« 有楽町 後楽 やきそば+わかめ | トップページ | 聖蹟桜ケ丘 蕎BACARO »

2015年6月30日 (火)

末広町 きぬそば かつそば

きぬそば

末広町

かつそば

記事としてはなるべく多種のタネを試してみたいところなのだが、ここではどうしてもカツそばを食べたくなる、逃れられないチカラがある。

立ち食いそば屋にはサイドメニューというか二枚看板というべきか、カレーのうまい店はいくつかあるのだが、カツカレーを特定した店はここくらいだ。なんといっても看板には「そば・うどんカツカレー」とあるのだからカツへの並々ならぬ自信がうかがえようというもの。本橋さんによるとご主人は洋食の老舗キッチン南海の流れをくむかたとのことで納得。

Img_7017

本題のカツはバッター液のコロモが厚めで肉と油の旨みを吸い込んだもの。肉厚はさほどない。いわゆる「肉屋のカツ」を想像していただきたい。じんわりさっぱりした味と食感、箸で食べられるカツだ。丼を持って片手て箸を使いながらもかじりつきながら食べられるスタイルには立ち食いそばに最適化するための独特の進化が感じられる。

Img_7018

ところできぬそばさんのもうひとつ面白いところはかならずオマケを付けてくれるところ。細切りのキツネとか、そばなのにうどん一本とか、ちくわのスライス一片とか。。最初の頃は「これは何かの間違いなんじゃないだろうか」と疑ったものだがご主人の心意気と知ってからは俄然楽しくなった。この日は豪華にキツネ細切を4本もオマケしていただいた。カツのしたにそっと忍ばせてあったのである。

Img_7019

いまひとつぱっとわかりにくがこれもまたいい。

Img_7022

カツカレーを堂々と謳うのがきぬそばである。

Img_7021

そう、ここは「そば・うどん・カツカレー」の店なのだ。ひとつ多いのだ。

Img_7023

むらめんのそば。ご夫婦で切り盛り。江戸っ子べらんめえご主人の口調も楽しい粋なお店。

Img_7020

450円

評価は3点 ☆☆☆

|

« 有楽町 後楽 やきそば+わかめ | トップページ | 聖蹟桜ケ丘 蕎BACARO »

【路麺】名作、これを食わずに帰れない」カテゴリの記事

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。