« 日本橋 よもだそば 新作つゆ試食 | トップページ | 渋谷 信州屋 松茸そば »

2013年9月22日 (日)

【番外編】赤羽 中華タンタンメン

先日は初めて赤羽で飲んで終電のがしてしまった。「kevinさん赤羽一番街の中華タンタンメンで中華ご飯を食べませんか?飯例)青梗菜の天ぷら、木耳の中華風和え、天津飯、玉子炒飯、麻婆豆腐、五目焼き刀削麺。。。」との謎のメールのお誘いにホイホイとついて行ったのがここで、お店の名前が「中華タンタンメン」らしい。そんな超一般名称を使うとはかなりマイペースで楽しい店主がやってるに違いないと想像したらまさにそのとおりで、日本語かな〜り下手だけど笑顔が板についたカンフー映画悪役系の四川省出身おっちゃんと中国人のバイト青年ふたりで切り盛りしている。

Img_2343


Img_2339

メニューにはいろいろと豪華な料理があるのだが「ここはね、メシがうまいんですよ」とのことでつまり普通の総菜ものばかりを注文してみるとなるほど確かにどれもうまい。いわゆるところの「火と鍋のマジック」てやつで、とくに驚いたのがジャガイモとピーマンの炒めもの。生のジャガイモとピーマンを細く切って塩と中華スープ味で炒めたやつで、歯ごたえをわずかに残してしなっと絶妙に火の通ったジャガイモは麺をすするように一気食いしたくなるうまさ。店主の腕の確かさを証明する。これはもしかしたら青椒肉絲の牛肉をジャガイモで代用するような家庭料理なのかもしれないとも想像。

Img_2329


Img_2338


Img_2327


Img_2326

当店で特筆すべきはもう一つ。ご出勤前に軽くお食事のチャイナちゃん御用達なのよ。こっちのほうが重要ですので、ぜひまた来ようと心にかたく誓いましたよ。

Img_2340

|

« 日本橋 よもだそば 新作つゆ試食 | トップページ | 渋谷 信州屋 松茸そば »

【路麺】番外編」カテゴリの記事

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本橋 よもだそば 新作つゆ試食 | トップページ | 渋谷 信州屋 松茸そば »