« 立石 越後そば なめこおろしそば | トップページ | 平和島 あさま いか天そば »

2015年3月13日 (金)

六本木 富士そば かき揚げそば

富士そば

六本木

富士そばといえば揚げ置きの天ぷらが馴染みで、あのフワポコした感触も嫌いではない、むしろ富士そばらしくて無性に食べたくなるときもある。しかし、そうはいってもやはり揚げたての天ぷらにはどうしてもかなわないところも多々あるし、あえて揚げ置きを好むのは熱心な路麺ファンだけともいえる。

そういったことは富士そばも十分承知だったのだろう、2014年初旬から天ぷらの店揚げを始め対応店を着実に拡大している。自家揚げの技術養成にはとても手間がかかるだろうことは想像にかたくない。そばを生めん自家茹でへ切り替えていらいの大きな変革といえる。

Img_6154

コロモにさっくり感あり、やや隙間のあいた揚げ具合は申し分ない。素材の味よりもコロモの味わいで食べさせるのは従来の路線を継承する。コロモのさっくり感を出すためにおそらく卵粉 and/or スターチを混ぜているのだろうか、なかなか良い味ではあるが好みが分かれそうなところだ。

Img_6155

そばは従来どおり、つゆはだしロボに変更してからふんわりと立つ香りがよくなった、しかし味わいはあっさりしすぎのところあり。寸胴鍋の直火は微妙な焦げを発生させ、雑味ではあるがそれがコクともいえるパワフルさを醸し出していた。いわばこのアナログな加減こそが馴染んだ富士そばの味であったといえる。ロボはもっと細い生そばには非常に良くマッチするのだが。あっさり路線つゆは個人的にはがっかり感ある。

Img_6156

評価は2点 ☆☆

|

« 立石 越後そば なめこおろしそば | トップページ | 平和島 あさま いか天そば »

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

17日(金)に出たばかりの書籍『嵐、ブレイク前夜』(主婦と生活社)によると、櫻井翔は富士そばが大好きなそうです。
富士そば恐るべし!!

投稿: 高野 | 2015年4月21日 (火) 20時47分

25年くらい前は、渋谷のお店によく通ったけど、味のことなんか考えたことなんてなかった。
15年くらい前は、お昼の時間を逃した際、たまに駿河台のお店に行ったけどおいしいとは思わなかった。
10年くらい前に、味の研究をしようかと思って帰りに新小岩のお店へ寄って「お持ち帰りで」というと「お持ち帰りー(だと)!!」と厨房の親父に凄まれた。家について開けてみたら、ふたが数cmほど切れていた。
8年くらい前は、三田のお店の厨房内でカツ丼の火の通し具合のことでおばちゃん二人が揉めていた。
昨年末久しぶりに駿河台のお店に行ったら、なかなかだと思った。でも外装も内装も少しずつ順次リフォームしないとお金がなくて出来なくなると思いました。

投稿: 高野 | 2015年3月13日 (金) 18時36分

以前のもっさりした天ぷらの方が好きですなぁ。
今のはすぐ溶けてぐちゃぐちゃになる。
しかし、春菊は良くなった。
立ち食いに上品な天ぷらはいらないYO!

投稿: tukemen | 2015年3月13日 (金) 12時10分

冨士そばというと
立って食べていたら店員さんに座るように言われたという
そばゲッティさんの体験談を反射的に思い出してしまいますが
ラーメンやビールを出す店がちらほらあるみたいに
立ち食いの店もまだあるんでしょうか?

投稿: menbou | 2015年3月13日 (金) 10時24分

なるほど、微妙なタイミングがあるんですね。
ぼくは店で揚げてるの見ると断然評価が高くなるクチですが、猫舌気味なので、揚げたては苦手です。って、無粋なコメントでごめんなさい。
「富士そば」しばらく食ってないけど、イノベーションの成果を楽しみに行ってみるか。

投稿: ひえい | 2015年3月13日 (金) 08時15分

私は店揚げも工場からの配送品も好きですが、注文後に揚げるお店は以下の問題が生ずることが多いと感じています。

 揚げ油がつゆに流出する
 衣が冷え固まらないうちにつゆに投入するとすぐに崩れる(衣がはがれる)
 中に十分火が通らないで中心の玉ねぎなどが生

最後の点ですが、某ハンバーガーチェーンでは、揚げ物は揚げてすぐに出すと中が冷たいので、一定時間置いて、余熱が回ってから客に出すというのを聞いたことがあります。そばの場合すぐにつゆに触れるとそれができなくなるのだと思います。
富士そばのように、店揚げでも少し時間をおいて出してくれるところは上記のような問題は感じません。

投稿: X100 | 2015年3月13日 (金) 07時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立石 越後そば なめこおろしそば | トップページ | 平和島 あさま いか天そば »