« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の記事

2014年2月28日 (金)

新宿 永坂更科立ち食いコーナー ちくわ天そば

永坂更科立ち食いコーナー

新宿駅メトロ食堂街(改札外)

ちくわ天そば

だいたい竹輪天は、長いの一本、もしくは短いの二本と決まっているのだが、ここは珍しくも短いの三本ときたもんだ。奇数のほうが縁起が良いと昔から言われるし、なんとなく多く見えるからなか?

青海苔たっぷりで緑の濃い磯辺揚げ。

Img_1262_sarasina_680

やや太めの生そばに、よいダシと深みあるカエシのつゆ。うまいですね。ちょっと割高だけのことはある。

Img_1263

コロモやや厚めでかっちりと揚がっている。竹輪の味と歯触りよく満足感高い。

Img_1264

680円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (2)

2014年2月27日 (木)

渋谷 しぶそば 蓮根はさみ揚げそば

本家しぶそば

渋谷駅構内改札外

季節の天ぷらそば。蓮根のはさみ揚げそば

Img_3648

蓮根はさくっと香ばしく揚がっておいしい。

Img_3649

もう少し具材が多い方がうれしいかな、ちょっと割高?小食なひとにはちょうど良い分量だとおもう。

Img_3650

500円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (8)

2014年2月26日 (水)

【番外編】 自由が丘 ほさかや

路麺仲間の匹潮さん(溝ノ口で「ワインと総菜の店ふみきり」を営業)がお好きだそうで、気になっておりました。

うなどん、1200円(ランチ価格)、うまいです

Img_2384

うなぎもうまいがそれにも増して素晴しいのは店内。長いU形の白木カウンターは必見。

Img_2386

のれんもいいですね、これが自由が丘のど真ん中にあるんだから驚き。

Img_2385

かつては多摩川の鰻を扱ってたのかな。歴史ありそうな店構えでした。


| | コメント (7)

2014年2月25日 (火)

自由が丘 そば新 コロッケそば

そば新

自由が丘

コロッケそば

いつもうまい茹でたてそばとダシのきいたつゆ。

Img_3013

コロッケはとくに期待してなかったのだが、予想外によかった。箸で持つとずしりと重い。コロッケの重量でいったら都内でもトップくらすのずしりだ。140gくらいあるだろうか?また期待にたがわず中身もよい味で、さほど甘くなくホクッとしたジャガイモのうまみあり。コーンや人参のないタイプでわたし好み。揚げ油と油切れよくそばとつゆとバランスよし。

一般的にはコロッケそばには茹でめんと濃いつゆが合うものだが、ここのは生そば+上品つゆでもいける。

Img_3014

値段失念

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (8)

2014年2月24日 (月)

六本木 富士そば ミニとろろ丼セット

富士そば

六本木

ミニとろろ丼セット

Img_3577

茹でたてにあたったこともあり、とてもうまかった。

Img_3579

とろろの甘い味つけがどうもいけない。これはダメですね。

Img_3578

評価は2点 ☆☆

| | コメント (10)

2014年2月21日 (金)

浜松町 元気そば 【閉店】

元気そば

浜松町

残念ながら、2015、閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。情報提供:はくぶんさん

浜松町の南、金杉橋に近く。第一京浜の西側にある。2013年開店。「十割そば」の幟と看板が印象的なお店。

■蕎麦、生めん茹でたて、十割。薄茶色で断面四角く中くらいの太さ。十割にしては長くまとまっていてちぎれない。蕎麦の香りはあまりしない。食感はやや粘り気あり。
■つゆ、ダシ・カエシともに薄い。あまり印象に残らない薄さ。
■天ぷら、揚げ置き。具沢山でコロモ薄くさっくりあがる。つゆに崩れるタイプだがどんぶりが小さいのでばらけず食べやすい。

Img_2981_genki_480

十割の立ち食いそばというと、蕎麦の香り濃厚だがぼそっとしてちぎれやすいというイメージがあるが、ここのはちょっと違う。細く長くしっかりとまとまっていて、温そばでも落ち着いてたべることができてありがたい。そのかわり十割らしくない。看板に書いててなければ十割とは気がつかない人も多いのではないだろうか。

Img_2982

おそらく、もりやぶっかけならば蕎麦粉の香りがより堪能できると思う。

Img_2984

どんぶりもの多し。

Img_2985

近隣のサラリーマン憩いの場。第一京浜を渡らずとも立ち食いそばを楽しむことができる。

Img_2983

480円

(日祝)休、07:00-21:00、情報提供:ばかぼんさん

評価は2点 ☆☆

| | コメント (14)

2014年2月20日 (木)

東名高速中井PA(上り)  中井麺宿

中井麺宿

東名高速中井PA(上り)

かき揚げそば/きつねそば

高速道路のサービスエリアのそばというと、あまり期待したことはない。最近では冷凍麺が普及したおかげでそばのレベルは多少向上してはいるが。しかし驚いたことに、東名高速の中井では年中無休24時間営業でありながら茹でたての生そばを提供してくれるという。ここほど路麺度の高いところはちょっとない。なんといっても名前が「麺宿(めんじゅく)」だ。。天ぷらの種類も豊富で、路麺好きにはこたえられない。

■蕎麦、生めん茹でたて、注文後茹でる。ピークによっては見込み茹で置きもあるだろうか。薄茶色く細めで長め。香りはほとんどないが、コシはよい。
■つゆ、ダシよし、自然で柔らかなだし。カエシやや甘めで醤油うすめ。かなりあっさりしたつゆ。
■かき揚げ、揚げ置き。コロモ薄くぱりっと揚がって悪くない。やや揚げ置いて硬いのでつゆに浸して食べるとちょうどよい。

そば・つゆともにあっさり。もう少し濃くてもよいのではとも思うが、高速道路では老若男女いろいろなお客があるから、これくらい薄味のほうが良いのかもしれない。

Img_2966_nakai_480

ややポキポキ感あるもののコシのしっかりしたそば。

Img_2969

ことらはきつねそば。

Img_2967_nakai_450

券売機ではなくカフェテリア方式。麺茹で担当店員さんのいるコーナーで注文。プラ券を渡されるのでそれをトレイに乗せ、まずは天ぷらを選択しカウンター終端で代金を払ってテーブルにつく。麺が茹で上がりしだい呼ばれたら取りに行くという手順。ややわかりにくいが納得できる方式。都度茹での待ち渋滞をさせない工夫なのだ。さすが高速道路。

Img_2970

肉そばもうまそうだ。

Img_2973

自家製麺とのこと。

Img_2971

深夜でも暖かい茹でたてそばが食べられるのはうれしいかぎり。

Img_2974

480円、450円(きつねそば)

無休

評価は2点 ☆☆

| | コメント (4)

2014年2月19日 (水)

【番外編】四谷三丁目 角萬 冷肉そば(太麺)

角萬

冷肉そば(太麺)

四谷三丁目

角萬にしては珍しく四ッ谷にある。他の店とはとくに関係ないとのことですが詳細不明。

Img_2209_850

箸より太い蕎麦。つるするとたぐるのは不可能なので、箸でつまんでモグモグと食べる。肉とネギのバランスのよさ、蕎麦と交互に食べるとリズミカル。かなりの量だがなんとか完食。

大盛りを注文するひとが多いようだが、わたしには普通盛りでも十分以上。

Img_2210

片口

Img_2211

Img_2215

良い文字。すっとして芯がある。

Img_2214

外苑東通り沿い、四ッ谷警察向かい側

Img_2212

850円

| | コメント (18)

2014年2月18日 (火)

新宿 新和そば コロッケそば

新和そば

新宿駅構内、JRから小田急線への地下通路途中

コロッケそば

味にはこれといって感動はないのだが、非常に便利な場所にあるので小田急新宿駅を利用するときはつい入る。

Img_2912_sinwa_330

スタンダードな茹でめん。やや薄めのつゆ。さほど溶けないコロッケ。

Img_2913

おばちゃんの客さばき鮮やかなのがこのお店の特長。キビキビかつ親切でとてもよい接客。

Img_2917

新メニューに意欲あり。

Img_2916

紀州屋製麺のそばを使用。新宿エリアに多くみられる。

Img_2918

西口バスロータリーから階段を下りてすぐのところにある。便利至極この上ない。

Img_2915

330円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (8)

2014年2月17日 (月)

中野 かさい

かさい

JR中野駅北口前

中野といえば北口駅前の黄色いやつ。麺は村上朝日製麺(通称:AM)の名物極太「箸より太いかさいそば(c)」が姿を消してしまって残念。後継のむらめんは見た目のインパクト弱いがさすがの大手だけあって味と食感はAMに勝るとも劣らない。

Img_2905_kasai_370

やや細くなった。

Img_2906

こちらは以前の写真、かつてはこんなに太かった。

Img_4649

中野ブロードウェイ(サンロード)の入り口にあり、いやがおうにも目立つ。しかも燦然と黄色い、黄色の色調がオレンジかかったレモンイエローでさらに鮮やか。

Img_2907

370円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (11)

2014年2月15日 (土)

【番外編】 渋谷 喜楽 ワンタンめん

ラーメン屋としては数少ないリピート店

道玄坂を歩いているとついフラフラと入ってしまう。

Img_2303_kiraku_800

ワンタンの皮が黄色くてシコシコしてるのがうまい

Img_2304


800円

| | コメント (4)

2014年2月14日 (金)

京急田浦 船食 とろろそば

船食

京急田浦、船越商店街

とろろそば

こちらは普通のもりそばにとろろ。この緑色はワカメを練り込んだものとのこと。

Img_2885

ちょっとトロロ少なめ。

Img_2886

京急田浦駅から16号を渡った商店街にある。

Img_2891

480円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2014年2月13日 (木)

三崎口 えきめん茶寮 かじめん

えきめん茶寮

京浜急行三崎口駅、改札外

かじめん

えきめんやの名物。カジメという海藻をねりこんだ麺。味と食感はきしめんに近い。海藻のヌメリがツルツル感をいっそう増して、スルリと食べることができる。温/冷やしどちらも可。

Img_2857

海藻の香りはさほど強くないものの、ヌルヌルした感触に磯の趣があり三崎口ならではの海と磯の雰囲気を満喫させてくれる。昆布だしのきいた甘めのつゆが麺によく馴染む。このつゆはそばよりもかじめんにこそ最適であると思う。

Img_2858

茶寮というだけあってスイーツ充実。ドリンクバーあり。駅そばでドリンクバーとはたいへん珍しい、ちょっとよそではお目にかかれない。立ち食いそばやとはいえど駅のスタンドとして重要な位置にあることがうかがいしれる。

Img_2864

Img_2859

改札内からは入れないのでご注意。

Img_2860

350円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (4)

2014年2月12日 (水)

京急田浦 船食 極上もりそば

船食

京急田浦、船越商店街

極上もりそば、ちょいとたぬきがうれしいサービス。

Img_2887

船食さんは製麺所直営店でうまいそばうどんを食べさせてくれる。土日もやっているのでうれしい、このあたりに来たときには立ち寄ることが多い。

Img_2888

極上もりそばは、名前のとおり蕎麦粉の配合が多く蕎麦の香り濃厚。お店のかたがおっしゃるのには「料亭クラスのお店で出すくらいのものです」とのこと。配合比率までは教えてくれなかったが私が食べたところでは十分にあるように思う。

Img_2889

無休で助かる。

Img_2892

製麺所だけあって、店内では生麺を小売りする。極上そば五玉で730円。細うどん三玉で230円(だったと思う)。家に帰って茹でてたべたがどちらもうまかった。とくに蕎麦は絶品だった。鼻腔に抜けるよい香り。上等なそば湯もいただくことができた。

Img_2893

500円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (2)

2014年2月11日 (火)

四ッ谷 政吉 カレーつけそば(冷)

政吉

四ッ谷

カレーつけそば(冷)

カレーそばは無論うまい。そのことにはまったく異論ないのだが私はよほどのことがない限り食べることはない。カレーの強烈な風味はすべてをカレーの支配下に置いてしまうとでもいおうか、別のいいかたをすれば「七難隠す」ところがある。

ところが政吉のカレーつけそばは別格であった。スパイシーでありながらそばつゆの風味を殺すことなく引き立てる絶妙さがあったのだ。

Img_3602_masakiti_520

さて、再開なった政吉のカレーつけそばはいかがであろうか。丁寧に一杯ずつ小鍋でカレーを暖め、これまた丁寧に別鍋で煮た肉とそばつゆを合わせてひと煮立てする。肉は脂の少ない厚切りのものでカレーとよく合う。肝心のカレーは以前のものと違ってかなり黄色が強い。

これはこれでとてもおいしいカレーそばであって、完成度はとても高い。が、かつての絶妙さには届いていない。普通のカレーそばの域を出ないところが惜しい。

Img_3604

ふとカウンターを見るとこのような調味料がある。

Img_3606

青唐辛子をみじんにしたもので、ヒリッとくる。これはもしや!と思い、そばに振りかけてカレーをつけて食べたところ、かなりいい。もちろんかつての味とは方向性は違うがとてもユニークな味となった。

しばらくはこれでいってみようと思う。

Img_3605

素敵なテラス席。

Img_3607

520円(大盛り無料サービスだった)

評価は2点 ☆☆

| | コメント (11)

2014年2月10日 (月)

新橋 丹波屋 牡蠣そば(バター入り)

丹波屋

新橋

牡蠣そば(バター入り)、季節メニュー

うーん、これは反則のうまさ!

Img_3634_tanbaya_440

牡蠣は都度小鍋で煮てその上から熱いつゆをなみなみと張ってくれる。牡蠣のエキスが濃厚にしみ出たつゆのうまさったらない。熱いつゆで溶けたバターが丸い脂の玉となって浮いたところを下から牡蠣をくぐらせて口に運ぶや、寒さで凍えた顔の筋肉がみるみるほぐれて笑みがもれる。

寒いなかの立ち食いを逆手にとった名店丹波屋ならではの発想。まさにピンチをチャンスに変えるのは贅沢な環境にあらず、他ならぬ人間のアイデアなのだ、とつくづく感じ入る。

Img_3635

牡蠣うまいねえ、バター最高です、ごちそうさまでした。と若旦那に挨拶すると、にこやかな笑顔が返る。そして奥からは大旦那の「ありがとうございます」の声。ああ今日も寒い中新橋まで、いや丹波屋まで来てよかった。

Img_3636

440円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (15)

2014年2月 9日 (日)

雪なので読書 「東京路傍の麺党」

何十年ぶりの大雪とのことで、バイクはおろか外出もままならない。

こういう日は読書でもしましょう。本ブログのお客さんとしても有名な高野洋さん他が「東京路傍の麺党、旨い!立ち食いそばうどん」として記した名著。いまひとつこの本の呼び方がよくわからないのだけど、通称「路麺党の本」として長いこと立ち食いそばのバイブルとして親しまれている。

2000年発行なので廃業したお店も多いが、それ以上に立ち食いそばを多面的にとらえた編集方針が面白く、単なるカタログ本ではない良さがある。お店の紹介データ記事として読むものではないから、古さを感じさせない。

Img_20140207_084819

コラムや囲みがとくに面白い。きちんと取材された記事と無駄のない文章からは活き活きとした路麺文化の情景がありありと浮かんでくる。

1391731344740

すでに絶版本のため書店では購入できないが、古書店やBook Off などで比較的安価で売られているので見かけられたら気軽に求めてみてはどうでしょう。

| | コメント (14)

2014年2月 7日 (金)

三崎口 えきめん茶寮

えきめん茶寮

京浜急行三崎口駅、改札外

京浜急行の終点。相模湾に突き出した三浦半島の先端。京浜急行の終点はもっと海沿いの城ヶ島近くであろうかと想像しがちだが、おそらく海岸には駅舎のための用地がなかったのだろうか。海風が吹きすさぶ荒涼とした高台の丘の上にポツンと駅がある。えきめんやでありながら「茶寮」と名乗る理由は店に入ればすぐにわかる。甘味処を兼ねているのだ。駅の軽食コーナーとしての機能をここで一手に引き受ける。そんなたのもしい存在である。

■蕎麦、茹でめん、灰色っぽくややくねくねとしている。ゴワゴワ感もなくまずまずの味。
■つゆ、だしよし。昆布のきいたマイルドだし、かなり甘めのカエシでマイルド感ひときわ。神奈川ならではの味。
■天ぷら。揚げ置き。かなりコロモの多いぽってりしたもの。悪くない。

Img_2854

マイルドつゆがここの持ち味。

Img_2855

改札の隣にある。女性ひとりできりもりしていた。

Img_2861

茶寮のあかし、スイーツ充実。

Img_2863

駅前はバスターミナル。ここから三崎や油壺方面へのバスが伸びている。まさに三崎の入り口。

Img_2865

360円

無休、07:00-20:00

評価は2点 ☆☆


かじめん

えきめんやの名物。カジメという海藻をねりこんだ麺。味と食感はきしめんに近い。海藻のヌメリがツルツル感をいっそう増して、スルリと食べることができる。温/冷やしどちらも可。

Img_2857

海藻の香りはさほど強くないものの、ヌルヌルした感触に磯の趣があり三崎口ならではの海と磯の雰囲気を満喫させてくれる。昆布だしのきいた甘めのつゆが麺によく馴染む。このつゆはそばよりもかじめんにこそ最適であると思う。

Img_2858

茶寮というだけあってスイーツ充実。ドリンクバーあり。駅そばでドリンクバーとはたいへん珍しい、ちょっとよそではお目にかかれない。立ち食いそばやとはいえど駅のスタンドとして重要な位置にあることがうかがいしれる。

Img_2864

Img_2859

改札内からは入れないのでご注意。

Img_2860

350円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (8)

2014年2月 6日 (木)

新橋 かめや もりそば

かめや

新橋

もりそば

わたしは立ち食いそば屋でもりそば(ざるそば)を食べることはめったにないが、かめやだけはもりを食べたくなる。

Img_2813_kameya_sinbasi_250

香りよいそば、やや太く、それほど長くなく、きりっとしたつゆ。もりそばにうってつけだ。さらに素敵なのは値段がお安いこと。一枚250円。すぐに出来上がるから、ちょっと小腹がすいたときにこんなに丁度良い食べ物はない。そば湯もうまい。

新橋、神田界隈を歩くと必ずかめやでもりそばを食べたくなる。

Img_2814

250円

評価は3点 ☆☆☆


| | コメント (5)

2014年2月 5日 (水)

渋谷 信州屋 鶏白菜そば

信州屋

鶏白菜そば

この店ではオリジナル新作メニューが楽しみ。2月3月は特別な企画として過去のメニューを復刻して8週間、週替わりで提供するという。

Img_3628_sinshu_500

第一回は鶏白菜そば。柚子の香りがきいてさっぱりとうまい。

Img_3629

なんとコンプリートすれば豪華景品あり!!

こういう予定。どれもうまそうですね、
1,鶏白菜そば
2,若鶏竜田揚げおろしそば
3,せりそば
4,肉味噌つけめん
5,豚ニラそば
6,治部煮鴨南つけめん
7,九条葱と板麩そば
8,鶏そば

Img_3631

500円

| | コメント (8)

2014年2月 4日 (火)

渋谷 本家しぶそば コロッケそば

本家しぶそば

渋谷

コロッケそば

コロッケ別皿うれしい。別皿でなきゃだめということはまったくなくて先乗せでもオッケーですよもちろん。別皿の良さは、ある程度そばを食べ進んだところでやおらコロッケをつゆにどぼんと浸けてがぶりといけるとこにある。溶けちゃわないかどうかハラハラせずにすむというものだ。

Img_1237

生めん茹で置き、コシあり香りあり、中太くてくいごたえあり。マイルドつゆとよく合う。

Img_1238

コロッケ、つゆに浸す前からずっしりと重量感ある。ちょい厚めでボリュームあり。揚げ油品質よくもたれない。満足度高し。

Img_1239

西口バスターミナル側から階段をあがったところ。

Img_1240

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (6)

2014年2月 3日 (月)

四谷駅 お馴染み田舎そば

お馴染み田舎そば

JR四谷駅、改札内橋上

新宿寄りの階段を上がったところにある。

■蕎麦、生めん茹で置き、薄茶色っぽくて細い、角が立ってコシあり。香りほのか。
■つゆ、ダシよし、やや醤油しょっぱめ、さほど甘くない。深い味わい。蕎麦と相性よし。

Img_2789_inaka_270

JR駅ナカそばとしては驚くほどうまい。軽くショックを覚えるくらい。

Img_2790

季節メニューもあり。

Img_2792

Suica/pasmo可

Img_2791

NREの駅そばで「お馴染み」とつくのはここ四ッ谷と信濃町、池袋。お馴染みだけのうまさかもしれない。

Img_2793

270円

無休、7:00-22:00(土)7:00-19:30(日祝)7:00-18:00

評価は2点 ☆☆

| | コメント (4)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »