無きぞ悲しき」の舞台である山吹の里というのは、ちょうどこの近辺。面影橋から江戸川橋あたりまでの一帯をさすとのことです。

370円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

池袋(JR改札内) 爽亭 アオサしらすそば

爽亭

池袋(JR改札内)

アオサしらすそば

ちょっと腹が減ったので、何気なく池袋駅で山手線をおりてみた。どこかに駅そばがあるにちがいないと中央のコンコースを見回してみるがそれらしきものは見当たらない。ああ失敗だったかと歩みを進めると、おお!どこからともなくそばつゆの香りが漂ってくる。これはもしや!

こういうときは視覚に頼ってはいけない。目に見えないからといって諦めちゃ駄目なのだ。私は静かに目を閉じ、匂いのする方角へ向かう(あ、実際には目開けてます。ころんじゃうからね)

池袋駅の広いコンコースを端から端まであるくことしばし。香りはいっそう強くなった地点に狙いをつけ、角を回り込むと、おお!あった。ありました。横一列カウンターの伝統的駅そばスタンド。

爽亭はJR駅そばにしては珍しくNREでない独立系。上野・国分寺・小田原にも支店あり。いわゆるJR駅そばと比べると遥かにうまいです。面白いメニューを考案してくれるので楽しい。

予てから気になっていた「アオサしらすそば」をいただく。

Img_3808_sotei_430

磯の香りと海藻のトロミが素晴らしい。二日酔いのときにいいねこれ。胃にやさしくて。ちょっと塩っぱいのがまたいい。

興和物産の茹でめんを使用。灰色っぽくて柔らかめ。やや細。ダシよく醤油がきいたつゆとよく合う。

素晴らしいアイデアそば。実質を伴った珍しさ。また食いたいと思わせる一杯だ。

Img_3811


Img_3813


Img_3814

これは関係ないですが、山手線原宿駅。普段あんまり電車に乗らないので、オノボリさん状態で原宿駅で写真とっちゃう。恥ずかしいわたし。

雨に濡れる代々木公園の緑が好きだな〜、山手線の駅でここが一番良い。山手線で唯一パチンコ屋のない駅です。

Img_3815

430円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

静岡・富士 スマル亭

スマル亭 東富士店

静岡・富士、岳南鉄道ジャトコ前駅から徒歩6分くらい。国道139号沿い荒田島交差点近く。

東京から撤退したスマル亭ですが、本拠地の静岡では健在。東冨士店は24時間営業。

桜海老のかき揚げは材料が希少らしく、季節限定(4-5月)メニューとのこと。桜海老かき揚げの単独ではなくて、海老天とのコンボとなる。桜海老の量が少ないのを海老天で補うのだろう。

Img_4014

東海地区ならではの昆布ダシのきいた甘口のつゆ。

肝心の桜海老、ほんとに少なく、あんまり味がなくてちょっと残念。

Img_4015

モーニングもあったらしいけど、よくわからなかった。

Img_4017

追記:モーニングありました。かけ/たぬき/月見のそば or うどん + 焼きオニギリで 300円。4:00-11:00。これでジャポンもできますね、なつきさん。

Img_4012a

Img_4013

このTシャツを着ていけばサービスあるそうです。

Img_4016


Img_4018

評価は2点 ☆☆


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

目白 車そば かき揚げそば

車そば

JR山手線・目白駅、徒歩1分、交番の裏がわ

このお店もそうとう古いらしい。

2011/08から石臼挽きの生蕎麦に変更してうまさパワーアップ。石臼挽きの粉はただの粗挽きではなくて、わずかに不均一な粒子があり、歯ごたえが楽しくなる。いわゆるゆらぎ効果というやつでしょうか。小川のせせらぎや風のそよぎのように強弱に揺らぎがあると人間は心地よさを感ずる。

Img_3033_kuruma_350


Img_3035

完全禁煙なのがえらい。食べ物をおいしくいただくのに煙は邪魔でしかないですからね。

Img_3032

メニュー豊富。駅近くのフードコートといった趣もあり、女性お一人様も多くみられる。女子大生の姿もあり。

Img_3036

階段の脇にあるのがなんともいい感じのおしゃれな雰囲気。坂の街目白ならでは。

Img_3037

350円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

一由 その後

投書活動、盛り上がりを見せております!

