« 尻手(川崎南部市場内) 水喜 【閉店】 | トップページ | 奥多摩 氷川サービスステーション »

2014年10月14日 (火)

【番外編】 有楽町 慶楽 上湯炒飯(スープチャーハン)

有楽町といえばここ。

池波正太郎の愛した味。

普通の炒飯もうまいが、こちらはここならではの名物。

Img_5411_keiraku_1030

炒飯をスープで雑炊風にしたもので、なんだそんなの自分でもつくれる。。と思うだろうが、なかなかどうしてこの味を出すのは難しいだろう。

スープに浸っていながら、炒飯はしっかりと炒飯の味がする。スープはスープの味がする。見た目は混ざっているのだが味は混ざっていないのだ(もちろん念入りにかき混ぜれば別だけど)

仕事兼バンド仲間を2名お連れしたところことのほか喜ばれた。「なんでもっと早くおしえてくれなかったのよ」とかいって、音楽家はこういうのが好きなのだな


|

« 尻手(川崎南部市場内) 水喜 【閉店】 | トップページ | 奥多摩 氷川サービスステーション »

【路麺】番外編」カテゴリの記事

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

定番のメニューですね、個人的に松波元議員より、この店のマスターの方が、チョンマゲが早かったと思います。

投稿: たこちゃん | 2014年10月14日 (火) 18時45分

「ささっと食べられて、でも味わうと奥深い」って感じでしょうか? いいなあ。

投稿: 高野 | 2014年10月14日 (火) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尻手(川崎南部市場内) 水喜 【閉店】 | トップページ | 奥多摩 氷川サービスステーション »