« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月の記事

2015年6月30日 (火)

末広町 きぬそば かつそば

きぬそば

末広町

かつそば

記事としてはなるべく多種のタネを試してみたいところなのだが、ここではどうしてもカツそばを食べたくなる、逃れられないチカラがある。

立ち食いそば屋にはサイドメニューというか二枚看板というべきか、カレーのうまい店はいくつかあるのだが、カツカレーを特定した店はここくらいだ。なんといっても看板には「そば・うどんカツカレー」とあるのだからカツへの並々ならぬ自信がうかがえようというもの。本橋さんによるとご主人は洋食の老舗キッチン南海の流れをくむかたとのことで納得。

Img_7017

本題のカツはバッター液のコロモが厚めで肉と油の旨みを吸い込んだもの。肉厚はさほどない。いわゆる「肉屋のカツ」を想像していただきたい。じんわりさっぱりした味と食感、箸で食べられるカツだ。丼を持って片手て箸を使いながらもかじりつきながら食べられるスタイルには立ち食いそばに最適化するための独特の進化が感じられる。

Img_7018

ところできぬそばさんのもうひとつ面白いところはかならずオマケを付けてくれるところ。細切りのキツネとか、そばなのにうどん一本とか、ちくわのスライス一片とか。。最初の頃は「これは何かの間違いなんじゃないだろうか」と疑ったものだがご主人の心意気と知ってからは俄然楽しくなった。この日は豪華にキツネ細切を4本もオマケしていただいた。カツのしたにそっと忍ばせてあったのである。

Img_7019

いまひとつぱっとわかりにくがこれもまたいい。

Img_7022

カツカレーを堂々と謳うのがきぬそばである。

Img_7021

そう、ここは「そば・うどん・カツカレー」の店なのだ。ひとつ多いのだ。

Img_7023

むらめんのそば。ご夫婦で切り盛り。江戸っ子べらんめえご主人の口調も楽しい粋なお店。

Img_7020

450円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2015年6月29日 (月)

有楽町 後楽 やきそば+わかめ

後楽

有楽町

やきそば+わかめ

ちょっとした裏技。わかめ単品(70円)を追加。追加にはサービスでスープ付属。スープにわかめをどさっと入れてわかめたっぷりスープのできあがり。焼きそば食べてもさもさした口にわかめスープのありがたさ。

Img_6771

セルフ取り放題のネギを焼きそばに適量乗せていただく、スープにもネギ投入。

Img_6772

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2015年6月28日 (日)

タイヤ交換しなきゃ CBR1000RR

こんなにヒビ割れたタイヤみたことない。

高速走ったらバーストするな。

Img_7025

190/55 とあるけど、ほんとは CBR1000RRは 190/50 なのだ。前の持ち主がたまたま安かったからこれにしたそうだ。どうもおかしいなあと思ってたんだ、なんかタイヤがもっこりしてるのよ、空気入れすぎパンパンみたいな。

Img_7050

ミシュラン好きなんですが、SSにはちょっと別のを試してみたい。

| | コメント (0)

2015年6月27日 (土)

Android Studio すごくいい

雨なのでバイク乗れないこともある。今週ずっとAndroid漬けだったんですが、もうすっかり Andorid Studioなしでは生きていけないからだになってしまっております。

というか IntelliJとGradle素晴らしいですね。コードの補完機能も素敵ですが、なんといってもビルドの管理らくちんなのがいい。デバッグ用とリリース用で定数を代えたい場合あるじゃないですか、接続先のURLとかね。ソースコード書き換えずに各種ビルド用に定数リソースを別ファイルにしといて同じIDで呼び出すことができる。

Img_7082

蕎麦道なび Android版、ちょっと進化してますよ。iOS版にはヘディングアップ機能をつけたから Androidには別の機能を追加しました。あまり期待せずに乞うご期待。

Img_7080

こちらもすっかりはまっている自宅で路麺感覚、シマダヤの稲庭風細うどん。

| | コメント (2)

2015年6月26日 (金)

facebookページあります

facebookページもあります。
ブログとはちょっと違うテイストでやってます。

facebookメンバーでなくとも閲覧は可能。
コメントはメンバー限定です。

こちらからどうぞ

| | コメント (0)

日比谷(帝劇地下) 都そば ちくわ天コロッケそば

都そば

日比谷(帝劇地下)

ちくわ天コロッケそば

サクッとしたちくわ、崩れるタイプのクリーミーなコロッケ。崩れるのもここのは悪くない。

Img_6362

午後2時半頃、ちょっと煮詰まり加減のつゆがうまかった。

Img_6364

5,10のつく日は玉子無料サービス

Img_6365

ビールあり

Img_6366

地下鉄駅から直接入れる地下街、仕事の移動時間を有効に活用出来る。

Img_6367

480円

(日)休、07:00-22:00

| | コメント (0)

2015年6月25日 (木)

【番外編】 西麻布 かおたんラーメン

ランチタイムは麺大盛りか半ライスが無料サービスとなる、これはチャーシュー麺大盛り

Img_6774

このあたりに仕事して長いので、かなり昔から食べてる、いまでも年に一度くらいは食べる。ずっと変わらない味を維持するのはすごいことだと思う。

Img_6775

ちなみにこの丼、いくつかの二郎でも使われているらしい。


| | コメント (0)

2015年6月24日 (水)

稲城長沼 なかむら

なかむら

稲城長沼

南武線稲城長沼駅の高架工事完了し、それにともなって駅前の再開発あり。お店の位置が道路を挟んで反対側の駅近くに移転した。

Img_7029

さっぱりとした細めの茹で麺は中西製麺の特徴。醤油のきいたつゆによく揚がった玉ねぎ天と路麺のスタンダードを外さない。駅そばとしては十分なうまさ。

Img_7030

仮設風プレハブ店舗となった。ご家族三人できりもり、娘さん口数少ないが美人。

Img_7031

新ピカの駅と、駅前のいい立地。この日もお客で賑わっていた。

Img_7032

かつてお店のあった場所はすっかり更地となった。おそらくなかむらさんはここの地主だろうから、新しい建物が建ったら戻るんじゃないかと想像する。

Img_7033

こちらは2010年7月当時の写真。

20091031971

350円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2015年6月23日 (火)

【番外編】 一風堂 恵比寿

ここはたまたま近くに用があるので何度も来たことある。いつもうまいです。わたしにとってはいつのまにかとんこつラーメンのスタンダードとなってしまった。というか他のをほとんど知らないだけです。

Img_6707

いい感じの暖簾

Img_6706


| | コメント (0)

2015年6月22日 (月)

有楽町 慶屋 天ぷらそば

慶屋

有楽町

天ぷらそば

有楽町のガード下、角地の目立つ立地なので目にした方も多いだろう。カレーうどんが売りのお店。久しぶりの訪問。メニュー落ちだった天ぷらそば復活してうれしい。蕎麦粉の配合多く香りあってうまいそばだ。

Img_6768

「当店は立ち食いそば屋ではありません」の有名?な張り紙はカウンターの左側にあったのが右側に移動。さらにその張り紙がバージョンアップして、なぜ立ち食いそばやでないと宣言するかの理由が明らかになっていた。生めん茹でるのに時間かかるからお急ぎの方にはご迷惑おかけします、という趣旨であったのだ、とても納得。七年ぶりに謎が解けてすっきり。だってあそこどう見ても立ち食いそばやなのだから。

Img_6769

「立ち食い」の最大の美点は「早い」ことにある。数秒でちゃちゃっと作ってくれる。お客も当然それを求めくるから、当店のように注文受けてから茹で始めると時間かかり「なんだこの店は立ち食いのくせに待たせやがって」と怒り出す客がいてもおかしくない。とくにこの場所はガード下ゆえ夜中は酔っ払いばかりだからトラブルは絶えなそうに思える。それを何度も経験した店主がせめてもの主張として当店は立ち食いではありません、ご容赦くださいと張り紙しているという涙ぐましいエピソードなのである。

Img_6767

ご主人としばし歓談、蕎麦の香りよいのは変更あったからかとたずねたところ、「ずっと変わってませんよ〜」とのにこやかで明確なお答えあり。これからも頑張ってください。

Img_6770

500円

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2015年6月21日 (日)

梅雨ツーリング

とても久しぶりに、甲斐さんからお声がかかったのでノコノコとZRXで出かけてきました。

Img_6963

霧ですんげえ視界悪い。富士山4合目あたり。スゴスゴ引き返したのは言うまでもない。短パンで降ってきたスクーターの兄ちゃん根性あるなあ。

Img_6979

焼きそばも食べたし、満足

Img_6970


| | コメント (0)

2015年6月20日 (土)

蕎麦道なび Google Maps v2対応版開発中

ようやく重い腰をあげてAndroid版をGoogle Maps v2対応させてます。

v2はこれまでのMapとまったく互換性ないので、結局スクラッチからつくるはめになりました。Android Studio を使って心機一転、最初から作り直します。とはいっても見た目はほとんどおなじだけどね。

v2のいいとこは、駅、地下街、大きな建物などの一部は内部の構造やテナントも見れること。

| | コメント (4)

2015年6月19日 (金)

六本木 桃山 山形肉そば

桃山

六本木

山形肉そば

六本木の裏路地にある。旧ピットインの裏手といえばわかりやすいか。

■蕎麦、生めん茹でたて、注文受けてから茹でる。太い、挽きぐるみで黒い。硬めの茹で具合。
■つゆ、鶏だしをベースに鰹節と昆布、塩気の強いカエシ、甘みはほどほど。
■鶏肉、ゆで卵、メンマ、焼き海苔、ネギたくさん。

いわゆる山形のつったい蕎麦。ちょっと塩気強いのが通常の山形風とはまた違った趣。

Img_6761

噛みごたえある蕎麦、噛み締めるとじわっとした甘みあるのは山形蕎麦らしさ。

Img_6762

冷やしとはいってもそれほどキンキンに冷たいわけではないところがいい。

Img_6763

きれいなビルの一階にある。かなり広めのゆったりしたお店。

Img_6764

500円

休不明

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2015年6月18日 (木)

【番外編】 富士宮 うめづ やきそば・お好み焼き

富士宮はやきそばでまちおこしだから、まあ驚くほどに街中やきそば屋だらけだ。久しぶりの道を通ってみると、昔はここは普通の蕎麦屋だった、定食屋だった、そもそも倉庫だった、みたいな店が軒並み(まさに軒並み)焼きそばやに姿を変えている。こういった個人店はまだいいが、それとは別に大通り沿いにはちょっと目立ちやすい角地なんかに大型焼きそば店がのぼりはためかせ、大看板で遠くからよく目立ち、いちげん観光客を待ち構えている。もちろんこういった店が残念なことは容易に想像できる。友人から「あそこはひどかった、油だらけでギトギトでそばはべちょべちょでほんとにまずかった、二度と行かない」と聞かされると地元民として申し訳ない気持ちになる。

富士宮やきそば、いたってシンプルな調理方法なので、まあ素人でもちょっと料理心あればだれでもすぐに作れるのがいいところであり、また悪いところでもある。しかし、家庭で「パパの味」を家族や友人と楽しむのはいいんだけど、それをそのまま「プロの味」としてお店に出すのはちょっといかんですね。これでは富士宮やきそばの将来が心配だ、ブームに乗った粗製乱造で品質急激劣化し客からそっぽを向かれることはやきそばに限らず、どこにでもある。富士宮やきそばはそうならないでほしいと切に願う。

ところで、私が小さい頃から食べているようなうまいやきそば屋、うれしいことに健在だ、だいたいこういう名店は裏道にひっそりと自宅を改造したりして営業してるから一般のツーリング客には目に留まらないが、今となってはそれがかえってありがたいことでもある。昔ながらの手作りの心こもった味を頑なに守ってくれている。

ここもそのひとつ。うめづ。家族できりもりするお店。

Img_6971

小上がり(このへんでは「座敷」と呼ぶ)の畳に座るとすっかり和む。できあがりまでちょっと待つがそれも気にならない。すっかり根が生えてしまう。バイクでビール飲めないのはうらめしいが、それもまたやきそばの味に集中できるというものだ。

Img_6965

富士宮やきそば名人。このおじちゃんに焼かせたらただのキャベツ肉カスだけの「並やきそば」なんでこんなにうまいのかとおもうくらい絶品となる。大きな鉄板の前に立ったおじちゃんの顔は真剣そのものだ。体全体をつかってざくざくと焼き上げていく。

例えばチャーハンであれば、鍋を振ることでぱらっと焼けるのがイメージ的に理解できるだろう、あれの鉄板バージョンといえばいいだろうか。ただしこちらは固定された鉄板なのでおいそれと振るわけにはいかない、その代わりに料理人が大きく動くことになるわけだ。

控えめなソース味。香りからして違う、キャベツの甘い風味を生かしてさらっと軽くやきあげたもの。ほんといくらでも食える。実際この日もやきそばとお好み焼き完食して、さらに追加やきそばみんなで分けて食べた。それでも実際はもっと食えたとおもう。どの店も使ってる材料はほとんど同じなんだから、実力・年季の差なのだ。腕前ってすごいもんだ。

Img_6970

やきそばに青のりと紅生姜をたくさんかけていただく。

Img_6967

焼き上がりはこんな感じ。この素っ気なさがいい。

Img_6966

お好み焼きは全国的には知名度低いが私は好きだ、どちらかというとやきそばより好きなのだ。関東風とも関西風とも広島風とも違う富士宮ならではの味。作り方と食感はもんじゃを広島風に重ねて焼いたような柔らかいもので、初めて食べた人には違和感あるかもしれない。

Img_6969

うめづ@富士宮西高近く

並やきそば 400円
イカお好み焼き 450円

| | コメント (0)

2015年6月17日 (水)

浅草橋 左衛門橋そば店 いかかきそば

左衛門橋そば店

浅草橋

いかかきそば

Img_6740

そば、つゆ、天ぷら、どれをとっても完璧である。女将さんの笑顔もよろしい。わたしにとっては最高峰の路麺店のひとつ。

Img_6741

ちょうど神田祭だった。

Img_6743

380円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2015年6月16日 (火)

【番外編】 元住吉 台湾小吃

ぶらりと入ったお店。亀勢の向かい側にある。

ここの肉ものは八角を使わないので、慣れない人にも食べやすいと思う。あの香りが充満してない台湾料理屋も珍しいです。ある意味おすすめ。

Img_6649

臭豆腐(ちょーどうふ)、わたし実は大好き。揚げたやつのほうが臭が少ない。この店は煮込んだやつもできるというので本当は食べたかったんだ、そっちのほうが強烈に臭いから。しかし同行者のたっての希望で断念。

Img_6648

適度に小さくて居心地よい空間。台湾風に店主ご家族が店内にいらっしゃるのはおなじみの光景。

Img_6647


| | コメント (0)

2015年6月15日 (月)

浅草橋(東神田) そば千 オキアミ天そば

そば千(黄色看板の店)

浅草橋(東神田)

オキアミ天そば

絶滅危惧タネのオキアミ天ぷらを発見。おもわず注文。

Img_6745

やや小ぶりだがオキアミぎっしりと詰まって大満足の味。サックリした食感と香り。路麺好きにはたまらないものがある。

Img_6746

ここに窓ができてから明るくなった。外にとめたバイクを眺めながらの一杯には格別なものがある。路麺バイク探訪の愉快が極まったひとときだ。

Img_6744

天ぷら2つで割引あり。これは新機軸。ここの天ぷらは小さめだから2つ乗せたくなる気持ちをぐいっと後押ししてくれる。

Img_6747

陽気の良い日は外で食べたいお店。

Img_6748

390円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2015年6月14日 (日)

CBR1000RR リターンズ

赤いやつが戻ってきた (=^x^=)

11427030_1109998329034023_540367445

いろいろありましたが、譲ってもらうことになりました。

先日久しぶりに友人とツーリングに行って、マイクヘイルウッドに乗ってるオッシーさんがかっこよすぎた。後ろをついて走って、ケツを見て感動した、ジーンときたんですよ。

ZRXに飽きたとかいうわけじゃ全然ないんですが、私ももういい歳なのよ、あと何年かしたらバイクに乗れなくなる日は必ずやってくるわけで、だったら元気なうちに好きなことさせてください、という気持ちになったのです。

ということでしばらくは2台体制となります。そのあとどうなるかはわからない、いきあたりばったりの人生なのだ。

| | コメント (4)

2015年6月13日 (土)

クイズ

ここはどこでしょう。

ネタバレ厳禁

正解は来週

Img_6744

| | コメント (9)

2015年6月12日 (金)

渋谷 木田屋

木田屋

渋谷・新南口

新南口から明治通りに出て右折、歩道橋を渡ったあたり。場外馬券場にほど近い。

■蕎麦、生めん茹でたて。注文受けてから茹でる。薄茶色ぽくかなり細め、蕎麦の香りほのかにあり悪くない。
■つゆ、だしよし、返しやや甘め、蕎麦と相性よし。 ■かき揚げ、揚げたて、注文受けてから揚げる。コロモ薄くさっくり揚がり玉ねぎの甘みあり。
かまぼこ、ほうれんそう。

どれもきっちりとした仕事でうまくまとまった一杯。満足度高い。気になるのは600円とやや高めの価格設定、路麺としてはぎりぎりの値段に躊躇する人もいるだろう。

Img_6702

かき揚げはつゆに浸らない部分はさっくりした歯触り、つゆに浸ったところはしんなりして蕎麦といっしょに食べるといい感じだ。

Img_6703

自立したティッシュ箱。他の店も見習ってほしいうれしい心配り。

Img_6701

ほんらいは肉汁うどんがメインのお店のようだ。

Img_6705

男性2人できりもりしていた。

Img_6704

600円

無休らしい、夜は飲める

評価は2点 ☆☆

| | コメント (5)

2015年6月11日 (木)

新宿御苑前 山吹

山吹

新宿御苑前

山吹の三号店。2015年5月開業。新宿一丁目、花園通り沿い。花園小学校を少し西に行ったところ。LM2さんからおしえてもらった。

店長さんらしき人に伺ってみると、正確には鶴巻町店の支店とのこと。たしかにメニュー構成と味からして鶴巻町の系統だ。

Img_6951

茹でたて生そばと鰹と昆布のよい出汁の上品なつゆ、変わらぬうまさ。かき揚げの揚げ具合よろしく、本家よりもかき揚げうまいくらいだ。ネギ別皿は新宿店ならではのサービス。

Img_6952

私の好きな「冷や肉そば」もあってうれしい。

Img_6954

しいたけそば、メニュー落ち残念。

Img_6955

カツ丼きっとうまいと思う。

Img_6956

開業まもないためオペレーションに不慣れなところもあるが、いずれ改善されるはずだ。店長さんの奮闘ぶりよくわかる、頑張ってください。

Img_6953

450円

評価は2点 ☆☆

休不明

| | コメント (3)

2015年6月10日 (水)

【番外編】 青山一丁目 まるや

昼時すごい行列

Img_6178

なるほどうまかった。ごはんおかわり自由

Img_6187

やるま、じゃない

Img_6188


| | コメント (4)

2015年6月 9日 (火)

自宅で路麺感覚 #9

自宅路麺に肝心なのは「手をかけすぎない」ことだ。温めて乗せるだけが基本。

そういう意味ではこれはひとつの到達点じゃないだろうか。ベニショそば。

なんつうかピュアですよ。これぞ路麺のあるべき姿、と思います。

Img_6731

こっちも悪くない。ベニショはスーパーな脇役だ。主役をくってしまう。

Img_6732


| | コメント (4)

2015年6月 8日 (月)

市ヶ谷 瓢箪 冷やしたぬきそば

瓢箪

市ヶ谷

冷やしたぬきそば

瓢箪は冷やしと温では麺が違う。冷やしは冷凍麺だ。丁寧に解凍したところを氷水でこれまた丁寧に冷やし〆てくれる。このひと手間を厭わないところに瓢箪が愛される所以がある。

Img_6710

お馴染みの赤板かまぼこ、このお店ならではのアイコン。かまぼこを確認できれば「あああそこか」と、わかるひとなら写真だけでも必ず見分けられるはず。

Img_6711

カウンター上の単品てんぷらに思わずひきつけられるお客さん多し。奥の券売機に進む前にてんぷらに釘付けになってしまうのが微笑ましい。この日はごぼう天が大人気。ささがきをみっしりと揚げたもの、じつにうまそうであった。

Img_6713

470円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2015年6月 6日 (土)

クイズ ここはどこでしょう

クイズ、ここはどこでしょう

ネタバレ厳禁

正解は月曜日

Img_6713_2


| | コメント (13)

2015年6月 5日 (金)

自宅で路麺感覚 #8

近所のスーパーでこんないいものを見つけた。

ニッスイ業務用冷凍かき揚げ、250円(10こ入り)

Img_6724

レンジで1分くらいチンする。夏場なら自然解凍でもいける。おお!これこそ青砥そばじゃないですか。

Img_6728

油の臭みもなくおいしくいただけた。これで原価100円くらいかな。

Img_6726


| | コメント (4)

2015年6月 3日 (水)

【番外編】 乃木坂 アルス南青山

かなり満足感高い煮干しの一杯、ポテサラ食べ放題。

Img_6696


Img_6697


Img_6698

ラーメン屋とは思えない洒落て広々した店内。夜はおでんで飲むこともできる。

Img_6699


| | コメント (2)

2015年6月 2日 (火)

行徳 やしま あさりそば

やしま

行徳

あさりそば

もとは「まっちゃん」だったところを居抜きで2015年に開店。

Img_6389

千葉県に入ってまもない行徳にうまいそば屋ありとの噂。なぜ行徳なのかはわからねど店の佇まいを眺めればたしかに飲食店を営みたくなるのも理解できる。やしまは路麺好きなら知らぬものない西葛西の繁盛店が出した支店。西葛西では近隣からうまさ安さをもとめた老若男女こぞってガード下は大賑わい。それが行徳にできた。

Img_6390

あさりそばの券売機に即決。あさりと海苔が合わさった磯香り高い洒落た一品に仕立ててある。海沿いの街ならではの素朴かつうれしい発想。香る鰹節だしといい塩梅の醤油がきいた上品なつゆ。生そば茹でたてと相性もよくそばの土台として間違いのないうまさ。ここにあっさりとした滋味の浅蜊ともみ海苔加わった粋な一杯である。千葉ならではのそばに出会えた幸運に感謝。

Img_6391

Img_6393

Img_6394

Img_6392

かなり大勢店員さんいらした。行徳はさほど立地的に恵まれているとは思えないが頑張ってほしい。

Img_6388

480円

評価は3点 ☆☆☆

無休、07:00-19:00

| | コメント (3)

2015年6月 1日 (月)

九段下 むさしの しょうが天そば

むさしの

九段下

しょうが天そば

どうしてもむさしののしょうが天を食べたくて居ても立ってもいられなくなる日が一年に何度かある。あの酸味のきいた紅ショウガとそれをつつむふわりとしたコロモ。朝から食べたくてしかたがない、一目散に九段下をめざす。

Img_6670

わたしは多少暑い日でも温そばが好きだ。しかしこの一杯には中毒性を感じるな。

Img_6671

きっとこのかたたちも朝からむさしののそばを食べたくてしかたなかったんだと思う。独自システムが作り出す整然とした行列。殺伐感のない平穏な空間はご主人の努力の賜物だ。

Img_6669

いつもありがとう、むさしの。

Img_6672

380円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »