« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の記事

2012年10月31日 (水)

外苑前 信越そば あじ天ちくわ天そば

信越そば

外苑前

あじ天ちくわ天そば

24時間開いている安心のお店。

ここの天ぷらは統一価格で、券売機も「1品」「2品」というようになっている。なのでついつい「2品」を選んでしまう。私はめったに2品乗せることないのですが、ここではなぜかいつもそうなのだ。まんまと術中にはまっている。このシステムを考案したご主人は天才ではないかと思うのだな。

本日は、あじ天&ちくわ天。ここの天ぷらはコロモが無茶苦茶大きいので、2品乗せると、コロモがドンブリ一面を覆い隠し、いったいどこからがあじで、どこがちくわなのか、まったく判別できない。とくに絞りの浅い携帯カメラだとまったくわからない。

Img_3648_sinetu_aji_tikuwa_450

薄めのつゆに、蕎麦らしい風味のある茹でめん。信越そばならではのバランス感覚。軽く食えて大好きなのよ。

Img_3649

あじ天をよけてみたところ。これが竹輪天なのか!!衝撃の映像。円筒形であるはずのちくわが丸く広がっている。よく見ると中心部にはちくわが縦に通っている。いわばこのコロモは「羽根」なんですね。この雄姿は、さながらちくわの胴体に金色の羽根を広げたモスラ!いままさに蕎麦の繭から飛び立たんとする瞬間。と表現するのがふさわしいかも。いや、虫を連想して食欲減退しちゃった人はごめんね。

Img_3650

ここんちの屋号が不明とおなげきのかたのために、証拠写真。スマホアプリなんかにも「信越そば」と登録されてるのに「外苑前そばうどん」とダブって登録する人いるよね。

Img_3651

サバティーニのメニューを食い入るようにのぞきこむランナーあり。

Img_3652

450円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

秋葉原 川一 なす天・いんげん天そば

川一

秋葉原

なす天・いんげん天そば

川一の良さは、抜群のつゆ、限界的柔らかさの茹でめん、サクサクの天ぷら。どれもが個性的、かつ、川一ならではの優しいバランス感覚がギリギリ微妙に調和されたところにあると思う。川一にしかない世界だ。

とくに素晴らしいのはつゆですね。香り控えめだが口に含むと感じるダシ、そしてピンと際立ちながらも味わい深いカエシ。ごくごくと完飲したあとの充実感。さすがの貫録。

Img_3567

柔らかいけれど、箸でちぎれることはない茹でめん。

いんげん、ナスの揚げ具合ほどよく、野菜の旨味を生かしてジワーと滋味あふれる。

Img_3568

ちょっとわかりにくいところにあるが、路麺ファンならば足をのばしてみる価値のあるお店。

夜は居酒屋になる。こざっぱりしたお店で好きだ。居酒屋の部では美人の女将さんが待ってます。

Img_3569

500円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

平和島 あさま げそ天そば

あさま

平和島

げそ天そば

あさまは立ち食いそばの良心。路麺の心。ともいえるお店です。駅前にあり、年中無休でおいしいそばを、しかも格安の値段で食べさせてくれる。立ち食いそばになくてはならない三要素を高いレベルで維持してくださる。私は平和島を訪れるたびに、店主の心意気に素直に頭を垂れ、その姿勢のまま、あさまの暖簾をくぐるのであります。

自家製麺の生そば、ダシのきいたやや濃いめのつゆ。完璧であります。

ここのゲソ天は、かき揚げ風ではなく、ぶつ切りをバラけて揚げたもの。見た目以上に中身がぎっしり詰まっていてプリ感高し、食いごたえあり。しかも食べやすいと、これまた三拍子そろったゲソ天でだ。

Img_3642_asama_geso_320


Img_3643

たしかにこれは「水」なのですが、どうせならもっとわかりやすい透明の水ピッチャーにすれば一目瞭然ではないかとも思うのですが、まあ、いいです。

Img_3640

どれも安い!驚異的な値段だ。これなら競艇に負けた傷心のギャンブラーも腹いっぱい食える、明日へのギャンブルの活力が蘇る、というものです。いやホントは負けたら休むのがいいと思うけどね。

Img_3644

平和島駅の東側、改札出て右すぐにある。

Img_3645

320円!!

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

銀座 よもだそば 海苔たまごそば

よもだそば

銀座

海苔たまごそば

これ、思いのほかうまかった。こういうの大好きです。週替わりでもう終わっちゃったけどまた食べたいな。

Img_0137_noritama_360

おでん風の煮玉子。そばつゆのカエシに漬けたそうです。海苔の香りがよくて蕎麦が進む進む!

Img_0138

銀座と日本橋の2店で、それぞれの店長さんのオリジナル週替わりそばをはじめたとのこと。なかなかおもしろいですね。どうやら、銀座は上品な、日本橋はワイルドな、そんなテーマがありそうだ。

Img_0139


Img_0140

360円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

【備忘録】 Android 開発環境 - Eclipse 4.2 (juno) インストール

久々にEclipse の大きなバージョンアップがあったので入れました。

Eclipsejuno

以下の順番でインストールします。

1、Java : 言語処理系
2、Eclipse : 開発環境
3、Android SDK : ライブラリ
4、SDK Package : Androidエミュレータ本体
5、ADT : DDMSなどのツール

私は英語環境のまま使ってます。

Javaは既に入っていたので割愛
JRE7で動くので、6の人はアップデートしたほうがいいですね。

Eclipse IDE for Java EE Developers をダウンロード
ZIPを解凍したら、Cドライブ直下に入れたほうがいい。ディレクトリ名にはスペース入れないほうがなにかといいです。私は C:\eclipse としました。
http://www.eclipse.org/downloads/

Android SDK は、GoogleからWindows用のインストーラをダウンロードして
入れたほうが確実で早いです。Eclipseから入れようとすると、パスが見つからないとのエラーが出てインストーラが進まなかった。
C:\eclipse\android-sdk とした。
http://developer.android.com/sdk/index.html

ここで再起動
Gitを入れろと催促してきますが、とりあえずパス

SDK Packageは windowsメニューから show tool bar でツールバーを表示して。左から6つめの、ドロイド君が矢印の上にいるようなアイコンをクリック。Android 4.1.2 (API16)、2.3.3(API10)をダウンロード

ADTは、Help - Install New Softwareに以下のURLをAddしてダウンロード。
いろいろ聞いてくるけど Accept ALL , OK と押していけばOK
https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

毎度のことながら Android4.1.2 の最新エミュレータが起動しない。デフォルトのW800サイズの画面なら起動するんだけど、いまさらそれもないだろうしなあ。

いずれ動くことを期待して小さいサイズで開発します。

追記:W800ではあるが、すごく良い設定を発見しました。AVDの設定で、[Hardware:]に[GPU Emulator]を追加し、その下のリストからvalue を yesに変更。起動がものすごく速くなります。動作も速い。なおこの際には [Snapshot : Enabled]をオフにする必要があります。

以上です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

国分寺 だいごろう

だいごろう

JR国分寺駅・北口徒歩1分

小平の「醍醐」という蕎麦屋さんのサブブランドだそうです。北口を出てすぐのわかりやすい角地にある。立ち席なしのやや広い店内。

■蕎麦、生めん押し出し式。注文受けてから茹でる。細めで薄灰色。ほのかに香る。おいしいです。
■つゆ、だしよし、本枯節がほんのり香る。カエシやや濃い目でマイルド、しっかりしたよい味。そばとバランス良い。
■かき揚げ、揚げたて。注文受けてから揚げる。コロモ薄く、野菜の旨味あり。ややバラける揚げ方。油のコクがしっかりしたつゆとよく合う。

日本蕎麦屋の出店でありながら流行の手法を積極的にとりいれたところに、このお店の本気具合を感じました。手堅くうまいです。国分寺に来る楽しみができたというもの。

Img_3625_daigoro_480


Img_3626


Img_3627

480円

東京都国分寺市 無休、07:00-23:00、(日祝)08:00-21:00

評価は2点 ☆☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

渋谷 本家しぶそば とろろめかぶそば

本家しぶそば

渋谷

とろろめかぶそば

略して「メカトロそば」by マハロ菊地さん。

つるつると噛まずに飲み込めるものばかりで、食欲ないときにちょうどよいです。

Img_4784

この手のものは、水っぽくなりがちなんですが、しぶそばのは水切りよく、つゆとそばがよく馴染み、かつネギが新鮮。とても良い丁寧な仕事。

Img_4785

階段のぼってすぐのところ。

Img_4786

評価は2点 ☆☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

鶯谷(東日暮里) 浜田屋 春菊天にんじん天そば

浜田屋

鶯谷(根岸)

