« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の記事

2013年2月28日 (木)

秋葉原 六文そば 昌平橋店 いかげそ天そば

六文そば 昌平橋店

銀座線・末広町駅、徒歩5分

いかげそ天そば

六文そばのなかではジュニアヘビー級、訪問時にはダシが引かれて間もないのか、香りとコクのあるつゆをいただくことができた。

Img_3393_rokumon_shohei_370

ここのはコンモリが盛りあがってていいですねえ。

Img_3394

茹でめん、そばの芯まできっちり熱くなって、最高にいい具合の湯がき加減だった。

Img_3395

わりと大きめのぶつ切りのイカゲソ。私はゲソ天の上に粗微塵鷹の爪をまぶしていただくのが好きです。スパイシーフライドげそ、てな感じになるからたまらんね。

Img_3397

ソーセージ天はゲソ天と同じ値段なんですよ。げそが割安なんだ。一番高いのはイカ天でした。

Img_3398

かぎ裂きを修繕した暖簾、風にたなびいている。

Img_3400

370円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

小伝馬町 かめや げそ天そば

かめや

小伝馬町

げそ天そば

冷麦のようなヤワヤワした茹でめん、私だいすきです。

Img_4493_kameya_geso_370

ゲソ天は、細めのゲソが柔らかめのコナモノに包まれているという感じ。利根@神保町のげそ天をソフトにしたような、といえばわかりやすいですかね。

Img_4494

昼なお薄暗い路地裏にたたずむ、力強いサラリーマンの味方。ひっきりなしに近所の問屋街の社員さん風のかたが訪れていました。中国語のお客もわりと多いのが、この界隈の特徴か。

Img_4496

400円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

渋谷 信州屋 豚ニラそば味玉つき

信州屋

渋谷

豚ニラそば味玉つき

冬期限定メニューなんでしょうか「心まで温かくなります」と題した新作そば。かなりインパクトあるいでたち。写真だけ見るとラーメンっぽい、というか蕎麦らしくない第一印象。

食べてみると意外や、しっかりと蕎麦であった。さっと茹でたニラのぶつ切りと、そばつゆで軽く煮た豚肉、味つけ茹でたまご、白髪葱少々。こうやって書くと和風ですね。印象というのは存外脆いものかもしれない。

Img_0601

わたし味玉大好きなのです。なので、味玉があるというだけですっかりうれしくなってしまう単純野郎です。

ちょい濃いめのそばつゆとあいまって、とてもうまい。脂っ気がほとんどないので、あっさりと食える、そのわりには満足感あり。誠によい塩梅の一杯。こういったアイデア路麺かずあれど、こいつの完成度の高さは特筆できる。

Img_0602

こうなると、もうひとつの「鶏白菜そば、柚子の香り」も試してみたくなる。

Img_0603

550円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (4)

2013年2月25日 (月)

大崎 あずみ おぼろ月見そば

あずみ

JR山手線・大崎駅改札内

おぼろ月見そば

あずみはJRの駅にありますが、ここ大崎駅店はとくにおいしいと思う。駅橋上の立地を生かした展望デッキ風の眺望良好な店内。あかるい雰囲気で良い感じだ。

私の好きなとろろ昆布。ここでは「おぼろ」と称され月見とともに供される。細めの茹で置き生そばに、ダシカエシしっかりしたやや濃いめのつゆ。手堅くうまい。山手線で移動するときはここを忘れずにおくといいかも。改札内なので便利。

Img_0629

とろろ昆布がそばつゆとよくあう。

Img_0630

さて、ここで私ならではの月見そばの食べ方を披露します。食べ散らかしの写真ご容赦ください。

まずは準備作業。そばを食べ尽くす前に、つゆを完飲する。さらに玉子の白身の部分もズルズルとすすっておく。そばはもっとたくさん残しておいてもいいです。そのあたりはお好みで。

Img_0631

おもむろに黄身を撹拌しよく混ぜると、おお「そばカルボナーラ」の完成!

こうやって食べると黄身の濃厚な味わいがつゆに薄まらず、かつ全体に馴染んだそばつゆが味つけとなって和風のカルボナーラといった味わい。七味をさらに投入しても面白い。

普通の月見そばに飽きた人、お試しになってはいかがでしょうか。

Img_0632

線路上の連絡通路にある。

Img_0633

Suica可

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (2)

2013年2月23日 (土)

送別会とミッキーマウス

春は出会いと別れ、新生活の始まるシーズンであります。

東京を離れる甲斐さんの送別会。また久々のZRXメンズ会でもあり、メンズのフルメンバーが揃った楽しい飲み会だった。

甲斐さんは、私がこのブログを書き始めて、一番最初にリアル友となった人で、私にとってはかけがえのない友であり、かつ、こんな私を気にしてくれいつも優しく励ましてくれた大恩人でもあります。彼がいなかったらきっと私はこんなに快活に笑って生きていられなかっただろうと思います。

なので、彼が東京を離れると知った時は大ショックで、思わずめそめそ泣いてしまいました。どうも近頃涙腺が弱いですよ。

でもこうやって、彼の明るい顔を見ていると、ものごとなんでも心の持ちよう次第で、前向きに考えなくちゃいけないなと、そう思って気を取り直したのでした。

幹事のあなジさん、お疲れ様でした。この写真はあなジさんおすすめのはんぺんのような練り物で、赤い色は唐辛子を練り込んだもので、絶好の酒の肴でありました。右側はアゴ(トビウオ)のちくわ。

Img_0635

あなジさんが持参してくれたCB50、ホンダドリーム50のカムシャフトカバー。通称「ミッキーマウス」。あなジさんは幸運にもこいつの程度良いデッドストックものを(かなり格安で)入手できたとのこと。バイク仲間である私たちにもご本人の興奮がドクドクと伝わってきました。

Img_0637

ZRXメンズ会、またやりたいですね。

葛飾のイタコさん、ジュピター6さん、もくのすけさん、ワンさん、マハさん、そしてあなジさん、昨晩は他楽しかったです。ありがとうございました。

| | コメント (4)

2013年2月22日 (金)

外苑前 信越そば ばら肉天そば

信越そば

銀座線・外苑前駅、徒歩1分

ばら肉天そば

わたし、この店なんとも個人的に大好きなんです。どこがと言われるとこまっちゃうんだけどね。まず店構えがいい。おしゃれな青山通りに面して一歩も譲らない日本文化発信拠点のような暖簾。完全立ち食いの様子が外から見えるのもポイント高いな。プラスチック札の券売機もいいし、いろんな天ぷらが揃ってるのもいい。なんといっても、店員さんがみなさん初老のおじさんばかりなのが落ち着ける。

薄切りの豚バラ肉を、フライや唐揚げではなく、天ぷらのヤワヤワなコロモで揚げる信越そばならではの個性的メニュー。

Img_3352_sinetu_380

黒っぽいそばからは蕎麦粉の香りが立つ、つゆはちょと薄めのマイルド系。優しい味わい。

Img_3353

天ぷらなので、食べ進むうちにコロモがフワフワとつゆに崩れだす。それを少しづつ蕎麦とからめて食べるといい感じ。玉子と合わせるとさらにいいと思うので、贅沢したい人はどうぞ。

バラ肉は脂身のそれほどないさっぱりしたもので、蕎麦とも相性良いです。親父世代の健康にも配慮してくれてるんでしょう。病み付きになるこれぞ個性派路麺ならではの一杯。

この天ぷら、カレーそばにのせてもいけます。

Img_3354

360円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

大井町 彩彩 たぬき玉そば

彩彩

大井町

たぬき玉そば

すばらしくうまい。香りとコシある細めの生そば、ダシこくカエシ深いつゆ。サクリとしたたぬき、さっと煮立てて白身を半分固まらせた玉子。完璧であります。

Img_4477_saisai_440

あっというまに完食とはこれのことをいう。

Img_4478

シャイな感じのご主人がまたいい。女性ファンが多いのもうなずける。

Img_4479

駅の右横の小道を入って2つめの路地。

Img_4480

440円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

戸越銀座 あきはな 【閉店】

あきはな

東急池上線、戸越銀座駅、徒歩10分

残念ながら、2013/11/24、閉店してしまいました。記事は営業当時の物です。

第二京浜添い、首都高速目黒線出口近く。戸越銀座と大崎広小路の中間あたり。わかりやすいところにある。明るく清潔感あるお店。

■蕎麦、生めん茹でたて、注文受けてから茹でる。薄茶色で中太い。モッチリ感あって噛めばじわりと味がある。おいしいです。
■つゆ、ダシよし、昆布と鰹のマイルドなバランス。カエシマイルドであっさり上品。
■かき揚げ、揚げ置き。玉ねぎとニンジン、ボリュームあり。コロモ厚めだが味良く満足感あり。
ネギ、揚げ玉セルフ。

ゆで玉子サービスなので、そばの茹で上がるまでカラをむいて塩をふって食べているとほどなくしてできあがる。まるで時間のマジックのようだ。手持ち無沙汰で待っているとイライラするものなんだけどね。

Img_0575

お店同様、きれいな盛りつけ。

Img_0577

ライトなモッチリそばをわしっといただく。

Img_0578

セットメニューもあり。立ち食いにしては少々高め。


Img_0580

丁寧で落ち着いた雰囲気で明るい声のご主人ひとりで切り盛りする。気持ちよい接客で好感もてる。


Img_0583

480円

(日祝)休、11:00-15:00、17:00-21:00、情報提供:カツ丼さん

評価は2点 ☆☆

| | コメント (4)

2013年2月18日 (月)

谷保 いいじゃん

いいじゃん

谷保

JR南武線谷保駅北口徒歩1分

あっさりめの昆布風ダシ、塩気あり薄めのカエシ、さっぱりめの細めのそば(たぶん冷凍麺)。ゴボウの風味よいかき揚げ。すべてがさっぱりと粋にまとまっていて、ちょっと小腹を満たすのにとてもいい。

Img_4467

つるつる食えるという感じ。

Img_4468

ご夫婦で切り盛りしているようだ。ご主人地元のかたらしく常連さん多し。

女将さんが明るくて気持ちよい雰囲気でした。

Img_4466

立ち食いそばには珍しく、立派な看板。

Img_4470

440円

(日)休、10:00-19:00、 (土)-15:00

評価は2点 ☆☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

うどん de タイカレー

いなばのタイカレー、あまりのうまさにすっかりクセになりつつあります。

本日はうどんで食べてみた。

安売り店で買い求めた200g65円の乾麺讃岐うどんを茹でる。

20130211_122003

おお!やはり想像どおりの激ウマ!

和風のだしで割ったほうがいいかなとも考えたのだけど、まずはそのままつけて食べてみた。ココナッツミルクとグリーンペーストの濃厚なスープがうどんにからまって運ばれてくる。どうやらストレートのほうが正解みたいだ。

うどんをズルズルといったところで、ツナを食べる。またこれが良い感じの相の手となって飽きることがない。スパイシーな具材をかじりピリ辛さを堪能しながら、ズルズルとうどんを食らう。うーん、とっても楽しい。味のワンダーランドや!

うどん一袋に、タイカレーひと缶でちょうどよい分量でした。

20130211_122142

まずはグリーンカレーだったので、次回は他のでもためしてみたい。

さらには、そうめん、ひやむぎ、きしめんなどの小麦系だけじゃなく、蕎麦、中華麺などもいけるかもしれない。

| | コメント (16)

2013年2月15日 (金)

自由が丘 そば新 春菊天そば

そば新

自由が丘

春菊天そば

やや茶色くて細い生そばを注文後茹でてくれる。あっさりめのマイルドつゆ。揚げ置きの春菊天は、まずまずといったところ。繊細なそばがここの持ち味。

Img_0255

冬季限定のサービスだと思うのだが、お願いすると柚子の皮を一片のせてくれる。良い香り

Img_0256

柚子は蕎麦にはあまり合わないと私は思うんですが、ここのそばとつゆは柚子が絶妙に合う。

Img_0254

東横線がすぐそこに見える。

Img_0257

370円(だったか)

評価は2点 ☆☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

高円寺 大車輪 【閉店】

大車輪

JR中央線・高円寺駅、徒歩6分

残念ながら、2014、閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。情報提供:LM2さん

環七内回り沿い。JRガードから少し南下したところ。

この場所はたしか自動車修理か電機工事屋さんがあったような気もする。なのでお店の床面がわずかに道路に向かって傾斜する土間のようなそんな雰囲気。お店は明るくてきれいです。

大車輪という名前のとおり、カウンターの袖にはウエスタンの馬車のような木製の車輪が飾ってある。

■蕎麦、茹でめん。茶色っぽい。わるくないです。
■つゆ、ダシよし、カエシやや甘めのどちらかといえばのっぺりした感じ。
■かき揚げ、揚げ置き。具沢山で大きい。長ネギ、タマネギ、ニンジン、ゴボウ。コロモ薄めにサックリとよく揚がっておいしいです。ドーナツ型なのは中央に卵用のくぼみ。

Img_3290_daisharin_450

立ち食いそば界で最大級とのかき揚げ。直径14.5cmだそうです。

Img_3291

若いご夫婦でしょうね、男女二人できりもりする。おかみさん明るくていい感じ。食べ終わって店を出る客に「行ってらっしゃい」「頑張って」と一人一人声をかけて、すごくいい感じ。女将さん萌え〜のファンもあらわれるね、きっと。

Img_3293

店外の道路を映し出す大画面モニタあり。これでドライバーも安心してそばが食えるというもんです。なかなか粋な試みにアイデア賞をさしあげたい。

Img_3292

450円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

中延 大和屋 ソーセージ天そば

大和屋

中延駅前

ソーセージの天ぷら。まずまずのおいしさでした。

Img_0537

細い茹でめんとあいまって、あっさりと食えるかんじ。ちょっと小腹にはいいですね。

Img_0538

駅の改修工事中。猫はどうなったかな?

Img_0539

400円

| | コメント (8)

2013年2月11日 (月)

京急蒲田 そば新 肉わかめそば

そば新

京急線・蒲田駅、徒歩2分

肉わかめそば

牛肉を甘辛く煮込んだもの。牛丼の具材にもなる。肉が適度に細切れなのでそばといっしょに食べやすい。ワカメが意外と合う。

Img_3314_sobasin_keikyukamata_420

北海道幌内産の蕎麦粉石臼挽き6割配合とのこと。素晴らしいです。

Img_3316


Img_3318


Img_3319


Img_3317

420円

無休、24時間営業

評価は2点 ☆☆


煮干しらーめん

立ち食いそば屋でラーメンのほうがよく売れる店が稀にある。そういう店では迷わずラーメンを食べた方がいい。

ここもそう。店員さんが言うには日曜日はラーメンばかり売れるとぼやく。ラーメンのほうが調理に手間取るから店員泣かせのようだ。

ラーメンほどほどに好きな私としてはこれで十分おいしいし値段も満足。そもそもラーメンはこれくらいの値段のものという意識が強くあるというのも理由のひとつだが。

Img_4937

煮干香る懐かし味の醤油ラーメン、スープにゆるいとろみあり。

Img_4938

朝 05:00-11:00はラーメン提供しないので要注意。蒲田西口店でもラーメンあり。自由が丘店にはない。

Img_4940

もしも蒲田に住んでたらラーメン専門店でなくとももうここだけで十分な気がする。年中無休24時間営業なので夜中にふらりと。

Img_4939

380円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

【備忘録】 Mac OSX Snow Leopard から Mountain Lion にTimemachine で復元

予防的措置としてMacBook Proのディスクを更新することにしました。SSDが安くなったこともあるし。

MacbookProにはMountain Lion が入っているので、まずはこれをTimemachineにバックアップ。インストールDVDはSnow Leopardしかないのでこれをつかって起動して復元しよう、という計画だったんですが。。。

44314_543241122376416_56392769_n

追記:HDDの四方に筐体への固定用に六角ネジ頭だけのネジみたいなのがついてますので、これをSSDに付け替える必要あります。六角レンチがないときは、ペンチで掴んでそろそろと回せばはずれますよ。

簡単に行くかと思ってたのが、システムの復元でものすごくハマりました。古いOSの起動ディスクだと復元できない。復元作業の途中でエラー表示されて止まってしまう。エラーの原因が読み取れないので悩む。

600763_543241205709741_84437498_n_2

しかたないので、まずはSSDにSnow Leopardをインストールし移行ツールで復元を試みると、バージョンが違うので復元できないとエラーがでた。ここでようやく原因が判明。

579800_543241172376411_401991964_n

追記:SSDにインストールしたSnow LeopardをApp StoreからオンラインでMountain Lion にアップデートすれば簡単にすむだろうと考えたんですが。。

とはいっても、なぜかわからないがSnow Leopard がMountain Lionにアップグレードできない。もちろんお金は払ってます。Mountain Lion はApp Store からオンラインでインストールしたので起動ディスクを持っていないし、、、、、悩むことしばし。

あれこれとネットを探して見つけたのが、このツール。おお!まさにこれですよ私が求めていたのは。
MountainLionのインストーラをApp StoreからDLし、Lion DiskmakerでSDカードに起動ディスクを作る。

追記:どうやらSnow Leopardの状態であれば、Mountain Lionをダウンロードできるみたいです。4.4Gくらいありますので気長にDLしましょう。

追記:SDカードで起動しSSDにMountain Lionをクリーンインストール。SD起動するために「設定」「起動ディスク」でSDカードを事前に指定しておくがコツ。インストールできたらTimeMachineの個人設定やアプリを移行。これでようやく復元できた。

425984_543241225709739_1964218867_n

MountainLionはDVDメディア持ってない人がほとんどだと思いますので要注意のノウハウでした。ところで起動ディスクができたので結局のところクリーンインストールしてしまった。

追記:おかげでディスクの空き領域が20Gほど増えました。不要なファイルがたくさん溜まってたんだと思う。このやりかたで正解だったかもしれない。。

| | コメント (0)

2013年2月 8日 (金)

中延 六文そば 紅ショウガ天そば

六文そば

中延

紅ショウガ天そば

Img_4337_rokumon_380

ホロホロ崩れるタイプの紅ショウガ天。崩れ具合が絶妙に好みです。

Img_4338


Img_4339


Img_4340

立ち食いや 汁に染まりし 竹柄杓 <毛瓶子>

Img_4341


Img_4342

360円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

四谷 政吉そば 小エビ天ぷらそば 【閉店->再開】

政吉そば

ここはいつもウマいですね。安定してます。大好きなお店のひとつ。

Img_0830_koebi_masakiti_yotuya

小エビの天ぷらそば、プリプリした小エビがたくさん入っている。ちょっとした贅沢気分。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

有楽町 陶そば

有楽町駅、徒歩3分

小海屋1962さんからおしえてもらった。有楽町駅近く、泰明小学校の近所。銀座によくある小路の奥にあるスナック風店舗なのだけど立ち食いそばをやっているので驚いた。夜は飲めるらしい。

■蕎麦、半生めんのようだ。茹で上がり時間短い。茶色くて細い。コシあり。歯触りよし。おいしいです。
■つゆ、ダシよし、カエシあっさりと上品。さほど濃厚というわけではないが、きちんと手をかけたダシなので、ゴクリと飲むと旨味がじわりくる。蕎麦と相性よし。
■天ぷら、揚げ置き。薄めのコロモでさっと揚げた感じ、家庭料理的なヘナさがあって、私好み。インゲンのうまみと香り。

面白いのはネギ。刻んだねぎのガラス容器がカウンターにある、よくみるとなにやら混ざっている。なんだろうと気にしながらそばをひとくち食べて納得。柚子の皮だった。なるほどやられた。このアイデアはお目にかかったことがない。控えめな柚子の香りが上品なそばとつゆによく合う。

銀座ならではの洒落た一手間、参りました。

ねぎとゆずは自家栽培とのこと。他の野菜も自家栽培ものを使うこともあるらしい。

Img_0497_tosoba_470

あっさり系

Img_0498

女将さんは陶芸をやられているらしい、なので屋号が「陶」なのだな。おそらく店内の食器もお手製のものにちがいない。水のコップまで陶器、よその立ち食いそば屋で見慣れた殺風景なガラスコップを探してキョロキョロしていると「お水ならこちらでどうぞ」と出されておどろいた。暖かみあっていいな。

Img_0502

こういう店構え。カウンターのみ、5〜7人くらい並べる広さ。カウンターの上に天ぷらを小皿に乗せて並べてある。その日によってお勧めがあるらしいので、これなら見比べられて楽しい。

Img_0500

美人の女将さんがひとりで切り盛りしている。さっぱりした語り口の楽しいかたです。

銀座ならではの小路。これを抜けた先は泰明通りという。

Img_0501

470円

東京都中央区銀座6-3-6 (土日)休、12:00-24:00。21:00頃で早仕舞もあり、情報提供:みたてさん

評価は2点 ☆☆


夏野菜の天ぷらそば

銀座のはずれ有楽町駅近く、泰明小学校のご近所。銀座ならではの細い路地に小さな路麺あり。隠れ家然とした佇まい、どうみてもバーの造りなのがまたいい。

しっかりしただしでゴクリといけるつゆ。珍しく乾麺を使うところが面白い。いい具合の茹で加減でうまいです。

Img_2194_tosoba_550

小柱のかき揚げ、茄子、ジャガイモ、もうひとつ葉物とあとひとつはなんだったっけ。とてもおいしかったです。

美人でさっぱりした口調のおかみさんがきりもりする。親しみを込めて「かこちゃん」と呼ばせていただきますね。

Img_2195

お店とは関係ないが、こんな看板が近くにあった。ギター好きなのでつい。

Img_2196

夜の部がまた良いらしいがそれは次回。

550円

評価は3点 ☆☆☆


銀座の路地にひっそりと佇む隠れ家系路麺。美人おかみのかこちゃん、いつもお元気で楽しい。近頃ではこのお店が路麺情報交換の連絡所になりつつあるかも。当日も四国の路麺ダーさんや、BB系のかたともニアミスでした。そばははちろんうまいのだが、まあ、かこちゃんに会いたいためというのが大きな理由ではあるね、皆さん。

Img_2806_tosoba_550

本日の天ぷら盛り合わせは、エリンギ、さつまいも、緑色のかき揚げ。ダシのよくきいたつゆでいただくそばは茹で具合もちょうどよく風味あってうまい。ごくごくとつゆを飲み干す。

Img_2807

かこちゃんは陶芸作家でもあって、陶器のことでちょっと打ち合わせ。わたしはまったく素人なので陶芸話を興味深く聞かせていただいた。陶芸作家は釜出しした作品をにらんで気に入らないやグシャっと叩き付けて割るものだとばかり思っていたのですが。「そんなもったいない、人間国宝の先生じゃなきゃそんなことしないわよ〜(笑」とのことで、長年の疑問が解けたのでした。

そしてこの日のもう一つのミッションはこのかたとの密会。先日の宴会に来られた人ならご存知、伝説の路麺人、路傍の麺党・元書記長、高野さん。彼のお話はえらく濃い。数々の名店の知られざるお話をうかがう。ほう、かめや新宿の二階にはそういう秘密が、、など止めどない路麺トークにわたしの記憶能力も限界に達する寸前でありました。ふたりで王将で餃子つまみながら昼ビール飲んですっかり酔っ払ってしまったのよ。

Img_2809

550円

評価は3点 ☆☆☆


ふき・たら葉天そば

Img_4308_tou_600

女将さんが自ら秩父の山でつんできた自然もの山菜、香りよし。いいダシのつゆとあいまって、たいへんおいしくいただけた。

Img_4307

たらの芽じゃなくて葉なのが面白い。柔らかい葉のところを使うそうだ。あたりまえだけどたらの芽と同じ風味で、ちょっと驚く。

Img_4306

もうそろそろ山菜の季節も終わりでしょうか。

Img_4309

600円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (16)

2013年2月 4日 (月)

船堀 船堀そば

船堀そば

都営新宿線・船堀駅構内、改札外

船堀駅前は近隣の繁華街で、駅前広場にはお年寄りの憩いの場。平日なのに人出が多いです。当然ながら船堀そばさんも繁盛している。

■蕎麦、冷凍麺、やや太めでもっちりしてうまいです。冷凍麺の扱い方が上手。冷凍麺特有の生煮え感まったくない。時間をかけてじっくり茹でるのが良い結果となっているようだ。
■つゆ、ダシよし、カエシ醤油あっさりでやや甘め、蕎麦とバランス良し。
■かき揚げ、揚げ置き。円筒形にカッチリと揚がっている。パリパリとおいしいが、やや揚げ過ぎの感じもある。二度揚げしているんでしょうか。

Img_2752_funabori_390

冷凍麺は四角く整形され5つくらいがビニールの袋に入ったもの。自然解凍せずに注文の都度お湯で解凍し温めている。なのでちょっと時間かかる。立ち食いそばにしては待たせるほう。

席のキャパをみながら茹であがり時間を調節しているようだ。立ち席4人、座席10人くらい。

Img_2753

Img_2760


Img_2754


Img_2755

390円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

いなばのタイカレー(缶詰)

ちかごろ話題の商品、遅ればせながら頂いてみました。

近所のスリーエフ系スーパーで購入、105円x3。

グリーン、レッド、イエロー、まるで戦隊もの。

20130202_171736

ご飯で食べることにします。

まずはグリーン。おお!うまい!

缶詰なので期待してなかったんですが、むちゃくちゃいける。ミカンの葉なんかも入っていて、本格的。ツナのヤヤパサ感と魚のうまみがグリーンカレーとよく合う。なんといっても缶臭さがあまり感じられない。辛めとあるけどそれほどでもないです。ココナッツの香りは控えめ。わりと食べ易い。

20130202_174839

続いてレッド。トマトベースなんでしょうか、適度な酸味があっていいですね。食べ慣れたカレーの味に近いというか、違和感がもっとも小さいのはこれかな。ツナとよく合う。タイカレー苦手なひともこれなら比較的いけると思う。辛さ控えめ。三者のなかではもっともノーマル。

20130202_174845

最後はイエロー。ココナッツの香りややつよく、辛さ控えめ、マイルド。ツナじゃなくてチキンです。まったりとした味がいいですね。

20130202_174852

ひとむかし前は「タイ生産」というと、日本向けに日本用スペックのものを人件費の安いタイで作る、というのが常識的な考えかただったんですが、こいつは発想を180度変えたというか、タイでタイ風に作ったものを日本に輸入する。どちらかといえば、まっとうな企画の商品。もちろん日本向けに味はアレンジされてますが。

これいいわ。また買いに行こう。次回は麺類で試してみよう。

| | コメント (8)

2013年2月 2日 (土)

アンチョビ、玉子、ラ王

あいかわらず寒いので、バイク乗らず家におります。

何か酒の肴がないかなと、探していたら、安売りでたくさん買っといたアンチョビ缶をみつけた。

こいつをガスの直火で炙って、トマトペースト、ニンニクおろし、を加える。火からおろして、パン粉をドサリと山盛りにして簡単おつまみの完成。

20130112_170622

ギョニソに乗せて食うと、あんたうまいのなんの。たまらんすね、ワインに合います。ギョニソはそのままでは赤ワインとは相性良くない、アンモニア臭さが強く感じらて。でもこうやると気にならない。すごくいい。

20130112_1710312

さらにこいつを、特製半熟卵に乗せてみる、おおーー塩味がきいてめちゃうまい!!

20130114_133231

〆は半熟卵をラ王に乗せていただきます。山形の青菜漬けも乗せるとさらにいい感じ。発酵が進んで乳酸のクセがラーメンの単調さを補ってくれる。

20130119_125839

えらく安上がりだった。全部で300円くらい?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

池袋 君塚 なす天そば

君塚

JR山手線・池袋駅、徒歩4分

ここは24時間営業で便利です。特筆すべきは、終日営業の店にもかかわらず手作り感にあふれた味わいにある。

各種天ぷらが揃い、どれもうまい。なかでも珠玉の逸品がこの「なす天」。

ボコボコとした風合いのコロモに包まれたマッシブな外観。揚げ置きながら、コロモは油切れよく、サクッとしった歯触り。そうですね、例えればケンタッキーフライドチキンのコロモのような食感。茄子天の場合はなすとコロモがはがれちゃって悲しい思いをすることがよくあるのですが、ここのコロモはなすをギューッと抱きしめてはなさない。あくまでも一体感にこだわるコロモ。

Img_2968_kimiduka_380

茄子天を一口食べてさらに驚きは深まる。よく揚がっているのに関わらず「フカフカ」なのです。茄子の実全体が適度に空気を含んでふっかりしてるのよ。かといってスカスカじゃない。茄子の旨味がぎゅーと濃縮された充実感がある。

これは素晴らしい、凄みのある茄子天。きっと茄子の品種が特別なのではないでしょうか。スーパーで買ってくる茄子ではこういった風合いに揚げるのは難しいと思う。もちろん料理人の技量も高いことには間違いないが。

他所のどの店にも似ていない。ここだけのオンリーワン。孤高の存在。なす天そば部門では間違いなく優勝候補。

Img_2969

平日午後1時〜3時は卵の無料サービスあり。うれしいです。

Img_2970

桜海老天そば、麻婆そばにもそそられる。

Img_2971

380円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »