« 【番外編】 恵比寿 こづち チャーハン | トップページ | 飯田橋 稲浪 紅生姜天そば »

2014年3月31日 (月)

渋谷 信州屋 八週最終報告

信州屋

渋谷

八週連続チャレンジいたしました

どれもうまかったです

鶏白菜そば

Img_3628_sinshu_500

若鶏竜田揚げおろしそば

Img_3672

せりそば

Img_3722

肉味噌つけめん

Img_3769_sinshu_580

豚ニラそば

Img_3784

治部煮鴨南つけめん

Img_3807

九条葱と板麩そば

Img_3837

鶏そば

Img_1678_sinshuya_500

最終週の鶏そば、実は品切れで他の物を食べざるを得なかったんですが、お店の人がハンコは押してくれて晴れて完食いたしました。(写真は昨年のもの)

どれもうまい、皆それぞれ工夫をこらされて洗練された一杯だった。若鶏竜田揚げそばはレギュラーメニューにしてほしいくらいの完成度だったし、九条葱と板麩そばの素材風味を生かした爽やかなたうまさには驚いた。肉ニラそばのワイルド系もよかったです。どれも甲乙つけがたい。ぜひまた企画してほしい。

そしてこれが全部食べた景品。携帯ストラップに極小サイズの七味缶。七味を少し入れて持ち歩ける。常に七味有り。オールウエイズ七味オンマイマインド♪なんと私にぴったりの品物、ありがとうございます。大切に使わせていただきます。

Img_3883

|

« 【番外編】 恵比寿 こづち チャーハン | トップページ | 飯田橋 稲浪 紅生姜天そば »

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

●ひえいさん

店員さんは「八週チャレンジ」のたすきかけて頑張ってました。とても微笑ましかったです。

投稿: ケビン | 2014年4月 3日 (木) 21時16分

いやはや、すばらしい創意工夫を凝らしたメニューですね。こんな路麺店、他に知らない。そのメニューを制覇して、お洒落な景品をゲットしちゃうケビンさんもすごい。

投稿: ひえい | 2014年4月 2日 (水) 09時35分

●いぬおとこさん

ご無沙汰しております。お元気ですか?

コンプリートにはあまり興味ない人間のはずなんですが、今回はなぜかはまりました。仕事が忙しかったのでこれくらいしか息抜きがなかった、というのもあります。

なかなかいいですよね、この景品。
次回あればぜひどうぞ。

投稿: ケビン | 2014年4月 1日 (火) 04時13分

ケビンさん、信州屋コンプリートおめでとうございます。

それにしても気の利いた粗品ですよね~
私も次の機会にチャレンジしたくなりました。

投稿: いぬおとこ | 2014年3月31日 (月) 22時08分

●zoo43さん

大自二免許取得おめでとうございます!!
とってしまえばこっちのものですが、そこへいくまでの道のりはなかなか一筋縄にはいかないものだったと想像します。私もそうでしたからよくわかります。

私のブログが少しでも決心の足しになったのなら嬉しい限りです。

乗り始めてしばらくして慣れたあたりでよく転倒しますので(私はそうでした)、慎重にやってくださることを願います。40過ぎると怪我の回復に時間かかりますから (^^;

投稿: ケビン | 2014年3月31日 (月) 21時13分

●高野さん

なるほど!そうですね。
確かにいわれてみれば材料はどれもさほど凝ったものではなくて、わりと普通に手に入るものばかりなんですよ。アイデアですね、ようは。

投稿: ケビン | 2014年3月31日 (月) 21時10分

ケビン様

いつも楽しく拝読させて頂いてます。
当ブログに背中を押されるように・・
25年ぶりにライダー復帰を目指すべく
教習所へ通い、先日無事大型自動二輪の免許を取得しました。
日常の様々なことで取得に躊躇していましたが、
当バイクカテゴリーを何度も読み、40半ばで決心した次第です(笑)
・・・今はバイク選びで悶々としている日々を楽しんでいます。
いつか蕎麦屋でお会い出来ることを楽しみしてます。。

不躾なメールで失礼かと思いましたが、背中を押して頂いた御礼を
勝手に伝えたくコメントしました。
これからもブログを楽しみに、またお店選びの参考にさせて頂きます。

御礼まで。

投稿: zoo43 | 2014年3月31日 (月) 16時03分

鶏肉の使い方、勉強になりました。
プリント・アウトして、キッチンの棚に貼っとけば、
しばらくは日曜お昼の調理に困りませんね(笑)。

投稿: 高野 | 2014年3月31日 (月) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【番外編】 恵比寿 こづち チャーハン | トップページ | 飯田橋 稲浪 紅生姜天そば »