« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の記事

2014年4月30日 (水)

秋葉原 新田毎 春菊天そば

新田毎

春菊天そば

JR秋葉原駅改札内総武線下りホーム

総武線秋葉原駅のプラットフォームは高い。ビルの7−8階くらいに相当するであろうか。もしかするとこの店は日本で一番高いところにある路麺かもしれない。

春菊天そば、いっけんすると普通の春菊天ぷらのようだがただものではない。箸で持つとずっしりと重いのだ。密度が高い。箸をさくっと通そうとここみるが、厚みがあってなかなか向こう側へ到達しない。普通の春菊天ならばぱりぱりと割れて散るところであるが、ここのはむしろ箸を包むかのようにみっしりと緑の塊が横たわっているのだ。こういう春菊にはずれはない。

Img_3844

箸でちぎるのをあきらめ、やおら持ち上げがぶりと食らいつくと。ジュワッとした噛み締め感のあと、口の中いっぱいに春菊のほろ苦さが充満する。これこそが私の追い求める春菊天だ。

Img_3845

他で見かけるのは扇のように広げて揚げたもの。ごくまれにみっしり高密度春菊天の旨い店は都内に数店あるがそれらはみな丸いパンケーキ型に固めて揚げてあるもの。新田毎のはそのどれとも異なる。いうなれば「ハリセン」である。扇をゆるく閉じた形のまま揚げられている。じつに独創的。これを食べるには総武線下りに乗らなくては。

Img_3846

Img_3848

Img_3850

カウンターから黄色い総武トレインを眺めることができる。

Img_3847

階段を上り詰めた頂上にある。

Img_3842

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (10)

2014年4月29日 (火)

目黒 田舎 ちくわ天そば

田舎

目黒

ちくわ天そば、味玉つき

Img_3694_inaka_400

目黒駅を通過せず。途中下車する価値あるお店。

Img_3696

味玉はおでんを思わせる

Img_3697

かかと下がりの狭いカウンターよ永遠なれ

Img_3693

400円

| | コメント (2)

2014年4月28日 (月)

牛込柳町 白河そば 牛肉そば

白河そば

大江戸線牛込柳町

牛肉そば

白醤油をつかったうどん風つゆに、牛丼風甘辛濃い味つけの牛肉をどさりと乗せたもの。そもそものつゆの上品な味わいを牛がパワフルにサポートする。

Img_3817

たぬきをどっさりと添えてくれるのがうれしい。青ネギと白胡麻が美しい。

Img_3818

茹で麺のそばはちょうどよい柔らかさ加減。

Img_3819

牛肉、蒟蒻、タマネギと牛丼のアタマ風タネ。

Img_3820

このお店ならではの「ダチ油」、青紫蘇の風味さわやかな和風ラー油といった感じのオリジナル調味料。ちなみにダチとは「ともだち」のダチだそうです。素晴らしい写真と文章で楽しい路麺本「立ち食い蕎麦図鑑」著者の本橋隆司さんからおしえてもらいました。

Img_3816

ダチ油、わけていただくこともできる。この量で200円。お店のお姉さん曰く、「そもそもは冷やしそばをぴりっとさせるためにと考えたものなんです。和風のものになんでも合いますよ」とのこと。試してみたところ、味噌汁にほんの少したらすととてもいい感じになった。これいいわ。

Img_3821

評価は3点

| | コメント (2)

2014年4月25日 (金)

渋谷駅 本家しぶそば むかごかき揚げそば

本家しぶそば

渋谷駅改札外

むかごかき揚げそば(季節のかき揚げ)

Img_3811

これがむかご。ほっくとさっくりとして、栗と芋の中間のような味。うまい。

Img_3812


Img_3813

評価は2点

| | コメント (2)

2014年4月24日 (木)

外苑前 信越そば タマネギ天きざみ揚げそば

信越そば

外苑前

タマネギ天きざみ揚げそば

かき揚げもいいが、たまねぎだけのやつはまたうまい。

Img_3794

きざみ揚げの風味がよいアクセント、さっぱり感のなかに変化あって飽きない。

Img_3795


Img_3797

460円

評価は2点

| | コメント (4)

2014年4月23日 (水)

宮前平 そばの美 山菜たぬきそば

そばの美

東急田園都市線宮前平

山菜、たぬきといっしょだとうまい。

Img_3792


Img_3793


評価は2点

| | コメント (4)

2014年4月22日 (火)

【番外編】 恵比寿 こづち 焼うどん

こづち

こづちの焼きうどん、一見したところ野菜炒めにしか見えない。うどんは事前に炒めて味付けてたものが野菜の下に敷いてあるのだ。別工程なのだよね。盛りつけだけ見ればラーメン二郎の焼きうどん版とでもいおうか。

Img_3788

野菜の山の下からほじくり出すので、さしずめ「発掘」とでも言える

Img_3789

ポテトサラダ 150円。絶品。ボリューム満点。

Img_3787


Img_3790

| | コメント (0)

2014年4月21日 (月)

水道橋 小諸そば 鶏からあげそば

小諸そば

水道橋

Img_3763

| | コメント (6)

2014年4月20日 (日)

3ヶ月ぶり バイクに乗りました

大雪だったり、仕事が忙しかったり、その他いろいろと事情もあって3ヶ月ほどバイクに乗れなかった。

ようやく雪も溶け(いつのことだよ、おいおい)
仕事もなんとかメドがつき(会心作のアプリ)
よんどころない点数の事情もかたがついて(バレバレ)

晴れてバイクを引っ張りだしてきた次第。

エンジン一発でかかってよかった。昨年末にバッテリ・コイル・プラグを更新したから、あんまり心配はしてなかったけど。

Img_3968s

青山霊園のいつもの場所は既に八重桜だった。ソメイヨシノのトンネルをくぐるのが毎年の楽しみだったのだけど今年はできなかったなあ。というよりも、桜が咲いてるところをほとんど気がつかない、実際に見えているんだろうけど記憶に残らないくらい多忙だった。立ち食いそばもあんまり食べ歩けなかったし、ブログの更新も今ひとつ。

ということで、不肖ケビンがバイクに跨がれば目指す先はただひとつ、うまい路麺巡りしかありません。まずは日本橋よもだそばで春の味覚ふきのうとう天ぷらをいただいた。

電車通勤では季節感が乏しくなる。その点バイクって身体むきだしだから、全身で自然とふれあえる。なんとなく自律神経や眼精疲労にも好影響ありそうだし、やっぱりバイクっていいな。

ということで、ようやく平和な日常がケビン家に戻ってきた。
そんな今日この頃。

| | コメント (10)

2014年4月19日 (土)

日本橋 よもだそば ふきのうとう天そば

よもだそば

日本橋

ふきのうとう天そば

春の訪れはよもだのふきのとう天ぷらとともにある。今年は大雪の影響で収穫が遅れたとのこと。まちかねた分期待も大きい。

Img_3970

花開いたように見事に揚がった天ぷらの姿も素晴らしい、ひとくちかじれば広がるほろ苦さ。ああ、これは身体に効いてるぞ、と感ずる瞬間である。免疫機能がびくっと目覚めた。そんな刺激だ。

Img_3971

いつもながら、蕎麦とつゆのうまさ。自家製の蕎麦は毎日数回、ここ日本橋店の地下製麺所で製造される。この日も忙しく製麺するところを拝見させていただいた。無化調つゆ、塩分気になれどうまさに勝てずごくごくと完飲。

Img_3972

また来年よろしくお願いします。

Img_3973

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (16)

2014年4月18日 (金)

青山一丁目 ゆで太郎 野菜天そば+いか天

ゆで太郎

青山一丁目

野菜天ぷらは見た目よさそうだが、油がしつこい。

Img_3922

茹で失敗。たいへん不味かった。お客さん行列でたいへんなのはわかりますが、これは失格だと思います。改善してください。

Img_3923

評価は1点 ☆

| | コメント (4)

渋谷 富士そば一号店 【閉店】

富士そば

渋谷

ここが富士そば創業一号店

残念ながら、2016/1/31、閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。

Img_3748_fuji_sibuya_340


Img_3749


Img_3747


Img_3750


Img_3751

340円

| | コメント (15)

2014年4月16日 (水)

目黒 そば翔

そば翔

JR目黒駅・徒歩3分

権助坂、かつて「木助」だったところ。ケッタライダーさんご指摘ありがとうございます、目黒でしたね。

■蕎麦、生めん茹でたて。注文受けてから茹でる。灰色っぽく細め、歯ごたえよくツルツル感あり。
■つゆ、だしよし、鰹節の香り、甘めのマイルドつゆ。やや平板だが蕎麦と相性よし。悪くないです。
■かき揚げ、揚げたて、注文受けてから揚げる。タマネギニンジン。コロモ薄くさっくり揚がってうまい。

Img_3683_sho_350

あっさり、さくりと食べられるので、駅までの急な坂道の途中でひと休みにいいかも。

Img_3685

とても狭いお店だが、左右の壁に密着した細いカウンターで客席確保する。店員さんお二人できりもりしていた。

Img_3688

350円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (2)

2014年4月14日 (月)

中延 大和屋 紅生姜天そば

大和屋

中延

紅生姜天そば

紅生姜くらいのガツン系タネにはもちろんつゆも濃くてしょっぱいのが合う、のは立ち食いそばファンの皆さんならあたりまえのところだが。ここのような濃すぎないつゆにも紅生姜天みごとに合うのだなあ。


Img_3663_yamatoya_400


Img_3664

400円

評価は3点 ☆☆☆


| | コメント (2)

2014年4月11日 (金)

浜松町(金杉橋) 六文そば ちくわ天コロッケそば

六文そば

浜松町(金杉橋)

ちくわ天コロッケそば

Img_3654_kanasugi_470

昼過ぎて天ダネが少なくなったときでも残っているのは、ちくわとコロッケ。

Img_3655

黄色看板ならぬ黄色自販機!これいいな。家の近くにあると楽しい。

Img_3656

470円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (10)

2014年4月 9日 (水)

【番外編】 新宿駅 BERG

新宿といえばベルク

マイスターベーコンドッグ、たまごサンド、ブレンド珈琲

Img_3643

ベーコンは自然な優しい薫香で食べやすい。脂がうまい!

Img_3644

玉子サンドといえば、白い食パンにはさんだ三角や四角のを想像してたのだが、できあがりをみてびつくり。丸いバンズでした。ドッグもそうですが、都度バンズを暖めて具材をサンドしてくれる。うれしい手作りの味。

Img_3645

ここに来たら生ビールが定番なんですが、わたしはどうも昼間飲むと猛烈にアタマが痛くなる体質なので昼酒しない主義です

| | コメント (2)

2014年4月 7日 (月)

新宿駅 箱根そば本陣 朝そば

箱根そば本陣

新宿駅構内改札外

朝そば

Img_3639_hakohonjin_380

もみ海苔の香りとても良い。きつね、たぬき、ほうれん草とお得な一杯。朝そばの名のとおり、朝でもさらっと食べることができる。

Img_3640

hakosoba honjin

Img_3641

JRから小田急線乗り場への通路途中にある。

Img_3642

380円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (2)

2014年4月 5日 (土)

蕎麦道なび 構想中

Android OSは進化が激しくて、プラットフォームとしてがらっと一変してしまうことがよくある。Googleという会社の文化、ひいてはアメリカの文化がそういうものなのだろうね。

現在提供中の蕎麦道なびは Google Maps API ver.1 を使っているが、これがver2になって大幅に機能が拡張された。それはいいんだけど、これまでのプログラムとの互換性が「まったく」なくなってしまった。古い機能もしばらくは使い続けることはできるから今すぐどうのこうのということはないのだけど、やはりいずれは対応してみたい。

動画でごらんください。ver.2ですごいのはこれ、建物の階層を表現できる。これがあれば、在来線ホームの爽亭と、改札外アトレの喜多そばを、単なる緯度経度だけじゃなくてフロア階層の高さによって厳密に指示することができるのだ。なんと立ち食い蕎麦にふさわしい機能だろう。

こうなるともうアップル(iOS)のマップ機能とはまったく別物となってしまう。アプリとしては iOS/Androidの機能はできれば統一したい気持ちがあるので、さらに悩む。

ということでまだ構想段階です。もしかしたら開発しないかも、というかその公算が大きい。。。

| | コメント (6)

2014年4月 4日 (金)

新橋 うさぎや いかかき揚げそば

うさぎや

新橋

いかかき揚げそば

Img_3624_usagiya_390

抜群にうまいつゆと爆裂トークの女将さんで愛される。駅から遠いが通う価値あり。ところでつい先日のこといつものごとく昼下がりにうさぎやさんを訪れると。。女将さんが「お客様、食欲ございますか?」と真面目に問う。もちろん空腹であるから応とこたえると、堰を切ったようなトーク炸裂。「おばさんね、天気がいいから調子に乗っておにぎり作りすぎちゃったのよ、よろしければ食べてください。今日はね暖かいんでもりそば5つもでたのよ(後略」と畳み掛けられ、結論からいうとシャケむすび無料サービスとなった。「もう、このままだめにしちゃってもしょうがないからね、食べられるならここにあるの全部食べちゃってね」との迫力あるお言葉に嬉しい悲鳴を上げながらありがたくひとつだけ頂いたのだった。もう二つ食べればよかったかと少し後悔。

Img_3625

390円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2014年4月 2日 (水)

飯田橋 稲浪 紅生姜天そば

稲浪

飯田橋(新小川町)

紅生姜天そば

Img_3584_inami

これはうまい。茹で麺の柔らかさ加減のなかにほのかにある蕎麦の香りと噛み締めたときの甘さ。ダシのきいたつゆに甘辛さの絶妙なバランスと濃さ。そして紅生姜の香りと酸味、天ぷらころものマイルド感。パーフェクト感あり、紅生姜天の新たなスタンダードといえよう。

じつは昼少し前でまだそれほど空腹でもなかったのだけど、食べだしたらすっかり忘れて止まらない。

Img_3585

優しいご主人の笑顔に癒されて、ああ今日も稲浪まで来てよかった、と思うのだ。

Img_3586

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (20)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »