« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の記事

2015年8月31日 (月)

相模大塚 あさひ えび天そば、とろろつけそば、とろろオクラそば

あさひ

相模大塚、大和市上草柳

夏の早朝、まだ暗いうちに起き出してバイクで遠路駆けつけ一杯すするのがわたしの流儀。小旅行感あるのだ。

この店はうまいものへの探求に余念がない。訪れれば必ず新発見がある。今回は新メニュー、とろろオクラそば、とろろつけそば、そして海老天そば。つゆにダシの香り、冷やしでもツルツルとした茹でめん、天ぷら揚げ具合いちだんとよくなった。

Img_7386

立ち食いそばらしからぬ海老天そば。コロモだけ大きくて食べるとスッポリ脱げるようなものに遭遇するとがっかりするものだが、ここのは違う。立派な海老をサクッとあげて別皿で供する。海老の風味よく尻尾まできっちり身が詰まっている。

Img_7387

Img_7388

とろろつけそば、キリッとした辛つゆととろろでするっといくらでも食べられる。ナスと舞茸の天ぷらじわりと味わいあり、地味だがうまい。

Img_7384


Img_7385

とろろオクラそば。つゆのきりり感とそばのツルツル感は立派。

Img_7383

定番人気メニューのしらす丼も健在、愛媛宇和海の「しらすの鬼」が小船で何度も海を往復しては鮮度のよいしらすを少量ずつ獲るからうまいのだと社長さんからうかがった。専用タレでパワーアップ。

Img_7382


Img_7389

重機もオッケーな広々駐車場、ロードサイドの強い味方。夏休みドライブがてらそばたぐるもまたよし。

Img_7390

評価は3点 ☆☆☆

|

2015年8月30日 (日)

ZRX1200 消耗品あれこれ、タイヤ・ヘッドライト・手袋

消耗するものは交換するしかない。

ヘッドライトバルブ。

Img_7527

タイヤ、スリップサイン出た!

Img_7544

ミシュラン、パイロットロード4にしてみた。これで4本目かなパイロットロードシリーズ。

Img_7559

手袋も

Img_7498

ちょっとバイクっぽいやつにしてみた

Img_7499


|

2015年8月29日 (土)

【備忘録】 Visual Studio 2015 デバッガー動作しない

別のPCで開発中のプロジェクトをフォルダごとコピーして別のPCで動作させると以下のようなエラーが表示されてデバッガが動作しない。Visual Studio Community 2015 で発現。

 "a debugger is attached to but not configured to debug this unhandled exception. to debug this exception detach the current debugger"

解決方法
プロジェクト内のデプロイフォルダの中を全部消してからリビルドするといい。
例: App1¥App1¥bin¥x64¥Debug¥.... <- ここにあるAppxフォルダなどとファイルを全部消す。

リビルドすれば改めてAppxなどが作成されるので一気に消して問題ない。

以上

|

秋の陽はつるべ落とし

今日もよく走ってくれた。ますますかわいいCBR娘ちゃん。

Img_20150825_190901


|

2015年8月28日 (金)

堀切菖蒲園 会津

会津

堀切菖蒲園

住所は堀切だが、京成線の堀切駅ではなく、堀切菖蒲園駅もしくはJR綾瀬駅の中間あたりにある。川の手通り沿い。

■蕎麦、茹でめん、灰茶色ぽくてやや中太、ちょい長め。どちらかというと小麦粉多めのモグモグ系、悪くない。
■つゆ、ダシよし、カエシやや濃いめの少し甘め。ガツンとくる味。そばと相性よし。こういうの好き。
■かき揚げ、揚げ置き。玉ねぎと長ネギ多め、ニンジン。やや厚めのコロモは強力粉だろうかモグっとした噛みごたえあり、腹持ちよし。味もいい。

堂々とした貫禄の一杯。食べ飽きのこない味。

Img_7464

全体的に食べ応えある。

Img_7465

厳選されたメニュー。こういう店にはずれはない。

Img_7468

天ぷら各種、均一価格。よく見えるうまそうなベストポジションにある天ぷらケース。しっかりと長年営業している店ならでは。こういうところが客の心をわかっている。

Img_7469

女性ふたりで切り盛り。接客に笑顔あり、好感もてる。

Img_7470

390円

(日祝)休、24時間営業、休前日は22:00まで

評価は2点 ☆☆

|

2015年8月27日 (木)

【番外編】 神保町 ボーイズカレー

神保町駅の九段下寄り専修大学側出口を出て近くのところにある。わりと目立つ立地だけど、これまで入ったことなかった。

おすすめとある「カレー付きハンバーグ定食」。

Img_7056

もっと脂こってりしたのを想像してたが、さっぱりと食べやすい。これいいわ。なんで今まで入らなかったのか?

Img_7057

さらっとしたカレー。ちょっと独特の味わいでわたしはこういうの好きです。

Img_7058

Img_7059

Img_7061

広々と見通し良い店内。鉄のオブジェみたいなのが飾ってある。

Img_7062


うまかったです。ボーイズラブ♡、と書くとなんか別のことみたいだ。

Img_7063

| | コメント (0)

2015年8月26日 (水)

新橋 いっきゅう

いっきゅう

新橋

新橋駅前ビル1号館1F、ビルの内と外から入れる。

■そば、生めん茹でたて、押し出し式。灰色っぽくて太め。噛みごたえありもっちり。
■つゆ、だしよしカエシ甘めでしっかり。そば、てんぷらと相性よし。
■かき揚げ、揚げたて。巨大サイズ。玉ねぎ主体にイカ、タコ、小エビと豪華でうまい。

無料で卵(生もしくは温泉)、大根おろし、わかめ、揚げ玉、ゴマなどあり、ひとつかみずつ載せられる。580円とやや高いがこれならば納得もできる。

Img_7154

温は太めん、冷やしは細めん。面白いアイデア。押し出し式蕎麦の場合、温だとどうしてもぶちぶちときれてしまうがこれならそういうこともない。太めのそばうまかった。

Img_7156

石臼挽きたて蕎麦粉使用。このときは止まっていたが時間によって製粉しているときもある。

Img_7160

やや高めの価格だが、券売機あり、立ち席ありなので路麺とする。

Img_7158

5タテとは立派だ。

Img_7159

ビル内側の入り口。

Img_7157

新橋駅地上おもて側からの入り口。

男女5人ほどできりもりしていた。

Img_7161

580円

(日祝)休、

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2015年8月25日 (火)

日暮里 一由そば 減塩そば

Img_7536


Img_7535


Office_lens_20150821182633jpg_1


|

2015年8月24日 (月)

武蔵砂川 道蕎麦

道蕎麦

武蔵砂川

立川の昭和記念公園北端を東西に走る広い通り沿いにある。

■蕎麦、生めん茹でたて、注文受けてから茹でる。薄茶色ぽく細め。コシの中に澱粉質のモチモチ感あってなかなかいい。
■つゆ、ダシよし、カエシやや甘め、そばと相性よくうまい。
■かき揚げ、揚げたて。別皿盛り。コロも薄くさくっと揚がってうまい。

かなりの完成度ある一杯。

Img_7126

食べ応えあるかき揚げ。

Img_7127

つるつるモチモチとした食感。

Img_7128

カレー、ラーメンなどもあり。

Img_7125

暖簾の奥は厨房。実際には厨房というよりも食品メーカーの工場そのもの。

Img_7129

この建物じたいが食品工場なので、店舗の入り口は横から入ったところにある。だれも最初は驚くにちがいない。

Img_7131

店長さんがおっしゃるには、食品工場(サンフーズ)の社員食堂だった場所を店舗として活用しているとのこと。かつて立川駅北口の曙町交差点角にあった同名のお店を開いていたが、こちらに移転してきたとのこと。どうりで納得の手がたいうまさ。

同じくお台場のモール内にもあったが、あちらも閉店らしい。

Img_7135

こちらから入っていく。

Img_7132

立川は飛行場があったくらいで、だだっ広い土地だ。空の青さと広々とした爽快感。

Img_7134

450円

無休らしい、06:30-17:30

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2015年8月21日 (金)

【番外編】  江戸川橋 キッチンタロー

やっぱタローいいわあ。

大きなフライヤーじゃなくて家庭用サイズのフライパンでこんなにサックリと揚げられるのはもちろんお父さんの腕前だから。

アジフライとメンチカツ定食、680円。

タルタルソースと厚切りのレモン。たくあんも厚切り。こういったところにも丁寧さを感じる。

Img_7108

お元気で頑張ってください。

Img_7109


| | コメント (0)

2015年8月20日 (木)

両国(横網) うえき

うえき

両国(横網)

濃いつゆ、いい感じのそば、天ぷらの揚げ具合ちょうどよい。いいバランスだ。

Img_6892

焼きそば絶品。なんともいえない独特の味わい。ソースだけではこの味は絶対に出せない。ご店主のおばあちゃんが大火力で炒める様は迫力あり。

Img_6893

カレーも食べてみたい。納豆も。

Img_6891

いい感じの空間。

Img_6889

ちょっと駅から離れている、あんまり騒ぎ立てすにそっと見守りたい、そんなお店だ。

Img_6894

370円+350円(焼きそば)

休不明、07:00〜

| | コメント (0)

2015年8月19日 (水)

外苑前 信越そば ハム天ナス天そば

このところちょっと仕事が忙しくて、ホームグランドともいえる信越そばにご無沙汰だった。店長さんと目が合うと、「こんちは! どう?仕事忙しい?」とお言葉あり。そうなのだほんと久しぶりだ。

ということで調子を整えるためにここはひとつ定番でいきたい。ハム天とナス天の2品。黒いプラ券でいただく。

Img_7098

信越そばのつゆは、東京のガツンとは程遠い。やや薄めの優しい味わいだ。これがいいのだなあ。蕎麦は茹で麺のように見えるが生そば。昼時なら茹でたてにあたる確率高し。蕎麦粉の香る信州そばだ。

Img_7099

忙しくとも信越に来て、そば感を整えるのがたいせつである。

| | コメント (0)

2015年8月18日 (火)

中延 大和屋 冷やしピーマンナス天そば

大和屋

中延

冷やしピーマンナス天そば

Img_7325

ここのてんぷらとそばは冷やしのほうがより引き立つ。

Img_7326

大切なのはワサビを天ぷらに塗って食べること。

Img_7328

Img_7329

評価は3点 ☆☆☆

|

2015年8月17日 (月)

渋谷 本家しぶそば

本家しぶそば

渋谷

渋谷店だけは「本家」の称号を名乗る旗艦店。他のしぶそば店との違いはなんだろうかといぶかるが食べてみればすぐに納得。盛りがいい、ボリュームあるのだ、それに比例するように丼は大きくずっしりとしたもの。

Img_7077

入り口で注文し支払いを受けた店員さんは「ひやかき〜」とマイクで奥の厨房に注文を伝えるところもまた本家のみの独特な作法。神田あたりの老舗にも似た余韻ある呼び声だ。 またこの店は最近のチェーン店には珍しい「会話のある」店である。ひやかきを告げる店員さんに本日わたしの誕生日だと告白する老紳士あり。それを面倒がらずにおめでとうございますと明るく返し会話する女店員。なんだこれは驚きのコミュニケーション空間。昨今コンビニの無機的接客に慣らされた目にはとても新鮮である。これはもしかしたら今後の高齢社会に対してのしぶそばならではの回答なのかどうなのか?いずれにせよ刺激されること仕切りである。

Img_7078

さてコロッケ、とくにどことない芋ばかりのコロッケであるが、それもまたよくできたバランス調整。そつない上品なそばとほっこり感あるコロッケはよく会う、いや、実際そこまで言えるかというとそうでもない。「そこそこ」であるといったほうがいいかもしれない。しかしこのそこそこ感を安定して提供してくれるお店もまた大切なのである。

Img_7079

| | コメント (0)

2015年8月15日 (土)

外苑前 信越そば 冷やし細うどんトマトがけ、バラ肉天

信越そば

外苑前

年中無休、24時間営業。盆暮れ正月も休みなしのありがたいお店。

正月や盆休みのとき、やっぱり無性に路麺食べたくなる。そういうときはここにくる。

Img_7500

すっかり夏の定番となった冷やし細うどん。トマトとバラ天で黒プラ札(450円)。細うどんは都度茹でだからちょっと時間かかるがそこは余裕の笑顔で待つべし。お店のおじさんとデュエットで「いつまでも待つわ〜♪」なんて歌いながら。

Img_7501

そしてうれいいのがタバスコの復活。塩胡椒やハバネロペッパーもあるが、やはりこれでなくては。信越そばさんありがとうございます。

Img_7502

評価は3点 ☆☆☆

|

2015年8月14日 (金)

旗の台 だし家 とろろ(芋)そば

だし家

旗の台

とろろ(芋)そば

そんじょそこらのとろろじゃない、とろろ芋なのだ。粘り気あり。

Img_7361

つゆのうまさはだし家ならでは。温もうまいが冷やし用はちょっと甘めでこれがまたうまい。

Img_7362

小野製麺のそば使用

Img_7363

踏み切りすぐ近く。このあたりは美人遭遇率高し。

Img_7364

450円

評価は3点 ☆☆☆

|

2015年8月13日 (木)

大井町 しぶそば

しぶそば

大井町

2015年開業のお店。かつて江戸そばのあったところ。東急大井町線のガード下。駅からだらっと続く下り坂の途中にある。高架の微妙な高さを補うためにやや地面にめりこんだ構造。

しぶそばらしい安定したうまさ。ちょっと赤紫がかったそばの色はしぶそばならではだ。

Img_7090

季節のかき揚げ、今月はインゲン入り。うまい具合にサクッと揚がる。他のしぶそば店と比べても十分なうまさ。開店早々この味を安定して出せるのもたいしたものだと思う。

Img_7092

一輪挿し健在。路傍の草花に派手さはないが愛しく感ずる。

Img_7089

Img_7093

驚きのデジタルサイネージ。屋外でこの輝度ならいいかも。

Img_7096

Img_7095

大井町駅を出て右側、東急の高架沿いに坂道をくだる。

Img_7097

400円

評価は3点 ☆☆☆

無休、07:00-22:00、(土日祝)11:00-20:00

| | コメント (0)

2015年8月12日 (水)

小川 戸隠

戸隠

小川

西武国分寺線拝島線・小川駅前。

小川駅周辺は再開発とは無縁で、細い道路といくつもの踏切に挟まれた、お世辞にも便利とは言えない土地だが、そこの駅前にも路麺あり。ご主人によればかれこれこの地で30年以上営業しているとのこと。かつてはこの付近はブリジストンの大工場や大学キャンパスなどあって賑わったものだが、工場の縮小、大学の統合閉鎖などが重なって客の流れは激減してしまったと嘆く。この付近の飲食店は80件以上廃業したとのこと。しかし駅前路麺は立地の良さもあってか健在なのはうれしいかぎりだ。

■蕎麦、茹でめん、薄灰色っぽくてやや細め。いわゆるスタンダードな茹で麺。
■つゆ、甘さ抑えめで醤油のきいたしょっぱめの味わい。なつかしい駅そば風の味わい。
■かき揚げ、揚げ置き。コロモぽってりだがそばの合いの手に丁度良い。

30年変わらぬ味わいを守る一杯。これもまた路麺らしさあふれていい。

Img_7043

カレーとソース焼きそばも自慢のようだ。

Img_7044

日曜日は定休なのでなかなかここまでこれない、7年越しの念願の訪問であった。店内にはアパート賃貸物件の張り紙あり、「田舎だからね。やっすいんだ、3万円なんだよ〜、信じられないでしょ」となかば自虐的に語るご主人。勢いよく問わず語りにしゃべってくれるので時間のたつのも忘れてしまう。

Img_7045

ご主人おひとりできりもり。

Img_7046

350円

評価は2点 ☆☆

(日祝)休

| | コメント (0)

2015年8月11日 (火)

小川 さんさろ

さんさろ

小川

青梅街道をずーっと下って行くと小平のあたりで道が二手に分かれる。右は青梅への続く本街道。左は立川へと南下する立川街道。ちょうど分岐点すなわち三叉路に位置するのがこのお店。おそらくお店を経営するオーナーさん所有の敷地だろう、広々とした駐車場あり。道路から入りやすい場所だ。青梅街道を通行するドライバーもついふと小腹のへりに気がつきふらっと入りたくなる。そんな雰囲気がある。

■蕎麦、生めん茹でたて、注文受けてから茹でる。灰色っぽくやや細め断面四角い、コシあり、茸様香あってうまい。
■つゆ、昆布主体で控えめだがいいだし、甘さ抑えめのカエシとあいまって東京の都心部とはまたちちがう田舎風の味、蕎麦と相性よくうまい。
■かき揚げ、注文受けてから揚げる、ざっくりと大きめの玉ねぎを主体に人参春菊、コロモ薄めによく揚がって油のコク感ありうまい。
かまぼこ、わかめ。

とても満足度高い一杯。

Img_7037

ボリュームもある。

Img_7038

やや古くはあるが、よく手入れされかつ清潔感あふれる店内。ご主人の誠実な人柄がわかろうというもの。こういうお店にはずれはない。

Img_7035

ちょっとにわかに信じられないことだが、青梅街道には立ち食いそば屋がほとんどない。新中野と新高円寺に1軒ずつあるが、その先は驚くことに終点青梅まで50km以上、街道に面した路麺店はさんさろくらいなものなのだ。バイクで走ってれば近くにあるだろうなんて考えて杉並のあたりを流していると延々小平まで来てしまうことになる。それだけにこの店を発見したときのよろこびたるや言葉にできないくらいうれしい、まさに青梅街道のオアシスと呼んでいいだろう。

Img_7036

とても気になる。パイオニアのシステムコンポ。中学生のころ大流行したなこれ。アナログレコード復権もあり、ぜひ聴いてみたい。

Img_7034

Img_7042

10台はゆうに停められそうな駐車場。大型もOK。

Img_7040

こういった大木がさりげなく連続しているのが旧街道筋のいいところ。清々しい気持になる。

Img_7041

470円

(日祝)休、9:00-17:00

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2015年8月10日 (月)

神保町 うちそば

うちそば

神保町

かきあげ天ざる

神保町に移転してからだいぶ経ち、すっかり根付いた感あり。学生客などで繁盛している。

茹でたて蕎麦。つゆは蕎麦用のからつゆの他に、天ぷら用の温かいつけつゆあり、やや鉢が広がって食べやすい。うれしい配慮。

Img_6936

揚げたての天ぷら。こんがり感ありながらさっくりして固すぎずいい揚げ具合。見た目よりボリュームあり。

Img_6937

天ざるというだけあって、海苔の量ものすごい。ちょっと戸惑うくらいどっさりと乗っていて豪華。

Img_6938

心意気感ずる文章。

Img_6935

Img_6940

これも気になる新メニュー。

Img_6941

男性二人+女性ひとりできりもりしていた。

Img_6939

500円

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2015年8月 8日 (土)

蕎麦道なび Windows10版、開発開始

Windows 10 版の開発始めました。なんとか年内には出したいなあ。

いわゆる UWP(Universal Windows App)というやつで、Win10からはPCとスマホで同じアプリが動くのだ。すごいですね、このコンセプトにはプログラマとしてものすごく魅力を感じてます。

Windows Mobile日本で売れてないからアプリ開発やる気でなかったのだけど、 PCでも動くとなれば話は別。数百台のオタクマーケットからいっきょに数千万台のPCマーケットに道が開けたわけですからね。

AndroidかiOSからコンバートする方法もあるみたいだけど、作り直したほうがてっとり早そうな気がしてきた。

|

2015年8月 7日 (金)

麹町 ゆで太郎 三天そば

ゆで太郎

麹町三丁目店

麹町の交差点から市ヶ谷方向に坂を下る途中にある。

なす、鶏、海老の三種てんぷらだから「三天」、宮本武蔵なら「二天」だ、関係ないけど。

Img_6928

予想に反してかなりうまかった、てんぷらのカリサクな衣なかなか。ゆでたてそばとしっかりしたぶっかけつゆ。わさびの辛さがうれしい。

Img_6929

やや狭いが便利なところにあって重宝な店舗。爪楊枝おいてくれるとうれしいです。

Img_6930

500円

(日)休、07:00-21:00、(土祝)07:00-16:00

評価は2点 ☆☆

| | コメント (0)

2015年8月 6日 (木)

早稲田 はせ川 とろろそば

はせ川

早稲田

とろろそば

Img_7011

このお店の持ち味は「こんもり」にある、かき揚げにしろたぬきにしろ、こんもりとうず高く盛り付ける、つゆの水面からはるかに高く島のようにせりあがる姿は美しい。もちろんとろろもその例にもれず。そもそもとろろは軟弱なものでほっとけばだらりとしてしまうが、このとろろは十分にしっかりと自立して崩れない。箸でつまんで食べられるほどだ。とろろが濃いからこそできる。とろろ好きならはずせないメニューだ。

Img_7012

早大通りの緑もこんもりとした季節。

Img_7013

430円

(1・3土、日祝)、07:20-13:50、15:00-18:30、(土)-13:30

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2015年8月 5日 (水)

上野 つるや 小海老天そば

つるや

上野

小海老天そば

上野駅の南側、昭和通りを渡ったガード下。目の前にあるからつい見過ごしてしまうくらい絶好な立地にあるお店。

観光客向けだろうから味もそれなりでは?とタカをくくってはいけない、ここはとてもうまいのだ。生麺茹でたて、天ぷらは揚げ置きだがいい味。つゆはバランス良くそばや天ぷらと良く合う。隠れた実力派といえる。

Img_6902

小エビのプリプリした天ぷら。小海老好きなかたならきっと満足するであろう。

Img_6903

上野で飲んだ後はここで締めるにもうってつけ。さらにもう一杯飲むこともできるし。

Img_6904

外国人向けに、自動券売機のボタン番号と商品の説明あり。こういうところはさすが国際観光地だ。

Img_6906

つるやのシンボルであった上下に伸び縮みするディスプレイ、残念なことに撤去されていた。あれがあったおかげでいかがわしい雰囲気ぷんぷんとしてそれがよかったのだが、お店もようやくそこに気づいてしまったのか。すっかり入りやすい雰囲気に変身していた。

Img_6905

Img_6907

480円(だったと思う)

評価は3点 ☆☆☆

| | コメント (0)

2015年8月 4日 (火)

もう少しかかりそうです

蕎麦道なび 0.9 for iOS、App Storeでの審査に時間がかかっております。公開までまだしばらくかかりそうです。

従来なら1週間以内には受理されたのですが、今回は全てを新しく作成しなおしたため新規のアプリ同様の入念な審査となっているようです。またAppleの審査部門が混雑しているようにも見受けられます。

|

自宅で路麺感覚 かつそば、とろろ昆布そば、たぬきそば

かつそば、スーパーで買ってきた惣菜。ロースよりヒレのほうが淡白でそばに合いそうに思う。

Img_6926

とろろ昆布そば、がごめ昆布50%配合だそうで、とてもネバネバしてうまい。茗荷との相性も抜群だった、これうまいわ。売れるかな。

Img_6927

たぬきそば、お多福ソースのお好み焼き用。イカの粉が入っていい味。

Img_6934


| | コメント (0)

2015年8月 3日 (月)

上野 喜乃字屋 フォアグラエスプーマそば

喜乃字屋

上野

フォアグラエスプーマそば

かつて聚楽のあったあたりが再開発されて小綺麗になった。上野駅から目の前の絶好な立地。外から良く見えるガラス張りのおしゃれなお店。きっと観光客にも人気なのではないだろうか。

立ち食いそばの3要件(立ち席 or 券売機 or 500円未満)を満たしてはいないのだが、受け取りと食器返却がセルフ方式なので、いちおう立ち食いそばとした。

980円と限界ギリギリの値段ではある。

フォアグラを使ったというつけつゆ、エスプーマとは「泡立て」のことだそうで、たしかに細かく泡立てられクリーム状にとろんとしており、表面にはプクプクと大きな気泡が浮かんでいる。

Img_6896

茹でたてのそばは十分なうまさ。濃厚クリーミーなつゆも悪くない。これはこれでひとつの味覚ではある。

Img_6897

粉山椒をふりかけて食べると、それまでのクリーミーなまったりさにピリッとした刺激が加わり食が進む。

Img_6898

ただし、これをまた食べたいかというと微妙なところ。一度で十分かなと感じた。

Img_6899

外が良く見える窓際席。

Img_6895

Img_6900

駅前の好立地。

Img_6901

980円

評価は2点 ☆☆

無休、10:00-23:30、情報提供:みたてさん

| | コメント (0)

2015年8月 1日 (土)

Epiphone & Marsharll

ブルースの道は友があると愉しい♪

Img_7323

アートディレクション by 玉泉堂さん

|

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »