« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の記事

2013年9月30日 (月)

八丁堀 びっくりうどん本舗

100軒のうち唯一の未食店を制覇致しました。とはいってもここはうどん専門店だからなあ、反則だよねえ路麺大帝(=^^=)0。びっくりうどん本舗

Img_2762_bikkuri_300


Img_2763


| | コメント (10)

神保町 嵯峨谷 いかかき揚げそば

嵯峨谷

神保町

蕎麦は押し出し式の十割。これが非常に食いにくい。短くちぎれてしまって箸でたぐれない。すくって食べる蕎麦。かき揚げのコロモはいい揚げ具合で味そのものは悪くないのだが、いったいどこにイカがいるのかよくわからない。たぬきそばだと思って食べれば悪くないのだが。つゆはダシ良く甘めのカエシに深みありうまいです。

Img_0986_400

かなりがっかりの一杯。

Img_0987

靖国通り沿いのよい立地。

Img_0988

400円

無休、07:00-23:00

評価は2点 ☆☆

| | コメント (12)

2013年9月29日 (日)

ZRX不調のため入院中 謎の失火

このところバイクが絶不調。始動はいいが暖まると失火してガクガクとなり、最悪の場合はエンジンが停止してしまう。どうもイグニッションコイルのようだけどよくわからない。単純な機械とはいえ八万キロ乗るとあちこちガタくる。

素人ではもうこれ以上わからないからバイク屋に預けることにして乗って行くと、ほんとにたどりついたとこで息絶えた。ガクンガクンと止まっちゃった。さっそく事情を説明するとバイク屋のオヤジがエキパイに水をかける。1番4番は水がジューっとならない。これは恐らくコイルだろうとの診断。1−4、2−3でコイルが2系統に分かれてるからだそうです。

暖まると止まるのは、きっとコイルの内部が熱で膨張して、どこかの配線が圧迫されて短絡しちゃうんだろうとの素人考え、きっとまちがってないと思う。

もしかすると高速走行での謎の失火もこれと関係あるのかもしれない。

それよりも心配は、バイク屋のおやじが半分引退モードにはいっちゃって、しっかりお休みとることで、まあそれはそれで問題ないんだけど、ヤキモキします。

一週間後。ようやくバイク屋から電話があった。火花が弱いのでコイル、プラグキャップ、もしかしたらプラグを交換してみるとのこと。それでだめならイグナイタだそうだ。そこまでいってなけりゃいいけど。これから部品手配だからまだしばらくかかるな。

ところでGPZ-900R系のエンジンはプラグキャップが弱点らしい。雨水などが浸透して電流がリークするようだ。

そういえば思い当たるふしがある。洗車してタンクの下側(つまりプラグキャップの周辺)に水をジャバジャバかけて流した後、エンジンが失火ぎみになることがあった。今おもえばあれが前兆だったんだ。

12R系以降のエンジンではプラグキャップのトラブルはほとんど聞いたことがないというから、ZRXお乗りのかたは失火したらここを疑うといいかも。

ということでまだしばらくは電車と徒歩の生活です。

| | コメント (2)

2013年9月28日 (土)

ギブソンとフェンダー

ギブソンのES-335を入手してしばらくたつ。だいぶ馴染んできた。これまで30年間、フェンダー(コピーモデルも含む)しか使ったことがなかったので当初はかなり違和感あったけど、弾き込むにつれてコツが飲み込めてきた。

そもそも、どちらもギターの老舗だけあってそれぞれに違いはあるものの個性的な良い音がして甲乙付け難い。だけど、ギター弾きにとってはちょっとした違いが気になるというか面白いというか、弾きこなす楽しみのポイントが少し違う。両者の違いはだいたいこういう感じ。

注:もちろんこう感じないかたもたくさんいらっしゃるでしょうが、これは私の主観ですのであしからずご了承ください。

ーーーーー

フェンダー(ストラト、テレキャスなど)

爽やかに突き抜ける高音域、枯れた味わいの中音域。ピッキングの強弱がはっきりと音に出る。コードをジャランと鳴らしながらメロディーを混ぜて複弦を弾くとかっこいい。

いわゆる「ソウルの音」がする。例:ジミヘン、キース・リチャーズ、バディ・ガイ、スティーブ・クロッパー。単音でメロディー弾くときはピッキングのニュアンスをメリハリ付けると枯れた音色が生きる。例:エリック・クラプトン、JJケール、デビッド・ギルモア。パワー感のないアンプだとコシのない音になるので注意。私は使わないけど、エフェクター使うのもあり。

フェンダー弾くコツはピッキングのニュアンス。アンプやエフェクタの選択。

Img_20121006_174302_2

ギブソン(ES-335、レスポールなど)

明るく太い中音域、迫力の低音域。鳴りが良い。ピッキングへの反応が速い、ちょっと触っただけで大きく鳴る。ピッキングしなくても左手のハンマリングだけでも鳴り続ける。触っただけで隣の弦が鳴ってしまう。コードを弾く時はボリューム絞らないとうるさい。もしくは弦三本くらいでコード弾いたほうがちょうどいい。

いわゆる「ロックの音」がする。例:ジミー・ペイジ(中期以降)、ジェフ・ベック(初期)、デュアン・オールマン、ミック・テイラー。音が伸びるので単音のはっきりしたメロディー弾きに最適。例:BB・キング、アルバート・キング、ビリー・ギボンズ(ZZ top)

ギブソン弾くコツは、弦をミュートして不要な音を消すこと。ボリューム操作。

Img_2082

| | コメント (2)

2013年9月27日 (金)

茅場町 たかね

たかね

茅場町

冷やし天ぷらそば

押し出し式そばにしてはしっかりとつながった蕎麦、平たい長方形断面、やや固め。

ぶっかけつゆ、深みあるよい味。

玉子(生 or 温泉)、わかめ、大根おろし、揚げ玉。セルフひとつかみづつ。

Img_0978

揚げたて天ぷら、うまいですね。すり身をちょっと入れたところがとてもいい。

Img_0979

とてもおいしかったです。

Img_0981

茅場町にもすっかり馴染んだ。

Img_0980

(日祝)休、10:30-15:00、17:00-22:00、(土)-14:00、まえだ改称

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (8)

秋葉原 やじきた 【閉店】

やじきた

秋葉原

残念ながら、2013/08/20、閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。情報提供:LM2さん

JR秋葉原駅、徒歩2分、昭和通り沿い。かつてスエヒロそば秋葉原店だった場所。

■蕎麦、生めん茹でたて、注文受けてから茹でる。薄茶色でやや細め、悪くないです。
■つゆ、ダシよし、昆布風味のマイルドなもの。秋葉原界隈でこの味はちょっと珍しい。たまにはこういうのもわるくないです。蕎麦とバランスよし。
■かき揚げ。ちょっと「スカ天」風のスカスカ感あるマイルドな味つけのコロモ。つゆに十分浸すとホロホロ崩れる。コロモ主体だが悪くない。

末広町のほうにあった同名店は横須賀船越の麺をつかっていたので、横須賀とのつながりがあるのかもしれない。とすればスカ天も納得できる。

Img_4809_yajikita_310


Img_4811

ちょっと信じられない安さ。

Img_4812

夜は居酒屋。

Img_4813

310円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (4)

2013年9月26日 (木)

六本木 小諸そば 和風冷めん

小諸そば

六本木

和風冷めん(大盛)

夏季限定メニュー。そばつゆベースに練ゴマとラー油の担々麺風のタレのぶっかけそば。鶏肉をほぐしたものと胡瓜、ナルト、ワカメ。

Img_2346_komoro_420

ドンブリの底にあるタレと少しずつ混ぜながら食べるとうまい。いきなり全部混ぜちゃうと味に変化がなくてつまらないかな。控えめな胡麻ラー油でそばとちょうどよい。ややピリ辛。

鶏肉、不思議な柔らかさ。ツナ缶かと思うくらい。味は悪くないです。

これうまいな、来年もやって欲しい。

Img_2347

大盛り追加料金+60円でお得。

Img_2348

420円(大盛)

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (2)

2013年9月25日 (水)

秋葉原 新田毎 冷やしたぬきそば

新田毎

秋葉原駅構内改札内(総武線下りホーム)

冷やしたぬきそば

■蕎麦、生めん茹で置き。やや灰色っぽくてきもち細め。シコツルとした歯触り楽しい。
■つゆ、きりりとうまい。蕎麦と相性よし。
■たぬき、細かくさくさくとしてそばとよく馴染む。

とてもうまいです。駅ナカとしては傑出した味。

Img_1862

早い、安い、うまいの三拍子そろった良店。

Img_1863

興和物産の生めんを使用。

Img_1864

電車の往来を眺めながらそばを食べることができる。鉄道好きにはうれしいかも。

Img_1865

いろいろとサービス品があるようだ。このときは「ステーキカレー」だった。すご!

Img_1866

秋葉原駅は立体で、ちょっと下り坂の通路にある。

Img_1867

380円

無休、06:00-23:00

評価は3点 ☆☆☆


春菊天そば

JR秋葉原駅改札内総武線下りホーム

総武線秋葉原駅のプラットフォームは高い。ビルの7−8階くらいに相当するであろうか。もしかするとこの店は日本で一番高いところにある路麺かもしれない。

春菊天そば、いっけんすると普通の春菊天ぷらのようだがただものではない。箸で持つとずっしりと重いのだ。密度が高い。箸をさくっと通そうとここみるが、厚みがあってなかなか向こう側へ到達しない。普通の春菊天ならばぱりぱりと割れて散るところであるが、ここのはむしろ箸を包むかのようにみっしりと緑の塊が横たわっているのだ。こういう春菊にはずれはない。

Img_3844

箸でちぎるのをあきらめ、やおら持ち上げがぶりと食らいつくと。ジュワッとした噛み締め感のあと、口の中いっぱいに春菊のほろ苦さが充満する。これこそが私の追い求める春菊天だ。

Img_3845

他で見かけるのは扇のように広げて揚げたもの。ごくまれにみっしり高密度春菊天の旨い店は都内に数店あるがそれらはみな丸いパンケーキ型に固めて揚げてあるもの。新田毎のはそのどれとも異なる。いうなれば「ハリセン」である。扇をゆるく閉じた形のまま揚げられている。じつに独創的。これを食べるには総武線下りに乗らなくては。

Img_3846

Img_3848

Img_3850

カウンターから黄色い総武トレインを眺めることができる。

Img_3847

階段を上り詰めた頂上にある。

Img_3842

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (16)

2013年9月24日 (火)

コメント欄再開のお知らせ

長いことコメント欄を閉鎖しておりましたが、10月から再開いたします。

気がつかれた方もいらっしゃると思いますが、たいへんにたちの悪い、悪質な嫌がらせを継続的に受け、どうにも耐えられず思い切ってコメントを閉鎖せざるを得ませんでした。たんなる目立ちたがりのしわざだろうから放っておけば良いとアドバイスをいただきもし、しばらくはコメント承認制といたしましたが、そうなるとこんどは私個人を狙って毎日のように5通、6通とまるで無言電話のように同じ内容の悪質なコメントをおくりつけてくるありさまで、その心痛はとても言葉にできないものでした。

「お前は漢字読めない在日か?」との暴言を目にした時は怒りで震えました。私への攻撃であることもさりながら、私がもっとも忌み嫌う差別発言を、よりによって私のブログに書かれた。もはやこの人物を単なる辛口の読者として暖かい心で大目にみることはできない、これは排除せねばならないとこのとき確信いたしました。

あとになってわかったのですが、この人物は過去に数十ものハンドル名を使い分けては私のあらゆるブログ記事に嫌がらせのコメントを送り続けていたことが判明しました。立ち食いそばにかぎらず、バイクでも、ギターでも、パソコンでも、あらゆる箇所に程度の低い汚い言葉を書き捨ててあったのは、たったひとりの狂った行いでした。

まさかそんな悪質な人間がいるとは想像もしていなかった私は、ああこれも自分の不徳のいたすところかと恥じ入り、辛口コメントにも真摯に向き合わねばと心を改めていたのですが、あにはからんや、それらはすべて私個人を狙った悪質で低俗な罵詈雑言であったのです。コメントといえるものではなく、単なるストーカーと呼んで忌むべきものでした。

さらに酷いことには、わたしがこのストーカーを排除しようと決心したのを気づいたのか、彼は第三者のハンドル名を騙るコメントを送信してきました。善意のコメントを書いてくださる数人の懇意のかたのハンドル名を装って、「ケビンさん、その後いかがですか?」」などとみえすいた嘘のコメントをいくつも書き込んできたのです。皆さんもご承知のとおりネットは善意でなりたっています。なりすましはネットコミュニティーでは最もやってはいけない卑劣な行為のひとつです。この時点で彼はブログ運営者の私のみならず、善意の読者さんをも傷つける行為に手を伸ばした。これは決して許されるものではありません。

こういう悪質な人物ですから、今後も同様の嫌がらせがあるやもしれませんが、そのときは見つけ次第削除するか、「■警告、ストーカー犯人です■」と当該コメントに記すつもりでおりますのでお目汚しご容赦ください。

コメント欄の復活を望まれる読者の皆様から暖かいメールなどをいただき、その度にたいへんご不便をおかけいたし申し訳なく感じておりました。改めてお詫びいたします。

ということで、皆様からのコメントお待ちいたしております。
私にとっても大きなはげみです、楽しみでなりません。


|

池袋 いわもとQ

いわもとQ

池袋

赤坂TBS隣から移転したお店。赤坂時代にはよく利用させていただいた。

いわもとQといえば押し出し式生そばのパイオニアとして有名であるのだが、なんと2013年9月から池袋店では押し出し式を廃止し、いわゆる通常の「生めん」となった。あらかじめ製麺された生そば。注文受けてから茹でて供する方式。

Img_2477

生めんへの変更にともなってか、つゆが心なし濃くなったようにも思えるが気のせいかもしれない。いずれにせよ蕎麦と相性よくうまいつゆ。

蕎麦の風味は押し出し式のころとさほど変わらない。やや香りが弱くなったようにも感ずるが、これも気のせいかもしれない。

天ぷらは注文後揚げたて、なすジューシー。全体としてとてもうまい一杯であることに変わりない。

Img_2479

押し出し式の良さは蕎麦の風味を極力生かしたところにあり、さらに食感は手打ち風のボソッとした風合いにも思える緩さがある。ただし、冷やしやもりでは良いのだが温そばとなるとその緩さゆえ蕎麦がつゆに溶けボロボロと短く切れてしまうところが難点であった。

そこで、意地悪ではあるがちょっと蕎麦を高く持ち上げてみると、おお、切れない。長くつながっている。これならば食べやすいし蕎麦として立派な姿だ。リフティング試験大合格!

今後、他の店も順次生めんに切り替わって行くのであろうが、この味ならば旧来のファンも満足できるはずだ。

Img_2481

池袋駅の地下街をずーっと西に進んだ終点の階段を出てすぐのところにある。雨の日はありがたい立地。

Img_2483

430円

無休、24時間営業

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

四ッ谷 政吉そば かき揚げそば 【閉店->再開】

政吉そば

四ッ谷

未確認ですが閉店してしまったようです。落涙。

かき揚げそば

5時ちょっと前の閉めるまぎわにお邪魔した。天ぷらはほとんど売り切れとのことで、ひとつだけ残っていたかき揚げをお願いした。

Img_0755

そろそろ仕舞いだというのに、ダシの香りとコクのフレッシュ感ただようつゆ。立派な仕事だなあと、しみじみ感じ入って頂いた。

Img_0756

ちょうど私の次でカンバンだった。今日もありがとう政吉そば。


Img_0757

評価は3点 ☆☆☆


| | コメント (19)

2013年9月23日 (月)

渋谷 信州屋 松茸そば

信州屋

渋谷

松茸そば

立ち食いそばのタネはとくに種類を問わず、野菜、肉、魚、きのこ、海藻、カレーなど多種さまざまなものが使われる。お好み天ぷらとうたう店もあるくらいで、そばのベースにはどんなものでもマッチする。タネを選ばないところはそばの優れた特長だ。

きのこといえば、舞茸、しめじ、しいたけあたりが定番。しかしなんと、高級品「松茸」を使ったそばが現れようとは想像もしなかった。なんたって安い食い物の代名詞である立ち食いそばに松茸とはね。長く続いたデフレも転換期を迎えたか、とも思いたくなる。

Img_2512

スライスされた松茸が4片。しっかりと太い。

Img_2514

香り最高。食べた後もしばらくは松茸のゲップが出る。わたしはバイクだから、ヘルメットの中が松茸の香りで充満されて、なんとも幸せな空間。

Img_2515

さらに面白いのは価格。「時価」だという。たしかに松茸のような高級食材であればそれもうなずけるが。しかし、松茸をタネに使うこともさりながら、時価の立ち食いそばはなかなかお目にかかれない。私の記憶ではたしか穴子天であったような。ちなみに本日の時価は600円だった。

Img_2516

600円から800円の間で変動するとのこと、どうやら旬に近づき出荷量が増えると安くなるようだ。

Img_2517

600円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2013年9月22日 (日)

【番外編】赤羽 中華タンタンメン

先日は初めて赤羽で飲んで終電のがしてしまった。「kevinさん赤羽一番街の中華タンタンメンで中華ご飯を食べませんか?飯例)青梗菜の天ぷら、木耳の中華風和え、天津飯、玉子炒飯、麻婆豆腐、五目焼き刀削麺。。。」との謎のメールのお誘いにホイホイとついて行ったのがここで、お店の名前が「中華タンタンメン」らしい。そんな超一般名称を使うとはかなりマイペースで楽しい店主がやってるに違いないと想像したらまさにそのとおりで、日本語かな〜り下手だけど笑顔が板についたカンフー映画悪役系の四川省出身おっちゃんと中国人のバイト青年ふたりで切り盛りしている。

Img_2343


Img_2339

メニューにはいろいろと豪華な料理があるのだが「ここはね、メシがうまいんですよ」とのことでつまり普通の総菜ものばかりを注文してみるとなるほど確かにどれもうまい。いわゆるところの「火と鍋のマジック」てやつで、とくに驚いたのがジャガイモとピーマンの炒めもの。生のジャガイモとピーマンを細く切って塩と中華スープ味で炒めたやつで、歯ごたえをわずかに残してしなっと絶妙に火の通ったジャガイモは麺をすするように一気食いしたくなるうまさ。店主の腕の確かさを証明する。これはもしかしたら青椒肉絲の牛肉をジャガイモで代用するような家庭料理なのかもしれないとも想像。

Img_2329


Img_2338


Img_2327


Img_2326

当店で特筆すべきはもう一つ。ご出勤前に軽くお食事のチャイナちゃん御用達なのよ。こっちのほうが重要ですので、ぜひまた来ようと心にかたく誓いましたよ。

Img_2340

| | コメント (0)

2013年9月21日 (土)

日本橋 よもだそば 新作つゆ試食

よもだそばさんにはいつもいろいろと無理なお願いをきいていただいております。宴会場貸し切りとか、創作メニューの限定販売とか、自家製麺の試食とか、その他いろいろ。

つい最近小耳にはさんだところでは、つゆの刷新をはかるとのこと。これまで毎年のように改良されていて、昆布ダシを増強したりカエシを濃くしたりといろいろ工夫してきたのだが、ついに最後の一手ともいえる「無化調」に挑むらしい。

わたしはよもだそばのつゆ好きで、いわゆる茹でめん系のつゆではあるものの、六文などのガツン汁とは一線を画したマイルドでやや濃いめの味が自家製麺と調和しており立ち食いそばのつゆとしては完成の域にあるものと感じておりましたが、よもだそばさんとしては化調の良さは認めつつも、さらにもう一歩飛躍したいとの熱意で鋭意研究されてきたとのこと。そこでいつものごとく「古いつゆと新しい無化調つゆの比較試食会をやらせてくださいよ」と無理なお願いをねじ込んだところ、快く引き受けてくだる。ならばこちらもと、味覚に優れた精鋭路麺ダーを連ねて試食会に参加した次第。

すでに店販売では新ツユに切り替わっているため、古いつゆのカエシを保管していただいた。これを温かけそばで新しい無化調つゆと比較。ダシはまったく同じものを使う。

いやすごかった、こうやって並べて比較すると一目瞭然。

まず、第一に化調はうまい。これは皮肉でもなんでもなく、ひとくち含んだときに「ああうまい」とカラダが反応する。そして味わいが口の中に充満する。粘膜をすべてコーティングされ、ひとつひとつの味蕾に旨味が充填されたような幸福感が訪れる。他の味や香りをすべて差し置いて、旨味成分が口の中を支配する。そしてこれが最重要ポイントだが、飲み終えた後の口の中にうまさがずっと残っている。

かたや無化調。まずひとくち含んで真っ先に感ずるのは鰹ダシの香り。やがて醤油のこうばしさ、それから鰹節独特の酸味きいた旨味、さらには昆布ダシの控えめだがズシリとくる旨味、これらの要素がどれもこれもはっきりと特徴をもって伝わってくる。単純なうまさというよりは複雑で重層的なハーモニーとしての楽しさだ。最後に飲み込んだあとの口の中には先ほどまでのハーモニーはスッと消え去りかすかなダシの香りが残る。

化調の魔力とでもいえましょう。ぐいぐいと旨味の極限を目指して引っ張る牽引役ではあるが単調。かたや、いっけん弱々しい印象ではあるがそれぞれの素材どうしのハーモニーで複雑な旨味世界を構築する。目にも鮮やかな違いをまざまざと汁、いや知ることができました。楽しくかつ勉強になる機会を与えていただき感謝のことばもありません。

もちろん試食会の後はグダグダとした宴会モードに突入したことは言うまでもないです。

Img_2464


| | コメント (0)

2013年9月20日 (金)

渋谷 いろり庵きらく ちくわ天そば  【閉店】

いろり庵きらく

渋谷

ちくわ天そば

残念ながら閉店してしまったようです。2013/06。

この店は、蕎麦とつゆはとてもうまいのだが、揚げ物がいまひとつ。とくにかき揚げは全体的に油を吸ってどうもヘビーだ。ちくわ天はその点で安心できる。ちくわ自体は油をあまり吸収しないので無難にいただくことができる。

非常に長いちくわ。ここまで長いのはなかなかお目にかかれない。長さでは路麺界でも屈指である。磯辺揚げ風ころも。磯の香りかすかにあり。ゴツゴツしたゴジラ風コロモ、なかなかよいです。つゆをうまく吸ってくれる。不均等な厚さなので食感よい。

Img_1037

かなり固い歯ごたえではあるが、かみしめると旨味あり。なかなかにうまい。

Img_1039

つゆを吸う余地はあまりない練り具合なので、やや長めにつゆに浸しておくとうまい。

Img_1040

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

中延 大和屋 ピーマン茄子天そば

大和屋

中延

ピーマン茄子天そば

ピーマンとパプリカは同じ科の植物で、厳密な違いはないそうです。ここのピーマンはパプリカといってもいいような巨大さ。肉厚でうまい。茄子もいいですよ。

Img_0955

細い茹でめん、あっさり目のマイルドつゆ。

Img_0956

無休がうれしい

Img_0957

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2013年9月19日 (木)

外苑前 信越そば カレーつけめん

信越そば

外苑前

カレーつけめん(夏期限定)

このところ夏になると新作に意欲的な信越そば。今年は「カレーつけめん」。もりそばにバラ肉天をのせ、カレーをもりつゆで伸ばしたもの。

Img_2394_sinetu_470

「ハネずに食べやすい」とカウンターに張り紙あり。これこれ、重要なポイント。カレーそばはシャツにはねちゃうからね。つけ汁ならばそういうこともない。マイルドめのカレーがそばつゆとよく合ってとてもうまかった。これ気に入りましたよ、また食べたい。

Img_2396

路麺ダー四人集まれば、お店の人を巻き込んでの立ち食いそば談義となるのは必然。

Img_2398

470円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2013年9月18日 (水)

東名高速中井PA

東名高速中井PA(下り)

かき揚げそば

■蕎麦、おそらく冷凍麺。灰色っぽい。解凍具合よろしく、まずます。
■つゆ、甘めののっぺりした味。まずまず。
■かき揚げ、コロモ厚めのぼってりした加減。悪くないです。

これといって特長はないですが、それほど混雑していないので待たずにすぐ食べられるところがうれしい。

20130608_083105

20130608_083128

調味料に食品アレルゲン表示あり。

20130608_084053

マヨ使い放題!!

20130608_084025

昔ながらの高速食堂のたたずまいとシステムで、こういうの好きです。看板だけ妙に明るいのは違和感あり。ぜひとも再考を求めたいところ。

20130608_083744

480円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2013年9月17日 (火)

早稲田鶴巻町 山吹 冷やししいたけそば

山吹

早稲田鶴巻町

冷やししいたけそば

相変わらずのうまさはあるが、さらにこれはとびきりうまかった。

薄めの味で煮付けた肉厚しいたけ。しいたけがそばに合うのはもちろんだが、よく見かける薄くスライスしたものではなく、ゴロっとワイルドなやつ。噛みしめると内側から旨味の汁がジュルリ、ジュワーとしみでてくる。そして肉厚の噛みごたえ。

さらにもうひとつ、山菜。これがまたいい。ちょっとした脇役にしか見えないがそんなことはない。まずあたりまえだが、味がいい。よくある山菜は酸っぱすぎて、味のないねばる繊維質、くらいにしか思えないものだが、ここのは違う。強い酸味は感じられず、山菜ならではの微妙な甘み、ほろ渋さを堪能することができる。

Img_1596_yamabuki_450

茹で立てなまそば、柔らかめのぶっかけつゆとのバランス、相変わらずの見事さ。

Img_1597

450円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2013年9月16日 (月)

岳南原田 めん太郎

めん太郎

岳南鉄道・岳南原田駅、構内改札外

LM2さんからおしえてもらったお店。

岳南鉄道は静岡県富士市のローカル鉄道。廃線の危機にあるらしく鉄道ファンには有名とのこと。

■蕎麦、茹でめん、灰色っぽい、やや太め。柔らかめ。しっかりと香る蕎麦。
■つゆ、ダシよし、鰹に加えて鰯を使う。静岡らしく魚粉を使うのだろうか、富士宮やきそばの「だし粉」の風味あり。カエシ濃いめガツン。やや甘いのは静岡風。
■野菜かき揚げ、揚げ置き。コロモ厚めだが味はよい。
揚げ玉少々、青ネギ。

ダシに鰯を使うのはガツンの常道であるが、こちらのは非常に独創的。慣れない人には違和感あるのではと思えるくらいの鰯魚粉の香りプンプンただよい、青ネギの香りと相乗効果でこれぞ静岡のソウルフード!

富士山麓にあり湧水が豊富な土地で水がうまい。縦長のガラスコップで供される水のうまさよ。これを飲むためにも行く価値あり。

Img_1626_mentaro_380

普通盛りのそばはやや少なめなので、しっかり食べたい人は大盛りがいいだろう。

揚げ玉を少し盛ってくれるのがうれしい。このつゆと揚げ玉があればかけでも十分なうまさだろう。

Img_1627

駅舎併設。駅の待合室で食べることもできる。

Img_1628

店の裏はすぐに線路。時間の止まったような空間。

Img_1629

めん太郎で使う荒川製麺の工場はこちら。

Img_1630

このあたりは「今泉」という地名のとおり、富士山の清浄な湧き水がこんこんと湧出する土地がら、豊富な水を活かして製麺業を興したのだろう。荒川製麺のソフトめんは富士市の給食でお馴染み。

Img_1635

380円

(日)休、09:00-18:00、改札外、情報提供:LM2さん

評価は2点 ☆☆

| | コメント (4)

2013年9月15日 (日)

日暮里 一由そば ジャンボかき揚げBそば(JKB)

一由そば

日暮里

ジャンボかき揚げBそば(JKB)

一由そばのお客様リクエスト品。以前このブログで「ジャンボかき揚げB」をぜひ食べてみたいものだ。48人で投票してJKB48人が実現したら面白いな、と書いたところ賛同してくださるかたがたくさんいらっしゃいまして、ようやく9月13日発売されることとなりました。一由そばさん面倒なお願いきいていただきありがとうございます。心より感謝いたします。

ジャンボというだけあって大きい、しかも厚みがある。

Img_2437

レギュラーのかき揚げBはどちらかというとペラッとしていて、ややユルめでしたが、ジャンボではもうすこしカッチリつくるよう考慮されたのか、ゲソ大ぶりのがゴロっとして、コロモややしっかりめ。

Img_2439

味はまったくかき揚げBのまま、いやむしろゲソの味が強くなって旨味強化という感じ、うまいです。「平たいたこ焼き」健在!しかも食いごたえある。大満足。

Img_2440

これぜひ食ったほうがいいです。おすすめします。

Img_2438

13:00頃で最後の1つだった。朝昼夕夜と揚げているようだ。駒込店にはないので注意。

追記:朝だけ揚げているとのことです。

Img_2441

JKBは150円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2013年9月14日 (土)

三越前 六文そば 【閉店】

六文そば

三越前

残念ながら2013/09/13をもって閉店となってしまいました。再開発の影響らしい。

私にとって三越前店が六文を意識して食べた最初の店だったので、とても残念です。

お知らせの張り紙あり。

Img_2418

名物、ゲソ天そば。

Img_2420

最後なので、もうひとつの名物オキアミ天そばもいただく。

Img_2423

翌日さらに午後13:30頃訪問、この日がほんとの最終日、この時間ではもう既にそばが売り切れており、うどんをいただく。六文そばの最後の一杯がうどんというのもヘンなはなしであるけど、これもまた記念かな。天ぷらもほとんど売り切れで残っていたちくわ天。うどんうまかった、もちもちして。

Img_2442

他にお客もいないので、店長さんと記念撮影。店員さんに撮影お願いしたのだけどiPhoneの操作なかなかわからず10枚くらいとってこのブレ写真が唯一の成功作。頑張ってくださいねとご挨拶と握手いたしました。

Img_2448

さよなら六文三越前

| | コメント (2)

千歳船橋 八兆 コロッケそば

八兆

千歳船橋

コロッケそば

しばらく休業していたがようやく再開。お店のかたたち皆さんご高齢で、あちこちと体調不良のため思い切って休業したとのこと。ようやく回復してよかったです。健康に気をつけて長く営業してください。

Img_2402_haccho_390

かき揚げ追加。

Img_2403_haccho_400

うまいです

Img_2404

390円+100円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2013年9月13日 (金)

千歳船橋 八兆 春菊天そば

八兆

千歳船橋

春菊天そば

ご存知世田谷の名店。千歳船橋駅のガード下にある。大釜で次から次への茹でるそば、コクと酸味のあるダシ、深みあるカエシ、そして胡麻油の香る自家製天ぷら。どれをとっても高次元の完成度。

春菊うまいです。わりとコロモ多いタイプだが、ここんちはコロモがうまいので、これがまたいい。飽きずに食わせてくれる。

Img_0855_haccho_390

つゆがいいです。午前中はとくにダシがいい。

Img_0856

おにぎりもね

Img_0857

390円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2013年9月12日 (木)

青山一丁目 ゆで太郎 かき揚げ大もり+天ぷら

ゆで太郎

青山一丁目

かき揚げ大もり+天ぷら

クーポン券があるとつい食い過ぎてしまう。

Img_1480

天ぷらの小皿オプションで100円

Img_1482

ゆで太郎のそば、大盛りだとかなりの量。茹でたてはうまいですね、さすがの店内製麺。

Img_1484

かき揚げクーポン券使用しました。ありがとうゆで太郎。

| | コメント (0)

2013年9月11日 (水)

六本木 富士そば ちくわ天そば

富士そば

六本木

ちくわ天そば

つゆは自家製、と店のおもてに書いてある。たしかにいいつゆ。生そばとよく合う。

Img_0817

それほどねっとりしていない歯ごたえ多少あるちくわ天、磯辺揚げ風コロモ。ややゴツゴツぎみのコロモがつゆと馴染んでうまい。

Img_0818

ちょっと小腹が空くと食べたくなる味。

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2013年9月10日 (火)

四ッ谷 政吉そば 冷やしカレーつけそば 【閉店->再開】

政吉そば

四ッ谷

冷やしカレーつけそば

注:10月まで休業だそうです。記事は以前のもの。

かけつゆのカレーそばではなく、カレーのつけ汁で冷たいそばをいただくもの。それだけの説明であればなんだそうかと一件落着しそうなところであるが、そうはいかないのが政吉そばの真骨頂だ。

そばはいつもながらの信州生そば茹で立て。つけ汁の器には、あまりカレーらしくない色をしたつゆ。

Img_1465_masakiti_500

そばを啜るとまずはスパイスの強烈な風味、一般的なカレーそばの水準からかけ離れた鮮烈さだ。しかし面白いのはそこからで、ふたくちみくちと食べ進むにつれ、あれほどの香味は舌に慣れ、むしろカエシの醤油味が前面に出てくるようになるや「ああ、やはりこれはそばだ」といつしか実感するようになる。

そばがカレーまみれの味になるのをよしとしない私は、カレーそば、じつはあまり食べないのであるが、これは違う。明らかにそばだ。そばを食うためにそば屋に来たことを、何を食おうか悩んでいた数十分まえの自分の行動の動機を追認させてくれるのだ。

Img_1466

牛肉あり。ちなみにこちらでは牛すきそばもうまい、良い肉を使っているのでさっぱりと肉の旨味をいただくことができる。

Img_1467

そして、ここからが第二幕、ご飯投入の儀である。お盆のすみに添えられた半ライス、そば好きな読者であれば、そばにご飯は不要だよなと思うでしょう。かくいうわたしもそうでした。しかし、政吉さんの流儀にしたがってみる。そばを食い終えるや、残ったカレーつけ汁にご飯をジャポンと投入。がんばれジャポン。

絶妙な形状の塗りレンゲでひとくち頂いて驚く「ああ、これはカレーだよ」。あれほど醤油味のそばだそばだと力説していたのもつかの間。ご飯とともにいただくこれは明らかにカレーなのだ。醤油味のきいたカレーライスなのである。さきほどまでのそば懐古の心情を容赦なく打ちのめすかのようにカレーライスを夢中で食べる。カレー汁を残すことなく平らげるのは気持ちよい。

素直に参りました。降参です。そばが相方のときはそばなりに、ご飯を合わせればカレーライスに、そばつゆとカレーの二面性をもつつけ汁。ご飯の存在意義も十分に納得いたしました。危ういほど微妙なバランスのうえになりたつレシピ。これ以上カレーを減らしたらカレーじゃなくなる寸前での配合の妙、流石であります。よくぞここまで研究した。これぞ名品。おそれいった次第です。

Img_1468

500円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2013年9月 9日 (月)

中延 六文そば いかげそ天そば

六文そば

中延

いかげそ天そば

Img_0743

伝統の味、いかげそ天そば。うまいです。これ大好き。

Img_0744

看板に一カ所おかしいところがある。さてどこでしょう。

Img_0745

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2013年9月 8日 (日)

辣油冷やし系ピリ辛路麺三傑

ラー油をつかってピリと辛い冷やしそば、暑い日にはいいですね。いろいろなところで出している。

富士そば、小諸そば、本家しぶそば (写真上から)

Img_1410_fuji6_450

Img_2346_komoro_420

Img_4407

辣油の強さでは富士そば
練り胡麻とのマイルドたれで小諸そば
ネギと鶏の旨みでしぶそば

どれも甲乙付けがたい。
料理としての完成度と個性でみると、
1.しぶそば
2.小諸そば
3.富士そば

なんだけど、ワイルドさでガツンと空腹満たしてくれるのは富士そばがいい。小諸のもまた変わっててうまい。どれも大好きですよ。

| | コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

【番外編】 四谷三丁目 雲南米線

雲南米線

四谷三丁目

きのこ米線

四谷三丁目交差点を信濃町方向にちょっと行ったところにある。ちょっと入りづらそうな外観なのでこれまで敬遠しておりました。

Img_1398_unnan_580

米の麺、鶏ガラと味の素のいわゆる普通の中華スープ。きのこは乾燥キクラゲを中華風スパイシーに味付けたもの。なかなかおいしかったです。

Img_1399

雲南地方の特色なんでしょうか。米と小麦の麺を選べる。日本の蕎麦屋さんでも、そばやといいながらうどんを選べるのと似てますね。

Img_1401

ちょっと敷居の高そうな店構え。

Img_1402

580円

| | コメント (0)

2013年9月 6日 (金)

渋谷(道玄坂) 吉そば コロッケそば

吉そば

渋谷道玄坂

コロッケそば

ラーメン王後楽の並びにある。

Img_0801

コロッケ、溶けにくいタイプで私好み。グリーンピース入ってるのもポイント高いです。


Img_0802

つゆは悪くないが、そばがどうもいまひとつモゴモゴとする。


Img_0803

吉そばは店によって違いが大きいように感じる。

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2013年9月 5日 (木)

六本木 富士そば 冷やしピリ辛そば

富士そば

六本木

冷やしピリ辛そば

かなりピリ辛度高い。同様のメニューに温そばもありますが、温よりも冷やしのほうがこの具材に合っている。温そばだとラー油がそばつゆに流れ混ざって全体が辛くなるが、冷やしだとそういうことがなく、そばと辛味を交互に食べるとちょうどよいリズムが生まれる。

Img_1410_fuji6_450

とても好きな味。鶏肉多めなところが満足感高い。

Img_1411

450円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2013年9月 4日 (水)

川崎 高田うどん店 冷やし天ぷらうどん

高田うどん店

川崎貝塚

冷やし天ぷらうどん

冷やしとはいってもキンキンに冷えてないのがいい。

Img_0798

腰のない柔らかいうどんがまたいい。天ぷらはヘナとした家庭的な味わい、こういうの大好きです。

Img_0799

本日はお父さんも元気にカレーを盛りつけていました。


Img_0800

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2013年9月 3日 (火)

西新宿 大橋や 冷やしおろしそば+コロッケ

大橋や

西新宿

冷やしおろしそば+コロッケ

西新宿鳴子天神下、青梅街道に面した名店。

洒落た小ぶりの絵付け丼、ちょっと他にない。

Img_2234

そばは茹でたて、注文を受けてから茹でてくれる。

Img_2235

あひる仮面さんからおしえてもらったコロッケわさび。これが驚くほどうまい、揚げ物をさっぱりといただくことができる。

Img_2236

お隣のお客さんも路麺好きとお見受けしましたよ。

Img_2237

370円、コロッケ60円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2013年9月 2日 (月)

旗の台 だし家 冷やしなす天そば

だし家

旗の台

冷やしなす天そば

だし家のつゆは温もすばらしいが、冷やしはさらにその上を行く絶品だ。

Img_2242_dasiya_360

濃厚なダシとマイルドちょい甘めのカエシ。やや細めの茹でめんとよくからみ最後まで飽きさせることなく食欲テンションを落とさない。

Img_2243

おふたりできりもりしていた

Img_2244

360円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2013年9月 1日 (日)

【自作】トマトハバネロぶっかけうどん

信越そば@外苑前にインスパイアされてつくってみた。乾麺の格安うどんにミツカン追い鰹つゆで簡単に。冷やしぶっかけです。

缶詰のトマトを載せてハバネロソースをちょいと振りかける。薬味は茗荷。

おどろくほど簡単でうまいです。皆さんも試してみたら

1238072_637948629572331_1366130883_


| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »