« 九段下 むさしの いんげん天そば | トップページ | 六本木 富士そば ほうれんそうそば »

2013年5月 7日 (火)

府中競馬正門前 川崎屋

川崎屋

京王競馬場線・府中競馬場正門前駅、駅前

京王府中から一駅だけの路線「競馬場線」終点の駅。超ローカル線に比するとあまりに大きな駅舎に驚く。競馬ファンならお馴染みの駅、改札のすぐ横にあるお店。もちろん競馬ファン憩いの場として存在する。

■蕎麦、茹でめん。灰白色っぽくてやや太め。断面丸四角。小麦粉の香るそば。かなりうどん。
■つゆ、ダシまあまあ、カエシやや甘め。濃すぎず薄すぎず、ゴクゴクのめる。
■天ぷら、揚げ置き、玉ねぎニンジンなど、コロモやや厚いがよく揚がってヘナとして悪くない。
わかめ

小腹を満たすのにちょうどよい感じ。

Img_0926_kawasakiya_400

つるつるとうどんのようなコシあり。

Img_0927

明るくて広い店内。詰めれば80人くらい軽く入れると思う。2台の大きなテレビで競馬放送を映す。もつ煮込みが名物のようだ。もちろんレース開催日は昼間から飲んじゃうお店。

Img_0928

やきそばをお土産に買ってきたのだけど、写真撮影失念してしまった。

Img_0931

二階席もある。そうとう広い建物だ。

Img_0930

駅横にひときわ目立つ。

Img_0929

400円

(月-金)休、(土日)06:00-18:30、(祝)不定、情報提供:SHじーさん

評価は2点 ☆☆

|

« 九段下 むさしの いんげん天そば | トップページ | 六本木 富士そば ほうれんそうそば »

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

●rdさん

ドサ回りお疲れ様です。いつの日か東京に戻って来られることを願います。

投稿: ケビン | 2013年5月15日 (水) 08時12分

高野さん

ご無沙汰しておりますm(_ _)m
最近はあちこちをドサ周りしておりまして、なかなか路麺活動もままなりません(^_^;)
いぶりがっこの故郷、秋田には、4月頭まで居りました。

投稿: rd | 2013年5月14日 (火) 15時58分

ケビンさん

済みませぬ、川﨑屋には思い入れがあったのでつい・・・A^_^;;

お婆さんお元気でしたか(^0^)。初めてここを訪れてから、もうかれこれ15年になるでしょうか・・・

投稿: rd | 2013年5月14日 (火) 15時57分

●高野さん

そういえばrdさん、先日も東京に潜伏してたらしいですよ。

投稿: ケビン | 2013年5月 9日 (木) 22時06分

rdさん、ごぶさたしています。
いぶりがっこを見ると
なぜかrdさんを思い出します。

投稿: 高野 | 2013年5月 9日 (木) 12時02分

●rdさん

競馬の門外漢なので、コメントの内容まったく理解できないのですが(笑
、なんとなく雰囲気はわかります。

小さなお婆さん、お元気でしたよ。

投稿: ケビン | 2013年5月 9日 (木) 06時45分

懐かしいです(´ー`)
在京時は東京競馬場がホームグラウンドでした。場外発売の時は、9R終了時までにメインレースまでの馬券を買ってしまい、川﨑屋で煮込みやヤッコつまみに、異常に濃ゆいウーロンハイをあおりつつ、店内のモニタで競馬観戦するのが何よりの楽しみでした(^_^;)

店内は言わずもがな異常なほどのショッパさで、当時30代だった私など青二才にも程があるといった有様。メイン発走前になると、駅前をショバとする名物予想屋なども店内に紛れ込んできて、ヤニ下がった常連オヤヂ達と途轍もなく怪しげな競馬裏情報話に華が咲いていたものです( ̄▽ ̄;)

恐らくは、性懲りもなく毎週鉄火場に集うそんなロクデナシ共を長年見続けてきたからでしょう、年甲斐も無くピリッとした佇まいから存分に芯の強さを醸し出しつつ、底なしに優しい笑顔で困り者のギャンブラー達を見事にあしらう様も堂に入った、お会計にいつもチョコンと立ってる小さなお婆さんがとても印象に残っております(´▽`)

投稿: rd | 2013年5月 7日 (火) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九段下 むさしの いんげん天そば | トップページ | 六本木 富士そば ほうれんそうそば »