« 船堀 丸八そば | トップページ | 人生のメリーゴランド・ハウルの動く城 »

2015年12月31日 (木)

武蔵増戸 山田うどん第一五日市店

山田うどん第一五日市店

武蔵増戸

五日市線の終点からひとつ前の武蔵増戸に昔ながらの山田うどんがあると聞いてやってきた。五日市街道から山田交差点を入ってしばらくいったところにある。

山田うどんといえばモツ煮の「パンチ」が定番であるが、チャーハンも実はなかなかうまい。たまたまこの日はチャーハン祭りの最中で、たぬきそばorうどんとチャーハンのセットが650円とある。

■蕎麦、おそらく冷凍麺。灰色でやや太めの断面四角い。食感の柔らかさ具合がちょうどよくて好み。
■つゆ、だしよし、やや甘めほどほどのそれほど濃くないカエシ。ごくごく飲める。
■たぬき、小粒のクリスピーなタイプ。

ガラス窓から射す西陽に照らされてどことなく郷愁ただよう。子供の頃に土曜の半ドンで家で食べるチャーハンのような、そんな懐かしさがこみ上げてくる。

Img_8115

いたって普通のあげ玉、ワカメあり。

Img_8117

そばはなかなかのもの。太めでちょいモッチリ&柔らか感あってとてもいい食感。

Img_8118

チャーハンは玉ねぎを使ったしっとりタイプ(by 結構人さん)。町の中華屋さんで食べるチャーハンの王道的な味だ。

Img_8116

大きめに切られた玉ねぎのシャクシャクした食感と甘みがしっとりの中にいいアクセント。

Img_8119

外観から想像するよりはるかに明るい店内。三方を大きなガラス窓に囲まれていて、木造建築ならではの開放感あり。真冬にはすきま風感もありそうだが。

カウンターの赤いデコラは立ち食いそば屋に通ずる伝統の内装。強い西陽で退色した加減が年月を感じさせる。路麺仲間の竹之内さんによれば1970年代には既に営業していたとのこと。

長年営業しているだけあって、数々の歴史の証拠が陳列されている。まず目につくのは大きなのっぽの古時計。しっかりチクタクと時を刻んでいる。商売繁盛のお守りであろうかフクロウの置物が客席を見据える。右手にある食器棚にはコップなどが収納され、もちろん現役だ。

Img_8114

正面と左右に出入り口あり。左手の口には「春夏冬二升五合」とあり。居酒屋なんかでたまに見かける駄洒落のようでもあり教訓のようでもありなナゾナゾ。「商売ますます繁盛」と読ませるのだが詳しくはここでは触れないので検索してみてほしい。

Img_8112

カウンターにそそり立つのは瓢箪。いやげもの(byみうらじゅん)感に圧倒され脱力度いやおうにも高まる。

Img_8113

支払い済ませて席を立つと出口ガラス戸越しに可愛い影あり。ひなたぼっこしながら毛づくろいの最中だ。ここで戸を開けたら逃げてしまいそうなので左手の戸から出る。

Img_8120

猫の出迎える山田うどんはここだけかもしれない。

Img_8127

木造一戸建て、三方看板建築、とでも形容しようか。ファミレスの山田うどんに慣れた目には不思議な光景だ。石材のハカマぐるり、矢竹の植栽、どこをとっても昭和40年代の建築の様式そのままである。私の育った家もどことなくこんな雰囲気だった。

Img_8124

アスファルト舗装のない砂利敷き。クルマの通るワダチには水たまり。そういえば最近では水たまりって見ないなあ。溜まるような地面がないもんなあ。

Img_8126

よくある田舎の道の角に看板あり。入ってほどないところに第一五日市店がある。

Img_8128

武蔵増戸駅から通りに出たところ、角に看板あり。ちなみにはす向かいは大勝軒だ。

Img_8129

山田通り、山田交差点にて。このあたり一帯は山田集落、だから山田うどんなのか、もしや山田うどん発祥の地なのか?との仮説をもって臨んだのであるが、店員さんに尋ねたところ、「このチエン店の社長さんのみよじなんですよ」とのことでテンション下がったのだった。

Img_8130

ちょいと離れるが秋川ふれあいランド。秋川の河原でバーベキューができる。あいにく寒い陽気でお客ひとりもいなかった、とはいてシーズンには超満員で大雨の中でも肉焼く家族で大にぎわいとのこと(by Man太郎3)

Img_8111

650円

無休、10:00-20:00

評価は2点 ☆☆

|

« 船堀 丸八そば | トップページ | 人生のメリーゴランド・ハウルの動く城 »

【路麺】立ち食いそば探訪-バイクの蕎麦道」カテゴリの記事