« 須田町 六文そば いかげそ天そば | トップページ | 新橋 おくとね まいたけ天そば »

2012年7月 7日 (土)

ZRX1200 リアブレーキ パッド交換

どうもリアのブレーキが鳴くようになった。リザーブの液も少ない。パッドが減ってピストンが出た分だけリザーブ液面が低いようだ。

新車時に付いていた純正のリアパッドは約5万キロもった。お世辞にも効きはよくなかったが、恐るべき長寿命であった。効きが悪いんで、あまりリアを使わなかったというのもあるけどね。

現在使用してるのはデイトナの赤パッドというやつで、純正に比べると効きもそこそこいいし、なんといってもタッチがいい。コントローラブルと表現するのだろうか、当たりが柔らかくて、ローターに食い込むようにジワーと効く感じが気に入ってます。

タッチが良いかわりに寿命は短くて、今回は約1.6万キロで交換とあいなった。純正の1/3の寿命だ。リアをよく使うようになったので、その分を割り引いても、純正の半分くらいとみても間違いではないでしょう。

好都合なことに近所のナップスでセールだったので、いずれ交換するだろうフロントの分と合わせて買ってきた。銘柄は同じデイトナ。前:金、後:赤。定価の3割引きくらいでゲットできてラッキー。

20120624_134133

今回は距離も乗ったし2度目の交換なので、前回のような簡易方式ではなく、キャリパーの掃除もいっしょにやろうと思いたち、初めてではありますが挑戦してみた。リターンライダー諸子の参考になれば幸いです。ちなみに前回の記事はこちら

敬愛するス師匠がいないので心配ではあるが、なんとかやってみよう。

まずはキャリパーをはずすところから。

トルクロッドのボルト(12mm)を外し、六角穴のボルト(12mm)二本をはずすとキャリパーが抜け落ちる。おお、薄っぺらいパッドがギリギリ残ってるけど、これ以上は無理そうだ。ちょうど良いタイミングだったな。

20120624_134858

ピンを引き抜き古いパッドを外し、ピストンをきれいに掃除する。これが今回の作業の主題です。ブレーキクリーナ(有機溶剤)を少々吹き付けながら、古歯ブラシでゴシゴシとこする。全周まんべんなくこするとピカピカなピストンがあらわれた。

ピストンが傷ついて縦に溝が入ったりすると、密閉が損なわれてフルードが漏れてしまうから交換が必要になるそうですが、確認したところキレイな状態なのでこのままいけそうだ。フルードが漏れた形跡もないので、リングシールの交換は次回の課題として、今回はこれでオッケーとします。

ピッカピカでうれしい。

リアブレーキペダルをちょっとずつ押してピストンを出して奥まで徹底的に掃除する。実際には写真よりもう少し、使用済みのすり減った古いパッドが三枚挟まるくらいまで押し出してます。

ここであんまり出しすぎるとスポンと抜けてしまう。そうなるとフルードが流れ出てしまうので要注意。

20120624_135735

出たピストンは戻さねばならない。そうしないと新しいパッドが入らないし組みつけができない、あたりまえか!

ここで、ピストン戻し用に専用工具を使う人もいますが、私は「ス師匠」から教わったやりかたでいきます。

写真を見れば一目瞭然ですね。古いパッドの板を使ってテコのチカラで戻すのだ。じわりと力をいれると戻ってくれます。「古いバッドが三枚挟まるくらい」まで押し出したのはこれをやるための隙間を確保しておきたかったからなのよ。

20120624_140205

だいたい戻ったところ、もうちょっと戻す必要あり。ここまでくると手でもいけるよ。

20120624_140422

さて、もうひとつやらねばならないのがこいつです。パッドを押さえるためのピン。これがきれいなほうがパッドが動くときの抵抗を減らすことができて、つまり微妙なタッチが向上する。

こいつはパッドの削りかすに常にさらされているので汚い。

私はダイヤモンドヤスリで磨いた(写真省略、手が汚くてカメラ持てないのだ)

20120624_140839

パッドとピンを組み込んだところ。けっこうこれがめんどくさい。棒バネを押さえながらやるのは細かい作業で老眼の身にはきついです。明るいところでやらないとぜんぜん見えない。屋外作業でよかったと思える唯一の瞬間だ。

ピンもそこそこきれいになったでしょ。

ちなみにピンにグリスを塗る人もいますが、それはそれで丁寧な仕事でいいんだけど、この場所は雨風にいつもさらされているので塗ってもすぐになくなっちゃうから私はやらない。ついでに書くとパッドの面取りもやらない。あれはプロの人たちが仕事に付加価値を付けるためにやる「丁寧さ」のあらわれなんで、自分のバイクを自分でメンテするときにはやってもやらなくてもどっちでもいいかなと。ご異論あるでしょうが私の考えはそう。

20120624_141739

組みつけたところ。

赤くてかっちょいいのは最初だけで、すぐ黒くなっちゃうけどね。うはは。

20120624_143255

さて、取り外したパッドはこんなでした。

うわわ!!やばいやばい。剃刀のように研がれてますね。もうちょっとでなくなるところだった。

他のバイクはわからないのであれですが、ZRXの場合は、外側のパッドの向かって右下。ブレーキローターでいうと、外周寄りの前輪寄りの部分がもっとも減りやすいところです。

でもここの場所は外から確認しにくいんだよね。下にもぐってみないとわからない。

だから、上から見てこれくらい減ってたらもうだめだよと思ったほうがいいです。

20120624_161436

パッド交換の工賃てそれほど高くない(1500円くらい)ので、腰も痛いし眼も見えないし、よっぽどナップスにお願いしちゃおうかなと直前までグラグラ迷ってたんだけど、お店の人に聞いたら整備待ち時間が2.5時間というんで、それならやっぱり自分でやろうと思いなおしたのです。

でも結局は自分でやってよかった~、楽しかったから。

腰が痛いのは問題です。明日の仕事はきっと効率悪いと思う。関係各位ごめんなさい。

(注:この記事を読んでご自分で作業なさるときはあくまでも自己責任でお願いします。私は一切責任とりませんので悪しからずご了承ください)

追記:<試乗記>

乗ってみたら凄く良い。あたりまえだけどピストン周囲をきれいにしたので引っ込みが早い。グイッと踏んでスッと戻ってくれる。この感触、しばらく忘れておりました。

おかげでタッチがさらによくなり、細かいコントロールをやりやすくなった。チョイチョイとふむと、ジワジワと効いてくれる。低速走行時のコントロールの自在さが増した(というか元にもどった)という感じです。街乗りが非常に楽になった。

コーナリングでも、侵入前にリアをじわーとかけて後輪を安定させるようなときにチョイチョイといける。これまではどちらかといえば、グーと踏んでそれでおしまい、みたいなところがありましたが、微妙なふみしろを残して調節できるのがいいですね。

面取りしてないですが、まったくブレーキ鳴きありませんし、すぐ馴染みました。柔らかめのパッドだからかな?

腰を痛めて作業した甲斐があったというものだ。大満足であります。

|

« 須田町 六文そば いかげそ天そば | トップページ | 新橋 おくとね まいたけ天そば »

バイク」カテゴリの記事

コメント

●南行さん

野良猫と蚊を相手に作業しましたよ。
終わった後のビールはうまいね。
南行さんとこにはイタコさんが冷やかしに行ってるのかな?

椎間板、まだかなり残ってるみたいです。周辺の筋肉が弱ってますね、きっと。腰を鍛えるのってむずかしいですよね。痛めるばかりで。

投稿: ケビン | 2012年7月 9日 (月) 11時15分

●シュリケンさん

そうですね、たしかに、ついでにフルード交換しちゃってもよかったです。

ケロリンの椅子が欲しい〜〜

投稿: ケビン | 2012年7月 9日 (月) 11時14分

●sobaさん

う〜〜ん、いまひとつイミフではありますが、おっしゃりたいことはなんとなくわかります。

甲斐さん、そういうお願い聞いてくれるだろうか???いいひとだからきっと嫌とは言わないだろうけど。

投稿: ケビン | 2012年7月 9日 (月) 11時13分

●スさん

上から目線なんてとんでもない。スさんは敬愛する師匠ですから、上からが当然ですよ!!スさんの手ほどを思い出しながら、いつもブログ読んでます。

今後もよろしくお願いします〜

異径のピストン、そういう意味だったんですね。そういえばZRXのフロント、6ポッドで長いから、あんまり均等に減ってくれません。

投稿: ケビン | 2012年7月 9日 (月) 11時12分

●acchanさん

ぎりぎりセーフってとこでした。
ローター削っちゃうと高いからね。

自分で交換できるようになったので、パッドさえあればいつでもできるから少し安心になりました。

投稿: ケビン | 2012年7月 9日 (月) 11時09分

またまた修理遊びを楽しんでますね。
・・・・・・・
露天ガレージの場合、通りがかりギャラリー相手にビールを呑みながらってのが面白くて絵にもなるんですが、、、それ、無かったみたいですね。 

ブレーキが良くなって、腰が悪くなったんですか。think
やはり、椎間板が摩耗しちゃったんでしょうかthink

投稿: 南行 | 2012年7月 8日 (日) 06時43分

お疲れ様です。
次はフロントの枝豆ですね〜
新しいフルードがある時ですがブリーダー開けてピストン戻すと手だけで軽く戻せますよ!

お風呂の椅子に座ってやると腰に優しいですよ

投稿: シュリケン | 2012年7月 7日 (土) 23時37分

いやーよかっよかった。
私も、自転車いじると、こしいたい、見えない。
まったく、寂しい限りです。そーゆーときは、かいねこさんにお願いしちゃいましょー(笑)

投稿: soba | 2012年7月 7日 (土) 12時55分

おお、すごい!
経験をちゃんと生かすトコ!すばらしいです。
一緒にやった甲斐があるってもんです。
(上から目線の言い方ですみません)

こんどは、キャリパーのオーバーホールしましょうね!

自分でやることの一番の功績は、
この後、何ヶ月か何年か後、ずっと自分で点検確認をする能力得ることが出来る床だと思うデス!
リザーブタンクの量から、残厚を推測するなんて、その成果の一つだとおもうんですね。


*****************
また、変なトコに食いつきます。

パッドの減り方は、飛び込み側のスピードが速いトコが一番減ります。
なので、異径として飛び込み側を意図的に小径にし、平均的に磨耗するようにつくられてるもの(ヤマハに多い)もあります。パスカルの原理で、大きな方が大きな力になりますので、先に動くはず・・・・(きっと)

投稿: ス | 2012年7月 7日 (土) 08時31分

後輪ブレーキって
結構重要なんですよね
低速走行のときとか。
パッドがなくなって
電車ブレーキになる前で
セーフでしたね
DIYお疲れさまでした。

投稿: acchan | 2012年7月 7日 (土) 05時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/55041273

この記事へのトラックバック一覧です: ZRX1200 リアブレーキ パッド交換:

« 須田町 六文そば いかげそ天そば | トップページ | 新橋 おくとね まいたけ天そば »