« iPhoneのホームボタン | トップページ | 八重洲 わんぱく 冷やしげそ天そば+ほうれん草 »

2012年8月20日 (月)

静岡県富士市の路麺探訪 めん太郎、善庵、鐘庵

LM2さんにおしえてもらいました。静岡県富士市の岳南鉄道原田駅には改札外に立ち食いそばがある。

じつはここ私の郷里なので、LM2さんから情報仕入れて初めて気がつくなんてヒジョーに恥しい気持ちがあります。原田駅から歩いてすぐのところにおじさん家もあるしね。

Img_4589

ということでやってきた。岳南鉄道は富士市内をちょろっと走る単線の私鉄です。製紙工場の敷地ををぬうように建設されており貨物運搬用の引き込み線がたくさんある。吉原駅でJRと接続する。乗り入れはない。

ちなみに私の母校は「吉原一中」といいます。なので、千束の山田屋やねぎどんの立地にはとても親しみをもっております。

Img_4588


Img_4586

良い感じの駅舎。

Img_4587

駅の建物と一体ですね。構内といってよいのだろうか。

Img_4580

あいにく日曜日は定休日だった。もしかしたら盆休みでもあるのかもしれない。

Img_4581

荒川製麺の麺箱。荒川製麺は富士市今泉の市立図書館の脇にある。崖下で湧水が豊富な場所にちがいないので、それを生かして創業したのだろう。ちなみに冨士から富士宮にかけて富士山の噴火でできた崖構造が連なっており、崖の下は富士山の雪解け水が湧き出すポイントであるのは、地元民であれば皆知っている。

荒川製麺は有名な「富士宮やきそば」用の麺も製造しているのだが、富士市の業者ゆえやきそば学会には非公認のようです。

吉原一中の給食には決まって荒川製麺のソフト麺でした。校長先生の親戚だったとか云々。。。

はあ、地元うんちくを語って、ようやくLM2さんに借りを返せたような気持ち ^^;

Img_4582


Img_4583

お店の裏手はすぐ線路。

Img_4584

柵もなにもないのが、いいよね~

Img_4585

またもやLM2さん情報なので恐縮だが、めん太郎には支店がある。

富士東高校の近く、和田川から十里木のほうにのぼって東名をこえたところ、といえば地元民ならだれでもわかる。

ちなみに私の母校は富士東高ではなく、もっと平地のほうにある富士高校です。

Img_4592

やはりこちらも休みだった。

Img_4590

どこから見ても「金太郎」だけど、「俺はめん太郎だ」と主張してますね。堂々としたパクリ具合が静岡人らしくていいです。

ちなみに、めん太郎を経営する会社の社長の息子は、私の小学校の同級生であるらしい。妹からおしえてもらった。なんで妹がそんなことを知っているのかよくわからないのだが、田舎の社会というは複雑にからんだ人間模様で成り立っているのだ。妹が近所の道を歩いていたら先方から挨拶してきたということらしい。

同級生君はどうやら私のことをよく覚えているようなので、久しぶりに会って旧交をあたためながら路麺経営の秘訣などを聞き出してみたいものです。

Img_4591

二件連続で振られたので、もう一軒探訪してみた。

富士市緑町に新しくできた「善庵」。押し出し式生そばの現代風路麺。

じつはこれも妹から仕入れた情報なのだ。田舎の情報網はすごい。

Img_4574

あいにくこちらも定休日でした。土日休ですね。

Img_4575

こちらの母体はお弁当やお菓子などを製造する食品会社のようで、新業態に進出らしい。きっと路麺のすばらしさが静岡県にもじわじわと伝わってきたに違いない。フランチャイズ展開を計画しているようだ。パートナーを募集している。妹といっしょに路麺やろうかな?

Img_4576

店内はこんな感じ。

Img_4577

Img_4578

裏手には母体の会社の倉庫。、トラックがとまっていた。

Img_4579

さて、三軒連続ふられてしまい、奥の手を出そうと思う。

旧国道一号線、左富士の付近にある24時間営業のチェーン店「鐘庵」。

ちなみに「左富士」とは、広重の東海道五十三次にもある有名なところです。江戸から東海道を西へ向かうときに、いつもなら右手に見えるはずの富士山が、ここを通るときだけは道がS字になっているために左手に見える、ということから名付けられた由緒正しい地名なのだ。

Img_4597

地元うんちくにも飽きたので、蕎麦のお話。

桜海老の量もそこそこ多くて、コロモがサクサクと揚がり、おいしいかき揚げでした。

Img_4593

つゆは静岡らしい昆布ダシのマイルドさを強調したもの。青ネギがぴったりとマッチする。

Img_4594

セルクルのようなものを使って、都度揚げてくれるからサクサク、ボリューム感あり。

Img_4595

ごちそうさまでした。ようやく食べれてうれしかった。

Img_4596

580円

評価は2点 ☆☆

|

« iPhoneのホームボタン | トップページ | 八重洲 わんぱく 冷やしげそ天そば+ほうれん草 »

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

●オッシーさん

大井川より西のことはどうも、同じケンミンの意識がなくって、ほんとにわからなくてすみません。

浜松まで行くより、東京のほうが近いんです。

そういえば、豊橋駅には関東風の濃い立ち食いそばがあるらしいですよ。今度一度食ってみてください。

投稿: ケビン | 2012年8月20日 (月) 20時21分

●ピエール餃子さん

おおお!!お久しぶりです。
思い起こせば、この路麺探訪シリーズは餃子さんの暖かい激励があったからこそ誕生したものです。餃子さんこそ私の大恩人であります。

おかげさまでアプリも好評で、、いえいえけっして餃子さんのことを忘れたわけじゃないんですよ。きっとどこかの温泉宿でツーリングの疲れをいやしているんだろうなあと、いつも気にかけてはいるんです。

川崎1400GTRからトライアンフタイガーに乗り換えたそうですが、ヨーロピアンな感性のある餃子さんのことですから、きっと素敵にのりこなしてくださると思います♪

投稿: ケビン | 2012年8月20日 (月) 20時18分

●舞栗さん

義理の弟さんの同級生。。ですか!!

かぎりなく「赤の他人」であるはずなのに、路麺つながりで固く結ばれた義兄弟なわけですね。すんばらしいです。

私も舞栗さんとは他人のような気がしません。新橋や浅草橋の立ち飲み屋で飲んでるときも、どこかに舞栗さんんがいるのではないかと、ふと周りをキョロキョロしてしまうよな、そんな懐かしさがあります。

投稿: ケビン | 2012年8月20日 (月) 20時13分

●LM2さん

エルエム兄さんのご指摘がなければ、きっとずっと知ることもなかったと思います。LM2さんの並はずれた情報収集能力は私の想像をはるかに超えております。

これからも、兄さんの情報におすがりしていく所存でおります。足立区にはおそらく足を向けることもないと思います。。。

投稿: ケビン | 2012年8月20日 (月) 20時11分

●ばかぼんさん

鶴見線も元は私鉄の、しかも工場地帯の資材製品運搬用路線ですものね、とても近いものがあります。さすが目のつけどころがいい!

でも他には路麺あるのかな。終点の岳南江尾には友人の家がありますけど。遊びにいったときも路麺なかったな。インスタントラーメンご馳走になりました。

投稿: ケビン | 2012年8月20日 (月) 20時10分


袋井の鐘庵は潰れたで~(;´д`)


投稿: オッシー | 2012年8月20日 (月) 15時57分

ご無沙汰しております。

めん太郎の絵につられてやって来てしまいました。

熊が片足を上げているので、これから何かおっ始め

ないか心配ですが全体に漂うノスタルジックな雰囲気に

涙が出ました。鐘庵は愛知にも何店か出店していますが

スマル亭は数年前に出来てすぐ撤退してしまいました。

やはり桜えびとしらすの天ぷらに頼り過ぎたのが敗因

でしょうか?

投稿: ピエール餃子 | 2012年8月20日 (月) 10時40分

ぶわっ!(笑)

投稿: 舞 栗 | 2012年8月20日 (月) 06時21分

楽しく読まさせていただきました。私の名前もたくさん出てるし(笑)
善庵の情報はネットに出てこないですね。ネッツトヨタ富士店(富士市緑町5-33)が目印みたいね。
鐘庵富士田島店は、私が伺った3月もそうだったけど、もともと24時間営業じゃなかったんじゃなかったっけ?スマル亭と勘違い?
ちなみに、鐘庵は舞栗さんの義弟の同級生一族の経営なんだそうです。

投稿: LM2 | 2012年8月20日 (月) 05時37分

まだ遺跡のようなお店がありそうな雰囲気。
製紙工場を抜ける岳南鉄道ってのは鶴見線にも似た風情ですねー。

投稿: ばかぼん | 2012年8月20日 (月) 05時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136134/55451503

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県富士市の路麺探訪 めん太郎、善庵、鐘庵:

« iPhoneのホームボタン | トップページ | 八重洲 わんぱく 冷やしげそ天そば+ほうれん草 »