1337404228197.jpg

君もJKBに賭けてみないか

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

ストラトキャスターの音

ストラトキャスター使いのギタリスト沢山いますが、私が一番好きな音はこれ。ヘビーゲージの弦でテンション高く、ストラトのボディの空洞を鳴らすように響かせる音が胃のあたりをムズムズさせるブルージートーン。エフェクター最小限の素に近いストラトサウンドの最高峰だと思います。SRVことスティービー・レイ・ヴォーン。

サンバーストの剥げたボディに鼈甲ピックガード、ローズウッド指板がいいなあ、こういうの欲しい。Uシェイプの太いネックので、何処かに出物ないでしょうか。


曲は故ジミ・ヘンドリックスの名曲「リトル・ウイング」

このイントロ、何度聞いてもしびれるスリリングな和音展開、、、天才だなあジミヘン。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

四ッ谷 政吉そば 牛すきそば 【閉店->再開】

政吉そば

JR中央線・四ッ谷駅、徒歩5分

牛すきそば

薄切り牛肉をすき焼き風に甘しょっぱく煮たものを温かいそばにどっさりと乗せた一品。政吉そばならではの満足メニュー。これうまいよねえ。評判よいのも納得の名作。

Img_3021_masakiti_gyu_450

信州の生そばとダシのよいつゆ、そこに甘辛い牛肉がアクセントとなって飽きることのない味に仕上がった。

Img_3022

同じく牛すきの冷やしもあります。

Img_3027

政吉そばといえば路麺大帝の姿あり。オープンテラスに陣取り眼光鋭く路麺を語る。本日の話題は東京最古の立ち食いそば。戦争による断絶の歴史をひもとく。

Img_3024

Img_3026

イナサワの麺を使用。

Img_3023

路麺大帝、しゃべり疲れて帰る背中に哀愁が漂う。さらば、またいずこの立ち食いそばやで再開を願う。

Img_3025

450円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

中津 キッチン中山家 【閉店】

キッチン中山家

しいていえばJR相模線・原当麻

残念ながら、2014、閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。情報提供:ケッタライダーさん

中津工業団地近く、パチンコ屋ジリオン向かい

もとはラーメン屋だった真っ赤なお店。屋号に「キッチン」とあるが、とくに洋食屋というわけではない。パチンコ客がメインの客とのことで、土日も営業する。宮ヶ瀬方面へのツーリングの途中にうってつけだ。

■蕎麦、茹でめん。茶黒っぽい感じ。蕎麦の風味がかすかに感じられなくもない。悪くないです。
■つゆ、ダシよし。ややカエシ濃いめの醤油しょっぱめ。おいしいです。
■かき揚げ、揚げ置き。自家製。タマネギざくざくとたくさん。コロモ薄めでサクリと揚がった家庭風。こういうのすき。

Img_3013_nakayamaya_360

これは驚き。なかなかよい味。パチンコ屋向けの路麺には正直なところあまり期待してなかったのだが裏切られてうれしい。さほど濃くはないもののダシをきちんと引いているところがえらいです。このての店は100%グルソーなんてのが珍しくないですからね。

Img_3014

この店舗はパチンコ屋から借りているそうです。「食べ物屋をやる」との条件で安めの賃料らしい。パチンコ客は勝てばそばを食うのかしら?負けると食欲どころではないだろうね。やらないからわからないのだけど。

パチンコ客目当ての店なのに店内完全禁煙!えらいです。ご主人の勇気ある行動に心から拍手を送る。

Img_3015

愛川町はのどかな田舎風景が続く素敵なところです。下の写真は中津川にかかる「馬渡橋」。小さな鉄橋で車線が狭いため、片側交互通行。信号もないけどきちんと守ってるところがのんびりしていいですよ。

こういう道をバイクでとことこ走ると、ほんとにココロが癒されます。皆さんもぜひどうぞ。

Img_3016

360円

(隔火)休、土日営業

評価は2点 ☆☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

日暮里 一由そば かき揚げBそば

一由そば

日暮里

かき揚げBそば

一由そばといえば、茹でめんとガツンつゆの絶妙なコンビネーション、そして多彩な天ぷら。とくに外せないのはジャンボゲソ天(略してJG)。

で、「かき揚げB」ていう一風変わった名前の天ぷらがあることは知っていたのだが。なんとなく食指が伸びない。たぶん「B」という文字が悪いんだな。なんだか料理っぽくないし、安っぽい。まあ安いのは承知なんでいいのだけど、「B」だと薬品みたいというか工業製品みたいというか、とにかく味気なさそうなイメージが先行する。なので敬遠してました。

ところが、一由中毒でもあるプリンスロメンことsue__meさんは「ものすごくうまい、もう一由では「B」しか考えられない。ケビンさんまだ食べてないの」て言うじゃないか。焦りましたね。プリンスに先を越されてしまった。。。名前の悪さごときに躊躇していた私が馬鹿だった。。。

ということであっさり主張を曲げていただく。で、結論は。

「ものすごくうまい、もう一由では「B」しか考えられない」!!

かき揚げBとはなんぞや、それは「イカゲソのぶつ切り、長ネギのぶつ切り、紅ショウガ」これらを小麦粉のコロモ多めにゆるくかき揚げたもの。こう書いても想像しにくいのでわかりやすくいうと「平たいたこ焼き」であります。

まさにジャンキーな味。これこれ、縁日の味!!ちょっと焦げた感じがまたいい。ソース味じゃないけど、ガツンと濃いつゆと相まってタマランチ会長!

Img_3765_itiyosi_kakib_300

あ〜、たまらんわあ〜。童心に戻ってしまうね。ここはぜひひとつ、ジャンボかき揚げB、略称JKBを実現させたい。一由そばさんは意見箱があるから、要望書を沢山書けば願いを叶えてくれるかもしれない。48人集めてJKB48に、、、あ、それを書きたいための強引なネタです、すいません。

Img_3766

盛り塩あり。お客さんに寄ってもらいたいという意味だそうです。牛車の牛が塩をなめたくて歩みを停める。そういう故事からのもの。

Img_3767

立ち食いそばにしては珍しく、コーポレートアイデンティティの確立した店舗。黄色看板なんんだけど、マゼンタ弱めのレモンイエローなのが優しい感じで、一由のファミリーぽさが感じられていいです。

Img_3768

300円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

早稲田鶴巻町 山吹 しいたけそば

やまぶき

東西線・早稲田駅、徒歩8分

しいたけそば

肉厚の椎茸を薄しょっぱ目に煮込んだもの。つゆの鰹昆布と椎茸が渾然一体となった、まさに出汁ワールド。出汁を純粋に楽しみたい人にはたまらない一杯。

ちょっと小腹を満たすのに最適ではないでしょうか。おやつとはいっても、天ぷらそばだと重いし、かといってかけそばだともの足りない。そういったときにはこれだよ。

Img_3001_yamabuki_sitake_370

そばよし、つゆよし。清潔なお店もいいですね。大満足。

Img_3002

キノコに詳しいsue__meさんによれば、 「昆布の旨味はグルタミン酸、カツオの旨みはイノシン酸、椎茸はグアニル酸っていう核酸成分の一種です。これだけ多彩な旨みを味わえる日本人に生まれて良かった!」 なるほど~。そういうのを知るとうまさも倍増です。

Img_3003


Img_3004


Img_3005

370円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

鵜ノ木 はや川 ごぼう天そば

はや川

東急多摩川線・鵜ノ木駅、徒歩1分

ごぼう天そば

このお店は製麺工場隣接の直営店。表通りからはよくわからないお店の横手奥のほうに立ち食いの店舗がある。完全立ち食いの小さな店。ラーメンが人気。

もっちりした太めのそばがうまいですね。銀座の歌舞伎そば、あるいはかめやを彷彿とさせる「手繰る」と呼ぶにふさわしい面構え。つゆはややラーメンチックな甘みがあるグルソーものですが鰹の風味もあって悪くないです。ごぼう天もいい。

Img_2995_hasegawa_gobo_30


Img_2997

製麺工場と同じ建物にある。

Img_2998


Img_2999

300円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

日経トレンディで紹介されました

日経トレンディ誌、5月臨時増刊号で「蕎麦道なび」が紹介されています。フレッシュマン向けに「外回りに必須の7アプリ」として紙面を大きく使っていただきました。

『取引先回りやセールスなどで社外に出ているとき、さっと入ってさっと食べられる立ち食いそばや牛丼はありがたい。まさに、”安、早、うま”の定番といえる存在だ。しかし慣れない土地ではそれらをなかなか見つけられないこともある。そんなときのためにインストールしておきたいのが「蕎麦道なび」。。。』

Img_3961


| | コメント (18) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

日本橋 よもだそば たらの芽天そば

よもだそば

日本橋

たらの芽天そば

季節の限定メニュー。茹でたて生そば、パワーアップしたダシのつゆ。そして揚げたてのたらの芽。甘くて微かに渋い春の味。素晴らしいです。味もいいが値段も。この内容で信じられない安さ。

Img_3956_yomoda_nihonbasi_440

日本橋店新装と銀座店開店にともない、2012/05/10そばが茹でめんから自家製生そばに変更された。なんとも大胆な進歩。

黒っぽい自家製麺は旧来のよもだそばの味を正統に受け継いだもの。これまでのよもだファンにも違和感なくスッと受け入れられると思う。コシ、のどごし、歯触り、そして口中に残る蕎麦の香り。よもだ店長渾身の作品。

たいていの有名な自家製麺の店は、もっと白くて極細い上品な蕎麦に仕立てるのだが、あえて黒くて中太の野趣ある蕎麦を追求したところに店長のこだわりを強く感じる。

うまい蕎麦ではあるが、いわゆる高級手打ちそばの廉価版ではない。立ち食いそばとしてのうまさを追求していったらこうなった。そういう必然性を感じさせる味。なので、茹でめん好きの路麺ダーにも違和感ないと思う。

Img_3957

地下室の奥半分は製麺工場に改装された。日本橋と銀座で使うそばは毎日ここで作られる。日に何度も製麺するらしいので、打ち立ての蕎麦が味わえる。

Img_3958

実はわたし、幸運にも自家製麺の開発最終段階で試食させていただくことができた。そのときの出来ばえも十分に良かったが、さらに工夫と改良を加えて完成に至った。早朝から夜遅くまで無休のお店をきりもしりながら製麺の研究に余念のない店長さん。すばらしき路麺馬鹿だ。

「ケビンさん、私思うんですけど、立ち食いそばはあくまでも「立ち食いそば」であって、決して「安い普通の蕎麦」じゃないんですよ。それぞれ全然ちがう食べ物で、全然ちがう良さがあるんです。」と自らの立ち食いそば観を力説する店長の迫力と体重に、正直なところわたく気圧されてしまいました。そのとおりですよ。この人なら立ち食いそばを、もっともっと面白くしてくれるにちがいない、と思う。

Img_3789

店長さんのご好意で試食蕎麦をいただき、家で茹でて食べた。温もいいけど、冷やしがさらにうまい。これからの暑い季節、よもだの冷やしそばが人気を呼びそうだ。

Img_3794

製麺機械。こういうのワクワクするなあ。機械好きなので。店長、わたしを雇ってくれないかな、アプリ制作とバイク乗りの片手間に製麺機械を動かすバイト、だめ??

Img_3959

新調された看板。銀座店と同様に白でスッキリ。のれんもいい感じ。

Img_3960

440円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

浜松町・金杉橋 六文そば 玉ねぎかき揚げ天そば

六文そば

JR山手線・浜松町駅、徒歩7分

たまねぎかき揚げ天ぷらそば

金杉橋の六文そば、ちょっと目立たない存在ですが、実力はあなどれない。

Img_2987_rokumon_kanasugibasi_350

六文そばのなかではヘビー級。

Img_2988


Img_2990


Img_2989

350円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

衣笠 本陣

本陣

JR横須賀線・衣笠駅前

横須賀線の衣笠は、どちらかといえばマイナーな駅で、あんまり足を向ける事がない。

■蕎麦、生めん茹で置き。白っぽくて細い、コシあり。ツルツルさが冷麦風の食感。こういうの好きです。
■つゆ、ダシとてもよい。カエシの醤油が濃く甘い。いわゆるガツン系。まさかここでこの味に合おうとは。醤油の香ばしさが際立つ。私はこういうの大好き。
■天ぷら、揚げ置き。自家製。具はごく少ない。コロモを網のように薄く広げた独特の揚げ方。丼を蓋のように覆う大きさ。初めはサクサク。つゆにとけるとフワーとほどけて散り散りになる様が美しい。油切れが良く、軽くてくせのない味わい。油質良く胃にもたれない。そばとからめて食べるといいですね。

ひとくち食べて驚く衝撃のうまさ。こんなところに名品が隠れていたとは。大発見の喜び。

Img_3911_honjin_kinugasa_450

横須賀でしか見る事のない独特の天ぷら。ここ以外ではえびす屋@横須賀中央、船食@京急田浦でしかお目にかかったことがない。京成沿線で見かけるお好み焼き風のペラい天ぷらとも全く構造が異なる。

横須賀にだけ伝わる秘伝の揚げ方なのか、由来に猛然と興味が湧く。息子さんとおぼしき店員さんに、これ揚げるの難しいでしょうね、と軽く伺ってみると、「はい、難しいです」と爽やかな笑顔で答えてくれる。ああ、いい感じ。次回はもうちょっと話ししてみよう。

さて、この天ぷら私が命名するところの「スカ天」といたしました。ご当地横須賀のスカ、そして網の目のようにスカスカな外観からは、このようにしか表現しようがない、まさに珍品。

Img_3912

素晴らしくうまいです。埋もれた名店といえよう。これまでこの店に来れなかったのは日祝休みだからなのだ。念願の来店とうまい一杯に大感激。

Img_3913

ご家族で経営しているようだ。うまい路麺店の条件その1は、人件費や家賃などの経費をなるべく節約してそのぶんを材料費にまわすことだが、ここは良さそうだ。

写真右側に揚げた天ぷらが見える、これが「スカ天」。

蕎麦粉の袋を壁に貼ってあるところを見ると、そばは自家製麺かもしれない。

Img_3914

持ち帰りもできる。

Img_3916

当地で長いこと営業している様子がうかがえる。

Img_3915


Img_3918

いかにもJRローカル線ならではの駅舎の佇まい。ローカルとはいっても横須賀線は東京駅まで乗り入れてるんだけどね。

Img_3917

450円

横須賀市 (日祝)休、(土)09:00-15:00

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

横須賀中央 えきめんや 牛すじと菜の花そば

えきめんや

京急線・横須賀中央駅Yデッキ下

牛すじと菜の花そば

奥まったところにあってわかりにくいです。改札外、駅前広場に面した向きにある。

牛スジと菜の花そばは、春の季節限定メニューですが、5月に入ってもまだ売っていた。

灰色っぽく、やや固めの茹でめん。つゆはダシまあまあでカエシ濃く、かなり甘い。牛すじはよく炊かれてトロトロに柔らかい。甘めの味付けがそばに合う。茹でた菜の花はシャキシャキとして牛スジと相性よし。わりと気に入った一杯。

Img_3903_ekimenya_yokosuka_390

来年もまた食べたいな。定番にしてほしいくらい。

Img_3904_2


Img_3905


Img_3906


Img_3908


Img_3907

休日なので駅前広場でイベントが催されていた。エキゾチックなダンス、えがったよ。横須賀は港町の風情と米軍の文化とごっちゃになった開放的でおおらかな感じのところが好きだ。

Img_3909

このデッキの下の奥にある。わかりにくいが探してください。

Img_3910

390円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

西新宿五丁目 ウエスコ狭山蕎麦 肉そば(特製もち豚)

ウエスコ狭山蕎麦

大江戸線・西新宿五丁目駅、出口横

肉そば(特製もち豚)

いちおしメニューらしい「肉そば(特製もち豚)」をいただきました。生めんではないかと思えるような茹でめん。ダシよく、カエシ濃いめでやや甘いしっかりしたつゆ。まさにウエスコならではの味わい。つゆは都心向けに味わい深くグレードアップされた感じ。

力強いつゆと素直な肉の味が素晴らしく調和してとても良い。

Img_3407_sayama_sinjuku_niku_470

特製もち豚、脂に臭みがない、すごく上等。私はどうも肉の脂臭さに弱いほうなのですが、これならOK。いつでも食いたい。

細かなタヌキが乗ってるのがまたいい。豚のあっさり感にコクが加わる。

Img_3408


Img_3406

練馬・清瀬まで行かなくて済むのはうれしい。

Img_3405


Img_3409

470円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

神保町 利根 あじ天+いも天そば

利根

神保町交差点そば

あじ天+いも天そば

2011年になって、蕎麦とつゆを刷新したそうです。そういえば2011夏に冷やしを食べたとき、えらくうまかったのを想い出した。

蕎麦粉55%と良心的な配合。ダシを改良。白っぽく上品な蕎麦が黒みをおびて野趣をまといパワーアップのうまさ。

Img_2962_tone_aji_imo_440

珍しい「さつまいも天」があるので食べてみます。でかいよ、でかい。

Img_2963

いも天、すごすぎ。写真ではわからないかもしれないけど、実物は巨大です。食後3時間たっても胸焼けがする。

そばも天ぷらも単体ではものすごくおいしいのですが、どうもこの組み合わせは私にはヘビーであった。

Img_2964

麺のやまたけのそばを使用。

Img_2965


Img_2966


Img_2967

440円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

ちょっと心配ですね

そろそろ一月くらいたちます

Img_3871


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

味付け玉子の考察

Img_3691


Img_3755


Img_3770


Img_3771


Img_3774


Img_3772


Img_3773


Img_3783


Img_3793


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

逗子 大船軒

大船軒

JR横須賀線・逗子駅、構内改札内外から入店可

どうも茹でめんがゴワゴワしてあんまり好みではありません。つゆとそばの馴染みが悪く味に一体感が乏しい。

Img_2949_ofunaken_zusi_370


Img_2950

それほど濃いのか?と拍子抜けしたポスター。これのおかげで期待が高すぎたので落差が大きかったのかもしれません。

Img_2951


Img_2952


Img_2954

評価は2点 ☆☆

無休、06:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

新逗子 えきめんや

えきめんや

京急逗子線・新逗子駅、構内改札外

新逗子駅三階、東口改札を出たところ。

■蕎麦、生めん茹でたて、注文受けてから茹でる、黒っぽくて細い。コシあり、ほのかに香りあり。噛むとハラリとほどける手打ち風合いあり。おいしい。
■つゆ、ダシよし。無化調、鰹の香るマイルドさ。カエシあっさりめ甘くない。そばとバランスよし。
■かき揚げ、揚げおき、コロモ薄くよく揚がりうまいです。

これは良い。驚きのうまさ。

Img_2946_ekimenya_sinzusi_390

えきめんやは店舗ごとに独立した仕様で、うかがったところ「うちは他の店とは違ってここだけのものなんです」との事。

ほんとにうまいです。驚きのうまさです。と褒めると、おばちゃん(大きいほう)のお顔がみるみるほころんで優しい笑顔になった。ああ、これですよ。こういう笑顔を見たくて立ち食いそば屋を巡ってるようなもんです。こちらまでうれしくなる。

手作り感とプロフェッショナル感を併せ持つ名店だと思う。

Img_2947

えきめんやのセオリーどおりおばちゃん二人組できりもりする。

Img_2948

390円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

銀座 よもだそば ニラ天玉そば

よもだそば

銀座

ニラ天玉そば

よもだそばといえば日本橋の名物店、カレーとラーメンのうまい店として最近めきめきとメディアの露出が増え大繁盛ゆえ、2012/04/28、待望の二号店を出店することになった。しかもなんと「ザギン」というから驚くじゃないの。

銀座通りのアップルコンピュータからちょっと入ったところ。なんとも素晴らしい立地だ。立ち食いそばを食って、アップルに立ち寄れる。まるで私のために配慮してくれたかのようですなあ。

Img_3878_yomoda_ginza_nira_400

ニラ天玉そば、これいい。私好み。ニラって天ぷらにこんなに合う野菜だとは思わなかった。天ぷらにすることでニラ臭さがマイルドになり、サクサクな野菜としていくらでも食えちゃう、そんな感じ。これいいわ、いつも新鮮な驚きを与えていただいて楽しいお店。

昆布ダシが増量されて旨味と深味の増したつゆ。研究熱心だなあ。

Img_3879

銀座店は椅子席のみ。奥に細長い。

Img_3877

このかたが店長さん。若い頃はバックパッカーで世界を旅したそうです。世界各地の個性的な民族料理をそばとのコラボで再現するのがライフワークというから困ったものだ(笑。イケメンの素顔をロメンに包む。そんな愛すべき人物。

Img_3880

銀座らしくすっきりと上品な看板。いいですね。

Img_3881

インターナショナル感覚あふれる立ち食いそば屋として、ニッポンの顔・銀座をおとずれる観光客に愛されることでしょう。

400円

東京都中央区銀座4-3-2 無休、07:00-22:30


海苔たまごそば

これ、思いのほかうまかった。こういうの大好きです。週替わりでもう終わっちゃったけどまた食べたいな。

Img_0137_noritama_360

おでん風の煮玉子。そばつゆのカエシに漬けたそうです。海苔の香りがよくて蕎麦が進む進む!

Img_0138

銀座と日本橋の2店で、それぞれの店長さんのオリジナル週替わりそばをはじめたとのこと。なかなかおもしろいですね。どうやら、銀座は上品な、日本橋はワイルドな、そんなテーマがありそうだ。

Img_0139


Img_0140

360円


ふきのとう天そば

春の嵐の去った翌日、ポカポカした陽気に浮かれ春風のささやきに促されるようにやってきたのは、銀座のよもだそば。注文はもちろん恒例のふきのとう天ぷらそば。「旬の天然野草」シリーズ第一弾だそうです。

ほろ苦さと甘さ、うまいですね。わたしは毎年、これを食べると冬の寒さで固まった身体がほぐれるような気がします。春到来の行事ともいえますね。

Img_1055

これで390円、お得だと思う。

そばもうまいです。自家製のコシある蕎麦と、昆布と鰹のきいたマイルドなつゆ。

Img_1056

たぶん4月二週もやってるとおもいますが、季節ものですので、気になるかたは早めに行ったほうがいいかも。

Img_1057

390円

評価は3点 ☆☆☆


よもだそば

銀座

もやしがどっさり(およそ一袋)乗ったそば。ヘルシーなので、ついついおやつに食べたくなる。銀座アップルストアに近いので、ちょっと寄ったついでに食べちゃう。

Img_0510

たぬきをかけたらさらにおいしくなる、というのは路麺大帝ことsobaさんの発案です。

Img_0511

そばも量たっぷりでうれしい。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

日本橋 よもだそば ラそばふきのとう天

よもだそば

日本橋

ラそばふきのとう天

ちょっと古い情報ですみません。よもだそばの季節限定ふきのとう天ぷら。

1335732203539.jpg

よもだそば提携の東北牧場産旬の山野草。その辺のスーパーで売ってるやつとは味と香りが全然違う。山菜好きならたまらない、毎年春になるとこれが楽しみ。

1335732204687.jpg

50円追加でラーメンの麺に変更することができる。名付けて「ラそば」。そばつゆに中華麺、ちょっと躊躇しちゃうよね、普通なら。私もそうでした。

ところが、物は試しと食べてみたらこれがうまい!お世辞じゃなく本当にうまいのよ。鰹の香るつゆと緩く縮れた細麺が抜群に相性が良い。麺がつゆの香りを運んでくれるとでもいいましょうかね。

コッテリした中華スープよりも遥かにそばつゆが中華麺に合う。また、皮肉なことにそばよりも中華麺の方がつゆ本来のうまさを引き立ててくれる。

こいつは驚いた。アイデアマンのよもだ店長に不覚にも一本取られた。

脂気がないので健康的なのも良い。ラーメンはどうも高カロリーで…と心配なさる中高年にうってつけだと思う。

これまで私の好きなラーメンといえば、新角、三松といった立ち食いそば屋のシンプルラーメンでしたが、今年より晴れてよもだラそばが加わることになった。「路麺界三大ラーメン」の一角を占める、それくらい断言できる素晴らしさだ。

ラーメンもうまいカレー屋として邁進して欲しい

1335732205009.jpg

1335732206512.jpg

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »