« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の記事

2014年1月31日 (金)

横浜 鈴一 コロッケそば

鈴一

相鉄横浜駅前

コロッケそば

シマダヤの袋麺はまんまスーパー既製品の味だが、じんわりだしの効いた醤油しょっぱいつゆで食うとうまい。

Img_2612_suzuiti_340

カウンターが空いていても高校生と並んで外で食う。

Img_2610

雨でも外で食べる客が必ずいる。

Img_2618

横浜らしい風景。

Img_2614

340円(だったと思う)

評価は2点 ☆☆

| | コメント (4)

2014年1月30日 (木)

四ッ谷 政吉 再開

政吉

長らく休業しておりましたが、2014/1/27よりプレオープン開始とのことで初日に訪問。

Img_3591

初日、種物は「小エビつけそば(冷)」のみ、営業時間は11:00-15:00と短縮。

Img_3593

そば・つゆ・小エビともに変わらぬうまさ。つゆはダシカエシともに濃厚、再開なので奮発してくれたのかもしれません。小エビは別盛りになったのが変更点、コロモさくっと、ぷりっと海老を包む。

Img_3592

ご主人・息子さんは残念ながらいらっしゃいませんが、屋号と味が残っただけでも嬉しいかぎり。これで四ッ谷に行く楽しみができました。これまで寂しかった。

カレーは豚に変更、牛すきは定番から落ちたみたいですが詳細は不明。プレオープンのため券売機の前面に張り紙あったので、紙の隙間からのぞいてみたのですが「牛」の文字は見つけられなかった。

Img_3594

マネージャさんと少し立ち話。再開してくれてほんとうれしいですと告げると、「味は前とかわらないと思います。同じ師匠(おそらく西山旧店主)からおそわりましたので、同じ味を再現できてるはずです!」。と誇らしげでした。

黄色看板もそうでしたが、想像をはるかに超えた嬉しい復活劇、私のみならず多くの路麺ファンが心待ちにしていた。政吉は黄色看板と同じく東京路麺の至宝、なくしてはもったいなさすぎる、とても大きな存在。路麺文化遺産といって過言でない、将来に残さなくてはいけない店と味だと思う。引き継いでいただいた運営主体のかたがたの心意気に感謝。いち立ち食いそばファンとして心よりお礼申し上げます。

本日より本格営業、サービスもあり。詳しくはこちらをごらんください。

右下に小さく、春先より「立ち呑みそばや」OPEN!とありますので、こちらも期待したいです。

Img_3595

400円(記念価格)

評価は3点 ☆☆☆


カレーつけそば(冷)

カレーそばは無論うまい。そのことにはまったく異論ないのだが私はよほどのことがない限り食べることはない。カレーの強烈な風味はすべてをカレーの支配下に置いてしまうとでもいおうか、別のいいかたをすれば「七難隠す」ところがある。

ところが政吉のカレーつけそばは別格であった。スパイシーでありながらそばつゆの風味を殺すことなく引き立てる絶妙さがあったのだ。

Img_3602_masakiti_520

さて、再開なった政吉のカレーつけそばはいかがであろうか。丁寧に一杯ずつ小鍋でカレーを暖め、これまた丁寧に別鍋で煮た肉とそばつゆを合わせてひと煮立てする。肉は脂の少ない厚切りのものでカレーとよく合う。肝心のカレーは以前のものと違ってかなり黄色が強い。

これはこれでとてもおいしいカレーそばであって、完成度はとても高い。が、かつての絶妙さには届いていない。普通のカレーそばの域を出ないところが惜しい。

Img_3604

ふとカウンターを見るとこのような調味料がある。

Img_3606

青唐辛子をみじんにしたもので、ヒリッとくる。これはもしや!と思い、そばに振りかけてカレーをつけて食べたところ、かなりいい。もちろんかつての味とは方向性は違うがとてもユニークな味となった。

しばらくはこれでいってみようと思う。

Img_3605

素敵なテラス席。

Img_3607

520円(大盛り無料サービスだった)

評価は2点 ☆☆


かつては「政吉そば」の屋号であったが、経営主体が変わり「政吉」となったことに気がついた。

Img_4210_masakiti_420

再開当初にはなかったかき揚げがメニューに追加された。他の品と同様に別皿盛りが標準のようだ。

Img_4211

コロモうすくさっくり揚がってうまい。

Img_4212

そばの茹で加減、どうもいまひとつかな?つゆも少々ダシ感が薄れている。そこで、カウンターにある「天丼のたれ」をちょいとたらしてみたら良い感じ。

Img_4213

夜の立ち飲み営業が始まった。つまみメニューを見ると「そば屋のリエット」とある。なかなかに興味そそる一品。こんどは夜に来てみよう。

Img_4209

420円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (14)

2014年1月28日 (火)

東神奈川駅 日栄軒

日栄軒

JR東神奈川駅 3/4番線ホーム

まったくもって普通の駅そばだけど、NREに比べるとはるかにおいしい。素直な茹でめん、濃いめのつゆ、フワフワコナモンかき揚げ。スタンダードな立ち食いそば。

店内カウンターはさほど広くない。店の外で食べるよと目で合図をすればおばちゃんは慣れたもので「七味ふっていいよね?」と返す言葉にうなずけば、さっとドンブリに箸を乗せて手渡してくれる。この手際よさが小気味よい。駅ナカならではの緊張感。

Img_2572_nitiei_370

当地の情報に詳しいカツ丼さんによれば日栄軒は古くからここで営業しJRに影響力もあるためしばらくは存続してくれるであろうとのこと。

Img_2579

Img_2582

Img_2591

Img_2585

鳩糞注意の看板近くで食べるそばもまたスリリング。

Img_2578

列車がひとつ去ればこのとおり混雑も解消する。この隙に食べるのだ。

Img_2589

370円

無休、06:15-21:30

評価は2点 ☆☆


穴子天そば

豪快な穴子天を乗せたそば。駅ホームそばでこういうのはちょっとない。東神奈川駅ならではの名物。

Img_5730

カリッと揚がった衣のクリスピー具合が天ぷらというよりもフライの感もあって独特。さっくりした歯ごたえが愉快だ。穴子は鮮度よく臭みもなく申し分ない。添えられた柚子がさっぱりと口直しになる洒落た気配り。甘じょっぱめのつゆが天つゆがわりとなって穴子天とよく合う。そうかここのつゆはこのためにあるのか、とうならせる一杯。

Img_5731

穴子天そばは奥の厨房でしつらえる。そばの丼を持っておばちゃんが奥に消え、やがて大きなタネを乗せて現れる、このひとときにワクワク感あり。

Img_5732

柱など塗装されてきれいになった。

Img_5733

460円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (15)

2014年1月27日 (月)

中目黒 吉そば2号店 とろろ昆布そば

吉そば(中目黒二号店)

中目黒

とろろ昆布そば

中目黒駅前の吉そばは東横線ホームからよく見えるのでご存知のかたも多いはず。注意してよく見ると小さい入り口が山手通りに面してもうひとつあるように見える。中で繋がってると思いきや別店舗で、それぞれ中目黒1号店・2号店と独立している。奥の小さい2号店はかつては吉そばではない別の路麺店だった。吉そばチェーンの中で、この両中目黒店だけがずば抜けてうまい。

Img_2546_yoshi_nakame2_320

とろろ昆布はそばのタネとして抜群に合う。つゆの旨味をブーストアップしてくれるのだ。

Img_2548

国産蕎麦粉の茹でめん、無化調つゆ。

Img_2547

Img_2550

Img_2549

Img_2551

320円

(日)休、06:30-23:00、(土) - 15:00

評価は2点 ☆☆

| | コメント (11)

2014年1月24日 (金)

宮前平 そばの美 たぬきそば

そばの美

宮前平

たぬきそば

夕方のしまいどきだったので、いい具合に煮詰まったつゆがうまかった。気のせいかもしれないが、そばは少し細くなったような、つるつる感が増してこれもうまい。

Img_2522_sobanobi_390

本日はラッキー。

Img_2523

駅すぐ近く。

Img_2524

東京メトロの車両基地がある。

Img_2525

390円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (4)

2014年1月23日 (木)

横浜駅 星のうどん

星のうどん

相鉄線横浜駅改札内(1F)

博多風のうどんつゆ、四角い断面のコシありうどん。野菜かき揚げを乗せるところがミスマッチ風で面白い。おろしショウガを添えて食う。

Img_2595_hosino_370

親しまれた横浜の味。

Img_2596

こだわりのうどん

Img_2600

Img_2603

昼の11時からは駅舎外の横浜西五番街から入れる。

Img_2593

1Fコンコース再奥部。階段のかげなので見落とさないよう注意。

Img_2605

親切な駅員さんありがとう

Img_2607

380円(だったと思う)

ほぼ無休、07:00-22:00

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (18)

2014年1月22日 (水)

【番外編】 有楽町 ジャポネ ジャリコ

ジャポネでジャリコ(レギュラー)

ロメスパとも呼ばれることもある。スタンドのみのスパゲッティ屋さん。有楽町の首都高ガード下、インズ3の最奥に位置する。

1時少し前だったので、4人並んでいるだけで、わりとすんなり座ることができた。ラッキー。

数々の路麺あるいはラーメンオタクの先輩方から「ぜひ食え」と勧められていたが、ようやく食べることができた。とくに敬遠していたわけじゃないのだがなぜだか食べないままでいたのだ。

Img_3185_jariko_550

素晴らしい味でありました。クセになる味ですね。醤油と塩胡椒、ファットスプレッドの焦がした風味でざくんざくんと食べ進む。トマトの肉の具が茹で置きスパゲッティに馴染む。さすがによくできた一品。味に貫禄あり。路麺好きな人ならば必ずやしとめられる必殺技といったところ。

Img_3186

お隣には「横綱」サイズを食べているかたが二人ほどいた。伝説的な裏メニューかと思いきや、実際に食べているところを確認できて感激。あれくらいの量なら、調子がよければ私にも食べられるかも、なんて思っちゃったけど、どうかな?実際には無理かもしれない。

次はナポリタンをいってみたいと思う

550円


| | コメント (16)

2014年1月21日 (火)

六本木 富士そば 山菜そば

富士そば

六本木

山菜そば

山菜は立ち食いそばには難しい具材である。風味の弱いつゆでは山菜の酸味に負けてしまう。

ここのつゆは山菜にもまけない、しっかりしたダシ。カエシはちと弱いがダシの酸味とうまくマッチしてバラランスよく食べさせてくれる。

山菜にはとくにこれといった特徴はないが、ちょいと塩抜きしてうまく下ごしらえしてあるらしく、そばと相性よい。

Img_1044

頻繁に茹でているので蕎麦のコシあり、香りあり。うまいですね。

Img_1045

PASMO可

評価は2点 ☆☆


| | コメント (0)

2014年1月20日 (月)

池袋(西武池袋駅改札内) SNACK INN 【閉店】

SNACK INN

西武池袋駅改札内

残念ながら、2014/4/30、閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。

■蕎麦、茹でめん。黒っぽくて太め、断面長方形。田舎蕎麦風で蕎麦の風味ほのかにあり。食べ応えある。なかなか良い。
■つゆ、だしほどほど、醤油がきいた濃い味。そばと相性よし。
■天ぷら、揚げ置き。ちょっと存在感ある海老入り。サクサクと良い感じ。

量ほどほどなのでサクッと食べられる。夜遅くまで営業しているので飲んだあとにうってつけだろう。

Img_2488

ワイルドなそば。

Img_2490

やきそばがうまいとのこと。酒販売あり!!

Img_2497

年中無休で早朝から深夜まで営業。池袋線沿線のかたはここさえあればいつでも暖かい食事にことかかない。たいへんありがたい。

Img_2499

広々と空間を使っている。

Img_2493

駅構内、しかも地下ではあるのだが「吹きっさらし」という表現がぴったりとくる。余裕をもったテーブルの配置がアウトドア的な気分にさせる。雰囲気としては動物園やドライブインの軽食コーナーみたいなノリで旅情を楽しめる。

Img_2501

入場料140円

Img_2502

350円

無休、06:30-23:30、(土日祝)07:00-22:00

評価は2点 ☆☆

| | コメント (4)

2014年1月17日 (金)

三軒茶屋 かしわや

かしわや

東急世田谷線・三軒茶屋駅構内、改札外

三軒茶屋から下高井戸を結ぶ路面電車である東急世田谷線の起点、三軒茶屋駅の出口すぐ脇にある。

■蕎麦、冷凍麺、薄茶灰色っぽくてやや細め、解凍具合よろしくニチャリ感もなくうまいです。
■つゆ、ダシよし、カエシやや甘め、そばと相性よし。
■かき揚げ、揚げ置き。ややカチカチめに固く揚げたもの。カリカリとした食感。ボロリと崩れる感じ、悪くない。

あっさりとした一杯。飲んだあとにもよさそうです。

Img_1459_kasiwaya_350

Img_1460

メニュー豊富

Img_1461

同じ店舗で今川焼きを売っている。おいしいらしく、いつも行列がある。この看板、わかっていてもつい「わかやし」と読んでしまう。

Img_1462

東急世田谷線の入り口、かつては東急玉川線にこういった支線がたくさんあったが、いまではここだけが残っている。

Img_1463

350円

無休、24時間営業

評価は2点 ☆☆

| | コメント (13)

2014年1月16日 (木)

赤坂見附 蓼科 かつそば

蓼科

丸ノ内線・赤坂見附駅、出口近く

かつそば

カツカレーが売り物の路麺には必ずかつそばあり。

Img_3292_tatesina_490

ややパサめのカツが醤油のたったしょっぱいつゆによく合う。ジューシーすぎない枯れた具合がいい。

Img_3294

左上のポジションにあり。自信作に違いない。

Img_3296

左奥に椅子席あり。

Img_3295

なんと青山通りを見附に下っているところで発見。赤坂プリンス旧館が見える。

Img_3288

奇跡の眺め。昔はここの地点から弁慶濠上にたたずむ洋館がきれいに見えたのだろう。新ビル着工迄しばらくの光景を楽しみたい。

Img_3289

490円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (12)

2014年1月15日 (水)

渋谷 信州屋 とろろそば

信州屋

渋谷

とろろそば

無休で夜遅くまで営業してくれるありがたいお店。渋谷駅に近くて便利。

Img_2355_sinshuya_350

ちょっと小ぶりな丼、量やや控えめなので呑んだ後にちょうどよい。カエシの深みあるつゆが胃にしみる。

Img_2356

350円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2014年1月14日 (火)

【番外編】 溝ノ口 まっち棒

まっち棒

溝ノ口

たまたま歩いていて見つけたので入ってみました。紀州和歌山ラーメンだそうです。

Img_1353

麺が細めでシコシコして、いいですね。

Img_1354

つゆは濃厚

Img_1355

ごちそうさまでした。

| | コメント (12)

2014年1月13日 (月)

新橋 かめや 山菜そば

かめや

新橋

山菜そば

山菜はそばの具としては一般的ではあるが、実はかなり難しい素材でもある。山菜そのものが蕎麦と相性悪いのではなく、味つけと保存用に多用する食酢が強すぎるとそばとのバランスを崩してしまうのだ。全体としてまとまりがあればおいしく食べることはできるが、ちょっとバランスを崩すと山菜(というよりも酸っぱい味)の印象だけが残りがち。

Img_2273_kameya_350

解決方法としては、酸味の弱い山菜を使う、もしくはそばつゆを酸味に負けないくらいしっかりした味つけにする、のどちらかになる。かめやのやりかたは後者で、かなりうまく山菜を御している。ダシのコク酸味が豊かで、山菜の酸っぱみに負けていない。

Img_2274

350円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (6)

2014年1月12日 (日)

【番外編】四谷三丁目 まるいち 支那そば

水かき鶏冠系のクセのあるスープを思い出すと、どうしても食べたくなるときがある。

Img_2217

美人のおかみさん、ママさんバレーの選手だそうです。

Img_2218

| | コメント (10)

2014年1月11日 (土)

バイクと眼精疲労

12月中旬から酷い眼精疲労とそれによる頭痛や吐き気に悩まされて憂鬱な毎日だったのだけど、ふと気がついてオートバイに乗ってみたらウソのように改善された。

どうやら眼の疲労回復には数十メートル先を凝視し、かつ頻繁に焦点距離を遠近させるのがいいらしい。これってバイクの運転そのものじゃん!

PCの画面を見るばかりの毎日で遠景を眺める習慣のない生活が続くと、眼の周囲の筋肉が凝るんですね。

そういうえばこの1ヶ月、修理だの年末年始だので2、3度しか乗ってなかったから。

そうそう、眼精疲労にはニンニクも効きますね。忘年会に餃子の王将で餃子とニンニク食べまくったら一時的に回復した。これからもバイク乗り+ニンニクでリフレッシュしようっと。

Img_3384


| | コメント (2)

2014年1月10日 (金)

センター北(港北区勝田) すず八 メンチちくわ天そば

すず八

横浜市営地下鉄・センター北(港北区勝田)

メンチちくわ天そば

しいていえばセンター北駅が最寄りだが、どの駅からも等しく遠い陸の孤島。孤島系路麺で有名なお店。

神奈川らしく黒っぽい蕎麦は、もっちりとした歯触りで蕎麦の香りよく、なかなかのもの。

ちくわ天、一本で30円。二本だと割引で50円。「ほんとに一本で良いの?」と念を押されました。みなさん二本注文するようだ、お得だものね。

Img_1554_suzukati_360

天ぷら自家製で、揚げたてのかき揚げを食べさせてくれる。

明るいおばちゃん二人とおじさんの3人できりもりする。

Img_1555

「すず八」という看板、最近できたもの。かつてはどこにも屋号らしき看板みあたらなかった。

Img_1557

店の裏に広い駐車場あり。ここに来るのはバイクかクルマがいいですね。

Img_1558

360円

(日祝)休、07:00-16:00

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (4)

2014年1月 9日 (木)

横浜港北 宝宝宝(さんぽう)

宝宝宝(さんぽう)

横浜、第三京浜港北IC近く、パチンコ屋裏

緑産業道路添い、港北IKEAの前の通りといえばわかりやすいかもしれない。ばかぼんさんにおしえてもらった。

■蕎麦、冷凍めん、歯触り柔らかさともにとてもよい解凍具合。時間をかけてじっくり解凍している。黒っぽくて細め。
■つゆ、ダシは昆布系のグルソー系、塩と薄口醤油のうどん風つゆ。淡色。
■かき揚げ、揚げ置き。コロモ薄くさっくりと揚がってうまい。たまねぎ甘い。

写真を見ればおわかりのとおり、淡色グルソー系のうどん風つゆに黒いどんぶり。いわゆる鶴見系にかなり近い。茹で麺であれば完璧なところ。横浜市都筑区とはいえ限りなく港北区に近く、鶴見系本山であるごん兵衛ともさほど離れていない立地ではあるが、DKさんの情報によるとごん兵衛との直接のつながりはないそうだ。とはいえこの味は横浜鶴見港北に特有のものであり、いわば地域の味である。直接の教えを受けずとも味の系統が似てくることは少しも不思議ではない。

Img_2992_sanpo_400

しっかりした蕎麦。コシのよさは抜群。

Img_2993

淡色は黒いどんぶりのほうが際立つかもしれない。

Img_2994

定休日は日曜。おそらく赤インクで書いたために陽焼けて退色したのだろう。

Img_2995

パチンコ楽園の裏手にあるため、ややわかりずらい。

ご夫婦だろうか、元気のよいご主人と笑顔の優しい女性ふたりできりもりしていた。

Img_2996

400円

(日)休、12:00-15:30、情報提供:ばかぼんさん

評価は2点 ☆☆

| | コメント (2)

2014年1月 8日 (水)

【番外編】四谷三丁目 香港麺新記 海老雲呑そば

香港麺新記

四谷三丁目

海老雲呑そば(香港麺)

四谷三丁目交差点角のビル二階、わかりやすいところにある。

Img_1763

チリチリの固茹で極細麺、やや小盛りなのでツルルんと食べれる。飲んだ後にちょうど良い感じ。海老雲呑も海老のうまみたっぷりでうまいです。スープは香港によくある塩味、うまいですね。

日本風の麺を選ぶこともできる。

Img_1764

三宿交差点と香港に本店がある。お台場にも出店があるらしいです。

Img_1765

| | コメント (4)

2014年1月 7日 (火)

自由が丘 そば新 朝食セット

そば新

自由が丘

朝食セット(かき揚げそば+稲荷+玉子(生 or 茹)

朝6時〜11時までのサービスで、かき揚げそばに稲荷と卵がセットで付いてくるお得なメニュー。

Img_1255_sobasin_370

そば新ならではの生そばと上品つゆの相性抜群。

Img_1256

稲荷はすしめしに胡麻が混じって歯ごたえよく、やや甘めの味つけが朝のエネルギー補給にうってつけだ。

Img_1254

Img_1257

稲荷の代りに納豆丼を選ぶこともできる。

Img_1258

自由が丘に朝立ち寄る人は試してみてください。お得なので。

Img_1259

370円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (4)

2014年1月 6日 (月)

青山一丁目 ゆで太郎 肉もりそば

ごぼうの風味がいい。

豚+ネギ+ゴボウの取り合わせの妙。

Img_4345


Img_4346


| | コメント (0)

2014年1月 5日 (日)

大瀧詠一をしのぶ

昨年末の突然の訃報にはたいへん気落ちしました。

大滝さんがこの番組で(暗黙として)繰り返し語っているのは、新しい表現形態というのは、自然に発生したものではなく、ある日突然ひとり(もしくは数人)の天才によってもたらされるということです。明治の唱歌、オッペケぺ節、浅草オペラ、古賀メロディー、どれも発祥を特定することができる。演歌は古賀政男と藤山一郎が創造したものですしね。

そこには「日本語のロック」を創造したのはほかならぬ自分であるという秘めた自負があったのだろうね。

| | コメント (8)

2014年1月 4日 (土)

ZRX1200 修理あがってきました

昨年末に修理に出していたZRX1200、治ってきました。

バイク屋のおやじが言うには、あちこちいろいろと調べてみたが、具体的に問題のありそうだと特定できた箇所はプラグだけだったので交換したところ調子良く点火するようになった。まずはこれで様子をみてほしい。とのことです。取り外したプラグを見たところイリジウムの芯が減って短くなりギャップが広がっている。

たしかにプラグは2万キロ近く乗っているからイリジウムとはいえ劣化している。寿命といっていいですね。ひとまず比較試験のため、3,4番だけ新品に交換してもらった。ひとつずつ検証しながらやらないと何が原因なのかよくわからなくなるからね。

しかし新品プラグのときも同じような失火の症状があったので、ちょっと釈然としないが、今になって思えば既にその時点でコイル+コード+キャップが劣化したために失火したのだろう。そして時間を追ってプラグが劣化したことによる別の要因で失火がおこった。と考えるのが正しいのかもしれない。いちがいに失火であるとはいっても、同じ要因で起こるとも限らない。ということだろうか。

これまであれこれ悩んだ「蜂エキス燃料問題」は今回も謎を残したまま、ひとまず解決してしまった。もちろんそれはそれで良いことなんですが。。

しばらくこれで様子を見てみます。とはいえ寒いからそれほど乗りそうにもないですが。

| | コメント (2)

2014年1月 3日 (金)

相模大塚 あさひ ごぼう天そば、とろろ丼

あさひ

相模大塚

ごぼう天そば+小とろろ丼

2013年末の路麺食べ納め。路麺ライダーしてはここをはずすわけにはいかない。R246沿い、神奈川県央の名店。トラッカーに愛される街道の立ち食いそば屋。

ごぼう天そば、相変わらずの濃厚な鰹ダシ。京鰹と呼ばれる京都産の鰹節を使用するとのこと。追い鰹でさらに香りを引き立てる。完飲の誘惑にどうしても勝てない。

柚子サービスあり。さらにこの日は年末特別えびせんべいの無料ふるまいをいただくことができた。

Img_3476_asahi_360

そばは秦野にある川口製麺の茹で麺を使用する。秦野の名水を使用して製造するとのこと。水がよければ当然のこと蕎麦はうまい。噛み締めたときの甘みが引き立つ。以前は小田急フーズのものであったが、2013年夏頃に切り替えた。これについては蘊蓄あり。あさひのご主人が若い頃、今から40年くらい昔、お父上と秦野のあたりをドライブしていたときに偶然に食べたのがここの蕎麦であった。そのうまさを長年忘れることができず、あさひを開業後もほうぼう手を尽くして調べたのだが探し当てることができなかった。それでも諦めきれずに暇を見つけては秦野の近辺を数年かけて探しあるき、ようやくのこと念願の川口製麺を発見したのだという。そのときのうれしさといったらなかった、とご主人は笑顔で語ってくれた。

うまいものを提供してくれるお店には必ずこういった地道な努力と創意工夫がある。接することができ嬉しい気持ちがこみ上げてきた。

Img_3477

期間限定品のミニとろろ丼。山芋の香り立つ。そばつゆで伸ばしたのだろう、ダシきいてうまい。これ絶品。ぜひ食ってみて欲しい。

Img_3480

Img_3479

Img_3481

Img_3482

あさひのご主人とご挨拶、しばし立ち話。実はご主人かなりのバイク好きであることがわかった。かつてはローカル戦ではあるが全日本ロードレースに参戦していたとのこと。かなりの腕前と拝見。駐車場の脇にあるバイクショップは当時からのレース仲間が営んでいるとのことだ。

ご主人はお店には出ないが、食材選定と仕入れの裏方として大活躍されているそうだ。いろいろと創業当時の面白い話を聞かせていただいた。これからも頑張ってうまいそばを出してください。

「バイク好きなんで、駐車場にバイクがあるとつい嬉しくなっちゃうんですよ」と私とZRXを満面の笑みで見送ってくださった。ああ嬉しき哉バイク乗りの絆。

Img_3484

360円+280円(-50円)

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (10)

2014年1月 2日 (木)

渋谷 信州屋 鴨汁せいろ

信州屋

渋谷

鴨汁せいろ

鴨の切り身じゃなくて挽肉団子を使ったお手軽な鴨汁せいろ。見た目は地味だがあなどれないうまさ。渋谷の街を歩いていて、ちょっと小腹が空いたとき、せいろそばをさっと食べる。なんてときにうってつけですね。押し出し式のそばとも抜群に合う。気に入りました。

Img_0700

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

外苑前 信越そば 昆布キザミ生揚げそば

信越そば

外苑前

昆布キザミ生揚げそば

昆布キザミ生揚げそば、あえて脇役どうして組み合わせ。どちらも細切りなので無茶苦茶食べやすい。ズルズル手繰って2分足らずで完食。もはや飲み物の部類のような気がしてきた。

Img_2380

信越の、やさしいつゆを完飲みすれば、舌がほぐれる蕎麦道の旅。旅の出発はいつもここから。

Img_2381

430円

年中無休、24時間営業

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (6)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »