« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の記事

2013年11月30日 (土)

吊り橋の恋

糸井重里だったかと思いますが「震災のときの体験談を聞くのが好きだ」というのがありました。

たしかにそのとおりで、あのときほど衝撃的な体験はなかったわけで、大筋は似通っていたとしても、どんな人にでも自分だけの逸話があるものです。普段は無口でこれといって話題のないかたでも震災の体験談となると堰を切ったように饒舌になる。まさに百人百様のエピソードを聞くことができる。

初対面のひとに天気の話をして家族のことを聞いて、その次は震災の話に進むと人間関係も円滑になると思う。

揺れる吊り橋の上で出会った男女は恋に陥る可能性が高いそうです。恐怖体験を共有することで日常なら得られない強い共感が生まれる、ということのたとえ話ですが、まさに3.11はあのとき東日本に住んでいた人にのみ強く共有できる体験だった。

| | コメント (0)

2013年11月29日 (金)

四ッ谷 きねや ちくわ天そば

きねや

四ッ谷

ちくわ天そば

久しぶりに訪問してみると、みちがえるようにうまくなっていた。もともと実力のあるお店なのだが、どうもあの店長さんのパワハラが嫌で敬遠していた。ところが風のウワサでそれがなくなったと聞きつけ、食いたい気持ちがむらむらと湧いてきた。

つゆがいい。そばと相性よい。

Img_1368

AMの極太蕎麦、お好みでショウガを入れるのもあり。わたしは入れないですが。

Img_1369

魚の旨味あふれるちくわ天。

Img_1370

店員さんも明るくて良い感じ。また来ようと思える。

Img_1371

評価は2点 ☆☆

| | コメント (17)

2013年11月28日 (木)

早稲田 はせ川 きのこ天そば

はせ川

早稲田(大隈講堂脇)

きのこ天そば。いつもうまいのだが、本日はとくにつゆの具合がよかった。ダシの香りと深みあるカエシのバランス。なみなみと注いでくれるのがうれしい。

味も良いが、丁寧な接客がまた良い。そばを湯がき、タネをそっとそっと乗せ、ゆっくりとつゆを張る。若旦那のにこやかな表情と一体となった丁寧な手つきを眺めていると「ああ、もてなされているなあ」と感ずるのだ。まるでお茶のお手前のような一期一会を感じさせてくれるのである。

Img_3152_hasegawa_430

静逸な空間。こんなに静かな心休まる路麺は他にない。貴重なお店。

Img_3153

秋の味覚。

Img_3154

紅と黄色の街路樹、早大通りも晩秋。

Img_3155

430円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (4)

2013年11月27日 (水)

目黒 田舎そば ちくわ天そば+味付玉子

田舎そば

目黒

ちくわ天そば+味付玉子

味付玉子なしではいられない、田舎に行くと。

Img_1339

Img_1340

ちくわは普通。

Img_1341

うまいたまご。おでんたねの味わい。

Img_1342

四人+ひとり(脇)でほぼ満席。

Img_1343

400円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (2)

2013年11月26日 (火)

六本木 富士そば 肉ネギしょうがそば

富士そば

六本木

肉ネギしょうがそば

季節限定メニュー。こういう変わりメニュー富士そばではよくやるけど、あんまりはずれにあたったことがない。薄切り豚肉と長ネギとショウガの細切り、わかめ、大きな海苔。富士そばの肉そばはうまいので期待して注文。想像どおり肉うまい。柔らかくて味わいあり、獣脂の臭みなくさっぱりと食べられる。

Img_3061_fuji6_450

ひとつ問題は肉の下にどさりと盛られたおろしショウガ。業務用のすりおろし瓶のやつを使っていて、これがどうもいけない。缶臭いような不自然な匂いあり。可能であればすりおろしショウガ抜きで注文したほうがいいと思う。そうすれば完璧、とてもうまいです。

Img_3062

450円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (4)

2013年11月25日 (月)

市ケ尾 しぶそば 春菊なす天そば、新そば祭り

しぶそば

東急田園都市線・市ケ尾駅構内改札外

春菊なす天そば

この季節、新そばが穫れる。あちこちの店で新そばの看板を目にするようになると、そば好きとしてはたまらない。従来は新そばとは本格手打ちそばの世界のはなしで立ち食いそばには無関係であったが、近年では立ち食いそばであっても新そばを味わえる催しを開いてくれるところがある。今年もちらほら見かけるようになった。

しぶそばでは11/24まで新そば祭りを開催。秋田県羽後町産「にじゆたか」という新品種を使用したそばを提供する。羽後町は蕎麦の名産地とのこと。秋田在住の路麺ファンRDさんから情報いただきました。詳しくはこちらを参照ください。

Img_3173_sibu_itigao_480

新そばだけあって、香りたかく、かみしめるとほのかに甘みが感じられる。そば好きならではの至福のひとときだ。

Img_3174

春菊はやや油気が多かったが、まずまずのおいしさ。茄子は申し分なし。

わかめ増量あり。これは「モバイルわかめ」と言われるもので、東急スマホアプリの特典クーポン。11/30までわかめ or たぬきが無料となる。「モバイルわかめ」の言葉の響きが絶妙で、おもわずうなってしまった。

Img_3176

昼時ということもあってたいへんに繁盛していた。ご高齢者が多く見られる。近隣在住で散歩がてらやってきたのだろうか。お年を召すと立ち食いそばの量と値段がちょうど良い昼食だろう。椅子もあるし。

Img_3177

市ケ尾駅改札外

Img_3178

480円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (5)

2013年11月24日 (日)

【番外編】富士鷹丘 さわやか げんこつハンバーグ

さわやか

富士鷹丘

げんこつハンバーグ

静岡ローカルのハンバーグ専門ファミレス。静岡ではハンバーグといったらさわやか。なぜさわやかなのかはわからないが、ここを一度食べると子供も年寄りも他ではハンバーグを食べたくなくなる。月に一度は必ず食べたくなるという大人気店。

Img_1647

かなり行列、待ちます。

カントリー色ゆたかな山小屋ログハウス風、保育園みたいな内装。お洒落感とぼしく、正直いってややダサイが、そこが家族客でも気後れしない雰囲気を盛り上げてくれる。

Img_1640

げんこつの名前のとおりの丸々としたハンバーグが鉄板に乗せられてくる、それをウエイトレスさんが半分に割ってジュージューと鉄板に押し付けて焼いてくれる。脂と肉汁がジュワジュワしみだして猛烈にはねる。紙のマットを手で持ち上げてしばらく待ってくださいねとやさしくレクチャーあり。

追記:ウエイトレスさんは通称「さわやかさん」と呼ばれるらしい。かなりグッとくる名前だ。

Img_1646

特製ソースとデミグラスソースを選べる。さわやかさんおすすめはは玉ねぎを使った特製ソース、うまいです。たまねぎの旨味とソースのさわやかさが肉とよく合う。肉は粗挽きでジューシー、肉を食ってる満足感がたまらない。

そうか!このソースこそが「さわやか」の由来なんじゃないだろうか。

ハンバーグ以外のメニューはそれほど豊富というわけではないし、ハンバーグのバリエーションもそんな多くない。そう、ここはファミレスじゃなくて「ハンバーグ専門店」なのだ。イチ押しのげんこつハンバーグを食わなきゃさわやかに来る意味がない。ひとりだけパスタ食べるなんてのはもってのほか。

静岡人の嗜好として、気取ったコース料理よりも、ドンブリものや一皿ものの単品真っ向勝負のお店が好きである。いきなりスター選手が登場してガンガンと活躍し、さわやかな印象を残して引き際あざやかにさっと終了する。こういうストーリーを大好きな県民性が育んだ名店といえよう。

Img_1648

この家族連れを見れば、いかにさわやかが愛されているかわかろうというもの。かなり待つけど駐車場も広いし、行ってみて損はない。

Img_1639

980円(だったと思う)

| | コメント (2)

2013年11月23日 (土)

8万キロ弱なので、ブレーキ整備 ZRX1200R

フロントブレーキパッド、2万6千キロ走行したのでそろそろ交換の時期だろうと点検してみると、まだ少し残っていた。これならまだ3千キロくらいはいけそうなので、このまま乗り続けようかそれとも交換しようか悩むところ。

というのもこれから冬で寒くなるから、3千キロ走行して十分に損耗したあたりというと、おそらく2月の極寒期となる目算。その頃に寒い中屋外で作業する気にならないものなあ。

Img_3123

ということで、ちょっともったいないが早めに交換することにしました。なんといってもお陽様ポカポカで暖かかったから、一気にやっちゃおうと思ったわけです。

Img_3125

いつものとおり、キャリパー外して、ピストンを少し出して歯ブラシとブレーキクリーナーで掃除。ピストンの表面にブレーキ用のグリースを薄く塗って何度かモミ出す。

パッドを新品に交換。前回と同じくデイトナ金パッド。こいつは制動力高く、ブレーキ鳴きもしないし、長持ちする。唯一の弱点はブレーキローター(ディスク)が摩耗することだけど、まあしょうがないな。制動力とのトレードオフだ。ローターの厚みはまだ使えそうだと先日バイク屋のおやじにチェックしてもらったので、このままいきます。

Img_3124


| | コメント (2)

2013年11月22日 (金)

五反田 ことぶき いか天そば

ことぶき

五反田

いか天そば

生そばとうまいつゆ、揚げたて天ぷら。すっかり名店の風格がついてきた感あり。

Img_1335

さっくりと食べやすいイカ天。

Img_1336

丼ものメニュー充実

Img_1338

えび天サービスもいいな

Img_1337

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (2)

2013年11月21日 (木)

【番外編】 恵比寿 こづち

恵比寿駅東口を出て渋谷川方向に少しいったところにある。

昔ながらの定食屋、昼から飲む人多し!

日替わり定食500円と安い。本日はチキンカツ。やや小振りだがジューシーな鶏肉。

Img_2554

どんぶり飯大盛り。少食なひとは少なくしてもらったほうがいいかも。カウンター備え付けの紅ショウガをつまみながら白い飯がいけるいける。

Img_2555

とても繁盛している。ご家族と従業員でしょうか。男性3人女性2人でまわしていた。

Img_2556


| | コメント (21)

2013年11月20日 (水)

外苑前 信越そば ピーマン+ごぼう天そば

信越そば

外苑前

ピーマン+ごぼう天そば

24時間営業のありがたいお店。お好みで天ぷらを選んでトッピングするの、楽しいなあ。

Img_1317

初めてのお客さんでしょうか「え、どれでもいいの、う〜ん」なんて嬉しそうに悩む姿がこの店の風情。

Img_1318

ごぼう天、細くさいたタイプ。これ好きですわたし。

Img_1319

430円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2013年11月19日 (火)

宮前平 綾(讃岐うどん)

綾(讃岐うどん)

東急田園都市線・宮前平、徒歩30分

うどん専門店ではあるが、ここだけは欠かせない。首都圏で随一と評判のお店。

回数は少ないが、この店が創業直後から食べている。尻手黒川道路沿いにこぎれいなうどん屋ができたときは、まさかこれほど高名になるとは思いもしなかったが、うまさはひとくち食べたときから納得だった。本場讃岐で修行したとのこと、このあたりは私よりも詳しい人がたくさんいらっしゃるので多くは語らず。

Img_3117_aya_400

冷たいうどんに温かいつゆ。小。ちくわ天。つるつるとした舌触りと弾力ある歯触り。

Img_3118

こちらは生醤油と柚子酢で食べる「しょうゆうどん」。小。うどんの旨味をよりダイレクトに味わえる。

Img_3119_aya_300

つやつやと美しい。断面の層も魅力的だ。

Img_3120

300円、天ぷら100円

(火)休、11:00-15:30

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (6)

2013年11月18日 (月)

九段下 むさしの ちくわ天そば

むさしの

九段下

ちくわ天そば

35年間化学調味料を使わず、消費税をとらない良心的なお店、もちろん熱心なファンが多い。

Img_1311_musasino_350

なみなみとタプンタプンになるまでつゆを張ってくれる。ご主人の心意気の証、ありがたく完飲させていただく。もっちりの太めそばによくあう。

Img_1312

コロモがうまい。ちくわの枯れ具合も申し分ない。そばと絶妙に合う。ずるずると一気に食べた後、ああおいしかったの息が自然と漏れる、そんな一杯だ。

Img_1313

350円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2013年11月17日 (日)

目黒 田舎 かき揚げ味玉そば

田舎

目黒

かき揚げ味玉そば

若手路麺ダーのホープ、カツ丼さんを見習って、ちょっと写真に工夫してみた。見る人が見ればわかる。

ご主人としばし雑談、「あのね、この本の表紙にあるの、うちだからね。なんかねこのカウンターがいいんだってね。あ、味玉、天ぷらの下にかくれちゃってごめんね~」「その30ページに載ってるのオレだから」「ああ~、本ね、貸しちゃったんで、あとで読んどっからね、ありゃっとね~」

いつも楽しいご主人、三代目だそうです。

田舎、彩彩、ちどり、煮玉子のうまい路麺にはずれなしとは、これもカツ丼さんの名言。そのとおりだと思う。

Img_3029a

400円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (8)

2013年11月16日 (土)

【番外編】港北IC 崎陽軒 特製シウマイ

崎陽軒

第三京浜港北IC近く

崎陽軒工場の入り口に直営売店がある。つくりたてだから美味しい。少なくとも私はそう思う。というか横浜市民はそう信じている(はず)

Img_1717

いつもの赤い包紙のより高級感ただよう。ちょっと贅沢な特製シウマイ。

Img_1715

ホタテ貝柱のうまみ強く、大ぶりで食いごたえある。噛みしめるとうまみがジュルジュル出てくる。さすが特製だ!

Img_1714

1200円(だったと思う)

| | コメント (14)

2013年11月15日 (金)

渋谷 しぶそば ゲソとししとう天そば

しぶそば

渋谷駅構内改札外

渋谷駅の南口から構内の階段をかつての東横線駅の方向に上っていったところにある。

ほぼ茹でたて生そばと鰹だしとマイルドなカエシのさほど濃くなく甘さほどほどでバランスよし。渋谷駅はどんぶりが大きめで、つゆ、そばともにやや量がたっぷりとしているのが特長。

上に乗るタネは各種あり、季節の限定品も多い。今回の限定品はゲソ天とししとう天。

Img_2899_sibu_500

ゲソ天はよくみかけるぶつ切りゲソのかき揚げではなく、小ぶりのいかげそを長いままあげたもの。このタイプのゲソ天は長過ぎたりかたすぎたりと食べにくいことがよくある、うまく噛み切れずにするりと衣だけがストッキングのように脱げてしまってあれあれとなることも珍しくない。幸いなことにこのゲソは小さめでやや柔らかく食べやすかった。

Img_2901

500円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (2)

2013年11月14日 (木)

所沢駅 ウエスコ狭山そば 天ぷらそば/肉(ポーク)そば

ウエスコ狭山そば

西武所沢駅、改札内ホーム

天ぷらそば/肉(ポーク)そば

所沢駅の改良工事にともなって休業していたが、2013年の工事終了とともに新装開店とあいなった。昨今は駅そば受難で、駅が改装されたタイミングで駅そば店は撤退を余儀なくされるケースが数多く見られるのであるが、狭山そばに関しては熱心なファンの心が通じたのだろう、店舗を新装しての再開という実にうれしい展開となった。

狭山そばは駅そばとはいっても改札外が主体で、駅ホームにある純然とした駅そばはここ所沢店のみ。狭山そばの経営は西武運輸とウエスコの2社がおこなっており、所沢駅を含めて清瀬、武蔵関、西新宿五丁目の店舗はウエスコが運営する。

ウエスコ狭山そばの特徴はモチモチとしたコシと風味のある田舎風茹でめんと、やや甘めのマイルドなつゆにある。武蔵野肉うどんの土地柄か、そばにもこういったテイストが求められるのであろう。私はここのそばが大好きで、関東の私鉄駅そば茹でめん系では随一のうまさと評価している。

■蕎麦、茹でめん、やや幅広の平打ち、灰黒色っぽくてモッチリ感と蕎麦の風味かすかにあり。
■つゆ、だしよし、カエシ中くらいの濃さでやや甘みのあるマイルドな風味。蕎麦と相性よし。ややぬるい。
■天ぷら、揚げ置き、野菜のうまみありコロモはやや厚いがヘナとした食感で野菜と一体感ある。
わかめ

Img_2741_sayama_390

ややぬるめのつゆは、電車を乗り過ごしたくない乗客に向けての配慮であろうか。大進食品の茹でめんを使用。

Img_2742

肉(ポーク)そば。脂のやや枯れたサッパリした味わい、赤身肉のうまさあり。豚特有の臭みもなくそばととても良く合う。たぬき添え。

Img_2740_sayama_480

店内にはかつての西武鉄道の写真が飾られている。電鉄グループならではのこだわりか。

Img_2743

足下にバッグをおくための台あり。うれしい配慮。

Img_2744

pasmo可

Img_2745

Img_2746

Img_2749

接客に好印象もった。丁寧でにこやかな店員さんを前にすると駅の喧噪を忘れるかのようだ。回りを見回すと女性客も見られる。味や値段、利便性もさることながら、接客が女性客を呼ぶたいせつな要素であると感じた。狭山そばは大事なキーポイントを掴んでいる、そう思わずにいられない。

Img_2747

横長にいっぱい広がった店舗。男性二人できりもりしていた。

Img_2750

390円/480円(肉)

無休、06:30-23:00、(土)-22:30、(日祝)-22:00

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (8)

2013年11月13日 (水)

飯田橋 あずみ 牡蠣そば

あずみ

飯田橋駅改札外(西口)

牡蠣そば

牡蠣の旨味、春菊のほろ苦さ、長ネギ、ダシとつゆ、〆のそば。おお、これはまさにドンブリに再現された牡蠣鍋、ハフハフ鍋物系路麺。飯田橋のあずみは茹で麺使用。細めの茹で麺とあっさりめのつゆが牡蠣のうまみとあいまって、これは!と思うほどに素晴らしいまとまりを見せている。

Img_3084_azumi_iida_450

つゆを小鍋であたため牡蠣をひと煮立ちさせるのでしょうか。つゆに牡蠣のエキスがしみでて白濁しており、まことに滋味。

訂正:つゆは牡蠣を盛りつけた上からかけているそうです。情報提供:たこやきさん

私が食べたときは、ぷっくりした牡蠣が4つ乗っていたのだが、その後の調査では3つが標準のよう。看板写真も3つであった。

Img_3085

450円

無休

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (8)

2013年11月12日 (火)

宿河原 よっし家 かき揚げそば/冷やしたぬきそば

よっし家

宿河原

川崎の街道系路麺の老舗「やじま」があった場所にできたお店。2013年開業。やじまとはとくに関係はなく、店舗を賃借して営業を始めたそうだ。50歳くらいだろうか、脱サラ風のまじめそうなご店主。この日はおそらくご両親であろう老夫婦と三人できりもりしていた。

やじまのときと基本的な店のつくりは同じだが、カウンターや什器が改装されて新しくなっている。券売機が入り口脇にある。

■蕎麦、茹でめん、白っぽくてやや柔らかめ、茹でめんにしてはかなり細い。
■つゆ、ダシよし、カエシ中くらいの濃さであまり甘くない。そばと相性よし。
■天ぷら、揚げ置き。野菜の風味よく、やや薄めのコロモでヘナと揚がってよい具合。
わかめ

Img_2722_yossi_370

あっさりとしたつゆと細いそばでさくっと食べられる。街道沿いで駐車スペースもあるためトラック運転手などのお客も多い。時間を気にして早く食べたい人には喜ばれるのではなかろうか。

Img_2724

冷やしたぬきそば、ぶっかけつゆはあまり濃からずマイルドな味わい。細めのそばとよく合う。

Img_2720

さほど広くはないが駐車スペースあり。街道を行くドライバーにとってありがたいお店だ。

ヘルメットかぶったままうどんかき込む(笑)新聞配達員のお客がいたり、開店まもないが既に近隣の生活にとけ込んでいるようだ。

Img_2728

赤いテントはやじまのときのものをそのまま使う。屋号のところだけ張り重ねてある。

Img_2726

370円(だと思う)

(火)休、06:00-19:00

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2013年11月11日 (月)

大久保 宝そば

宝そば

大久保、淀橋青果市場裏

淀橋青果市場の裏手にある。2年ほど前に開店とのこと。なぐらさんに教えてもらった。

大久保駅から歩きではかなり遠い。近くにオフィスなども少ない。おそらく市場関係のお客さんが多いのだろう。

■蕎麦、生めん茹でたて。注文受けてから茹でる。薄茶色で細め、茹で具合ちょうどよく、コシのなかにモチりと粘りあり、わずかに香りあり、うまい。
■つゆ、ダシよし、やや甘めの上品な味。蕎麦と相性よし。
■かき揚げ、揚げたて、注文受けてから揚げる。タマネギ主体、コロモ薄くさくりと揚がり油切れよい、揚げ油質よし。タマネギの甘さがつゆと抜群にマッチする。

丁寧さが伝わってくる味。とても良い。

Img_3079_takara_440

これまで知らなかったのが悔やまれる。なぐらさんの情報によると、かつて大久保駅近くにあった同名の店とは無関係のこと。大久保なので「もしや?」とは感じたのだが。

Img_3080

やや単価高めだが、納得の味。

Img_3081

ホッピーの看板あり、朝から飲めるようだ。

真面目そうなご主人ひとりできりもりしている。頑張ってください。

Img_3082

440円

(日祝,市場休み)休、06:00-17:00

評価は 2点 ☆☆

| | コメント (9)

2013年11月10日 (日)

トーカイ・テレキャスター

フロントピックアップ(PU)の音量がリアに比べてパワーなさすぎなので、気休めではあるが高さ調節して弦に近づけることにした。

30年間いちども調整したことないのでスプリングが固着してた。ネジをいったん外したところビヨンと伸びてくれた、よかった〜。

トーカイのテレキャスはピックガードの下にワイヤリングのためのザグリがなくて美しい。本家フェンダーはPUからスイッチのところまで斜めに溝が彫られているのが一般的だが、日本の職人さんはそれをよしとせず木材の中をトンネル掘ってワイヤを通す穴を開けてくれたのだった。コピーモデルといえども本家より造りが良いといわれたのはこういったところに隠れている。

Img_3094


| | コメント (2)

2013年11月 9日 (土)

【番外編】 溝の口 総菜ワイン食堂ふみきり カレーのランチ

総菜ワイン食堂・ふみきり

溝ノ口

路麺仲間である匹潮さんのお店。昼はランチもやっている。夜はワインと料理。

日替わりで何種類かのお惣菜から選べる。本日はカレーをメインに総菜2品。

カレー辛い!二日酔いのときにちょうどいい。サラッとしたタイプ。この肉がなんというのがとてもうまかったです。盛りつけ美しいのは匹潮さんならではの美的センス。さすがだなといつも感心する。

Img_3044

豚肉を煮込んだやつとジャガイモの酸っぱめの味付け。これ大好き、うまいの。ほんとに。みためは地味だけどね。フランスの民宿のマダムから手ほどきを受けた本格フランス家庭風総菜。塩分油分がそれほどきつくないので健康的。

Img_3043

好きなのを選べるので楽しい。

Img_3042

900円

(木)休、11:30頃から夜22:00頃まで(だと思います)

追記:ランチ営業は月水金日

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2013年11月 8日 (金)

渋谷 しぶそば 大しいたけそば

本家しぶそば

渋谷駅

大しいたけそば

しぶそば各店には「季節のかき揚げ」として旬の食材をつかったかき揚げがあってこれがなかなかうまう。栗とかクワイとか、そば屋ではあんまり使わない変わった味わいで楽しい。また、渋谷駅の本家しぶそばだけは季節のかき揚げとは異なる独自の季節メニューがある。

きのこ好きなので「大しいたけ」との名前にぐいと引きつけられた。ぱっと見には大ぶりな丼(これも本家専用)と比較してさほど大きそうにない。これがほんとに大しいたけかと思いきや。

Img_3033_sibu_500

裏返してみたらすごかった。ほんとに大きい。巨大といってもいい。ずしりと重く箸でつまんでも落としてしまう。三度目のトライで写真撮影成功した。重いだけあってぎっしり肉厚でジューシー、あつあつふがふがジュワーとくる。これはたまらんキノコ好きも納得。

Img_3035

茹でたて生そばとマイルドつゆの安定したうまさ。量やや多め。

Img_3034

500円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (4)

2013年11月 7日 (木)

中延 六文そば ちくわ天そば

六文そば

中延

ちくわ天そば

焼き目鮮やか。しっかりとした歯ごたえあるちくわ。ぐにゃぐにゃせず、汁を吸う余地のある練り具合。コロモ薄めでちょうどよい。

Img_0958

半筒

Img_0959

ちくわ天としては、なかなか良い。

Img_0960


Img_0961

評価は2点 ☆☆


| | コメント (9)

2013年11月 6日 (水)

青山一丁目 ゆで太郎 コロッケそば

ゆで太郎

青山一丁目

コロッケそば

クーポン券でコロッケを無料で頂きました。このサービスうれしいです。

Img_1177

コロッケは標準的なもの

Img_1178


評価は2点 ☆☆

| | コメント (13)

2013年11月 5日 (火)

長津田 そば処吉野家 牛丼セット/冷やかけそば

そば処吉野家

長津田、R246沿い。

牛丼セット/冷やかけそば

珍しい吉野家のそばメイン業態店。以前は同じ場所で蕎麦を扱う青い看板の吉野家として営業していたが、2013年から改装して白い看板の「そば処吉野家」となり名実ともに蕎麦主体の店となった。

■蕎麦、生めん押し出し式。黒っぽくてやや幅広、蕎麦の風味あり。しっかりと長くまとまっていて食べやすい。
■つゆ、ダシよしおそらく無化調。カエシさほど濃くはなく甘さ控えめ。優しい味わい。蕎麦と相性よし。
■天ぷら、揚げ置き。サクサクとあがりまずます。

Img_2708

さほど濃からず甘からずのつゆは牛丼とともにたべると良さがよくわかる。吉野家はさほど辛くないとはえ牛丼にも甘辛い味がついているから、そばつゆが濃すぎないくらい吸い物替わりにごくごくと飲めて丁度良い。

Img_2710

天ぷらの揚げ方、揚げ油ともに青看板のころより進歩あり。

えび天、みかけだけでなく海老なりの大きさに中身も入ってまずまず。

Img_2706

にしんそばなどの季節メニューもあり。かつての青看板より一段とそばに注力しているのがわかる。

Img_2712

女性アルバイト2人できりもりしていた。二人でこれだけの調理と接客をまわすのはさすがだ。

Img_2714

630円/580円

無休、24時間営業

評価は2点 ☆☆

| | コメント (8)

2013年11月 4日 (月)

渋谷 嵯峨谷 チャーシュー味玉そば

嵯峨谷

渋谷

チャーシュー味玉そば

石臼の回転する十割そば、24時間営業でなにかと助かるお店。

Img_1241

揚げニンニクチップ、味タマ、チャーシュー、たぬきと、かなりヘビーなトッピング。そばの量はさほどないのが救いだった。ちょっと変わったものに手を出して、これは失敗だったかなあ。料理としてはうまいんですが。

Img_1242

480円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2013年11月 3日 (日)

ユーザー車検

早いものでもう二年たってしまった。ZRX二回目(五年目)の車検。

事前に過去の記事をおさらいしといたので書類作成はとくに問題なくできた。忘れそうなことはブログに書いとくといいね。へー、こんなものが必要だったんだと、まるで他人ごとのように参考になる。いや〜、このブログ良いわ、なんて感心したりして。

検査ラインが空いていた。ラッキーとばかり乗り入れると、検査官さんから「ライトつけてくださいね」との指摘あり、あれ、これは常時点灯のはず?と不思議に思っていたら「ライト点いてませんよ」とヘッドライトの間近に紙をかざす。ああ、たしかに点いてない。

おかしいな、昨日まで点いてたのに。一瞬呆然となる。でもこれは現実なのだ。すぐに気を取り直し、まずはライトを除く他の箇所の検査を受け、すべて合格。

その足で近所のバイク用品店に駆けつけ、ヘッドライトバルブを購入。いつもならあれこれ悩むのだが今回はすんなりと決定。さっそく取り付けて車検場に直行。

Img_2990

バルブを取り替えたので念のためと車検場近くの予備検屋で光軸調整。そのおかげで一発合格。

Img_2991

まさかの車検当日のヘッドライト球切れでありました。

これでまた二年乗れるな。

| | コメント (4)

2013年11月 2日 (土)

ギタレレでレギュラーチューニング

匹潮さんからいただいたヤマハ・ギタレレ、レギュラーチューニングできた!

6弦から順にひとつ下にずらして、余った1弦を6弦のところに2オクターブ高いEで張ってみた。これなかなかコロンブスの卵かも。EADGBEのレギュラーチューニング & ハイE on 6th 、コロコロとウクレレぽい可愛い響きになりました。

それぞれの弦のテンションはオリジナルのままなのが良いところですね。厳密にいうとナットとブリッジを調製する必要はあるんですけどね。ナットはぎりぎり弦が入りましたのでよしとします。ブリッジはまあいいかな。

元ギタレレは、チューニングがADGCEAなんですよ。普通のギターでいうと5フレットカポの状態です。チューニングが2度高いので、そのままだとローポジションのコードが押さえられない、かといってハイポジションはネックが短くて弾けないという悩みがあったのだけど、これで解消!

Img_2837

| | コメント (0)

2013年11月 1日 (金)

武蔵小杉 しぶそば

しぶそば

東急東横線・武蔵小杉駅改札内

かつて田園そばがあった場所に2013年新しく開店したお店。改装というよりはまったくの新店舗といってよい。旧店では客席だった場所が厨房となり。厨房だった場所とさらにその奥を新しく客席としてスペースを拡大したもの。客席の奥には広い窓が設けられ外光のさす明るい店内となっている。

一輪挿しに心なごむ。

Img_2772

しぶそばならではの安定したうまさ。生そば茹で置きとマイルドなやや甘めでたっぷりとしたつゆ。かき揚げは季節毎に素材を変える。今回は秋らしく栗を使ったもの。

Img_2773

小ぶりの栗が2つ入っていた。ほっくりとうまい。

Img_2774

外側は現在工事中。開放感あるスペースとなるような予感。

Img_2775

pasmo可

Img_2777

無休

評価は2点 ☆☆

| | コメント (8)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »