« 秋葉原 みのがさ 和泉町店 | トップページ | 青山一丁目 ゆで太郎 海老天そば »

2012年5月26日 (土)

鶴見川の源流を訪ねて

鶴見川といえば、富士川、天竜川とならぶ日本の名川のひとつで、その流域は川崎横浜におよび、河口一帯に広がったデルタは川崎の工業地帯となり、工場周辺の地域の暮らしに欠かせない立ち食いそば店が多数開業された。路麺のワンダーランドを育んだ川。鶴見川なくして川崎路麺なし!マザーリバーof路麺。そう言い切っても過言ではないだろう。

河口近く、潮田のあたり

20091003654

中流域の横浜市港北区あたりでは、豊富な伏流水が「二つ池」「三つ池」の景勝を産み、さらにはうどんつゆに柔らか茹でめんで有名な鶴見系路麺が生まれる土壌をつくりだした。ここでも鶴見川は路麺に深くかかわっている。

Img_1715

ところで、鶴見川の水源はといえば、横浜でも川崎でもなく、じつは東京都町田市にあることは意外と知られていない。

駅でいえばJR横浜線・淵野辺からバイクで15分くらい。もしくは小田急線唐木田駅からも近い町田市小山田にある。日大三校の近くといえばわかりやすいだろうか。県道57号というより「津久井道」のほうが知られた道を登戸から下り鶴川を過ぎ「図師大橋」の交差点を遡る。

あの堂々とした大河の面影はまったくない。

Img_4042

さらに遡る。

Img_4044

どじょうやザリガニのとれそうな川。

Img_4045

ふと上流を見ると暗渠が。ここがどんづまりであろうか。あの向こうはどうなっているのか、はやる心は歩みを急かす。

Img_4046

なんと、そこに開けていたのは里山の小さな湿地であった。これが水源か。

Img_4047

ソウルボンバーさんなら迷わず網をもってジャブジャブ入っていきそうな池。

Img_4048

陽だまりに草むしたのどかな湿原。

Img_4049

▼ここが最も奥の部分。残念ながら源流の一しずくを拝むことはできなかったが、広々とぽっかり開いた空間に心が癒される。ものごとにはなんにでも始まりと終わりがある。そんなあたりまえのことを再認識すると人間はなぜかもろもろの人生の苦悩に納得するのである。

Img_4050

ちなみに、河川としての上流端は湿地より少し下流にあった。ここから鶴見川が始まるのだ。

Img_4051

ありがとう、マザーリバーオブ路麺。

これからも路麺とバイクを見守っておくれ。

|

« 秋葉原 みのがさ 和泉町店 | トップページ | 青山一丁目 ゆで太郎 海老天そば »

ワンダー空間」カテゴリの記事

コメント

●スさん

見ましたみました、スさんのページ!
いい感じでしよね~

投稿: ケビン | 2012年5月30日 (水) 06時12分

小網代はうちトコの昨日のネタにしました。(笑)

カニの放仔、都合つけば見に行きたいと思ってます、でも十日過ぎから、また仙台なんですよね(泣)

みうらは二輪の場合近所まで行けますが、最後の数百メートルは必ず徒歩ってパターンが多いですね。
クルマだと邪魔にされます(笑)

投稿: ス | 2012年5月30日 (水) 01時11分

●ボンさん

そうそう!小網代ですよね。行きたいな〜〜

今年行きたいところ一番め

投稿: ケビン | 2012年5月29日 (火) 15時11分

●namaさん

もしかしたら同じところかもしれないです。雨がふらないときはnamaさんのようになるのかもしれませんね。このところゲリラ的な豪雨が多いので水が溜まっていたのかな。

投稿: ケビン | 2012年5月29日 (火) 15時10分

間違いなくジャブジャブしちゃいます(笑)

三浦の小網代の森いいっすよ~来月あたりにはアカテガニが這い出してきますw

投稿: ボン | 2012年5月29日 (火) 15時00分

あっ、ケビンさんが蕎麦じゃない記事を書いている!w
バイクで川を延々遡っていくという旅、良いですねぇ。バイク乗れないので、うらやましいです。
わたしは徒歩で、鶴見川の源流だけ、見に行ったことありますw ⇒
 http://kaeru.moe-nifty.com/ankyo/2010/09/post-9416.html
ケビンさんが書いてるのと風景が違って見えますが、小山田ではあると思うので、すごく近いところでしょうね。最初の一湧き、ものすっごーーく綺麗でした。
でも、「上流端」表示は見ていなかった気がします。またぜひ行きたい場所の一つです。

投稿: nama | 2012年5月28日 (月) 18時42分

バイクで路麺だと連食がきつくなってきますが
チャリで路麺だと五軒は行けますなあ・・・

塩分に気をつけなきゃあ・・・

投稿: HIRO'S | 2012年5月28日 (月) 15時10分

おお~面白そう~

投稿: ケビン | 2012年5月28日 (月) 08時19分

ここですー
http://goo.gl/maps/hVB2

よくチャリダーが休憩してます

投稿: ばかぼん | 2012年5月28日 (月) 06時39分

●ひえいさん

なかなか良いとこでしたよ~

投稿: ケビン | 2012年5月27日 (日) 17時08分

●スさん

三浦にも原生林みたいないいとこありますよね。私も行ってみたいです。バイク停めるとこあるのかな?

投稿: ケビン | 2012年5月27日 (日) 17時06分

●ばかぼんさん

実は仕事の途中だったんですけどね。(^-^)/

その売店みたいなの、鴨居の近くなんですか?気になりますね。

投稿: ケビン | 2012年5月27日 (日) 17時04分

●sobaさん

自転車で尾根幹線から行けますよ

投稿: ケビン | 2012年5月27日 (日) 17時02分

●HIRO'Sさん

なるほど~

投稿: ケビン | 2012年5月27日 (日) 17時01分

●路庵さん

隅田川もそうなんですが、あちらはメジャー過ぎて、どうも路麺だけで独占できない(^-^)/

投稿: ケビン | 2012年5月27日 (日) 17時00分

●たけさん

鶴川の駅の近くを流れている、小田急線の下をくぐるのが鶴見川ですよ!

投稿: ケビン | 2012年5月27日 (日) 16時58分

いやー、見るからにサイクリングしたらよさそうだと思って記事読んでたら、HIRO'Sさん、あるんですね、サイクリング・ロード。行きたいなあ。そば食いながら。

スさん、そう、その通り、自然はそんなやわなもじゃありませんよね。環境が破壊されて一番困るのは、やわな人間です。

投稿: ひえい | 2012年5月26日 (土) 20時23分

楽しそうですねえ!

なぜか、心の中で、異常な盛り上がりを見せるんですよね。

この春、マイブームは、三浦半島です。
時間が出来ると散策してます。


そうそう、田畑として開墾された土地。
人間の手が入っても、休耕地となって、20年くらいすると、人跡未踏的な森林に戻るそうで、
人が心配するほと自然は弱くないみたいです
(絶滅した生物が復活することはありませんですが)

投稿: ス | 2012年5月26日 (土) 18時33分

いい記事だなぁ。。
こういう遠足楽しそう。

鴨居あたりの人道橋から見る富士山綺麗ですよ。
ダイヤモンド富士も見えたりして。
あ、もちょっと下流の売店というか休憩所というか、、
おそばがあるか調べようと思ったんだった。

投稿: ばかぼん | 2012年5月26日 (土) 16時25分

ふむふむううう 
いいところですよねええ
歩いて行くとすげえええ 遠いんですよね 爆
たどり着けないくらい

投稿: soba | 2012年5月26日 (土) 14時31分

鶴見川のサイクリングロードが良いのよ

投稿: HIRO'S | 2012年5月26日 (土) 11時22分

マザーリバー・オブ・路麺か!
いつも表現が面白いなあ。さすがケビンさん!

投稿: 路庵 | 2012年5月26日 (土) 10時42分

 おはようございます~

 工業地帯を支えた鶴見川、源流は和める場所なんですねぇ

 町田といえば通ってた大学の敷地内が都県境で入り口が町田だったんですよねぇ

 そういえば近所を川が流れてたけど、あれが鶴見川なのかなぁ

 全く興味がなかったんでよく覚えてないんですが(^_^;)

投稿: たけ | 2012年5月26日 (土) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/54800677

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見川の源流を訪ねて:

« 秋葉原 みのがさ 和泉町店 | トップページ | 青山一丁目 ゆで太郎 海老天そば »