« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の記事

2015年11月28日 (土)

ZRX1200R ユーザ車検

ZRX1200の車検、これで3度目(7年)

すっかり慣れたもので1時間かからず検査終了できた。

今年(2015年)から、納税証明の別棟での検印は不要となり領収書を
申請窓口に同時に出すだけでよくなった。

ほんとに無駄な手続きだったよなあ、これもお役所仕事。なくなってよかった。

Img_7895

速度計検査のTIPS

前輪に速度計がある車両(例:ZRX)はそのまま進んでよし、後輪(例:CBR)の場合はコーススタート地点の右側にあるコンソールで後輪を選ぶ。2灯式ヘッドライトも同じくコンソールがあります(もっと奥に)。

20151113_tomoblog176_002

上の写真は私のではなくネットからの拾いものですが、ここが二輪検査レーンの入り口です。灯火類と車幅に変更ないかなどの検査はここで担当官さんの指示に従って受ける。初心者の場合はここでその旨を告げるとレーン内検査に担当官が付き添ってくれます。3回目くらいになると付き添ってくれないので手順をしっかり覚えとくこと。

検査レーンに入るとあとは機械式で、前方の電光掲示板の指示に従って検査を受ける。(写真無断借用すみません)

Img_7896

次回のために備忘録

神奈川運輸支局での車検手続き

■持参するもの
自動車税領収書

——
(3)番建物 (自動車会館)
●継続検査申請書 20円
●検査手数料印紙 1700円
●従量税印紙 3800円
●自賠責保険 13,640円

(4)番建物 (自動車税事務所)
●自動車税の納税確認 <- 2015年から廃止

ここまでを受付前に済ませておくとよい

(2)番建物
●申請書記入(代理人の場合は本人の認め印必要)
●7番窓口にて予約確認及び受付
  検査コースの指示を受ける(自動二輪は1レーンのみ)

検査コース
●ライト、方向指示器、車台番号確認
●ブレーキ、速度計
●光軸
●排ガス試験
●ライン終端にある「総合判定室」で合格印をもらう

(2)番建物
●6番窓口で書類提出(4種類)
●新しい車検証と検査標章を受け取る

以上
所要時間概ね30分


|

2015年11月27日 (金)

上十条 姥ヶ橋 【閉店】

姥ヶ橋

上十条

閉店

Img_8170

2015年11月確認

|

2015年11月26日 (木)

矢向 若葉

若葉

矢向(戸手)

しばらく休業していた。女将さんの体調が悪かったようだ。

すっかり回復したようでお店も再開。うまさも変わらず


Img_7906


Img_7907

2015/10月確認

Img_7908


|

2015年11月24日 (火)

自由が丘 食べそば

食べそば

自由が丘

そば新のある路地をまっすぐ進んで突き当り左折してすぐ。バーミヤンのあるビル。

■蕎麦、生めん茹でたて、注文受けてから茹でる。かなり黒っぽい、やや中太く断面四角い、噛み応えあり。
■つゆ、だしほどほど、やや甘くマイルドで中庸な味わい。平板ではあるが悪くない。
■天ぷら、玉ねぎ、人参、ゴボウ。コロモ薄めにヘナと挙がっていい味。
九条ネギ使い放題。

天ぷらは「がお天」と名付けられたもの、自由ヶ丘の「がお」から命名とのこと。

Img_7984

九条ねぎを使い放題がこのお店の売り。あまりネギらしい辛さを感じないあっさりとしたものであった。もちろんたくさんいただきました、ありがとう。

Img_7985

そばはコシというよりは粘り気と噛み応えあるもの。山形蕎麦の食感に似ているといえば想像いただけると思う。

Img_7986

特製の七味はさほど辛味強くないさっぱりした風味。

Img_7987

九条ネギで訴求。かなり頑張っている。

Img_7981

かきあげ(がお天)の素材は季節によって変わるようだ。

Img_7982

日英中韓と併記はコスモポリタンな自由ヶ丘らしさ。

Img_7983

かき揚げそば600円はちと高いが、券売機ありなのでケビン基準では立派な立ち食いそばだ。

Img_7988

立派な入り口。

Img_7989

ちょっと奥まった位置にあるので見落とさぬよう。

Img_7990

600円

無休、11:00-15:00、17:00-21:00(夜は飲める)

評価は2点 ☆☆

|

2015年11月21日 (土)

CBR1000RR ちょっと整備 16,000km

ZRXメインなのですが、こいつもますます楽しいこの頃です。

CBR1000RRちょこっと整備しました。16000km走行。

Img_8006a

■冷却水交換
■ブレーキパッド(F,R)交換
■バッテリ充電
■スロットルワイヤ注油
■キルスイッチ修理

以上を自分でやればいいのだけど、ZRXほど勝手知った車体でもないので今回は近所の親切なバイク屋さんに依頼。いつも丁寧ないい仕事してくれる。

冷却水はおそらく新車から一度も交換してなさそうなので迷わず交換。

ブレーキパッドもおそらく新車から一度も交換してない、点検したところ残厚1mm未満でこれも迷わず交換。

バッテリは前オーナーさんがトリクル充電でメンテナンスしてくれていたのがよかったのか、やや弱ってるもののまだ使えそうだとメカさんの判断。今回は交換見送る。

キルスイッチは経年劣化で内部が錆びて接触不良だった。ONの位置にしていてもキルされてしまうことがある。分解清掃導電グリス塗布

ブラグとエアクリーナーも交換時期かとメカさんに尋ねたところ、2万キロ以上は無交換でいけるとのこと。CBRは車体軽くエンジンにパワーあるのでそれほど回さなくてもいいからプラグやクリーナに負担が少ないともいえるらしい。イリジウムプラグだし。

|

2015年11月19日 (木)

東名高速 下り 中井PA(中井食堂)

中井食堂

東名高速 下り 中井PA

見覚えのないお店なんだけど、どうも初めて来たような気がしない、どことなくデジャビュ感あり。蕎麦道なびを検索したらやはり一度来ていた。改装したからわからなかったのだ。

Img_7941

Img_7943

Img_7942

改装前は素人っぽく派手でごちゃごちゃした安上がりな内装で、それはそれでまた日常から離れた旅情を感じさせて悪くない、どちらかといえば最近のオシャレすぎるPASAよりも馴染めるB級感があった。

昨日訪問してみるとすっかり落ち着いた雰囲気に変わっていた。ややリッチ&シック感あり。これもまあ時代の流れか。

Img_7940

ところでデジャビュ感をもたらしたのはこれ(改装前のもの)。ごちゃっとまとめて置かれた各種ドレッシングや香辛料が使い放題のコーナー。内装は変われどここだけは変わらず残っていた。再開発された都心に残る測量基準点のような存在感あり。外見違えど中身はは同じ人間であることが滲み出るディテール。懐かしくアハ体験(ちと古い?)のある旅情だった。

20130608_084025

こちらも改装前

20130608_083744

評価は2点 ☆☆


改装前の記事です

■蕎麦、おそらく冷凍麺。灰色っぽい。解凍具合よろしく、まずます。
■つゆ、甘めののっぺりした味。まずまず。
■かき揚げ、コロモ厚めのぼってりした加減。悪くないです。

これといって特長はないですが、それほど混雑していないので待たずにすぐ食べられるところがうれしい。

20130608_083105

20130608_083128

調味料に食品アレルゲン表示あり。

20130608_084053

マヨ使い放題!!

20130608_084025

昔ながらの高速食堂のたたずまいとシステムで、こういうの好きです。看板だけ妙に明るいのは違和感あり。ぜひとも再考を求めたいところ。

20130608_083744

480円

評価は2点 ☆☆

|

2015年11月17日 (火)

東陽町(南砂) 岡田屋

岡田屋

東陽町(南砂)

しいていえば東陽町が最寄り。清洲橋通りの大きくS字にカーブしたところにある。そもそもは大正9年創業の製麺所だが、2015年から飲食店も併設するようになった。お店の位置づけは「ラーメン店」とのことだがそばも扱う。かき揚げそば(500円)とエビ天そば(600円)の2品あり。

■蕎麦、生めん茹でたて、注文受けてから茹でる。やや青みがかった薄茶色で少し幅広めんの平打ち。茸用香すばらしくかおる。量多め。
■つゆ、だしまずまず。やや甘めのさほど濃くないカエシ、素直な味で良い印象。
■かき揚げ。揚げたて。注文受けてから揚げる、玉ねぎ、ニンジン、長ネギ。コロモ薄くサクッとよく揚がり玉ねぎの甘みあり。やや小ぶり。

Img_8049

製麺所直営だけあって蕎麦は申し分ない。ちょうど新そばの時期だったこともあり薄緑色がかった香り高いそばをいただけた。たっぷりの量でうれしい。

Img_8051

特製ラーメンいち押し。手打ち風太麺、豚骨鶏ガラスープ、カレー風味豚肉トッピング。こちらもぜひ食べてみたい。

Img_8048

ばんじゅう使った看板、製麺所のアイデンティティを感じさせる演出。麺の小売りもあり。

Img_8052

ご家族できりもりするようだ、まだぎこちなさもあるがそれも悪くない。

Img_8053

500円

(日)休、11:00-15:00、17:00-21:00

評価は2点 ☆☆

|

2015年11月13日 (金)

末広町 越後

越後

末広町

越後そばとして営業していたもののしばらく営業を中止していた。飲める立ち食いそばとして再開。2015年10月訪問。

夜は飲める。仕事帰りにさくっといっぱいなんてときにうってつけ。

Img_7857

塩キャベツ、180円。ホッピーセット、350円。中身200円。

Img_7856

赤ウインナー、180円

Img_7858

飲むからには夜だ、10:00ラストオーダー

Img_7855

Img_7840

350円

評価は2点 ☆☆

|

2015年11月11日 (水)

鷺ノ宮 むさしの

むさしの

鷺ノ宮

野菜かき揚げそば

西武新宿線鷺ノ宮駅を出てすぐ、左手に鷺ノ宮名店コーナーをみて右側の三角地帯にたつ典型的な三角路麺。

■そば、茹でめん。灰色っぽくて断面四角い。ごわつくこともなくいい具合の食感。
■つゆ、だしよし、甘さ控えめでさほどしょっぱくない。飽きのこないタイプ。
■かき揚げ、揚げ置き、ニンジン・春菊・長ネギ。ころもぽってりタイプだがいい味。

Img_7784

当地で長く営むだけあってバランスよい味。

Img_7785

この他に玉ねぎかき揚げもあり。単に「天ぷらそば」と注文するとどちらか尋ねられる。

Img_7790

三角の鋭角部分にガラスケースを配置するのは斬新な試み。かっこいいなあ。

Img_7788

三角のピンチをチャンスに変えるのがこれ、見通しのよいスルー入り口。こちらから反対側の道路が見える。なんとなく近道をしようとしてふらふらとそばを食べてしまうのだ。これぞ路麺的風水の良さ。

船の舳先のようなとんがりに据えられたケースに目は釘付けとなり、そこから右へ行っても左へ進んでも目の前にあるのは暖簾なのだ。これはもう逆らえない流れだ、抗えない風水の流れができあがっている。

Img_7786

この角度からだと三角かどうかわからない。ステルス性もよし。

Img_7783

線路沿いの「鷺ノ宮名店コーナー」、どことなく観光地ぽさがあっていい風情だ。昭和30-40年代の雰囲気。

Img_7791

350円

無休、06:30-23:50、(土日祝)07:00-20:50

評価は2点 ☆☆

|

2015年11月 9日 (月)

中河原 正の家 【閉店】

正の家

中河原

残念ながら 2016/3 閉店してしまいました。記事は営業当時のものです。情報提供:rdさん

2015年9月開業のお店。中河原には駅ガード下の店が撤退していらい立ち食いそば屋なかったのでうれしい。

■そば、生めん茹でたて、注文受けてから茹でる。かなりコシと歯ごたえあり。
■つゆ、驚くほどのの真っ黒なつゆ。ダシややケミカル、醤油の不思議な香ばしさ。独特の風味。
■天ぷら、揚げたて、注文受けてから揚げる。玉ねぎ主体、コロモ薄めにからっと揚がってうまい。

Img_7763

個性際立つつゆ。醤油に秘訣があるにちがいない焦げた香り。色の黒さは関東でもトップクラス。

Img_7764

割烹居酒屋の居抜き携帯。カウンターの反対側に畳の小上がりあり。こういうところに郊外感があってほのぼのとする。

Img_7762

土日祝営業なのは助かる。

Img_7767

夜は呑める。

Img_7766

立派な外装。

Img_7765

430円

(水)休、06:30-14:00、17:00-22:00 (土日祝) 14:00-22:00 情報提供:舞栗さん

評価は2点 ☆☆

|

2015年11月 7日 (土)

告知 路麺忘年会2015

路麺愛好家とそうでない人も集まれ忘年会♪

日時:12月18日(金) 1900
場所:原宿さくら亭(お好み焼き)

路麺愛好家とそうでない人も集まれ忘年会♪

■公開イベントですので招待の招待もOK、広くお報せください。

■会費 4000円
特選コース全7品+VIP飲み放題(第三じゃないリアル生ビールです)
500円のビンゴ景品代含みます

■会場予約人数確定の都合上11月末までにご参加表明ください。キャンセルは1週間前まで受け付けます。勝手ながらよろしくお願いします。

すみませんがドタ参ドタキャンなしでお願いします。

参加ご希望のかたは私宛にメールください。
よろしくお願いします

■■追記、開始時刻を午後七時に変更しましたお間違えなく■■

|

2015年11月 6日 (金)

久米川 くめそば

くめそば

久米川

久米川駅南側に2015年9月開店のお店。

久米川と八坂のあたりは北多摩には珍しく潤いのある土地柄で、野火止用水の堀割りが流れ水路の脇には木立の緑が心地よい。

■蕎麦、生めん茹でたて、注文受けてから茹でる。灰色っぽく中太い、こし強い。
■つゆ、昆布だし、うどん仕立てのつゆ。透明度高い。
■かき揚げ、揚げ置き、コロモぽってりしたタイプ、やや火の通り悪いがまずまず。紅生姜はいっていい味。
わかめ(大盛り無料)

薬味各種あり、うどんには柚子胡椒が合うはず。そばにも悪くない。

茹でたての生そば、ヒジョーに腰がある。腰というよりも噛み応えと言おうか、そうだこれはむしろ武蔵野うどんに近いものを感ずる。こちらではこれくらいの歯ごたえがなければならないのだ、厳しい土地なのだと認識。

Img_7769

うどん風のつゆ、漆黒の丼、これは紛れもなく「鶴見系」の流儀だ。透明度の高いつゆには真っ黒な丼がよく似合う。天ぷらの紅生姜使いには川崎系の影響も見られる。

Img_7770

鶴見川河口の路麺文化と北多摩のうどん文化の融合をここに見た。

Img_7772

Img_7773

Img_7768

Img_7774

うれしい深夜営業

Img_7775

500円

無休、11:00-翌朝06:00

評価は2点 ☆☆

|

2015年11月 4日 (水)

恵比寿 そばいち

そばいち

恵比寿駅東口改札内

生そばとやや甘めの上品なつゆ、よく揚がった店揚げ天ぷらで展開する新しめのブランド。

十分にうまいが、値段ちと高めなのと、やや雑な仕事が気になるところ。忙しい駅ナカではこれも仕方ないのかもしれないが。

Img_7738

Img_7739

Img_7744

Img_7742

Img_7743

Img_7741

430円

無休

評価は2点 ☆☆

|

2015年11月 2日 (月)

錦糸町 丸源

丸源

錦糸町

■そば、茹でめん、やや灰色ぽいスタンダードな味わい、ゴワゴワせず悪くない。
■つゆ、だしかなりケミカル、醤油色の濃いしょっぱいつゆ。立ち食いそばらしさ満点。
■かき揚げ、揚げ置き、玉ねぎ主体でややコロモ薄めでさほど崩れず食べやすい。いい 味。
わかめ

手堅い味といえよう。立ち食いそばらしい茹で麺の減るなかで守り続ける味わい。

Img_7691

量はそれほど多くないのでさくっと食べるのにちょうど良い。

Img_7692

店内の自販機。よりかかる人多そうだ。なぜかというと夜は立ち呑み居酒屋だから。

Img_7693

とはいえ昼から呑んでいる人多し。近隣のお年寄りが主体。顔見知った仲間と昼酒、楽しそうだ。

Img_7695

フロア係の女性てきぱきさが心地よい。飲兵衛じいさんのアイドルだ。

Img_7694

370円

無休、07:30-17:00、(土日祝) - 15:00

評価は2点 ☆☆

|

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »