« 聖蹟桜ケ丘 蕎BACARO | トップページ | 自宅で路麺感覚 #10 »

2015年7月 2日 (木)

是政 そば敏 冷やしたぬきそば

そば敏 

是政・大東京綜合卸売センター内

冷やしたぬきそば

市場麺にはずれなし、とは私の経験だ。大東京綜合卸売センターとはまたすごい名前の市場は府中競馬場にほど近いサントリービール工場の脇にある。

このお店はケビン基準からいうと路麺ではないのであるが、市場にあるという希少性を尊重して掲載してみた。

Img_6997

看板に「手打ちそば そば敏」とあるとおり、この店の最大の売りは「手打ち」であること。手打ちとはいってもいわゆる伸しの工程があるのかは定かではないが機械打ちではないのだろう自信が看板や張り紙から読み取れる。

ごく薄い生地をやや太めに切った姿はラーメンでいう平打ち麺の風合い。ほどよいコシがあって面白い弾力、冷やしでいただいたがそばの持ち味がよく出ていた。冷やしと温そばが同じ値段というのはうれしい。しかも冷やしたぬきの上に細切り野菜と金糸卵どさりと乗る豪華さ。ワカメもいいアクセント。小鉢でキャベツの千切りがまたいい。コストパフォーマンス実によい一杯。

Img_6998

写真が手ぶれしてるように見えるが、文字が二重に書かれているのだった。

Img_7001

近隣住人がふらりと立ち寄ったりする。ご主人おひとりできりもりしていた。

Img_6999

通路を少し奥まったところ。お向かいは文房具屋。

Img_7002

正門から左手、1通路を入ったところにある。

Img_7003

遠くから良く見える巨大看板。

Img_7005

市場麺にはずれなし、法則性は生きている。

Img_7004

550円

(日水)休、市場休日、07:00-14:00

評価は2点 ☆☆

|

« 聖蹟桜ケ丘 蕎BACARO | トップページ | 自宅で路麺感覚 #10 »

【路麺】冷やしそば特集」カテゴリの記事

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。