春菊天にんじん天そば

鴬谷からちょっと遠いのでなかなか行く機会のないお店。たばこ屋さん併設。

黒っぽくて細くやや固めでぼそっとした風合いは、ちょっとこの辺りではお目にかかれない。つゆはややダシ弱いですが、醤油がきいていて良い感じ。なんといっても激安だし。

Img_3611_hamadaya_340

ここのニンジン天は、極太に割かれていかだ風に揚げられたもの。下茹でしてあるのかとても柔らかく食べやすい。

Img_3612

天かすの無料サービス。

Img_3615

生活感あふれた厨房が心をなごませてくれる。窓から入る柔らかな陽光が店内全体をぼんやりと包むさまは幻想的ですらある。

Img_3613

奥には生活スペース。たばこ屋さんの在庫も。

Img_3614

のれんがまたいい。夕焼け番長の学生帽みたいな破れ加減は一朝一夕にできあがるものではない。

Img_3616

340円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

外苑前 信越そば ハム天トロロそば

外苑前

信越そば

ハム天トロロそば

この組み合わせもいいな、これのいいところはハム天のそっけなさをトロロがカバーしてくれるところだ。ハム天はある意味孤高のスターなので、トロロくらいくせのある脇役じゃないと相手がつとまらない。

Img_4732


Img_4733


Img_4734

評価は2点 ☆☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

神田須田町 六文そば いかげそ天そば

六文そば

神田須田町

いかげそ天そば

このお店は味もさることながら、店のたたずまいがいい。五叉路の洲に建つ鋭角な構造は、あたかも大海原に漕ぎ出す船のよう。舳先には、瀬戸内水軍のごとき「六文そば処」の旗をはためかせ。まっ黄色の看板は提督が陣取る艦橋のようではありませんか。

Img_3604_rokumonsudacho_400

鷹の爪をどばりとふりかけ、むせかえるのをものともせず豪快にすすりこもうではないですか。

Img_3605

やっぱりここにくるとゲソ天。 だって、一度食べると忘れられないんだもん。

Img_3608


Img_3606

400円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

【備忘録】 vsftpd 2.3.5 でログイン不可の対処

vsftpdを 2.3.5にした場合に、ユーザがログインすると下記のエラーで接続が拒否されます。

500 OOPS: vsftpd: refusing to run with writable root inside chroot()
500 OOPS: priv_sock_get_cmd

ユーザのrootディレクトリが書き込み可だとログインできない。なんじゃそりゃ。
なので、こうすればいいんですが、それだと不便。

chmod a-w /home/[user]

これの対処方法は
1、vsftpd 2.3.5 の拡張バージョンをインストールする
vsftpd-2.3.5+ (ext build 1) という奴が公開されてます。

2、/etc/vsftpd/vsftpd.confに以下の一行追加I(どこでもよい)

allow_writable_root=YES

これでOK
けっこうハマりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

ストラトキャスター

ちょっと縁あって先頃から使い始めました。

猿のように朝から晩まで弾きこんだおかげで、いい感じで鳴るようになってきた。

20120714_2_41_28

ストラト軽いのがいい。3.3kgくらい。

レスポールだと4.5kgくらいあって、ほんとにずっしりとくる。とてもではないが肩からつるして長時間立って弾いてられない。

最近のYoutubeとかみると、昔はギブソン使ってたような大御所ギタリスト、みんなストラトに転向してるのは、この軽さのせいだと思う。

ああいいったヘビーな音はギブソンとマーシャルでなきゃ出せないと思っていたが、それは昔の話で、いまじゃエフェクタやプリアンプが進化したのでストラトでも太い音出せるようになったのよ。

9c0717e6ff9746915b4c2aa65d4ac3d9

ジミーペイジはお婆さんが中国人らしいですね。そう言われてみるとそんな顔している。

Jimmypagecolour107

唯一、BBキングだけはかたくなにトレードマークのES355改(ルシール)だけど、彼の場合はいつも座ってるから問題ないのだ。お歳だから。

1349269696950

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

神田(東口) かめや いか天そば

かめや

神田(東口)

いか天そば

かめやさんはいつでも安定して美味しいですが、なかでもここ神田東口店は私の大好きな The Best Of Kameya です。

天玉そばがスタンダードではありますが、ちょっと変化球の「いか天」そばとしよう。蕎麦は生めん茹で置きだが頻繁に茹でている。やや太めで短めの黒緑色っぽい蕎麦、ダシよく甘さ控えめの澄んだつゆ。毎日でも食べたい味とはこのこと。

いか天、やや長細めのやつを4つに切って盛りつけていただいた。さっくりしたコロモに包まれたイカの身もさっくりしている。噛み切りやすく食べ易い。コロモが身からはがれすぎないのがいい。

Img_3600_kameya_390

たいていの店では、イカ天てのはゴムみたいにやたらと弾力があってグニャグニャと抵抗感のある食べにくいやつが多いですね。いかを食うのに一生懸命になっちゃって、もう「格闘」と呼んだほうがいいくらいに手強いヤツが多い。肝心のそばを食う頃にはもうすっかり格闘で消耗しているもんだから、なんだか蕎麦のことすっかり忘れちゃってもうしわけないくらいですよ。

まあなんというか、そばと相性がよくないタネの代表がいか天じゃないかと私は思う。

ところが、かめやのは違う。外も中もさっくりしてるものだから、ちょっとイカをかじってはそばを手繰り、つゆを含みながらイカを食べる、てなふうに時間差攻撃じゃなく3者を同時並行に分け隔てなく楽しめる。平等主義といいますかね、いうなれば、かめやのは「リベラル系いか天そば」とも呼べる。私はそう思う訳です。

Img_3601

お兄さん2人+おばちゃん1人できりもりしてました。

Img_3602


390円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

東神田 黄色看板(元いとう) 春菊天そば

黄色看板(元いとう)

東神田

春菊天そば

黄色看板@東神田、春菊天ピーマン天そば。路麺大帝が「春菊天どうしても食え」と脅すので、半信半疑ながら食べてみたら、もんのすごくうまい、絶品。これすごいわ、東京の路麺で春菊ベスト5に入るな。いきなりのシード権獲得新人みたいな。すごいです。あと4つは、丹波屋、大黒、甲斐そば

Img_4721_ito


Img_4722


Img_4723

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

九段下 靖国そば 肉そば

靖国そば

九段下

靖国神社外苑休憩所内

肉そば

靖国神社の参道脇、休憩所の奥にあるお店。

■蕎麦、生めん茹でたて。注文受けてから茹でる。緑色、やや太目でもっちりした食感。おいしいです。
■つゆ、ダシよし。カエシものすごく甘い。牛丼のたれのような甘さ。蕎麦とバランス良いのでこれはこれでわるくない。
■肉、甘辛く煮込んだもの。たっぷりと乗せられて満足。

天ぷらそばはかき揚げではなく海老天。

Img_4844_yasukuni_700

良い感じのたぐり具合。写真奥のオニオンスライスは無料でサービスしてくださいました。

Img_4845

神社の建物をそのままつかったお店。丸い柱がいくつも並ぶ様は郷愁を誘う。

Img_4841

店員さん、とても丁寧な接客で好感持てる。

Img_4842

軒下が吹き抜けの大きい東屋といった風情。うす暗さが神妙な気持ちを増幅する。

イチョウ並木の木陰の下に、神社の大屋根。初秋とはいえまだ暑いが、心地よい日陰の空間をフワリと風が吹き抜ける瞬間の涼。エアコンなしでも十分に癒される。

Img_4849

まさに神社だった。

Img_4853

宮原製麵のそば、かのや製麵のうどんを使用。

Img_4855

700円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

二子玉川 しぶそば かき揚げそば(さきいか)

二子玉川

しぶそば

かき揚げそば(さきいか)

しぶそばは季節のかき揚げとして、楽しい変わり天ぷらを食べさせてくれる。今月は「さきいか」。

どうもさきいかというと、酒の肴の乾きもののイメージが強いので、ジャンキーなものを想像していたのですが、実際にたべてみたらとてもうまかった。

Img_0096

燻製香があまりしないので、さきいかというよりも歯ごたえのあるイカの切り身といった感じ。食感はそれほど固くないので歯が弱い人でも大丈夫。かき揚げにイカの旨味がじんわりと加わってとてもいい感じ。

Img_0097

これくらいの大きさのがパラパラと混じっている。外から見たのでは玉ねぎと区別しにくい。

Img_0098

かき揚げにこだわりあり、とのこと。

Img_0099

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

笹塚 柳屋 じゃがいも天そば

柳屋

笹塚

じゃがいも天そば

メークインのような、いわゆるフレンチポテトに使うタイプのジャガイモを細長く切って天ぷらにしたもの。とてもそばと合う。名作だ。

Img_0028

上品な美人の女将さんにお話し伺うことができました。四十年前に女将さんの先代が独学で始めたそうです。全くのオリジナルとのこと。六文系かと訊ねると、「そちらでは食べたことないのでよく知らないです。父の味を守り続けてます。ダシをきちんととるのが秘訣。色は濃いけどそれほどしょっぱくもないと思うんです。」とのこと。姿勢良くにこやかに語るお顔には、朗らかなお人柄があらわれておりました。ますますもってファンになってしまった次第です。

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

富士宮 やきそばツーリング

久しぶりに早起きして富士宮までバイクで日帰りしました。

富士山本宮浅間大社、地元民は親しみを込めて「せんげんさん」と呼ぶ。

20121013_103102

浅間さんの湧玉池。富士山の積雪が地下を流れてここに至る。太古からこんこんと湧き出で尽きることのない。

Img_20121013_102204

富士山噴火の溶岩がゴロゴロするところをぬって清水が流れる。この光景を見ると、ああ、富士宮だなあ、と思います。

ここだけじゃなくて、市内いたるところ、こういう水路がある。どれも雪解け水なのできれいです。

Img_20121013_102324

浅間さんの大灯篭下にあった碑文。「富士山麓電気鉄道」とは見慣れない電鉄だが、その下にある社長の名前を見て判明した。富士急行の前身ですね。堀内さんお亡くなりになったよねたしか。

20121013_105033

本題の富士宮やきそば。未経験のバイク野郎五人を引率して、これぞという本場ものを食べさせたところ、皆さん目からウロコが何枚も落ちたと喜んでくださいました。

五目焼きそば(並)

20121013_122648

最近のやきそばは、健康志向なのか薄味ですね。私が子供のころはもっとソースまみれだった。

場所はあえて書きません。食べたい人はZRXメンズに教えを乞うべし。

20121013_122711

しぞーかおでん。さつまあげ。この他にくろはんぺんなど各種ありました。

Img_20121013_120114

東名の路肩でこんなものを見つけた。落とし主、無事だとよいが。

Img_20121013_081808_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

ZRX1200 七万キロ走行

四年で七万キロ。よく乗ったなあ。

2万/年のペースだったんだけど、今年に入ってから
ちょっとペースダウン。どうも白バイが嫌いで遠出しなく
なっちゃったからだな。高速道路も好きじゃないし。

てことで、予定していた8万キロには届きませんでした。

毎日乗ってるので凄く調子いい。
もちろん減るものは減るけど、消耗品を交換すればそれで
とくに問題無し。

サビ、固着、詰まり、風化、といったものに無縁なので
オーバーホールしたくなるような異音や振動、始動性の悪さ
みたいな兆候ほとんどないです。

できれば還暦まではZRXに乗り続けたい。

9283_482573038443225_1292186437_n

あ、それでもひとつ重要な注意事項があります。
ユルミはまめにチェックしなきゃね。

先日は親切な路上メカニックさんのおかげでステップゆるゆる
助かりました。

葛飾のイタコさん、ジュピター6さん、心から感謝いたします。


Img_0062


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

浅草橋(馬喰町) そばうどん左衛門橋 ごぼう天・ソーセージ天そば 

そばうどん左衛門橋

馬喰町

ごぼう天・ソーセージ天そば

このごろとても気になるの♪ それは左衛門橋。

濃いめのガツンつゆに柔らかめで風味ある茹でめん。そしてサクサクの天ぷら。見事な路麺セオリーの王道をいくお店。

Img_3562

ちょっと太めの茹でめんがいい。食いごたえがある。

縦割きのギョニソがいかだ風に並んでくっついてくるのが楽しい。ごぼうは井桁ではない普通の揚げかた。中くらいの太めのゴボウが風味良い。

うーん、すごく好きな味。

Img_3563

美人の女将さん、気風のよい江戸前なヒト。右腕だけ登場。いくらカメラをパンしても右側にズリズリと水平移動してしまう。

Img_3566

このメニュー看板、今はなき「くまの」からいただいたものだそうです。

これ、くまのにあったやつですよね。
「あら、お客さん、くまの行ってたの。あそこもね、ほらご主人長いこと具合悪くてね。お店たたむっていうから、同業者のよしみでこれ、いただいたのよ。」
なるほどねえ。そういう横のつながりも今では少ないんじゃないの?
「そうねえ、立ち食いそば屋も景気悪くて少なくなってるから。お客さんが減って。ほら、このあたり(馬喰町)、昔は問屋さんがたくさんあったんだけど、みんなマンションに建てかわちゃってねえ。」

しかし、メニュー構成ほとんど同じ(笑)てのもいいですね。たんなる偶然にしてはよくできている。きつねだけが欄外にある。とくにくまのとお店どうしの親子関係などがあるわけではないそうです。

Img_3565

息子さんとお二人、頑張ってくださいね。

Img_3564


440円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

御茶ノ水 満松庵 祝復活

満松庵

御茶ノ水

2012年6月頃から半年近く休業していたので、すっかり廃業してしまったものとばかり悲観にくれておりました。路麺界の哲人。路麺政談。ハナシ好きなご主人に会えないのは寂しいものです。

こないだのZRXメンズの集会でも、御茶ノ水勤務のもくのすけさんに「ニコライ堂の側の改札横に満松庵ていううまい立ち食いそば屋があったんですよ。なくなって残念だ。。ク〜」と路麺談義を一方的にしていたところだったのです。

それがつい先日、有名なSexy_Joさんのツイッターに書き込みあり「祝!復活」とあるではないですか。嬉しかったですねえ。数日前に話題にしたばかりでしたので、思わず目を疑いました。こういうのを「シンクロニシティ」と呼ぶのでしょうか。またの名を虫が報せるとでもいうのか、いやいや、それは縁起でもない。

Img_0083

ご主人に、どうしてたの?心配だったよ〜、いつから始めたの?とたたみこむと「昨日(10月9日)からなんですよ」と、いつもの飄々とした返事が返ってきた。よかったよ〜。「いや〜ありがとうございます」なんて調子で会話が始まる。

丼にハラリとひとつまみ。踊る花鰹も健在。うれしいな。

Img_0084

病気で入院してらしたとのこと、詳しいことは個人情報なので書きませんが、入院治療と本人の努力のおかげですっかり快復し、元気に仕事ができるまでになったそうです。

闘病の話をしだすと止まらない、いつもの名調子復活であります。政治談義こそありませんが、内臓の配置を絵に描いて説明受けたり、健康法のレクチャーしてくださったりと、いろいろと話し込みました。

これからは健康の話題が得意種目に加わること間違いないかも。

Img_0085

復活おめでとう。帰ってきたマン松庵!

370円

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

日暮里 一由そば かき揚げB+紅ショウガ天半

日暮里

一由そば

かき揚げB+紅ショウガ天半

一由(イチヨシ)とくればファンのイチオシはこれ、かき揚げB

ゲソの細切れとネギ、紅ショウガを混ぜて揚げたもので、ゲソの旨味と紅ショウガの酸味、ネギの香ばしさ、コロモの粉味がミックスされた味はまさに「平たいたこ焼き」。しばらくご無沙汰していると、無性にこれを食いたくてたまらなくなる。Bの魔力とでもいいましょうか。

Img_0067_itiyosi_340

ところで、久しぶりに食べてみると「おやっ?」ときた。どうもね、かき揚げBの厚みが増している。知らない間に大きく育った他人の子供に接した時のような、そんな驚きがある。ジャンボゲソ天は丼の中ですら増殖するという伝説があるくらいですから、かき揚げは天ぷら鍋の中で生長しているのではないか。そうさえ思える。

まさに、これこそが私の食べたかった、念願のジャンボかき揚げB(仮称:JKB)といってよいかもしれません。厚さでいったら、以前のやつの倍くらいある。

Img_0068

私はだいたい左側のカウンターで立って食べることが多いです。テーブルが空いててもこっちのほうがしっくりくるのだ。鷹の爪をドバとふりかけ、むせりながら、かつ、生長著しいかき揚げBに感動しながら、ふと左を見ると、入り口横のガラスに張り紙あり。

ふむふむ、、、こ、これは、お客様リクエストの集計ではないですか。さすが路麺ダーに愛される一由さんだけあって、我ら仲間の投票結果をこうして張り出してくれて、しかも今後の予定に組み入れてくれたみたいだ。すごいな。まじすか。

ふんふんと表を見ると、おお!!「JKB」の文字がそこかしこに多数あり。JKBを待ち望んだ路麺ダー、こんなにいたんだ。彼らの声を冗談として右から左に流すことなく、しっかり受け止めてくれてありがとうイチヨシそば。

てことはあれかな、私が今食べている厚みあるかき揚げBは、いったいどういう位置づけになるんでしょうか。これがJKBプロトタイプなのか、それとも今後登場予定のJKBは、これをはるかにしのぐ巨大さであらわれるのか???興味津々としてまいりました。

ベニショウガ半分もうまかったです。

Img_0069

340円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

赤坂 蔓屋(つるや) 【閉店】

蔓屋(つるや)

赤坂

残念ながら、2013/03閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。

2012年6月開業のお店。千代田線の赤坂駅から日枝神社の方に向かってちょっといったとこ(田町通り)を右折。

■蕎麦、生めん茹でたて。注文受けてから茹でる。押し出し式ではなく製麺された生そばをつかっているようです。灰色っぽくてややクネクネの細め、少々茸様香りあり。わるくない。
■つゆ、ダシよし、カエシ中くらいの甘めやや強め。マイルド感あり。蕎麦とバランスよし。
■かき揚げ、揚げ置き。おおきいかたまりで崩れるタイプ。味はいいです。ちょっと油がくたびれ加減。
わかめ

なかなかよいですね。ビジネス街でちょっと昼食という具合によろしいと思います。

女性客比率高し!

Img_4671_yumeya_380

最近トレンディなタイプのマイルド派路麺という感じ。

Img_4672

品麺のそばを使用

Img_4674

冷温ともに値段同じ。

Img_4675


Img_4673

380円

休不明、情報提供:ばかぼんさん

評価は2点 ☆☆

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

中目黒 吉そば 肉そば

吉そば

東京東横線・中目黒駅前

肉そば

「Shall we dance ?」という映画にあったように、クルマや電車の窓からいつも見て、一度は食べたいと思いつつもなかなか機会のない、そんな店がどなたにもあると思う。

吉そば中目黒店はそういうお店だ。いつもは決して途中下車することないのだけど、なぜかこの日にかぎって胸騒ぎがする。気がついたら店の前に立っていた。

Img_3537

肉そば、いいです。肉はパックの冷凍ものですね。つゆが濃厚で肉ととても合う。ダシもいい。ちょっと吉そばをみくびっていた。というか中目黒店がたまたまうまいのだろうか。池尻大橋店では残念な記憶しかない。

いずれにせよ、肉そばとしてはワタシの好きな店のかなり上位にはいりますねこれは。

Img_3538

思い切って駅をおりてよかった。

Img_3539

こういう感じで看板だけが見えるんですよ。

Shall we soba ? ですね。

Img_3542

400円

24時間営業

評価は2点 ☆☆


紅天そば

4月の月替りそば。紅しょうがたっぷりのかき揚げ。なんといっても名前がいい。そのものずばり「紅天」!こうてんじゃなくてべにてんだ。

Img_6601

写真でみるよりずっとたくさん紅しょうが入っている。ベニショ好きにはオススメ。

Img_6602

雨の日も駅からそのまま直行。ちょっと濡れるけどかまわない。

Img_6603

400円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

ZRXメンズ

同じバイクに乗る仲間が集まると、必ずこういう恥ずかし気な集合写真の撮影会が始まります。

皆さんとてもノリノリなので、私としては止めることができません。

undefined

ノリノリひとり
undefined

ノリノリふたり
undefined

ノリノリ三人
undefined

困ったもんですよ、ほんとに
このまま酒盛りでも始まりかねないすね

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

外苑前 信越そば いんげん天そば

信越そば

外苑前

いんげん天そば

このお店は24時間ということもあって、よく来ます。

やさしい味わいのつゆ、黒っぽくてわりといい感じのそば。いんげん天。コロモがフワフワとほどけるのがここの特徴。そばといっしょに食べると、そばのポッソリした歯触りとコロモの油っ気があいまってうまいです。

コロモがほどけないほうがうまいそばもあれば、ここみたいなのもある。大切なのはバランスですね。そばも人間も。なんてね。

Img_3529_sinetu_360


Img_3530

360円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

新大久保 満大 冷やしいんげん天そば

満大

新大久保

冷やしいんげん天そば

「鰹節屋のつゆ」と看板に誇らしげに書くだけあって、つゆがいいです。非キンキン、非アマカラの私好みな「ぬるいつゆ」。これがいいんだ、オヤジの胃袋に優しい味わい。

恐縮ですがわたくし、いんげん天、大好物でして、これを発見するとすぐに注文を直してしまう。すみません。いんげんの香りよく歯ざわりよくうまいです。

Img_4706_mandai_340

紀州屋製麺のそばは、蕎麦色強く、長く湯通しするところがまた良い。

Img_4707

ものすごく大声のおばちゃん常連さんがいました。

Img_4708

新大久保はいわずとしれたコリアンタウンなのであるが、私の若い頃のコリアンタウンのイメージと、今日の若者のコリアンとの差の大きさに愕然とする。今やコリアンは「美容、K-POP、うまいもん」のお洒落なイメージなんだよこれが。

なので、大久保通りを歩く人も、若い女性がすごく多くて、しかも皆さんK-POP風に素足を長くすらりと歩いていらっしゃるのにはたまげたなあ。

ホットックてのは、ホットドックをもじったトッポギみたいなやつですかね?うまそうだな。

Img_4711

340円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

早稲田鶴巻町 山吹 肉そば

山吹

早稲田鶴巻町

肉そば

うまいすね。文句なしです。細めの生そばとダシよし深い味わいつゆという、どちらかといえば上品な組み合わせなのだが、ワイルド系タネであるはずの肉にもいける。肉の脂やや少なめなのが良いのかな。甘辛いつゆてのが肉そばの常套手段なんですが、ここのはまた別系統の肉世界。生めん系肉そばのスタンダードといえる。

Img_3549_yamabuki_niku_400

たっぷりのわかめが心地よいアクセント。

Img_3550

山吹いいなあ、このごろはもっぱら鶴巻町ばかり。

Img_3551


400円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

【番外編】 新宿 更科 チャーシューメン

更科

新宿

チャーシューメン

ここのお店はれっきとした日本蕎麦屋(座って食べる)なのだが、ラーメンのほうが有名らしい。

座って蕎麦を食べるのもつまらないので、私もラーメンいただきます。

たしかに他のお客さんもラーメンを食べている人が多いです。

Img_4561

鳥ガラと醤油の東京風ラーメン。

コラーゲンの作用なのか、スープに弱いとろみがあって、非常にうまいです。

チャーシューはバラ肉で噛みごたえのあるタイプ。こういうの好きだ。

Img_4562

新宿御苑近くの花園小学校の付近にある。

Img_4563


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

池尻大橋 ホーチャン コロッケそば

ホーチャン

池尻大橋

コロッケそば

茹でめんとしょっぱめのつゆ。かなりグルソー系ですが、まあそれも悪くない。

Img_3654_hochan_400

宝録堂という製麺所

Img_3655

コロッケは身がしっかりと崩れない、ワタシ好みのもの。崩れる前にコロッケだけ全部食べてしまうのが私なりの食べ方で(みなさんと違うかもしれませんがご容赦)、なので、崩れるコロッケの場合にはそばを食べる前にやっつける必要がある。もしくは「いま崩れるか、どうか、、ああ」などとはらはらしながらそばを啜らなくてはならないので気が気でない。

その点、ここのコロッケはなかなか崩れるそぶりをみせないから、安心してそばを啜り、つゆを飲み、さてと一息おいてからコロッケに取りかかることができるので、ペース配分に余裕がある。立ち食いそばを食べるたった数分の短時間ではあるけど、心のゆとりってのは重要なんだ。

Img_3656

2012年から夜は立ち飲みを始めたらしい。飲みながらそばも食える。いいかも。

Img_3653

ちょっと奥まったところにある。

Img_3657

400円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »