« 霞ヶ関(農水省) 日豊庵 野菜炒めそば(温) | トップページ | 高津 おじぞうにゃん(おばちゃん八百屋) かき揚げうどん »

2015年5月26日 (火)

【番外編】 新宿三丁目 海老忠

焼き鳥のうまいお店、突き出しの鶏スープうまい。

ホイス割りでぐいぐいいける

Img_6561

この店は2階座敷がおすすめ。おや?これは路庵さんではないかな。

Img_6563

友達の家で飲んでるようなくつろぎ感

Img_6564

このまま寝ちゃいたくなる

Img_6562

昭和な感覚、というとなんとなく今風でいい響きだが、実際に昭和の頃はこういう店ばかりだったしとくに好んで選んでいただわけでもない。どちらかというと「そこにあった」から使っていたというのが正しい。

昭和の頃はもっとお洒落な店もたくさんあった、カフェバーなんてのはまさに昭和の象徴なのだ。昭和の人間からするとそう思う。だが、なぜかそいつらは「昭和テイスト」とは呼ばれないのは、時代のフィルターからこぼれ落ちちゃったからだな。

Img_5972


|

« 霞ヶ関(農水省) 日豊庵 野菜炒めそば(温) | トップページ | 高津 おじぞうにゃん(おばちゃん八百屋) かき揚げうどん »

【路麺】番外編」カテゴリの記事

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

カフェバー狂い(主戦域は「トミーズハウス」「328カフェ」、今となっては名称不明確、共に西麻布、当時は高樹町って云ってました)だった身として、一ジャンルでいいから、昭和の歴史をきちんと明確にしておきたいものです。

投稿: 高野 | 2015年5月26日 (火) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霞ヶ関(農水省) 日豊庵 野菜炒めそば(温) | トップページ | 高津 おじぞうにゃん(おばちゃん八百屋) かき揚げうどん »